映画「アンチ・クライスト」宗教儀式に参加したような気分

2011年03月22日(火) 22時46分
「アンチ・クライスト」★★★
シャルロット・ゲンズブール、ウィレム・デフォー出演

ラース・フォン・トリアー監督、127分、2011年2月26日公開
2009,デンマーク、ドイツ、フランス、スウェーデン、
イタリア、ポーランド,キングレコード
(原作:原題:ANTICHRIST )




                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい



「息子を事故で失った夫婦。
そのことで二人の生活は大きく変化する、
悲しみと自責の念で妻は神経を病み始め、
セラピストの夫は森の中の山小屋で
妻の治療を試みる。
しかしそこで事態は急変する。
予備知識なしに見たので
まさにとんでもない展開に驚いた」



ウイリアム・デフォーの顔がアップになると
穏やかな表情を見せていても
その下にある何か邪悪なものを感じる、
これはこれまでの映画からの先入観だ、
かたや時に子供のような顔にも見える
シャルロット・ゲンズブールは、清廉無垢な印象だ。


しかしこの映画ではそれは
見事に逆転する。


悪は存在する、
それは自分の隣かもしれない、
それを人は突然知らされて
途方に暮れるのだ、

でももうその時は自分も
知らなかった世界に足を踏み入れているのかもしれない。
そんな恐怖。

屋根に落ちるどんぐりの音、
ふぜいがあるとも思えるが
彼らの状況の中では
余計と不安をあおぐものでしかない、

森の中の小屋へ続く道の途中の
大きな洞穴
その大きく口をあけた暗闇が
何かを示唆する、

どこかに仕掛けがあるんじゃないかと
そこここで深読みするが
恐怖はもっと具体的に表れる。


そして観ながらも
自分の足を床から上げて
「痛い、痛い、痛い」と何度も思った、
よくこんなこと考えたよな
そんなふうに思いつつも
心の暗闇、悪魔の具現化
色々なものを画面から読み取ろうとする。



観終わってほっとする、
劇場の外へ出ると冷たい空気に包まれるが
映画で感じた恐怖の冷たさと比べたら
まだ現実のほうが
やり過ごしやすいのかもと
いつもの足取りに戻って地下鉄へ。

ちょっとエグイ描写が多くて
万人向けじゃないが
映画体験としては面白かった。

★100点満点で60点

soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

シャルロット・ゲンズブールは「なまいきシャルロット (1985)」をはじめ
もう30作近く出演してるベテランだけれど
日本での一般的な知名度はいまひとつか。

★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか

  • URL:http://yaplog.jp/sora2001/archive/1738
トラックバック
トラックバックURL:
監督:ラース・フォン・トリアー出演:シャルロット・ゲンズブール、ウィリアム・デフォーデンマーク他映画 2009年 ・・・・・・ 6点
映画部族 a tribe called movie  2012年06月05日(火) 20時20分
ANTICHRIST/09年/デンマーク・独・仏・スウェーデン・伊・ポーランド/104分/サスペンス・ドラマ/R18+/劇場公開
監督:ラース・フォン・トリアー
脚本:ラース・フォン・トリアー

出演:シャルロット・ゲンズブール、ウィレム・デフォー

<ストーリー>
子供...
銀幕大帝α  2011年09月07日(水) 17時11分
ラース・フォン・トリアー監督は素直すぎる。表現が行き過ぎたとしても、自分の思うところを映画に留めずにはいられないのだろう。
或る日の出来事  2011年05月07日(土) 21時37分
悲嘆を乞い、苦痛を乞い、絶望を乞う者。
3人の乞食が現れれば、そこには死が訪れる。
果たして死を乞うたのは、誰であったのか。




『アンチクライスト』 ANTICHRIST
2009年/デンマーク,独,仏,スウェーデン,伊,蘭/104min
監督:ラース・フォン・トリアー
出演:シャ
シネマな時間に考察を。  2011年05月02日(月) 17時28分
11-17.アンチクライスト■原題:Anchchrist■製作年・国:2009年、デンマーク・ドイツ・スウェーデン・イタリア・ポーランド■上映時間:104分■字幕:齋藤敦子■鑑賞日:2月2...
KINTYRE’SDIARY  2011年03月29日(火) 23時40分
「Antichrist」 2009 デンマーク/ドイツ/フランス/スエーデン/イタリア/ポーランド

彼女に「ぼくの妻はシャルロット・ゲンズブール/2001」「フレンチなしあわせのみつけ方/2004」「恋愛睡眠のすすめ/2005」「アイム・ノット・ゼア/2007」「アニエスの浜辺/2008」のシャルロット・ゲンズブール。
彼に「パリ、ジュテーム2006」「インサイド・マン/2006」「フェアウェル/哀しみのスパイ/2009」のウイレム・デフォー。
監督、脚本に「ダンサー・イン・ザ・ダーク/2000」のラース・フォン・トリアー。

ある雪の降る夜、夫婦で愛を交わす最中に一人息子...
ヨーロッパ映画を観よう!  2011年03月29日(火) 19時08分
女優のエリザベス・テーラーさんが逝去したというニュースが入ってきました。
79歳だそうです。
僕たちの世代がものごころついた頃には彼女はもうアカデミー女優で、大スターでした。
僕は決して彼女のファンというわけではありませんが、それでも折に触れ、TVや名画座で彼女の過去の作品を見てきたように思います。
そんな僕にとって最も印象深い彼女の映画を挙げろと言われれば、きっと、1968年の『夕なぎ』と答えるでしょう。
間違っていたら申し訳ありませんが、この作品が故リチャート・バートン氏と共...
weekly? ぱんだnoきぐるみ  2011年03月29日(火) 11時10分
 最初の10分間だけで映画代を払う価値があった、と『カールじいさんの空飛ぶ家』の感想に書いたが、『アンチクライスト』は冒頭の5分を観ただけで大満足だった!

 これまでもたびたび引用している岡田斗...
映画のブログ  2011年03月25日(金) 1時52分


 今回は、あぁちゃんと書けるのかな。不安でございます。問題作『アンチクライスト』の感想。

 観に行った映画館は新宿武蔵野館。ファーストデイに行ったら、満席でした。30分前くらいに行ったけれ...
かろうじてインターネット  2011年03月25日(金) 0時19分
 セックスの最中に息子が事故で死亡。 罪悪感から精神を病んでしまった妻を何とかし
みんなシネマいいのに!  2011年03月25日(金) 0時04分
ラース・フォン・トリアー監督・・・『ダンサー・イン・ザ・ダーク』観て・・・こんな鬱になるミュージカルは^^;;;ちょっとなぁ〜、、、っと思った。『ドッグヴィル』も、結構陰湿な感覚でめり込んだ。そして『アンチクライスト』・・・監督、製作中に鬱になってた時期
黒猫のうたた寝  2011年03月24日(木) 2時23分
2011年3月4日(金) 20:50〜 ヒューマントラストシネマ有楽町1 料金:1000円(Club-C会員料金) パンフレット:未確認 『アンチクライスト』公式サイト ラース・フォン・トリアーは嫌いだ。「エレメント・オブ・クライム」「ダンサー・イン・ザ・ダーク」映画じゃないけど「キングダム」しか観ていないが。 嫌な目に会うのだろうなとも思ったが、怪人ウィレム・デフォー先生が出ているというので、観ることにした。 先生の恍惚の表情と同時に、先生の息子である幼児が飛び降り死亡。 妻のシャルロット・ゲンズブールは、精神を病み、療養のために二人は森へ。 だんだんと様子がおかしくなるシャルロット・ゲンズブール。 先生は、彼女の秘密を発見。 すると先生は、シャルロット・ゲンズブールに局部を破壊され、気絶したところ、足にバーベルみたいなのをボルトで固定されてしまう・・・ 思わせぶりなタイトルで、チャプター構成を取り、思わせぶりなサブタイトルがついているが、単なる気色の悪い映画だった。 しかも、先生が局部を損壊されるまでは、退屈で退屈で。思わず館内から脱出しようかと思ったほど。 デフォー先生のカラスとの格闘は、少しだけ笑っ...
ダイターンクラッシュ!!  2011年03月24日(木) 1時49分
情事の最中に息子を事故で失い、深い悲しみと自責の念に苛まれ精神を病んでしまった妻と、それを治そうとするセラピストの夫の姿を描いた衝撃の問題作だ。出演は本作で第62回のカンヌ国際映画祭で女優賞を授賞したシャルロット・ゲンズブールとウィレム・デフォー。監督は『ダンサー・イン・ザ・ダーク』のラース・フォン・トリアー。日本版では問題シーンの殆どにモザイクが入っている。
LOVE Cinemas 調布  2011年03月22日(火) 23時09分
2011年03月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
http://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf