映画「イップ・マン 葉問」ドニー・イェンの魂の映画に感動した!

2011年03月23日(水) 22時34分
「イップ・マン 葉問」★★★★★
ドニー・イェン、サモ・ハン・キンポー、ホァン・シャオミン出演

ウィルソン・イップ監督、109分、2011年1月22日公開
2010,香港,フェイス・トゥ・フェイス
(原作:原題:葉問2 )


                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい



カンフー好きなら映画館で見ないと損する、
是非大画面の劇場へ!
公式HP←公開劇場はココでチェック


「日中戦争後の1949年、主人公である格闘家
イップ・マン(ドニー・イェン)は
香港で詠春拳の道場を始めるが
経営はうまくいかない、
それに加え道場を開くには
他の流派の道場主と闘い
認められないといけないと言われ、
闘いの場で力を示すが、そこでも最後は金の要求があり
彼はそれを拒否して会場を後にする」



なんて冷静にストーリーを書いてる場合じゃない、
久々にまさに血沸き肉踊る
真のカンフー映画を見ることが出来て
体の中から湧きあがる力と
涙腺を刺激しまくりの
素晴らしいカンフーの技の応酬に
幸せな時間を過ごせた。



主人公はのちにブルース・リーも師とあがめ
カンフー(彼の場合は詠春拳)を
世間に広める活動も行った実在の人物でもある。

日中戦争で傷ついた民衆は
その後、香港を統治する白人によって
またしても自治を取り上げられ
激しい差別を受ける、
このあたりの描き方は
画一的で「悪(白人)VS善(中国民衆)」という
単純化されたものとなっている。


現在ではこういう描き方は批判もあるだろうが
まあ、これはラストへ向かっての
感情の爆発を誘引する原因なんで
大目に見るとして
まさに質実剛健なイップ・マン師匠は
やはり貧しく、穏やかで
そんな彼のラストの血管の浮き出た形相、
そして力を尽くした死闘は
ホント感動した。



また往年のカンフースターである
サモ・ハン・キンポーも見せ場たっぷりで
これにも涙。

ジャッキーもハリウッド向けばかりじゃなく
こんな正統派のカンフーで
もう一度その雄姿を見たいと思った。


久々に真のカンフー映画を見た。

最近は香港映画でも
なかなかこういう映画は作られていない、
一時我がジェット・リーが
カンフーを使った映画に出演したが
それは外国人(白人)が見るときの
様式化されたいわば美しさに基準を置いた
型の見事さは表現してくれたが
この映画では、まさにカンフーそのものを
見た気がした。

最高!
もう一回は見に行く!

★100点満点で95点

soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン
ドニー・イェンはカンフーの実力を早くから認められていたが
いかんせん顔が主人公向きじゃないんだよね、でも最高でした。

★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか
  • URL:http://yaplog.jp/sora2001/archive/1739
トラックバック
トラックバックURL:


ドニー・イェン、サモ・ハン・キンポー。
英国植民地の香港に家族を連れて移住したイップ・マン。待っていたのは、この地を仕切る武術師匠ホンとの激闘。この闘いがまた熱くてね?!円卓上で戦うのですが、ここも見所の1つでそのキレのある超高速回転の手技に魅入ってしまう。つい前のめりになってました。後ろ手を組む姿がまた格好いいんだよなぁ…
結局、勝負は決着がつかないまま武館を開いても良いことになったんだけど、月100ドルを払わなければならないため会には入らず、公園で弟子を指導し続ける事に。そんな時、中国武術を侮辱した英国人ボクサーと勝負したホンがリング上で死んでしまう。イップ・マンはホンの、そして中国武術の誇りのために、命を懸けて挑むことを決意する。
いくら相手がボクサーとはいえ、途中からの「足技禁止」はもう反則でしょ?と思わずにはいられない。そのせいもあって1作目では神がかり的に無敵状態だったイップ・マンがフルボッコに。
しかし「中国の武術が侮辱されたんだ」というホンの魂が一緒に宿ったかのような見事な回復&高速パンチが素晴らしかった!
音楽が気に入ると1作目から思ってたんだけど、川井憲次さん...
いやいやえん  2011年11月20日(日) 9時03分
前作と同じくらい楽しめた。
だらだら無気力ブログ!  2011年09月29日(木) 2時19分
監督 ウィルソン・イップ 主演 ドニー・イェン 2010年 香港映画 109分 アクション 採点★★★ 創作の世界であれ現実の世界であれ、敵を外に設定し、皆でやんやと騒ぎたてる時期ってありますよねぇ。たぶん、大変な時期を一丸となって乗り越えようって意図や、ちょ…
Subterranean サブタレイニアン  2011年06月13日(月) 16時14分
 ジャッキー・チェン主演作ですら大して話題にもならずスルーされていくご時勢、ドニー・イェン主演の本作を観れただけでもラッキーと思うべきなんでしょう。あのブルース・リーに武術を教えた師、イップ・マ...
闘争と逃走の道程  2011年04月01日(金) 2時47分
『イップ・マン 葉問』 “葉問2” (2010・香港) 1h49 監督 : ウィルソン・イップ  アクション監督・出演 : サモ・ハン・キンポー 出演 : ドニー・イェン、ホァン・シャオミン 武術家イップ・マンの波乱の人生。香港、1950年のお話し。 パート2からの公開。パート1を観ていなくてもそれほど問題はなかった。 貧しくても希望があって、その希望に向かってただ真っ直ぐに進んでいく主人公。 いつの時代にも暗黒面はあって。しかしその暗黒面は超絶カンフーアクションを交えて描かれるのでカンフー映画として楽しい。 それが前半。 後半はアジア人を卑しく思っている英国人が主人公たちの前に立ちはだかる。 横暴な英国人はアジアを支配しようとする欧米人を象徴しているのかもしれない。 それに対する被害者意識をこれでもかと前面に押し出してくる。その押しの強さにやや引き気味。あの楽しかったカンフー映画はどこへ。 被害を受けても横暴に屈せず、勝利を掴み取っても赦しを与える主人公。 それがイップ・マン、その人なのかもしれない。 欧米人への怨みつらみをこれでもかと描いているのを観ると、パート1で主人公の前に立ちはだ...
映画尻エリカ  2011年03月28日(月) 21時18分
ブログの引っ越しに手間取ってしまったので、感想をアップするのが遅くなってしまいました。 『葉問(IP MAN)』の続編。抗日戦争(日中戦争)終結後、佛山から香港に居を移した抗日の英雄イップ・マンが、今度は英国統治下の香港で、英国人に虐げられた香港人のために中…
けろにあ・みだすのつぶやき  2011年03月27日(日) 23時40分




 葉問2

 IP MAN 2
 1950年。佛山から香港に逃れてきたイップ・マン(ドニー・イェン)は、詠春拳
の達人。ビルの屋上に武館を開いて弟子を待つ彼の元に、ウォン(ホァン・シャ
オミン)と名...
真紅のthinkingdays  2011年03月24日(木) 22時04分
ドニー・イェン甄子丹主演、実在のカンフーマスターで、ブルース・リー李小龍の師匠でもあるイップマン葉問を描いたアクション作品、爽快な気分で楽しめます。登場人物に前作からの...
まてぃの徒然映画+雑記  2011年03月24日(木) 21時19分
1949年。 イギリス植民地の香港に、広東省佛山から妻子を連れて移住した中国武術・詠春拳の達人イップ・マンは、同郷の編集長リャンの好意で新聞社の屋上に武館を開く。 様々な門派がしのぎを削る香港武術界のドンは洪拳の達人ホン。 彼の弟子たちとイップの弟子たちがもめごとを起こし、イップの武館は閉鎖に追い込まれてしまう…。 武術アクション。
象のロケット  2011年03月24日(木) 17時14分
[イップ・マン 葉問]
(2010/香港/葉問2/Ip Man?)





ブルース・リーの師匠である伝説のカンフー・マスター、イップ・マンの激動の半生に迫る人間ドラマ。中国本土から香港に移り住み、中国武...
ミケランジェロ広場の午後  2011年03月24日(木) 8時18分
2011年1月29日(土) 21:05〜 109シネマズ川崎8 料金:1200円(レイトショー料金) パンフレット:未確認 『イップ・マン 葉問』公式サイト 久しぶりに燃えた。萌えじゃなく燃えだ。 ブルース・リーの師匠イップ・マンの半生。 原題は葉問2。シリーズ二作目だ。一作目は日本人が敵役のようだ。本作がヒットしたら、一作目の公開が行われるらしい。 その本作は、敵役が白色人種で、絵に描いたような傲慢なWASPだ。特筆すべく酷いのは、所長とボクシング・チャンピオン。良くもこんな役を受けたなと逆に感心してしまう。白人差別と言っても過言ではない。しかし、一生懸命演技しているので、とても憎たらしく思える。本当に黄色人種を馬鹿にしているのかもしれないが。 ストーリーは、「ロッキー4」なんだが、それの3万倍くらいは素晴らしい。 サモ・ハンが、また悪役かと思ったが、ドニー・イェンとは考え方が違うだけで、高潔な人物だった。最初は対立したが、後には尊敬しあう仲になっている。ロッキーとアポロの関係だよ。 最後に少年時代のブルース・リー登場。表情や仕草が誇張されているが、雰囲気が良く似ている。よく見つけてきたな。 ドニー・イ...
ダイターンクラッシュ!!  2011年03月24日(木) 2時14分
ブルース・リーの師匠で詠春拳の達人イップ・マンの半生を描いたカンフーアクション。日本公開は本作が先だが、正確には『イップ・マン 序章』の続編にあたる。主演に『エンプレス―運命の戦い―』のドニー・イェン。共演のサモ・ハン・キンポーはアクション監督も務めている。監督はウィルソン・イップ。最近あまり観られない正統派カンフーアクションシーンは特に必見。
LOVE Cinemas 調布  2011年03月24日(木) 0時12分
2011年03月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
http://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf