映画「しあわせの雨傘」全編カトリーヌ・ドヌーヴの映画

2011年01月25日(火) 7時42分
「しあわせの雨傘」★★★
カトリーヌ・ドヌーヴ、ジェラール・ドパルデュー、
ファブリス・ルキーニ、カリン・ヴィアール、ジュディット・ゴドレーシュ出演
フランソワ・オゾン監督、103分 、2011年1月8日公開、
2010,フランス,ギャガ
(原作:原題:POTICHE)





                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい




「フランソワ・オゾン監督の変幻ぶりに困惑しつつ、
軽めのコメディとして楽しい時間を過ごす、
自分の美意識を貫く作品を送り出していた監督が
最近はエンタメとしての映画を意識し出したのか
オゾン色があまり感じられないシャレた映画」



スザンヌ・プジョー(カトリーヌ・ドヌーヴ)は、
朝のジョギングを日課とする幸せなブルジョワ妻。
妻としての役目を果たす「飾り壺」と言われているが、
それ程不満にも思わず
割と楽しい日々を送っている。

娘にも「お母さんみたいな飾り壺にはなりたくない」と
普通に言われて顔が曇るが
そんなことより紅茶を楽しみましょうと
上流階級の生活を楽しんでいる、

ところが旦那の病気で「経営」に乗り出し
それがうまくいくことで
自分の才能に気付いていくという
お気楽なコメディ映画。


結局全部が夢物語、
何か考えさせるとかそういう映画じゃなく、
フランス映画女優のアイコン的存在の
カトリーヌ・ドヌーヴの為の映画、
ラストには歌声まで披露してくれている。


オゾン監督の映画として見に行くと
肩すかしを食らうが、

終わってみれば、やはりこれもオゾン印、
きっと幼い頃から大スターだった
ドヌーブと映画を作ることだけで
監督的には満足だったんじゃないか。

こんなに色んなことが
最初からトントン拍子でうまくいくことなんて
現実的じゃないが
劇場の椅子に座って100分余り
夢のような物語を見るのは
外の寒さを忘れて笑える良い時間。



次はオゾン色どっぷりの人間ドラマを
ドヌーブ主演で
彼女と監督の代表作となるような作品に期待したい。


★100点満点で65点


soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

ジェラール・ドパルデューとドヌーブが踊るシーンなんて
笑うしかない特典映像でした。

★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか
  • URL:http://yaplog.jp/sora2001/archive/1702
トラックバック
トラックバックURL:
11-5.しあわせの雨傘■原題:Potiche■製作年・国:2010年、フランス■上映時間:102分■字幕:松岡葉子■鑑賞日:1月14日、TOHOシネマズシャンテ(日比谷)■料金:1,00...
KINTYRE’SDIARY  2011年02月21日(月) 23時06分
 ジョギングと詩作りが日課の裕福なブルジョア主婦が、心臓発作で倒れた夫の代わりに
みんなシネマいいのに!  2011年02月20日(日) 22時13分
スザンヌ・プジョー(カトリーヌ・ドヌーヴ)は、朝のジョギングを日課とする幸せなブルジョワ妻。雨傘工場を運営する夫・ロバートは「お前はオレについてくればいい」と典型的な亭主関白タイプ。そんなロバートが心臓発作で倒れ、スザンヌはロバートの後任として工場を切り盛りすることに。このことがきっかけで彼女の本能が目覚め始める。
ホンダマチコの関心事  2011年02月15日(火) 11時13分



 今年10本目はしあわせの雨傘でした。
よしなしごと  2011年02月14日(月) 8時02分
「しあわせの雨傘」
(2010/FRANCE/POTICHE)




ブルジョワ主婦のスザンヌは、雨傘工場を経営する亭主関白な夫ロベールと優雅で退屈な毎日をおくっていた。ある日、心臓発作で倒れたロベールに...
ミケランジェロ広場の午後  2011年02月10日(木) 13時17分
原作の戯曲を見ても読んでもいないのでどこまでが小説の設定なのかはわからないんですが、雨傘工場の娘が主人公というなら、やはり『シェルブールの雨傘』(1964年、ジャック・ドゥミー監督)で雨傘屋の娘を演じたカトリーヌ・ドヌーヴを配役したくなるというものでしょう。
スザンヌ(ドヌーヴ)、夫のロベール(ファブリス・ルキーニ)、わけありのモリス・ババン(ジェラール・ドパルデュー)の三人の関係も、どこか『シェルブールの雨傘』の人間関係を彷彿とさせないでもありません。
ドヌーヴに歌を歌わせたり、ダン...
weekly? ぱんだnoきぐるみ  2011年02月10日(木) 10時46分
〔2010年/フランス〕 この映画、 何と言っても、最初にポスターを見た時点で 笑ってしまった。 フランスが誇る大女優、カトリーヌ・ドヌーヴの ゴージャスなお顔と、 彼女が来ているこのジャージとのギャップに! あの気位の高そうなドヌーヴ様が、 よくもまぁ、こんな衣装に納得したもんだと思ったが、 よほど内容が素晴らしいんだろう、 絶対観なくては、と心に誓ったわけなのよ。 物語は、ドヌーヴ様の、このジャージ姿での ジョギングから始まる。 彼女の夫は、雨傘工場のワンマン社長で、 彼女は家族から、「飾り壷」と呼ばれる、 文字通り、お飾りだけの妻。 ジョギングに、ポエム作りに、刺繍に、 それが彼女の日課で、 彼女自身、それが幸せなのだと自分に言い聞かせる日々。 ところがある日、 夫の会社でストが起こり、 夫は社員に監禁された挙句、 病気になってしまう。 そこで頑張るのが、 今まで無能扱いされていたドヌーブ様。 夫の代わりに会社を立て直すべく、奮闘する・・・。 と、ここまで書くと、 今まで箱入り奥様だったドヌーブ様が、 「それだけの女じゃないわ」と頑張る女性映画?と思われそうだが、 この先が、一捻りあって、 実は彼女...
のんびり。  2011年02月09日(水) 13時58分
カトリーヌ・ドヌーヴがチャーミングなフランスのブルジョア・マダムを演じている映画『しあわせの雨傘』。

可愛くきれいなだけの壊れやすい飾り壺だと思っていたら、実は美しいけれどちょっとやそっとでは壊れない、実用的な壺だった…。

華やかな笑顔の下に図太さとしたた

毎朝のジョギングが日課のブルジョワ妻、スザンヌ(カトリーヌ・ドヌーヴ)は、心臓発作で倒れた雨傘工場社長の夫ロバート(ファブリス・ルキーニ)に代わり、工場を切り盛りすることになる。
典型的な亭...
心のままに映画の風景  2011年02月03日(木) 1時57分
カトリーヌ・ドヌーヴ主演&フランソワ・オゾン監督のコミカルなドラマです。 予告編を観て、すごく楽しそう〜!と期待していました。 期待通り楽しくて、女性のパワフルさを感じさせるような物語でした(^^ゞ
とりあえず、コメントです  2011年01月30日(日) 11時28分
父が大好きだったカトちゃんが、ジャージを着てスクリーンに!   「専業主婦が、病で倒れた夫の代わりに社長の席につき 難問
ほし★とママのめたぼうな日々♪  2011年01月29日(土) 19時12分
 雨傘といえば、「シェルブールの雨傘」。共通点は雨傘だけだけど、カトリーヌ・ドヌーヴのオーラはさすが。めっちゃ面白いコメディだった。    庭仕事と刺繍と詩作がスザンヌ(カトリーヌ・ドヌーヴ)の毎日。夫のロベール(ファブリス・ルキーニ)は横柄で、家事に手…
シネマ大好き  2011年01月29日(土) 17時56分
 今年初めてのシネコンで映画鑑賞です。 選んだ作品は「しあわせの雨傘」。 カトリーヌ・ドヌーヴの映画は見たことがないです。子どものときに父親が映画音楽の全集のLP版を買...
なりゆき散策日記  2011年01月26日(水) 20時50分




 POTICHE
 1977年、フランスの田舎町。雨傘工場の社長夫人スザンヌ(カトリーヌ・ドヌ
ーヴ)は、亭主関白な夫ロベール(ファブリス・ルキーニ)の従順な妻。ある日
ロベールが倒れ、スザンヌは...
真紅のthinkingdays  2011年01月26日(水) 17時19分
今年最初の映画を見る会の作品です。
「ソーシャル・ネットワーク」と迷ったのですが、
公開したばかりだという上に、
鑑賞日がレディース・デイで混むだろうということで
こちらの作品に。

1970年代のフランス。
毎朝のジョギングとポエム作りが楽しみの
優雅な毎日を送
映画、言いたい放題!  2011年01月26日(水) 12時29分

<しあわせの雨傘 を観て来ました>

原題:Potiche
製作:2010年フランス

←クリックしてね。ランキング参加中♪

平日昼間の時間帯なのに、満席ってどうなのよ。
場所柄、作品柄、まぁうなずける結果ではあるけど。(銀座・有楽町で、この作品だったらね)
他の映画より、ちょっとマダムでセレブっぽい人を多く見かけました。
作品によって、どういう人が見に来ているんだろ〜と観察するのも楽しいです。

フランスの女優、カトリーヌ・ドヌーブが主演のフレンチコメディ。
雨傘工場を経営する夫ロベールと、毎日をただ楽しくお気楽に、そして退屈に暮らしていた主婦スザンヌ。
ある日、ロベールが心臓発作で倒れた代わりに、スザンヌが雨傘工場の経営を任されてしまう。
戸惑う彼女だったが、娘と息子の協力を得て、独自の感性で工場を立て直し、経営能力を開花させていくが…



夫ロベールの経営方針が強引すぎて、工場で働く人たちからはストライキの嵐。
そのせいで興奮しすぎて心臓発作を起こしちゃう。
工場側と、早く交渉しないと大変なことになるっていうので、急遽スザンヌが経営者になって、交渉することに…。ロベールだったら工場側の意見は聞かない...
★紅茶屋ロンド★  2011年01月26日(水) 9時58分
原題:POTICHE監督:フランソワ・オゾン出演:カトリーヌ・ドヌーヴ 、ジェラール・ドパルデュー、ファブリス・ルキーニ 、カリン・ヴィアール 、ジュディット・ゴドレーシュ公式...
NiceOne!!  2011年01月26日(水) 2時48分
『8人の女たち』以来のタッグとなるフランソワ・オゾン監督と、大女優カトリーヌ・ドヌーブが送るコメディドラマだ。70年代のフランスの片田舎にある雨傘工場を舞台に、心臓病で倒れた夫に変わって妻が工場を切盛りし、女性としての自立、自分の居場所に気がついていく。共演にジェラール・ドパルデュー、ファブリス・ルキーニ、ジェレミー・レニエらフランスの名優が揃った。
LOVE Cinemas 調布  2011年01月25日(火) 19時50分
2011年01月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
http://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf