映画「トロン:レガシー」3Dゲームを劇場で

2011年01月04日(火) 0時09分
「トロン:レガシー」★★★☆
ギャレット・ヘドランド、ジェフ・ブリッジス、オリヴィア・ワイルド出演
ジョセフ・コシンスキー監督、125分、2010年12月17日公開、
2010,アメリカ,ディズニー
(原作:原題:TRON: LEGACY )




                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい




「20年前にデジタル業界のカリスマが失踪した、
彼の息子はその事実を受け入れつつも
自分らしい暮らしを模索していた、
そんなとき父の友人のポケベルに連絡が来たことから
指示に従って閉店したゲームセンターへ行くと
そこには別の世界への入り口が隠されていた」



109シネマズの誇るIMAXで鑑賞
このシネコンはスクリーン7は
割引のきかない劇場なので2000円、
果たしてモトはとれたのかと言えば
この映像体験の為なら仕方ないかなと。

ストーリーとしては
親探し、そしてそれは自分探しでもある、
単純なストーリーの中にも
深い主題は見え隠れするが
この映画のお楽しみはその映像にある。



3Dを意識した画面構成
画面の奥からこちらに向けて失踪するマシン、
ネオンのブルーがトーンの落ちた画面を
縦横に動き回り
登場する人間は人格のない

ゲームの駒のひとつのよう、
でもこれでいいのだ、
この映画に他に何を求めるのだろう。

「アバター」のヒット以降
3D上映により映画は新しい観客を獲得しているという、
それは全体の興行成績に顕著のようだ、
でもこれはたぶん一時的なもののような気がする。

一見この素晴らしい映像に
新鮮なものを感じるかもしれないが
ゲームが好きな世代は
きっとまたゲームに戻っていくだろう、
自分でコントロールできないものに
それほど長くは興味を持てないだろう、
結局内容に戻ってくのだ。


どんな目を奪われる映像も
その感動は長くは続かない
やはり心に届くメッセージを求めているからだ。


だからこの映画は、
これかの3D映画のひとつの方向性としても
主流とは思えない、
でも一年の始まりの祝際的な映画として
選ぶならそれは正解のようだ。

映像の無機質な美しさの中では
人間だけが違和感のある存在だ、

だからこのストーリー展開がなんだか
理解できてしまうが、
結局人間が不完全な存在であり
それが機械やシステムによって
滅ぼされようとするところは
「エイリアン」や「ターミネーター」でも
描かれてきたことだ。

やはり人間も
完璧なものを求めているんだろうか?
自分の求めるものに向けて
努力することは勿論だけれど
きっとその理想に近づいた時
またその完璧さはその少し向こうに
遠ざかっていくのだろうな。



映画全体では満足、
この映画に求めるものは充分に楽しめる。

★100点満点で75点

soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

しかし3Dメガネは疲れる、
そして実際の映像より暗く見えるのは仕方ないのか。

★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか
  • URL:http://yaplog.jp/sora2001/archive/1692
トラックバック
トラックバックURL:
監督 ジョセフ・コシンスキー 主演 ギャレット・ヘドランド 2010年 アメリカ映画 125分 SF 採点★★ “映像革命”とか“全く新しい映像体験”とか言った宣伝文句をよく耳にしますが、稀に斬新な映像表現を用いた作品こそあれど、ほとんどはエフェクト率が高くな…
Subterranean サブタレイニアン  2011年09月13日(火) 9時40分
トロン:レガシー / TRON:LEGACY

2010年 アメリカ映画 ウォルト・ディズニー製作

監督:ジョセフ・コシンスキー
製作:ショーン・ベイリー ジェフリー・シルヴァー スティーヴン・リズバーガー ...
RISING STEEL  2011年08月02日(火) 19時54分
昨年末、せっかく劇場で観たのにそのほとんどを寝てしまっていた私。
お葬式のあとだったしね〜
今回リベンジ・・・・・・・・・・そして判ったこと。
最初の15分以外は、ラストに5分ほどしか起きていられなかったんだなぁと。(爆)
ノルウェー暮らし・イン・London  2011年03月18日(金) 1時44分
父の創りだした電脳世界に入り込み、父と同じ顔をした男と戦う運命を担った若者。
電脳世界で、小さなバグをも許さず、誤ったバグを強制的に排除しようとするプログラムと、突然変異で“意志を持ち”“自由に動き始めた”プログラムの戦い。

こう聞くと、なんだかいろいろな映
  2011年02月15日(火) 4時48分
『トロン:レガシー』

ハリーポッターが、衝撃のの3D公開断念!となったため
本作品が初IMAX鑑賞ととなりました。




(C) Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

なにしろ、前フリがかなりなものだったから…

あのディズニーが、3D映像の極限に挑む!み
  2011年02月12日(土) 12時06分
10-81.トロン:レガシー■原題:Tron:Legacy■製作年・国:2010年、アメリカ■上映時間:126分■字幕:戸田奈津子■鑑賞日:12月19日、吉祥寺スカラ座(吉祥寺)■料金:1,...
KINTYRE’SDIARY  2011年02月01日(火) 23時54分
レディースデイだったので映画に行ってきました。 『トロン:レガシー』です。 字幕
コリちょこ  2011年01月20日(木) 20時03分
トロンという28年前の映画の続編という、トロン:レガシーを観ました。
2011年、初めて劇場で観た映画となりました。
コンピューターの中に入り込んで、中に描かれたキャラクターが実際の人間の様に動いている。
なんだか不思議な世界。

コンピューターの世界にいる時の服は、ぴったりとしたスーツ。
部分的に光っていて、いかにもSFって感じがする。...
まさとの素人映画レビュー  2011年01月20日(木) 12時39分
映画:トロン=レガシー 2010-12-24(キャナルシティ13) ストーリー:デジタル業界のカリスマ、ケヴィン・フリン(ジェフ・ブリッジス)が謎の失踪(しっそう)を遂げてから20年たったある日、27歳に成長した息子サム(ギャレット・ヘドランド)に父ケヴィンからのメッセージが届く。サムは、父ケヴィンの消息を追って父のオフィスに足を踏み入れるが、そこには衝撃的な真実が待ち受けていた。[シネマトゥデイより] 少し遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。ずっと更新が滞っていましたが、昨年観た映画でupできていなかった映画から、順にupしていきたいと思います。 てな訳で、クリスマス・イヴに観た映画です。 この映画、キャナルシティ13のIMAXシアターの3Dで観たんですが、このIMAX、とても鮮明でビックリしました。 いままで観た3Dとは異なり、ほとんど暗くならず、また、くっきりとして映像で、かつ字幕も見やすく、IMAXってすごいですね。 料金がかなり割高なのが玉に(結構大きい)キズですが‥。 で、映画の内容ですが、まぁ、可もなく不可もなくって感じですかね。3D映像を楽しむ映画‥かな。 あと数本、一気にup‥できればいいな...
伊八のいろいろ  2011年01月17日(月) 21時47分
《トロン:レガシー》 2010年 アメリカ映画 − 原題 − TRON:LEGA
Diarydiary!   2011年01月13日(木) 20時21分


【監督】ジョセフ・コシンスキー
【出演】ギャレット・ヘドランド/ジェフ・ブリッジス/オリビア・ワイルド/マイケル・シーン/ブルース・ボックスライトナー/ジェームズ・フレイン
【公開日】2010/1...
シネマをぶった斬りっ!!  2011年01月11日(火) 20時33分
映画バカコンビ
てるお と たくおの
ぶっちゃけシネトーク
映画好きな2人が話題作を斬る!・・・・ほどでもないシネマトーク?



シアター46/『トロン:レガシー』の回



監督:ジョセフ・コシンスキー 製作:スティーヴン・リズバーガー他 音楽:ダフト・
ブルーレイ&シネマ一直線  2011年01月11日(火) 4時58分
映画バカコンビ
てるお と たくおの
ぶっちゃけシネトーク
映画好きな2人が話題作を斬る!・・・・ほどでもないシネマトーク 



シアター46/『トロン:レガシー』の回



監督:ジョセフ・コシンスキー 製作:スティーヴン・リズバーガー他 音楽:ダフ
ブルーレイ&シネマ一直線  2011年01月11日(火) 4時55分
1982年の『トロン』は、未見どころか存在すら知らなかった映画なのだけど、その続
C note  2011年01月09日(日) 11時48分
「トロン レガシー」、観て来ました。映像、デザインがカッコよかったです。ブラック
chronosphere  2011年01月09日(日) 10時55分
TRON: Legacy (2010年) 監督:ジョセフ・コシンスキー 出演:ギャレット・ヘドランド、オリヴィア・ワイルド、マイケル・シーン、ジェフ・ブリッジス 1982年作「トロン」の続編で、コンピューター内部の世界に取り込まれた青年が、25年前に失踪した父と出会い、共に現実世界への脱出を試みるSFアクション。 先日、本作を観る前に観ておこうと前作のDVDをレンタルして初鑑賞したのだが、率直な所、公開当時に観ていたら、何のことやらさっぱり理解できなかったろうなぁという感想しかなかった。 そんな訳で、とりたてて期待が高まることもなく、本作を観たのだが、この世界観に興味をかきたてられるか否かが評価の分かれ目になるのではないかというのが率直な感想である。 個人的には後者の立場なので、主人公がヴァーチャル・ワールドに行く前のパートが一番面白く、徐々に、トーンダウンしていき、最後の方は退屈してしまった。 内容的にはそんな感じだったので、その他の売りに目を向けると、「アバター」より進化した最新の3D技術を駆使した映像という触れ込みだったと思うが、どの辺が進化したのかさっぱりわからず、ますます3D映画は肌(眼)に合わないと実感させ...
Movies 1-800  2011年01月08日(土) 22時40分
映画を鑑賞しました。秊 2010-39『トロン:レガシー3D』(更新:2010/12/23) 評価:★★★☆☆(★★★★☆との間) グランベリーモールの109シネマズで鑑賞しました。 IMAX-3Dで鑑賞です。 映像は凄かったですね。 物語…
はっしぃの映画三昧!  2011年01月08日(土) 18時49分
1982年製作のSF映画「トロン」の続編です。 前作は未見ですけど、当時としては斬新な映像とストーリーで話題になったと聞いていました。 新たに創造された“トロン”には、ダークで地底の中のような世界が広がっていました。
とりあえず、コメントです  2011年01月08日(土) 11時38分
今年の映画初めは、家族で楽しめる作品をということで、ディズニーのSF映画、「トロ
セレンディピティ ダイアリー  2011年01月07日(金) 8時24分
デジタル界のカリスマであるケヴィン・フリンは、7歳の息子サムを残して姿を消した。 …20年後の2009年、サムは謎のメッセージに導かれて、コンピューターの中の世界に入り込んでしまう。 そこは、父が創造した “理想の世界”っだったが、今やクルーという独裁者がすべてを支配していた。 命を狙われたサムは、クオラという女性に救出されるのだが…。 SFサスペンスアクション第2弾。
象のロケット  2011年01月07日(金) 1時04分
1982年にジェフ・ブリッジス主演で世界で始めてCGを本格的に使った作品として知られている
『トロン』の続編。

ということなのですが当初見る予定をいれていなかった作品。
なんで見ることにしたか...
単館系  2011年01月07日(金) 0時06分
注・物語、台詞に触れています。『トロン:レガシー』。監督はジョセフ・コジンスキー。前作『トロン』を見なくても楽しめると伝えられていたが、やはり予習は必須かも。と、いうことで少し前作について。「トロン」
映画雑記・COLOR of CINEMA  2011年01月06日(木) 12時33分
世間知らずの27才の金持ちニート青年が、後先も考えずに事態を悪化させ、「俺が守る」と言いながら、結局は父親の働きで元の世界に戻れた話。絵は素晴らしかった!!話は退屈だった...
帰ってきた二次元に愛をこめて☆  2011年01月06日(木) 2時10分
1日は映画の日、3Dは料金も高いわけですが、サービスデーだと1,400円で鑑賞できます。年末から上映が始まっていて、早く観に行きたいと思っていたのですが、12月はとにか...
kaoritalyたる所以  2011年01月06日(木) 0時35分
IMAXで是非観るべき作品!っと109シネマズで煽ってましたけど・・・IMAXにしなくてよかった^^;;;んーーっと、うたた寝指数60分くらいあったかも?エンコム社のCEOケヴィン・フリンが失踪して20年。息子のサムはエンコムの大株主にもかかわらず経営参加を拒否し自由に暮
黒猫のうたた寝  2011年01月05日(水) 22時54分
前作「トロン」が制作されたのは1982年。 28年も前の作品となるわけです。 タ
はらやんの映画徒然草  2011年01月05日(水) 22時39分
【トロン:レガシー】 IMAX3D  ★★★★ 映画(77)ストーリー デジタル業界のカリスマとして名を馳せたエンコム社CEO、ケヴィン・フ
りらの感想日記♪  2011年01月05日(水) 20時34分

<トロン:レガシー を観て来ました>

原題:Tron: Legacy
製作:2010年アメリカ

←クリックしてね。ランキング参加中♪

やっと
楽しみにしていた、今年一番のbigな目玉映画、「トロン:レガシー」を観て来ました。
普段は3Dでも近場の錦糸町にあるTOHOシネマズに行くことが多いんだけど、今回は大きなスクリーンで観たい!ってことで、豊洲ユナイテッドシネマまで足を運びました。
結構IMAXじゃないと見る気がしないとか言う声も聞きますが、IMAXはさすがにちょっと遠い…ので、特に気にしてません。

今年はいわば、トロンに始まり、トロンに終るといってもいいくらい、トロンを追いかけてきた一年でした。
7分間の特別映像、24分間のフッテージ上映、そして、ジャパンプレミアと…
こんなに全てのトロン関係のプレミアイベントに参加した一般人って、たぶん私以外に居ないんじゃないかと思います。(特に7分間の全世界最速映像は、本当に限られた人だけだったので)

さてさて、映画ですが。
前作ともいえる「トロン」の続編に位置するこの作品。
エンコム社、デジタル界のカリスマと呼ばれるケビン・フリン(ジェフ・ブリッジス)がある晩忽然と姿をくら...
★紅茶屋ロンド★  2011年01月05日(水) 20時19分
エンコム社のCEOだったケヴィン・フリン(ジェフ・ブリッジス)が失踪してから、早20年。
I am invincible !  2011年01月05日(水) 19時15分
 1982年に公開された「トロン」は、当時の「スターログ」が一番特集していて、期
みんなシネマいいのに!  2011年01月05日(水) 1時20分
前作トロンをみたのは20年以上前

あやふやな記憶のまま、臨もう
そんなどうでもいい決意をして観にいった






わたしの嗜好

win95、98や2000
よくパソコンのデフラグをしました


規則正しく並んだ配列が赤になり緑になり薄水色に変わってゆく

そして、容
ハクナマタタ  2011年01月04日(火) 22時43分
現実でないプログラムだけの世界の完成度がすばらしくて、ただ圧倒されるだけだった。ストーリーはいわゆる父親を踏み越えて大人になるスタンダードなものだけど、3Dで描かれた世界に引き込まれそうになった。
とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver  2011年01月04日(火) 21時59分
コンピュータ・システムの内部に創造された世界。人間の姿で存在しているのは皆プログラムたちという奇抜にして壮大なこの概念が、27年前に既に描かれていたことにまず驚かされる。本作が見せる世界観はまさに21世紀を生きる現代人なればこその発想ではないか。
恥ずかしながら前作については断片的な映像の記憶しかないのだが、当時の映像技術ではとても表現しきれる世界観ではなかったわけで、その意味では27年の時を経てようやくCGやVFX技術が作品の内容に追いついたと言えるのかもしれない。当時のクリエイターた...
SOARのパストラーレ♪  2011年01月04日(火) 20時31分
 1982年に公開され、世界初の本格CG技術導入で話題になったSF大作の正統続編。  まずなにより、ベクタースキャンを彷彿とさせる光のラインが特徴的な、サイバーチック全...
狂人ブログ 〜旅立ち〜  2011年01月04日(火) 18時54分
実は2011年3月公開の『攻殻機動隊S.A.C. SSS 3D』の劇場用3D予告編見たさにスルーを止めにしてワザワザ観に行った映画だったりする。スルーしようと思った理由は、まず「ディズニー映画」という
たいむのひとりごと  2011年01月04日(火) 17時12分
トロン:レガシー 3D'10:米◆原題:TRON: LEGACY◆監督:ジョセフ・コジンスキー◆主演:ギャレット・ヘドランド、ジェフ・ブリッジス、オリヴィア・ワイルド◆STORY◆デジタル業界のカリス ...
C'est joli?ここちいい毎日を?  2011年01月04日(火) 15時59分
2010年12月26日(日) 18:55〜 TOHOシネマズ日劇1 料金:1700円(有楽町の大黒屋で前売り購入+差額100円) パンフレット:未確認 『トロン:レガシー』公式サイト 当初評判は悪かったが後年カルトとも言われた「トロン」。 そうとう昔にビデオで観た。何とも妙ちくりんだが、結構良かった記憶がある。 で、本作はリメイクでなく、20うん年たってからの続編。 前作の主人公のジェフ・ブリッジスは、再び登板。電脳世界に残っている設定であり、若い顔のジェフ・ブリッジスも登場。素晴らしいCG補正技術だ。正確には、コピーが年をとらず、本物は電脳世界の中でも加齢している。 コンピュータ・システム自体は、設置場所のゲームセンターが閉ざされたままだったため、20年前と同一だと思われるのだが、処理能力がいつの間にか格段にアップしたのだろうか、電脳世界がとんでもない程広がっている。 ついでに入出力装置が、20年前にはあり得ないものだ。 しかし、セキュリティ・システムに関しては、相変わらず甘い。そもそも守衛が一人しかいない会社などあるのだろうか。 相変わらず、コンピュータ関連の設定に関しては、どの映画もなっていない。 ストーリーのほう...
ダイターンクラッシュ!!  2011年01月04日(火) 15時27分



 28年前のトロンもDVDで観て予習完了。そんなわけでアッキーナさん絶賛のトロン・レガシーを公開初日に観てきました。
よしなしごと  2011年01月04日(火) 14時16分
「トロン:レガシー」を鑑賞してきました3D字幕版。世界で初めてCGを本格導入した革新的映像で話題となった1982年のジェフ・ブリッジス主演作「トロン」の続編となるSFア...
日々“是”精進!  2011年01月04日(火) 13時00分



☆☆☆★− (10段階評価で 7)
12月18日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター7にて 16:15の回を鑑賞。
みはいる・BのB  2011年01月04日(火) 12時25分
期待しないで見てね公式サイト http://www.disney.co.jp/tron12月17日公開世界で初めてCGを使用したSF映画「トロン」(1982)の続編デジタル業界のカリスマとして名をはせ
風に吹かれて  2011年01月04日(火) 12時06分
原題:TRON:LEGACY監督:ジョセフ・コジンスキー出演:ギャレット・ヘドランド、ジェフ・ブリッジス、オリヴィア・ワイルド(TOHOシネマズ1か月フリーパス鑑賞 19本目)公式サイトは...
NiceOne!!  2011年01月04日(火) 12時05分
最初、予告編を観たときは、「どうしようかなぁ」と迷ったんだけど。




ディズニーだし、はずれはないかな、と思って、「トロン:レガシー




」を、公開日に鑑賞。


















「UCとしまえん




」は、平日にしては、ちょっ
いい加減社長の日記  2011年01月04日(火) 11時32分




映画『トロン:レガシー(3D 字幕版)』(公式)を、本日(12/17)鑑賞。初日第1回目の上映で、観客は20名ほど。


採点は、★★★★☆(5点満点で4点)。100点満点なら80点。


因みに、『トロン(1982)』は、当時劇場にて初日に鑑賞した。当時、高校生で進路を決めるのに、映像業界を意識させたきっかけになった映画の1本でもある。それだけに、相当思い入れが強い作品だから、採点は若干甘めになった。


ざっくりストーリー


デジタル業界のカリスマである...
ディレクターの目線blog  2011年01月04日(火) 9時57分
1982年にジェフ・ブリッジス主演で世界で始めてCGを本格的に使った作品として知られている『トロン』の続編。20年前に失踪した父の後を追い、電脳世界へと入り込んだ息子サムが、父と協力してプログラムたちと戦う姿を描き出したSFムービーだ。前作同様ジェフ・ブリッジスのほかに、『エラゴン 遺志を継ぐ者』のギャレット・ヘドランドが出演。四半世紀の技術の進歩が素晴らしい。
LOVE Cinemas 調布  2011年01月04日(火) 0時24分
2011年01月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
http://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf