「シチリア!シチリア!」ペッピーノの成長物語

2010年12月22日(水) 0時09分
「シチリア!シチリア!」★★★★
フランチェスコ・シャンナ、マルガレット・マデ、アンヘラ・モリーナ、リナ・サストリ出演
ジュゼッペ・トルナトーレ 監督、151分、2010年12月18日公開、
2009,イタリア、フランス,角川映画
(原作:原題:BAARIA)





                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい



「シチリアの貧しい家庭に生まれた主人公の
一代記と同時に街の発展の記録でもある、
子供時代は教会を中心とした
大きな道路と周辺に僅かにあった家も
彼が家族を持つ頃には
見渡す限り建物がビッシリ建ち
賑わいを見せるが
そこここに懐かしい顔も見える」



永遠に続きそうに思えた子供時代、
飽きもせずに見るもの
触れるものに好奇心を抱き
親は絶対的存在で
周囲の大人を見て育った。

それはどの世代でも
どの場所でも変わらない。



久しぶりに田舎へ帰ると
自分がよく歩いた道がこんなに狭かったっけと
感じる、
懐かしい顔がその年分皺がお互い増えている。
でも郷愁はそれを懐かしさで満たして
歳月の経過を悲しんだりはしない。

この映画では小さな街が発展し
それとともに主人公も
大きな世界へと目を向け
そしてまた戻って、
今度は自分の子供を
世界へ送り出すことになる。

ラストの少年の一瞬の夢ようなシーンを
監督は撮りたかったのだろう、
タバコを買いにお使いに走る子供と
学校から家へと急ぐ少年が
同じ道で交差するシーンは
なんだかぐっときた。



それは何を言いたかったのか
色々言えそうだけれど
どれもが正しい
他人から見たらくだらないと
思えるものを集めたり、
ひどく何かを欲しがったり、
全ては時が過ぎると夢のようでもある。

この映画は予告編のコピーが秀逸だった、
「人生は、どこを切っても美しい」
そんなこと思わないけど
一言で要約するならそれも正しいし
そうありたいと願う。

「ニューシネマ・パラダイス」のような
ラストの感動の波を期待したけど
泣けはしなかったな、
でもしみじみ良い映画。

★100点満点で75点


soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン
それが普通なのか分からないが、ケンカ腰の言葉に
感動が遠のくシーンがいくつかあった。
★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか
  • URL:http://yaplog.jp/sora2001/archive/1684
トラックバック
トラックバックURL:
シチリア! シチリア!? BAARIA ?

監督: ジュゼッペ・トルナトーレ

  
出演: フランチェスコ・シャンナ、モニカ・ベルッチ、フランシスコ・スキアーナ、マルガレット・マデ、アンヘラ・モリーナ...
映画@見取り八段  2012年02月02日(木) 19時04分
2009年 イタリア 151分
監督:ジュゼッペ・トルナトーレ
出演:フランチェスコ・シャンナ
マルガレット・マデ
リナ・サストリ
アンヘラ・モリーナ
サルヴォ・フィカッラ
 「ニュー・シネマ・パラダイス」や「マレーナ」と同様、トルナトーレ監督がまたしても自らの生まれ故郷であるシチリア島を舞台に、そこに生まれ育った主人公が激動の20世紀を懸命に生き抜いていく様子を、いきいきと感動的に綴った最新の人生讃歌。主人公にイタリア映画界期待の新鋭F・シャンナ、またその相手役には...
RE940の自作DVDラベル  2011年11月08日(火) 20時48分
11-2.シチリア!シチリア!■原題:Baaria■製作年・国:2009年、イタリア■上映時間:151分■字幕:吉岡芳子■鑑賞日:1月8日、角川シネマ新宿(新宿三丁目)■料金:1,8...
KINTYRE’SDIARY  2011年02月20日(日) 15時30分
シチリア!シチリア!
1930 年代、イタリアはシチリアの町バーリアで貧しい牛飼い一家の次男として生まれたペッピーノ。幼い頃から父や兄と共に農場や牧場に働きに出て学校に行くことも儘ならなかったが、強い絆で結ばれた家族に囲まれ貧しいながらも楽しい少年時代を送る......
シネマDVD・映画情報館  2011年02月15日(火) 6時40分
映画というより1年間かけて見る壮大な大河ドラマみたい。
しかもイタリアならではの特に結論の無い人生ドラマ・・・・?かと思いきや、不思議なファンタジック世界へ。
捉えどころのない映画なのに、イタリア語の響きが耳に心地よく,ほのぼのとして、結構私は好き。
ノルウェー暮らし・イン・London  2011年01月07日(金) 19時12分
映画「ニュー・シネマ・パラダイス」のジュゼッペ・トルナトーレ監督の最新作といえば、映画好きとしては、やっぱり見ずにはいられません。 舞台はイタリア・シチリア。貧しい農民チッコの家にペッピーノが生まれる。学校のシーンでは、ムッソリーニ総統が登場するから、時代は1920?30年代あたりか[1]。やがて第2次世界大戦が始まり[2]、ペッピーノの兄は徴兵され戦場へ。1943年7月にはシチリアに連合軍が上陸する。 第2次世界大戦後、ペッピーノはイタリア共産党に入党する。1946年6月、国民投票でイタリアは王政...
Internet Zone::WordPressでBlog生活  2011年01月03日(月) 19時45分

 
     ***STORY***                  2009年  イタリア             太陽が眩しく輝き、風が荒々しく吹き抜けていくシチリアの町バーリア。牛飼いのトッレヌオヴァ家は貧しかったが、家族が力を合わせて、毎日を力強く生きていた。まだ幼い次男ペッピーノも、大人たちに連れられて農場や牧場で働く。子供とはいえ、大目に見てもらえることもなく、収穫数が足りなければ容赦なく賃金はカット。チーズ3つと引き換えに出稼ぎに行った牧場では、1冊しかない...
Cartouche  2010年12月29日(水) 0時40分
 TOHOシネマズ六本木ヒルズ スクリーン2にて鑑賞、客席は最前列を除いてほぼ満席だ。本作は映画祭上映時には「バーリア」と言うタイトルで上映されました。 映画の話 威勢...
masalaの辛口映画館  2010年12月27日(月) 14時06分


Comment:
激動の時代を生きた男の半生。

ジュゼッペ・トルナトーレ監督の作品です。

イタリア、シチリア島にある田舎町バーリアを舞台に、1930年代から1980年代までの激動の時代を生きた1人の男の...
ひでの徒然『映画』日記  2010年12月26日(日) 15時41分
『ニュー・シネマ・パラダイス』『海の上のピアニスト』のジュゼッペ・トルナトーレ監督最新作。1930年代から80年代にかけて、主人公の少年が成長に沿いながら家族の絆と周囲の人々との関係を生き生きと描き出す。主演はフランチェスコ・シャンナ。共演にモデルのマルガレット・マデ。シチリアに生きる市井の人々の逞しさに驚きを覚える。
LOVE Cinemas 調布  2010年12月26日(日) 3時31分

シチリアの田舎町バーリア。
牛飼い一家の次男ペッピーノ(フランチェスコ・シャンナ)は、幼い頃から働きながら少年時代を過ごして来た。
ファシズムの支配も終わり、第2次世界大戦を経て共和国へと移行...
心のままに映画の風景  2010年12月25日(土) 18時30分
変わりゆくもの、変わらないもの。
人生が、つづいてゆく限り。




『シチリア!シチリア!』 Baaria 2009年/イタリア/151min
監督・脚本:ジュゼッペ・トルナトーレ 音楽:エンニオ・モリコーネ
出演:フランチェスコ・シャンナ

トルナトーレの創り出す映像が、
シネマな時間に考察を。  2010年12月24日(金) 16時07分
イタリア・シチリアの街バーリア。 ペッピーノは幼いうちから牧場へ出稼ぎに行かされるような貧しい家の次男。 第二次世界大戦が終わり、正義感と理想に燃える青年に成長した彼は、政治の世界に足を踏み入れる。 美しい女性マンニーナと恋に落ちるが、彼女の両親は貧しいペッピーノとの結婚に反対し、金持ちの男との婚約を勝手に決めてしまう…。 ある家族の一大叙事詩。
象のロケット  2010年12月23日(木) 22時54分
原題:BAARIA監督・脚本:ジュゼッペ・トルナトーレ音楽:エンニオ・モリコーネ出演:フランシスコ・スキアーナ、マーグレス・マデ、アンヘラ・モリーナ、リナ・サストリ、ルイジ・ロ...
NiceOne!!  2010年12月23日(木) 7時13分
2010年12月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
http://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf