映画「恋とニュースのつくり方」恋は作ってないぞ

2011年03月06日(日) 21時19分
「恋とニュースのつくり方」★★★☆
レイチェル・マクアダムス、ハリソン・フォード、
ダイアン・キートン、パトリック・ウィルソン出演

ロジャー・ミッシェル監督、107分、2011年2月25日公開
2010,アメリカ,パラマウント ピクチャーズ ジャパン
(原作:原題:MORNING GLORY )






                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい




「最近勝負作のないハリソン・フォード、
映画館で見た予告編も
明らかに軽めのコメディ、
でも実はこの線の作品が好きで
しっかり都合をつけて劇場へ」



実は主役は失業中のTVプロデューサー、
ベッキー(レイチェル・マクアダムス)。
設定は28歳くらいだろうが、
彼女はとにかく自分のやりたいことが出来るなら
自分の全てを捧げます!という、
今では珍しい感じのキャアリア志向、

最近はそう思っていても表にださないのが
クールみたいな感じがあるが
彼女はまさに「がむしゃら」だ。


その真っ当さが眩しい、
そうだ本来は仕事にはこんなふうに
自分が全力投球出来るものを
選ぶべきで
でなければ自分の大切な時間と
引き換えにするのはもったいないのだ。



彼女がやっと手に入れた仕事は
打ち切り寸前の朝の番組、
視聴率アップを狙って
彼女が起用したのは伝説のニュースキャスター、
我らがハリソン・フォード演じる堅物と
こちらも大女優のダイアン・キートン、

この二人が出てくるなら
脚本が良い出来でありますようにと
祈るばかりだ。

ありがちな展開だし
ラストも予想がつく、
でもそれが良いのだ、
この余裕の軽めの笑いの中に
それでもこんなに懸命で良いよね、
ちゃんと報われるんだとか
ガンバルがカッコイイのだと
清々しい気持ちにさせてくれる。



こんな映画、楽しんでしまえばいいのだ、
時々出来の悪い
居心地の悪いコメディを見ると
無駄にした時間を惜しむが
この映画は、心には残らない
出来の良いコメディ作品だった。

でも、映画のタイトルの「恋」って
作って無かったぞ、
くっだらないタイトルだ。


★100点満点で75点

soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン



レイチェル・マクアダムスっていう女優さんの持つ雰囲気が
この映画に魅力を与えている

★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか
  • URL:http://yaplog.jp/sora2001/archive/1727
トラックバック
トラックバックURL:


低視聴率番組を立て直し?の、恋に奮闘し?のと、二束草鞋で頑張る女の子のサクセスストーリー。
そんなバカなってのは置いておいて、こういうの見ると元気になるのは確か。ただラブコメではないのでラブ部分はうっすら。
主演のレイチェル・マクアダムスさんがとってもキュート。
伝説の報道キャスター、マイク(ハリソン・フォードさん)を、なんとか番組のキャスターに担ぎ出すことに成功したベッキーだけど、プライドが高い彼のため、絶えず人間関係に翻弄される姿がとても印象的でした。仕事においても一番難しいところってそこだからね、やっぱり。
しかし彼女は常に全力でポジティブ思考。でも28歳になってまで夢を追うのは恥ずかしいという母親の台詞は結構ドシンと来たなあ。
ダイアン・キートンさん含め脇役にベテランを配しているので安定感はどっしり。
マイクの突撃リポートが可笑しかったなー。辛辣な言い合いや突撃リポートが視聴率を呼んだり、最後にはマイクのお手製料理が話題を呼ぶというのはちょっといきすぎでもあるけれど、面白かったのでよしとしましょうか。

【概略】
モーニングショーのプロデューサーに採用されたベッキー。しか...
いやいやえん  2012年03月27日(火) 8時34分
「あけおめ〜〜〜ッ!!!ことよろ〜〜〜〜ッ!!!」 「・・・
LIFE ‘O’ THE PARTY  2012年01月09日(月) 15時31分
恋とニュースの作り方
★★★☆☆(★3つ)



TVプロデューサーのベッキーが突然解雇宣告を受け、やっと決まった再就職先は、視聴率最低の朝のワイドショー番組だった!


典型的な、アメリカンガールズコメディ!
がむしゃらに突っ走ったからって、結果が出るわけじゃない。
「いつか夢は叶うもの」なんて、言ってられない27歳。

そんな中、私が心に残ったのは、伝説の報道キャスター(ハリソンフォード)の
「(これが私の仕事)私はこの仕事を誇りに思っている」という言葉。

惰性でなく、生活のためでなく、このセリフが言えるワーカーがどれだけいるだろう。...
食はすべての源なり。  2011年09月16日(金) 10時11分



 もう1ヶ月近くたってしまいましたが、恋とニュースのつくり方を観てきました。震災や仕事の忙しさにかこつけてなかなかブログを書かずこんなに遅くなってしまった。
よしなしごと  2011年04月13日(水) 8時01分
 低視聴率で打切り目前の朝の番組を立て直しをするために、若手女性プロデューサーの
みんなシネマいいのに!  2011年03月21日(月) 8時30分
女の子がキャリアアップを目指して仕事を一生懸命こなしつつ、恋にも頑張る話というとアン・ハサウェイ&メリル・ストリープの『プラダを着た悪魔』などが思い浮かびます。
『プラダを着た悪魔』は、私も大好きな作品ですが、やはり女性には人気がありますね。

この映画『恋と
 
失業中のTVプロデューサー、ベッキー(レイチェル・マクアダムス)。憧れのニューヨークでモーニングショーのプロデューサーに採用されるが、それは局に見放された超低視聴率番組"デイブレイク"!ベッキーは伝説的な報道キャスター、マイク(ハリソン・フォード)を抜擢、女性社員憧れのプロデューサー、アダム(パトリック・ウィルソン)と恋におち、輝く第一歩を踏み出す。ところが、プライドの高すぎるマイクは仕事を拒否、ついに上司からは視聴率を上げなければ番組は打ち切りだと宣告されてしまう。デート中も仕事で頭がいっぱい、アダムとの関係にも危機が訪れる。果たしてベッキーは視聴率と恋愛力アップを成し遂げることが出来るのか?(TOHO CINEMA)★★★☆シリアスだけではだめで エンターテイメントなところも要求される朝のモーニングショー超最低視聴率なディブレイクの視聴率を上げるために奔走するベッキーベッキーを演じたレイチャル・マクアダムスが 魅力的でキュートでした。数々の賞を受けている伝説的な報道キャスター マイクと元ミスコン女王のダイアン・キートン演じる二人のキャスターがすごくいい味でし...
voy's room  2011年03月15日(火) 14時00分
物語は低視聴率モーニング番組のプロデューサーとして採用されたベッキー(レイチェル・マクアダムス)が、いかに番組を立て直していくかというもの。
原題は『Morning Glory』で主眼は番組をめぐる彼女の奮闘ぶりにありますから、恋はスパイス程度のものと思っていいでしょう。
もちろんそれでいいんですが、残念なのはその「恋」が彼女の「仕事」とほぼ無関係に進行している点です。
この手の「B級映画的」と呼んでいい作品の特徴は、主流となる物語が同時に副流となる物語を紡いでいることにあります。
...
weekly? ぱんだnoきぐるみ  2011年03月11日(金) 9時45分
2011年3月6日(日) 18:40〜 丸の内ピカデリー2 料金:1250円(有楽町のチケットフナキで前売券を購入) パンフレット:600円(買っていない) 『恋とニュースのつくり方』公式サイト 掃いて捨てるほどある女子サクセスストーリー。 掃いて捨てるほどあるが、嫌いではない。好きなジャンルだ。しかも、本作の主演は、お気に入りのレイチェル・マクアダムスだ。 ジャンルの中で異質なところは、タイトルに「恋」と入っているが、ここの部分はほとんど蔑ろにされているところだ。 寧ろ、伝説のキャスター、ハリソン・フォード翁との年の離れた友情の話だ。 いや、実際のところ、その辺も深く描かれている訳でないのだが。 ついでにライバルが不在なので、仕事上の苦労はあまり無い。思いつきの企画が視聴率をとったり。 相当にご都合主義の話である。 結局のところ、可も無く不可も無い、安心して観る事のできる、女子サクセスストーリーの一つにすぎない。まあ、鑑賞後、気持ちはスッキリはするよ。 特に、「悪魔を見た」の後なので、爽快さは格別だった。よってもって過大評価の恐れあり。レイチェルが主演だし。 そう言えば、ハリソン・フォード、その昔、女...
ダイターンクラッシュ!!  2011年03月10日(木) 2時05分

失業中のベッキー(レイチェル・マクアダムス)は、ニューヨークのローカルTV局に採用され、朝の情報番組を任される。
超低視聴率番組を建て直すため、大御所の報道キャスター、マイク(ハリソン・フォー...
心のままに映画の風景  2011年03月09日(水) 21時58分
2010年。アメリカ。"MORNING GLORY".










  ロジャー・ミッシェル監督。










 アメリカ版の菅野美穂っぽい(年齢も同じ)、レイチェル・マクアダムス出演の映画が最近増えてきたが、










 ティム・ロビンスや
映画の感想文日記  2011年03月09日(水) 1時03分
失業中のTVプロデューサー、ベッキーが、就職活動の末にやっと見つけたのが低視聴率の朝の情報番組“デイブレイク”。 伝説のニュースキャスターを起用し、理想の恋人にも巡りあい、恋に仕事に順調なスタートを切ったはずが、番組の人気は低迷するばかり。 あと6週間で視聴率を上げなければ、番組は打ち切りだと宣告されてしまう…。 モーニング・ショー・コメディ。
象のロケット  2011年03月08日(火) 22時59分
ポップで軽快な感じのアメリカン・サクセス・ストーリー。ニュージャージーのテレビ局をクビになったベッキー(レイチェル・マクアダムス)は、ニューヨークで全国ネットの朝ワイド...
まてぃの徒然映画+雑記  2011年03月08日(火) 22時42分
2月17日(木)@なかのZERO大ホール。
開場時間の18時半を10分ほど過ぎてから会場到着。
行列の最後尾は建物ヨコをめぐり南側の公園まで伸びていた。
その後到着から入場まで10分もかかった。
いくらなんでも入場に時間をかけ過ぎだ。
予定より開場時間を早めるとか、何か工夫しろよ。
係員にいちおう入場に時間をかけすぎだと言ってはおいたけど何の対策も取られないのだろう。
無料のイベントだからこそ、お客に楽しんでもらえるよう全力を傾ける。
商売の基本が出来てないと感じることが多...
あーうぃ だにぇっと  2011年03月08日(火) 5時31分
原題:MORNINGGLORY監督:ロジャー・ミッシェル出演:レイチェル・マクアダムス、ハリソン・フォード 、ダイアン・キートン 、パトリック・ウィルソン、ジェフ・ゴールドブラム公式サ...
NiceOne!!  2011年03月08日(火) 4時43分
試写会で観ました。地方テレビ局のプロデューサーだった主人公がリストラされて、転職
うろうろ日記  2011年03月08日(火) 0時53分
『ワーキングガール』ではデキル男でヒロインの恋人になったハリソン・フォードですが、今回はヒロインの憧れの報道キャスター(でも、とってもイヤなおじさんなんだ(笑)『恋とニュースのつくり方』は、働く女性にエールを送ってくれてるような作品です。ということで、お気
黒猫のうたた寝  2011年03月08日(火) 0時52分
恋に仕事に悩み多き女性たちへ−突破口教えます!というあおり文句の映画である。うーむ、でも突破口になるかどうかはとうてい補償できない内容でした。監督ロジャー・ミッチェル出...
再出発日記  2011年03月08日(火) 0時08分
テレビ局のプロデューサーを演じるレイチェル・マクアダムスがとにかくキラキラと輝いている。『きみに読む物語』や『きみがぼくを見つけた日』、あるいは『シャーロック・ホームズ』での彼女も魅力的だったが、本作のベッキーのような明るくはじけた役どころこそ、彼女がその本領を発揮するのに最適のキャラクターなのかもしれない。
SOARのパストラーレ♪  2011年03月07日(月) 23時38分
最近の若い女性は、早く専業主婦になりたいっていう人が多いそうです。 景気もいまい
はらやんの映画徒然草  2011年03月07日(月) 12時07分
わたし頑張ります!p(*^-^*)q by ベッキー公式サイト http://www.koi-news.jp製作: J.J.エイブラムス監督: ロジャー・ミッチェル 「ノッティングヒルの恋人」 「パッ
風に吹かれて  2011年03月07日(月) 9時18分
テレビ業界を舞台に低視聴率番組を立て直すためにプロデューサーとして雇われた主人公の女性が、気難しいMCに振り回されつつ恋に仕事にと奮闘する姿を描いたコメディドラマだ。主演は『きみがぼくを見つけた日』のレイチェル・マクアダムス、共演にハリソン・フォード、ダイアン・キートン、パトリック・ウィルソンといった豪華な顔ぶれ。監督は『ノッティングヒルの恋人』ロジャー・ミッシェル。
LOVE Cinemas 調布  2011年03月07日(月) 0時23分
テレビ業界を舞台に頑張る女の子を主人公にニュース番組作りの裏側を描いた作品です。 予告編を観て、レイチェル・マクアダムスの輝くような笑顔とハリソン・フォードの苦虫を潰したような渋い顔と そして、ダイアン・キートンの溌溂としたキャスターぶりが楽しそうだなあと気になっていました。 観てみるとテンポも良くて、とても楽しくワクワク出来る作品でした(^^ゞ
とりあえず、コメントです  2011年03月07日(月) 0時23分
恋とニュースのつくり方
ローカル・ニュース番組を首になったプロデューサーのベッキー・フラーがやっとありついた仕事は、低視聴率の朝番組。伝説的なニュースキャスター、マイク・ポマロイを連れて来ることによって、番組を甦らそうとするが、マイクは、朝の番組の目玉と......
シネマDVD・映画情報館  2011年03月06日(日) 23時59分
レイチェル・アダムス演じる女性プロデューサーの奮闘振りもおもしろいけど、ハリソン・フォードとダイアン・キートンのけんかも愉快だ。奇をてらわず、最後はプライドを捨てて番組の危機に立ち向かうラストがすがすすがしい。
とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver  2011年03月06日(日) 23時51分
2011年03月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
http://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf