書籍「県庁おもてなし課」うまくいかなくても、その方向さえ向いていればいつか。

2011年04月09日(土) 0時09分
「県庁おもてなし課」★★★★
有川 浩 著 ,
講談社文庫、2011/3/31、初版
( 461ページ , 1600円)



<リンク:
【送料無料】県庁おもてなし課

【送料無料】県庁おもてなし課
価格:1,680円(税込、送料別)

>



                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい




「タイトルが面白いなと読み始めた、
この作家の本は「フリーター家を買う」以来、
本の最後の対談で作者が女性と知った、
実際に高知新聞で連載されたもので、
作者自身も県から観光大使の依頼を受けたという、
だからこの本は絵空事ではない
わりと現実的な今を描いている」




高知県の県庁の観光課から生まれた
新部署“おもてなし課”、
そこの職員たちが
その部署で何が出来るかを
民間の意識を取り入れながら
ひとつの観光パンフレットに集結させる。



主人公は課で若手の掛水くん、
彼と臨時職員として採用された多紀ちゃんの
恋の成就と仕事の成功を
描いているが、
地方都市の抱える問題や
公的機関の弊害も見えてくる。



思ったまま、すべてがすんなりと
運んでいけたらこれほど楽なことは無い、
それは県庁という枠でなくても同様だ、
そこでいかに柔軟に
しかし通したい意思は
少しは形を変えても何とか残したい、
そんな気持ちは誰だって経験している。



そんな仕事をする上での
様々な障害のようなものを
生き生きとした高知の方言と
恋や対人関係を絡めて
青春小説のようにも出来ている。



作者自身が観光特使をお願いされて
一か月以上音沙汰無しだったり、
計画のあまりにお役所的な考えに
実際に振り回されたことが
そのまま小説になったような
不思議な作品、
でもだからこそここで展開する事でなくても
自分の田舎や地域の事を
ふと考えてみたくなる、
不便だからと声を上げるのでなく、
じゃあ何が出来るかと。



自分の地元の事を考えたり
もちろん物語の成り行きを楽しみにしながらの
とても楽しい読書体験だった



この本もそのうちドラマになりそうだ、
そして作者は自身のブログ(有川日記)で
「『県庁おもてなし課』ですが、
単行本で発生するすべての印税を
東北地方太平洋沖地震の被災地に
寄付することになりました。」

このように発表している、
今は誰もがどうしたら被災者への貢献が出来るかと
考えているときだ、
自分の楽しみを自粛するより
読書という楽しみの中から、
少しでも役に立つなら
こんな嬉しい事は無い。



★100点満点で80点

soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

書籍「フリーター家を買う」★★★★面白い


★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか

  • URL:http://yaplog.jp/sora2001/archive/1749
トラックバック
トラックバックURL:
有川浩さんは好きですが、この作品は中でもかなり好きの部類に入ると思います。 個人
はらやんの映画徒然草  2012年02月03日(金) 22時55分
小説「県庁おもてなし課」を読みました。

著者は 有川 浩

県庁、公務員たちを主人公に
いわいる観光課たちの奮闘劇

まず 題材が面白く
観光を盛り上げるには? というね

けっこう実話もあるらしくて・・・

いい意味でクセがなく
読みやすいですね

最初はダメタメから...
笑う学生の生活  2012年02月02日(木) 17時46分
マンガっぽい甘いラブコメが印象的な有川サン。
新刊が出てるの知らなくて、たまたま本屋で見つけてしまいました。
この表紙の雰囲気はちょっと好みじゃないけど、控えめなタイトルの配置はよい。
そして読み始めるとタイトルどおりの内容。

高知県が新しく作った「おもてなし課」。
その思い切ったネーミングのことは聞いたことがある。
けど、よくある観光課っていうのの名前をちょっと今風にしただけなんだろうって思ってた。
つまり実際にある高知県のおもてなし課を描いた小説。

主人公は「おもてなし課」なる部署に配属になった掛水クン。
この課では何をしたらいいのか分からないまま、とりあえず観光特使ってのをやってみようかってなる。
地元出身の著名人なんかに特使になってもらうってアレです。
で、県内の観光地の無料チケットを裏に印刷した名刺を配ってもらうということらしい。

この特使の一人となった東京で活躍する作家がキーマン。
彼は最初の特使の依頼を受けてから、一ヶ月間音沙汰梨のおもてなし課に電話をかける。
「あの話ってまだいきてるの?」
「一ヶ月も音沙汰なしの場合、普通なら話は流れたと思っちゃうんだけど」
...
読書三昧  2011年04月27日(水) 0時11分
『県庁おもてなし課』有川浩/著(角川書店刊)【送料無料】県庁おもてなし課本ブログ勝手に推奨作家、有川浩さんの新作「県庁おもてなし課」でございます。じっくり読ませてもらい...
怪鳥の【ちょ〜『鈍速』飛行日誌】  2011年04月14日(木) 1時06分
「県庁おもてなし課」は、高知県の観光事業の一環として発足した部署の、奮闘を描いた物語。
ちくしょう、読んだら高知に行きたくなっちゃったよ。

しかし、何をするにも「お役所意識」が抜けず、見切り発車で指導した観光特使に名刺を配ってもらう企画は難航する。そんな折、主人公・掛水は特使を引き受けた作家・吉門喬介から辛辣な言葉を浴びせられる。
しかし、彼のアイデアと郷土愛をたよりにアドバイザーを依頼するが、吉門の条件は「民間感覚」をもつ女性スタッフの採用と20数年前、大胆な観光プラン「パンダ誘致論」の調査だった。

最初の方はお役所根性まるだしで、読んでいてイライラしましたね。ユーザーに分かりづらくなってしまうのに、各部署を調整を優先させてしまうのが当たり前で、名刺のクーポンに有効期間を後付したことで観光特使からクレームがくるまで気づかないし、それが予算の無駄になることもわかっちゃいるけどやめられない。

主人公の掛水くんも最初はほんとに頼りなくて、彼の前半の功績は、「民間感覚」を持つしっかりものの女性・多紀ちゃんをスタッフとして引きぬいたのと、吉門のキツい意見を受け止めることだけでしたもん。...
日々の書付  2011年04月12日(火) 13時51分
高知に行きたい。
日曜市に行きたい。イモ天食べたい!
馬路村に行きたい。ゆず酒飲みたい。”くつろぎ”に行きたーい!
パラグライダー・・・は、ちょっと遠慮したい(笑)
Bookworm  2011年04月11日(月) 12時26分
2009年9月、『フリーター、家を買う』の裏側の表紙の折り返しから、『県庁おもてなし課』が新聞で連載されると知った時は、掲載される新聞が購読できる地域の方を羨ましく思った。地元地方新聞でも掲載されない
たいむのひとりごと  2011年04月10日(日) 20時44分
有川浩さんの「県庁おもてなし課」。

とある県庁に生まれた新部署「おもてなし課」。若手職員・掛水は、地方振興企画の手始めに、
人気作家に観光特使を依頼するが、しかし……!? お役所仕事と民間感覚の狭間で揺れる掛水の
奮闘が始まった!?(あらすじ抜粋)


有川さんの最新刊です。図書館派の私ですが、珍しく買って読みました。というのも、有川さんの
ブログで、本書の印税がすべて東日本大震災の義援金に当てられるという記事を読んで、有川さんの
男前な心意気に感動して、私もほんの少しで...
ミステリ読書録  2011年04月10日(日) 7時24分
 有川 浩 2011 角川書店 可愛い人がいっぱいだ。男の人に面と向かって可愛いというのはどうやらエラーらしいけれど、女性が男性を可愛いと思うことは、結構多い。でも、その女性ならではの気持ちをさらっと描いちゃうところが、有川さんらしい。可愛すぎるぞ、あの人も、この人も。 この本の特筆すべきところと言えば、地方を応援しよう!というコンセプトだと思う。そのコンセプトにのっとり、著者は単行本で発生するすべての印税を東日本大地震の被災地に寄付することを決めた。そのブログ記事を読んだ時、なんてすごい人だろ
香桑の読書室  2011年04月08日(金) 23時14分
きゃ〜!きゃ〜!きゃ〜〜〜!!!
やっぱり、有川浩さんは素晴らしい!
全編に散りばめられる土佐弁が、水無月・Rの萌え魂{%ハート2webry%}を揺さぶるのですよ!
しかと受け止めました、『県庁おもてなし課』の心意気!
水無月・R大絶賛!読んだら即萌え!萌えの女神降臨!{%キラキラwebry%}の有川浩さん。
待っていました、大好きな有川さんの、高知を舞台にした物語!すっごく、すっごく、嬉しいです。
そしてなんと、本作の印税はすべて、東北地方太平洋沖地震の被災地へ寄付になります...
蒼のほとりで書に溺れ。  2011年04月08日(金) 22時30分
2011年04月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
http://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf