映画「クレアモントホテル」どんな出会いが待っているか、日々を大切にしたいと思わせる作品

2011年01月16日(日) 14時39分
「クレアモントホテル」★★★★
ジョーン・プロウライト、ルパート・フレンド、アンナ・マッセイ、ロバート・ラング出演
ダン・アイアランド監督、108分 、2010年12月4日公開、
2005,アメリカ、イギリス,クレストインターナショナル
(原作:原題:MRS PALFREY AT THE CLAREMONT )





                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい





「予告では映画の内容がいまひとつ分らなかった、
オーランド・ブルーム似の貧乏青年と
お婆さんの交流の話しくらいに思っていたが、
映画を見てるとだいぶ印象が違っていた、
いや、その通りともいえる、
人と人とのささやかな出会いを描きながらも
それが奇跡のようにも感じられる」



英国ロンドンの街角にある
長期滞在型ホテル「クレアモントホテル」。
パルフリー夫人(ジョーン・プロウライト)は
孫に会うのを楽しみにしてやって来たが、
自分には電話さえかかってこない事実を知る、
そんな時、怪我が縁で知り合った
小説家志望の青年ルードヴィック(ルパート・フレンド)に
孫息子を演じてくれと頼んで
僅かなプライドを守るのだった。

こんな長期滞在型のホテルがあるのかなと
思いながら見ていると
そこには一風変わった人達が住んでいて
皆一様に誰かを待っているようだ、
でもその「誰か」を口にすることはあっても
なかなか現れないのが現実だ、
人と人の繋がりとかを考えてしまう。



だからパルフリー夫人の孫の登場は
そのホテルのレストランに大きな波風を立てるが
夫人はその様子を楽しみつつ
どこかに淋しい表情を見せる。

娘も近くに居ながら
そこには行かずホテルで過ごすという
お互いの距離、
都会生活とはこんなものだ、
調子の良い時は一緒で構わないが
やはり自分のテリトリーを守り
決して懐に入り込むようなことはしない。

青年ルードヴィックはまだ自分の将来に迷いながら
日々を過ごしているが
夫人との出会いで一歩踏み出すような
積極的な面を見出していく。

特に大きな事件が起こる訳でもなく
夫人のゆっくりとした歩調と同じ様に
ゆっくりと、ゆっくりと時が過ぎ
何かが確実に損なわれていく、
けれどそれを嘆いても仕方ないよと
映画は優しく示してくれる
新しい出会いや
寒い風の吹く外へ出ていく勇気



ちょっとしたことの積み重ねが
大切なのだと



大作映画が好きなのはもちろん、
映画は時にこんな風に
優しい気持ちにさせてもくれる、
見て良かったと思える作品と出合った。


★100点満点で75点

soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

主演のジョーン・プロウライトは1929年生まれ、80歳を超えているが
イメージの中のイギリス人という風貌そのもの、
どこかで見たことあるなと思いつつ。
スパイダーウィックの謎 (2008)・アイ・アム・デビッド (2004)・永遠のマリア・カラス (2002)・ムッソリーニとお茶を (1998)

★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか
  • URL:http://yaplog.jp/sora2001/archive/1699
トラックバック
トラックバックURL:
2011年6月23日(木) 18:20〜 キネカ大森1 料金:0円(二本立ての二本目) パンフレット:未確認 『クレアモントホテル』公式サイト キネカ大森 名画座 老人映画特集。婆の部。 同時上映の「ヤコブへの手紙」が目的で、本作はノーマーク。公開されていたのも大の苦手の岩波ホールだったようで、作品の存在すら知らなかった。 が、これは大当たりだった。 孤独な婆さんと好青年との交流。 色々な愛に溢れた、とても暖かい作品だ。 実の孫が粗末に扱われ過ぎだけど。 そして、偽の孫と比較して、顔があんまりなのも笑える。本編での優れたコメディ・リリーフ。 ところで、イギリスには晩年をホテル暮らしする人たちが多いのか? そして、イギリスだけあって、料理が旨そうでない。このホテルは、土曜日の昼のロースト・ビーフが一番ましだそうだ。 お勧め度:☆☆☆☆ メシまず度:☆☆☆★ 俺度:☆☆☆☆
ダイターンクラッシュ!!  2011年06月24日(金) 18時13分
10-84.クレアモントホテル■原題:Mrs.PalfreyAtTheClaremont■製作年・国:2005年、アメリカ・イギリス■上映時間:108分■字幕:石田泰子■鑑賞日:12月25日、岩波ホール(神保...
KINTYRE’SDIARY  2011年02月11日(金) 23時31分

ロンドンの長期滞在型のホテル“クレアモント”に、一人の老婦人サラ・パルフリー(ジョーン・プロウライト)がやって来た。
想像とかけ離れたホテルの現実から取り残されたサラは、ある日、小説家志望の青...
心のままに映画の風景  2011年01月28日(金) 18時45分
 今年最初の映画鑑賞は、青年と老婦人の交流を描いた『クレアモントホテル』をシネ・リーブル神戸にて。若い女性と老人の恋を描いた『人生万歳!』とちょっと迷いました。  昨年の1本目は1月末日でしたから(『おとうと』)、同じように仕事に追われても、今年の状況の…
健康への長い道  2011年01月19日(水) 20時11分
イギリス・ロンドン。 夫に先立たれた老婦人サラ・パルフリーは、長期滞在型のクレアモントホテルにやってきた。 想像とはかけ離れた雰囲気に落胆したが、滞在客たちとも少しずつ言葉を交わすようになり新しい生活が始まった。 外出先で転んだところを助けてくれた親切な青年ルードに、全く訪ねて来ない彼と同い年の孫デズモンドのフリをしてもらうことになったのだが…。 ヒューマンドラマ。
象のロケット  2011年01月18日(火) 0時02分
イギリスの女性作家エリザベス・テイラーの同名小説を映画化。ロンドンのクレアモントホテルを舞台に老婦人と作家のたまごのせいねん、ホテルに暮らす仲間との交流を描いたヒューマンドラマだ。主人公の郎老婦人を『スパイダーウィックの謎』の名女優ジョーン・プロウライトが、青年を『わたしの可愛い人 シェリ』のルパート・フレンドが演じる。監督はダン・アイアランド。
LOVE Cinemas 調布  2011年01月16日(日) 20時28分
2011年01月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
http://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf