映画「白いリボン」その白いリボンが象徴するものは?

2011年01月21日(金) 19時09分
「白いリボン」★★★★
クリスティアン・フリーデル、レオニー・ベネシュ、ウルリッヒ・トゥクール、
フィオン・ムーテルト、ミヒャエル・クランツ、ブルクハルト・クラウスナー出演
ミヒャエル・ハネケ監督、145分、2010年12月4日公開、
2009,ドイツ、オーストリア、フランス、イタリア,ツイン
(原作:原題:DAS WEISSE BAND)





                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい



2009年カンヌ国際映画祭パルムドール受賞作品。

「モノクロのチラシには
無表情の少年の頬に涙が流れ
明るい内容の映画じゃないだろうな
そのくらいしか分らずに劇場へ、
息詰まるような濃密な時間を過ごした」



その小さな村は大地主が支配し
教会の教えが村人の生活の規範を支えていた、
それは1913年のドイツの田舎では
珍しくないことだったのだろう。

堅苦しい挨拶、親と子の間でも
親密さより主従関係を明確にさせるような
明確な上下の関係が厳しく律せられていた、
息苦しい雰囲気、モノクロの画面
そして事故なのか
悪意のある事件なのか
いくつかの事柄が小さな町を揺るがしていく。

この村で何が起こっているのだろう、
何もかもが胡散臭く
見せかけの整然とした生活が
もう爆発寸前のようだ。



話は現在から当時を振り返り
年老いた教師が自分の記憶を頼りに
その頃の村の様子を語るのだが、
やはりそれは彼の視線であり
結局殆どの事件は解決されたのかどうかも
分らないままだ。

何が起きたのかは明確だ、
でもどうしてもそこに自分達は
「何故」や「誰が」と
答えを求めてしまうが

自分達は時々そんな常識的なことなんか
ぶっ飛んでしまうような
不条理なことが起こることも、知っている。



「白いリボン」は映画の中では
子供を罰する象徴として
子供の腕に巻かれている、
でもそんなふうに明らかに分るような
「悪」よりもっと大きな
「悪意」が世界にはあり

それは第一次世界大戦の号砲とともに
始まったのだ。


文学作品を読んだような
明確な何かは提示されないが
それがかえってこの映画の印象を強くする、
気軽に見られるような映画じゃないが
これも映画の力、
満足感に浸りながら劇場を後にした。


★100点満点で75点


soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

ミヒャエル・ハネケ監督は常々「私の作品は観客にポップコーンを食べさせない。」と
言っているようだが、この映画では何かものを食べる音は禁物です。

★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか
  • URL:http://yaplog.jp/sora2001/archive/1701
トラックバック
トラックバックURL:
白いリボン? DAS WEISSE BAND ?

監督: ミヒャエル・ハネケ

  
出演: ウルリッヒ・トゥクール、ブルクハルト・クラウスナー、ヨーゼフ・ビアビヒラー、ライナー・ボック、スザンヌ・ロタール、ブ...
映画@見取り八段  2011年12月28日(水) 2時10分
11-7.白いリボン■原題:DasWeisseBand(TheWhiteRibbon)■製作年・国:2009年、ドイツ・オーストリア・フランス・イタリア■上映時間:144分■字幕:齋藤敦子■鑑賞日:1月15日、新...
KINTYRE’SDIARY  2011年03月03日(木) 23時28分
この村に息を殺して潜んでいるものは、
悪意と嫉妬と猜疑心、不信と不穏と不和不調。

歴史的過ちへの贖罪か、糾弾か。
記憶の乖離への警鐘か。
それとも未来へのサンプルなのか。


『白いリボン』
2009年/ドイツ、オーストリア、フランス、イタリア/144min
監督・脚
  2011年02月09日(水) 16時13分
監督:ミヒャエル・ハネケ 出演:クリスティアン・フリーデル ドイツ・オーストリア・フランス・イタリア2009年 こりゃまたイヤ〜ン[E:ng]な映画を見てしまったもんだ。 もっとも、ハネケの監督作品ならばイヤ〜ンに決まっている。そして、みんなそれを期待して見に行くのだ。「楽しい」とか「興奮する」とか「感動する」なんて事には最初から縁がない。 ここには「悪」が描かれている。どんな悪かというと、既に満杯になっている黒いゴミ袋があるとする。そこにさらにゴミを詰め込むが、ふくれ切った
ひねくれ者と呼んでくれ  2011年01月31日(月) 0時24分
 【ネタバレ注意】

 涙を流す少年のアップ。ポスターのこんなモノクロ写真を見て、私はてっきり『白いリボン』は暗くて退屈な映画だろうと思い込んでしまった。よもやミステリ仕立てでワクワクさせる、こ...
映画のブログ  2011年01月30日(日) 12時05分
『白いリボン』 “DAS WEISSE BAND - EINE DEUTSCHE KINDERGESCHICHTE” (2009・ドイツ=オーストリア=フランス=イタリア) 2h24 監督・脚本 : ミヒャエル・ハネケ 出演 : クリスティアン・フリーデル、レオニー・ベネシュ、ウルリッヒ・トゥクール 白いリボンは汚れた心の戒めとして。 ミヒャエル・ハネケ作品を観るのは初めて。 『ファニー・ゲーム』の印象、予告だけの印象で、とにかく生理的に受け付けないだろうと思い込んでしまっているのでそのほかの作品も観てませんでした。 本作はカンヌ映画祭でパルム・ドールを受賞したという事で、完全にミーハーな気持ちで観ました。 『ファニー・ゲーム』のトラウマ(観てもいないのに)を乗り越えさせたのはミーハー。 ミーハーはエセトラウマに勝る。 観始めると意外と普通に観れる。「硬質」といった言葉が似合う作風。 ご本人も硬そう。 本作はミヒャエル・ハネケによる「昔は良かった」幻想打破作品ではないだろうか。 昔の人が皆純粋で、倫理観に強く、互いを思いやる。と思ったら大間違い。と。人間がそんなに清廉であるはずがなかろう。と。 確かに現在と比べたら純粋で清廉な...
映画尻エリカ  2011年01月27日(木) 20時28分
第一次世界大戦前夜の1913年、夏。 北ドイツの小さな村のドクターが落馬して大怪我を負う。 彼の自宅前に針金が張られていたのだ。 翌日、小作人の妻が事故で命を落とす。 その後も次々と起こる不可解な事件。 男爵家のうら若き乳母に思いを寄せている教師は、この村の“魔物”の正体を突き止めようとするのだが…。 ミステリー。
象のロケット  2011年01月26日(水) 21時10分
明るいモノクロの映像が解決しない事件をより一層際立たせる。
静かで重く、引き込まれた映画の中の映画。巧い。巧すぎる。

以前から気になって前売券を用意していたのに、
ついつ ...
ここにあるもの  2011年01月25日(火) 13時31分
「美しい村、静かな暮らし 聴こえてくる魔物の足音」 [Official]
これから話すことがすべて真実か
あまり自信はない。

それでも、あの奇妙な出来事を
誰かに話しておくべきだと私は思う。

あの出来事こそがおそらく、
当時の我が国そのものなのだ。
こう前置きする
映画 - K'z films -  2011年01月24日(月) 23時44分

第一次世界大戦前、ドイツ北部の小さな田舎町。
地主である男爵が支配するこの町で、不可解な事故が次々と襲い掛かる。
プロテスタントの教えを信じる村人たちは疑心暗鬼に陥り、子どもたちは苦悩を感じ...
心のままに映画の風景  2011年01月24日(月) 11時27分
 第一次世界大戦前夜の北ドイツの静かな村で、次々と奇妙な事件が起きる。見えない針金で医者が落馬し、そのすぐ後に小作人の妻が転落死し、犯人が分からないまま、男爵家の納屋が燃え、男爵家の子どもが失踪して、暴行された姿で発見される。そして、医者の家でこどもを…
シネマ大好き  2011年01月24日(月) 7時29分
原題:DASWEISSEBAND-EINEDEUTSCHEKINDERGESCHICHTE/THEWHITERIBBON監督:ミヒャエル・ハネケ出演:クリスティアン・フリーデル、レオニー・ベネシュ、ウルトリッヒ・トゥクール、フィオン・ムーテルト...
NiceOne!!  2011年01月24日(月) 5時22分
ミヒャエル・ハネケ監督の「白いリボン」を観てきました。第1次世界大戦が始まる直前の1914年、北ドイツの小さな村で、村にただ1人の医者が落馬して大怪我を負います。原因は自宅前の木と木の間に張られた針金でしたが、犯人は見つかりません。翌日、小作人の妻が、村を
とんとん・にっき  2011年01月23日(日) 23時56分


Comment:
辺境の村で起きる怪事件の数々。

その年のカンヌ国際映画祭パルム・ドールを受賞したミヒャエル・ハネケ監督の作品です。

全編モノクロによるこの作品。浄化の「白」に潜む悪意の「黒」を...
ひでの徒然『映画』日記  2011年01月23日(日) 21時56分









映画 「白いリボン」
ようこそMr.G  2011年01月23日(日) 19時55分
2011年01月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
http://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf