韓国映画「「戦火の中へ」韓国が越えなければならない歴史

2011年02月26日(土) 19時09分
「戦火の中へ」★★★★
チェ・スンヒョン、クォン・サンウ、キム・スンウ、チャ・スンウォン出演
イ・ジェハン監督、121分、2011年2月19日公開
2010,韓国,角川映画
(原作:原題:71 Into the Fire )






                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい




韓国で観客動員数約350万人を記録した戦争アクション超大作。


「学徒動員で最前線へ送られた
71人の“若き兵士”たち、
同じ民族同士で戦った記憶が
まだ生々しい朝鮮半島の現実を見た」



「シュリ」から始まった韓国映画への興味は
最近は自分の中で薄れていて
以前は日本で見られるものは
全部見てやろうくらいに思って劇場へ通ったが
最近は半分も見れていない。


年に数本は必ず作られる南北問題を扱った映画、
それだけ韓国での関心が高いのだろう、
いつもの例に漏れず
この映画も熱すぎる情熱に満ちていて、
この映画を見た韓国の観客は
すぐそばの同じ空を見上げる
同じ民族をどう想っているのか気になった。



ギリギリの精神状態を描き、
生死を分ける瞬間を見ると
気持ちが高揚するのは何故だろう、
こういう気持ちも一歩間違うと
「大儀」の為の正しい戦争もあると
おかしな方向へ正論が行き着きそうで
人間のやっかいな「心」を想う。



ボタンを押すような
ミサイルの戦争や空爆と違い
ほぼ目の前で手応えのある
戦闘行為って
やはり頭で分かっていても
怖い

そしてそれはDNAに刻むみたいに
徹底的に「悪」と 
認識されないといけないのだろう、
でなければ地上から戦争は無くならない、
人間は戦いの歴史を学んで
そろそろ成熟して良さそうなのに
相変わらずだ。

事実をベースにしたこの映画を
今、見る意味は自分達と韓国では
全然違うだろう、
でも映画として見ると
設定や戦闘シーンや
主要人物の描き方まで
かなり良い出来で
その空しさを胸に刻んで
劇場を後にすることになる。


「オモニ!(母さん)」と叫ぶ
少年兵は北も南も変わらない、
まだまだ両国はすれ違ったままだ、
何やってんだろうと思うが、
今後何十年かで
ひとつになるのかな、
それは見守りたい。

★100点満点で80点

soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン



クォン・サンウが宣伝では大きく取り上げられているが
主役はチェ・スンヒョン、大役の戸惑いと決意がよく演じられていた。

★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか
  • URL:http://yaplog.jp/sora2001/archive/1722
トラックバック
トラックバックURL:
 あえて『戦火の中へ』の問題を指摘するなら、面白すぎることだろう。

 この映画は、朝鮮戦争を戦った学生たちの実話を基にしている。
 今でこそ、38度線でにらみ合ったまま休戦状態となっているが、19...
映画のブログ  2011年05月26日(木) 8時12分
 1950年8月。 北朝鮮軍の奇襲でソウルはわずか3日で陥落。 韓国軍は洛東江を
みんなシネマいいのに!  2011年03月09日(水) 23時57分
昨日観た「白夜行」より、こちらの方が感動しました!何より中学生で朝鮮戦争に駆り出
客道  2011年03月02日(水) 8時48分
1950年6月。 朝鮮戦争で絶滅の危機に瀕していた韓国軍は、最後の砦・洛東江を死守するため、浦項の駐留部隊に招集をかける。 そのため軍司令部が置かれていた浦項女子中学校の守備は、戦闘経験がほとんどない71人の学徒兵に委ねられることになってしまう。 一方、北朝鮮軍側は浦項を攻め落とすことが釜山への近道と考えていた…。 実話から生まれた戦場ドラマ。
象のロケット  2011年02月27日(日) 17時07分
「戦火の中へ」を鑑賞してきました公開2日目でも先着特典のポストカードをゲット。「私の頭の中の消しゴム」「サヨナライツカ」のイ・ジェハン監督が、朝鮮戦争における驚きの実話...
日々“是”精進!  2011年02月27日(日) 6時55分
1950年の朝鮮戦争当時の実話を映画化。韓国軍学徒兵71人が北朝鮮正規軍を前に必死で立ち向かう姿を描いた戦争ドラマだ。『私の頭の中の消しゴム』、『サヨナライツカ』のイ・ジェハン監督が監督を務めている。主演は大人気アイドルBIGBANGのT.O.P。共演に『悲しみよりもっと悲しい物語』のクォン・サンウ。戦闘シーンの圧倒的な迫力と臨場感に圧倒される。
LOVE Cinemas 調布  2011年02月26日(土) 23時43分
戦火の中へ
朝鮮戦争が始まって一カ月余りが過ぎた1950年8月。北朝鮮軍の猛攻にさらされ、朝鮮半島の南へと後退を余儀なくされた韓国軍は、最後の砦として洛東江を守り抜くべく浦項の全兵力を前線に投入することになった。そのため、軍司令部が置かれた......
シネマDVD・映画情報館  2011年02月26日(土) 23時42分
2011年02月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28
http://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf