「武士の家計簿 」加賀藩のお武家さまの借金返済計画

2010年12月10日(金) 7時54分
「武士の家計簿 」★★★☆
堺雅人、仲間由紀恵、松坂慶子、西村雅彦、草笛光子、中村雅俊 出演
森田芳光 監督、129分、2010年12月4日公開、
2010,日本,アスミックエース、松竹
(原作:原題:武士の家計簿)




                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい




「加賀百万石のお武家様の話となれば
剣術や武士としての生活の様々な
エピソードと思いきや、
一室に集まった50人くらいの侍が
ソロバンをパチパチ、
質素で実直な侍とその家族の物語」



ラストに代々加賀藩の財政に携ってきた猪山家の
現代の「家計簿」にあたる
夥しい数の帳簿が写しだされる、
これは現在も残る本物だ、
御算用者(会計処理の専門家)という
刀を算盤に置き換えて生計を立てていた武士の
日常を淡々と描いた
まさにホームドラマだった。


黒船来航の前後あたり
武家よりも商人の方が裕福な世の中、
収入の倍を超える借金の完済を目指し
家財を売り、生計を切り詰め
借金まみれで首が回らなくなるとこより
落ちぶれたと噂されても
堅実な生活を目指した

およそ映画になるような派手は全くない
そんな猪山家の日常は
今の生活や考え方と変わることなく
毎日の大切さがじんわり心に染みた。



現在日本の借金は一人当たり600万円あまり、
金利しか払えず、借金はさらに増えるばかり
倹約を謳いながらも
実際の改革は見えてこない。


猪山家のような大胆な改革は
国家という大規模な組織では
そう簡単にはいかないことは分かるが
今年も収入の倍の予算で行われていることを考えると
この国の借金完済は遠そうだ。

昔、日本人はこんなふうに
倹約し仕事を大切にし
なにより家族を守ることを常に考え
ひっそりと生きていたようだ

自分達は身の丈を知らず
夢のようなことばかりに想いを馳せ
その実、足元は揺らいでいるのかもしれない。

夢は大切だ、
それが無くては生活に色は無い、
けれどこんなとこにも幸せはあるよと
地味にこの映画は教えてくれる、

なんだかTVドラマのノリで
特別じゃないけど、
そこにある「生活」を見せてくれた。
映画としてどうかなとも思うが
見てる間はギュッと詰まったエピソードで
時間はあっという間、
気軽に楽しめる映画だった。

★100点満点で70点


soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン
堺雅人、仲間由紀恵が主演とくれば、こんなものでしょう。
★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか
  • URL:http://yaplog.jp/sora2001/archive/1679
トラックバック
トラックバックURL:
 バレンタインデーいかがお過ごしでしょうか。今日は、昨日に続き時代劇を紹介します。

【題名】
武士の家計簿

【製作年】
2010年

【製作国】
日本

【鑑賞手段】
DVD

こんな映画観たよ!-あらすじと感想-  2012年11月26日(月) 21時13分
─ 帳尻があっていればいいというものではない ─

7月入ったくらいにDVDをレンタルで鑑賞。個人的に堺雅人さんが結構好きで、NHK大河「篤姫」の家定役から「ゴールデンスランバー」 ...
Prototypeシネマレビュー  2011年08月04日(木) 6時22分
武士の家計簿
★★★★★(★満点!)



幕末から明治――。
これは、実在する家計簿から生まれた、 ある家族の物語。
刀ではなく、そろばんで、家族を守った侍がいた 。
貧しいときも、豊かな愛を注ぎつづけた妻がいた。

よかったです。
映画館に見に行こうかと思ってたけど、地味な話だしと思ってDVD鑑賞になってしまいました。
原作を読んだ人からは、「よくあの本を映画にしたよな」っていうぐらい、キャラクター設定とかエピソードはフィクションかもしれないけれど、心温まる作品。貧しくても武士の誇りを忘れず、お家芸(御算用者(ごさんようもの:会計処理)としての技術)を子にきちんと伝え、倹約しても刀と袴はそろえる愛。

世間体を気にする武士にあって、倹約に励み、それを「工夫」と支えた妻のお話。2時間以上もあるのに、飽きなかった。
節電、不景気と叫ばれる今みれてよかったと思える作品でした。

確かに地味だけど、人生そんなに波乱万丈なことばっかりじゃないよ。しっかり現実みなきゃ!と。

キャストもよかった、松坂慶子のちょっと抜けた母上様に癒されました。
最後の老後は、堺正人も仲間由紀江も老けメイクをちゃんとしてて、偉いな、と...
食はすべての源なり。  2011年07月05日(火) 13時31分


封切りから2ヶ月近く経つというのに、
客の入りは上々でした。

とにかく役者陣が豪華。
中村雅俊、草笛光子、松坂慶子、西村雅彦、堺雅人。

その中でもひときわ輝いていた ...
23:30の雑記帳  2011年01月26日(水) 23時33分
刀ではなく、そろばんで家族を守った侍がいた。

実際の古文書から幕末の武士の暮らしを読み解いた映画

「武士の家計簿」を見ました。

代々、加賀藩の算用係(今で言うと会計担当とか経理部門)を勤めてきた猪山家で
不正に目をつぶらず、実直に働いてきた男の話です。
小町家の食卓3番館  2010年12月26日(日) 21時42分
試写会で見ました。江戸の終わりかけの時代で、現代で言うと、公務員で、経理課で働く
うろうろ日記  2010年12月26日(日) 21時37分
歴史教養書としては異例のベストセラーになった同名の新書の内容を元に、代々加賀藩の財政に携わってきた下級武士の猪山家を描きます。

江戸時代末期。御算用者(会計処理の専門家)として、代々、加賀藩に仕えてきた猪山家。八代目の直之は、天性の数学的感覚に恵まれ、若くし
2010年。「武士の家計簿」製作委員会。












  森田芳光監督。磯田道史原作。












 公開初日にもかかわらず、観客が私以外にひとりもいない貸し切り状態で鑑賞したことで思い出深い『わたし出すわ』(途中でお菓子を食べる目的だと
映画の感想文日記  2010年12月26日(日) 19時41分
刀ではなく、そろばんで一家を守った侍がいた。加賀藩の財政に代々御算用者として携わ
Monologue - Cinemaな夜に -  2010年12月26日(日) 15時36分
【映画】武士の家計簿
磯田道史原作のベストセラー
「武士の家計簿『加賀藩御算用者』の幕末維新」を映画化。




【あらすじ】
会計処理の専門家、御算用者として代々加賀藩の財政に携わってきた猪山家八代目の直之(堺雅人)。江戸時代後期、加賀百万石とうたわれた藩も
B級生活 ゲームやら映画やらD-POPやら  2010年12月23日(木) 12時04分
解説 チェック:磯田道史原作のベストセラー「武士の家計簿『加賀藩御算用者』の幕末
青いblog  2010年12月22日(水) 22時26分
ちょっと、面白そうだなぁ〜っと予告観て思っていて何も考えずに観に行きましたが・・・まさかの、穴が^^;;;監督が森田芳光、、、比較的テンポが合わない監督さんです。途中で気がつき・・・そうか、この間延びしたようなどうも感覚的に合わないテンポ・・・納得しまし
黒猫のうたた寝  2010年12月22日(水) 0時05分
 なんか母親が急に「観たい」言い出したもんで、予定にないものを観にいってきましたよ。お金母持ち。キャハッ。
武士の家計簿 ―「加賀藩御算用者」の幕末維新 (新潮新書)磯田 道史 新潮社 2003-04-10売り...
闘争と逃走の道程  2010年12月20日(月) 21時17分
代々加賀藩の御算用者(経理係)として仕える猪山家の跡取り息子・直之は、家業のそろばんの腕を磨き、才能を買われて出世する。 しかし、当時の武家の慣習により、出世する度に出費が増え続け、ついには家計が窮地に陥ってしまう。 そこで直之は、ある”家計立て直し計画“を宣言する。 それは、家財を売り払い、家族全員で質素倹約することだったのだが…。 時代劇。
象のロケット  2010年12月19日(日) 15時04分
ストーリー:会計処理の専門家、御算用者として代々加賀藩の
財政に携わってきた猪山家八代目の直之(堺雅人)。
江戸時代後期、加賀百万石とうたわれた藩も財政状況は厳しく、
加えて武家社会には身分が高...
単館系  2010年12月18日(土) 22時30分
作品情報
タイトル:武士の家計簿
制作:2010年・日本
監督:森田芳光
出演:堺雅人、仲間由紀恵、松坂慶子、西村雅彦、草笛光子、中村雅俊
あらすじ:会計処理の専門家、御算用者として代々加賀藩の財政に携わってきた猪山家八代目の直之(堺雅人)。江戸時代後期、加賀百万石とうたわれた藩も財政状況は厳しく、加えて武家社会には身分が高くなるにつれ出費も増えるという構造的な問題があった。直之は、家財道具を処分し借金の返済にあてることを決断し、猪山家の人々は一丸となって倹約生活を実行していく……。
...
★★むらの映画鑑賞メモ★★  2010年12月18日(土) 13時06分



☆☆☆☆− (10段階評価で 8)
12月4日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター6にて 13:25の回を鑑賞。
みはいる・BのB  2010年12月17日(金) 23時36分
11月前半に3作みせて頂いた試写の一つです。 (以来、全く当選してません…[E:happy02]) 11月2日に名古屋市
ほし★とママのめたぼうな日々♪  2010年12月17日(金) 19時34分
映画「武士の家計簿」を観てきました。幕末から明治にかけての激動の時代を生きた加賀藩御算用者今でいう経理係をつとめた猪山家の三代にわたる物語。時代劇につきものの、いわゆるチャンバラのない、例えるなら「武士のホームドラマ」といった感じです。派手な展開はないものの、飽きることなくじわじわと心にしみる映画でした。そして堺雅人さんのすてきなことといったら…!(//▽//)堺雅人さん演じる主人公直之さんと父親の信之さんが務める御算用場は、そろばんがパソコンに変わったくらいで今のオフィスと変わらぬ風景が繰り広げられて
いました。直之さんは「そろばん馬鹿」とあだ名されるくらいの生真面目さで帳簿の不備があると調べ上げなければ気が済まない。そんな折、家の借金が膨大に
なり、直之さんは家族のために武士の対面を捨てて家財道具を売り払うという行動に出ます。奥様・お駒さんの「貧乏だと思えば暗くなりますが、工夫だと思えば。」というセリフがすきです。母方が加賀友禅の商人だったため、彼女のやりくり力も猪山家の財政再建に一役かっていたようで、お駒さんと直之さんはお互いを支え合って苦しい時代を乗り越えてゆきます。また「武士...
日々の書付  2010年12月17日(金) 2時00分
映画「武士の家計簿」を鑑賞。
FREE TIME  2010年12月17日(金) 0時55分
今日は、有楽町マリオンに映画を見に行きました。森田芳光監督作品になる「武士の家計
官庁エコノミストのブログ  2010年12月16日(木) 23時52分







映画 「武士の家計簿」
ようこそMr.G  2010年12月16日(木) 22時08分


初体験しましたーーーー!!
初めて、舞台挨拶付きで映画観てきましたーーーきゃー\(^_^)/♪♪

ご当地映画ということで、全国に先駆けて石川先行上映でして、
初日の今日は、
森田芳光監督・堺雅人...
よくばりアンテナ  2010年12月16日(木) 22時03分
 幕末期、刀の変わりに算盤を武器に、一家を守るべく奮闘した御算用者の姿を「家族ゲーム」「失楽園」の森田芳光監督で映画化。  ちょうど本作の時代前後に西洋数学が導入される...
狂人ブログ 〜旅立ち〜  2010年12月15日(水) 19時41分
【12月10日特記】 映画『武士の家計簿』を観てきた。 そもそも時代劇はあまり見ない。これも森田芳光監督でなければまず見なかったと思う。 しかし、時代劇であるとは言え、これは経済ドラマなのである。しか
trivialities   2010年12月15日(水) 13時52分
原作は、国史研究史上、はじめて発見された武士の家計簿「金沢藩士猪山家古文書」から幕末の武士の生活を生き生きと読み解いた磯田道史著『武士の家計簿―「加賀藩御算用者」の幕末維新』(新潮新書刊)。監督は常に時代を様々な角度から切り取り、多様な家族を描いてきた森田芳光...
やっぱり邦画好き…  2010年12月15日(水) 9時10分
 マスメディアが黙殺する問題、それを取り上げたのが『東のエデン』の画期的な点の一つだろう。
 その問題――世代間格差の問題をマスメディアが取り上げることは滅多にないが、『東のエデン』はそれを堂々と...
映画のブログ  2010年12月14日(火) 1時02分
監督:森田芳光
出演:堺雅人、仲間由紀恵、中村雅俊、松坂慶子、西村雅彦、草笛光子

   刀ではなく、そろばんで、家族を守った侍がいた。

「加賀藩の猪山家は代々御算用者としてお勤めしていた。
八代目直之は、ある事件に関わったことから家業のそろばんの腕
日々のつぶやき  2010年12月13日(月) 16時15分
今日は江戸時代初期の加賀藩を舞台にした映画『武士の家計簿』の 先行ロードショーが
喫茶店日誌  2010年12月13日(月) 8時09分
代々加賀藩御算用者として仕えた猪山家の生活を、八代目の直之(堺雅人)と妻のお駒(仲間由紀恵)を中心に幕末から維新後まで描きだす。父・信之(中村雅俊)が七十石取りに出世し...
まてぃの徒然映画+雑記  2010年12月12日(日) 23時04分
磯田道史著の新書「武士の家計簿『加賀藩御算用者』の幕末維新」を元に映画化した作品です。 予告編を観て、どんな物語なのだろうかと気になっていました。 代々“御算用”という職務に就いてきた一家の慎ましい姿にすっかり共感してしまいました(^^ゞ
とりあえず、コメントです  2010年12月12日(日) 21時06分
武士の家計簿
スタッフ 監督: 森田芳光
キャスト 堺雅人 仲間由紀恵 松坂慶子 草笛光子 西村雅彦 伊藤祐輝 藤井美菜 大八木凱斗 嶋田久作 宮川一朗太 小木茂光 茂山千五郎 中村雅俊
劇場公開日:2010-12-4
...
シネマDVD・映画情報館  2010年12月12日(日) 8時00分
「願いましてーは!」 なんか懐かしい。 母親が珠算教室をやっていたもので、本作の
はらやんの映画徒然草  2010年12月12日(日) 7時15分

御算用者として代々加賀藩の財政に携わってきた猪山家八代目の直之(堺雅人)。
江戸時代後期、加賀百万石、前田藩も財政状況は厳しく、加えて武家社会には身分が高くなるにつれ出費も増えるという構造的...
心のままに映画の風景  2010年12月12日(日) 1時41分
《武士の家計簿》 2010年 日本映画 幕末の日本、加賀藩の御算用者猪山家の物語
Diarydiary!   2010年12月11日(土) 21時52分
年末にかけて公開される邦画の中で一番期待していた作品。予告編からもほのぼのとした空気が感じられたけれど、まったくそのまんまで羨ましくなるような「家族」が描かれていた。”御算用”という裏方仕事に誇りを持
たいむのひとりごと  2010年12月11日(土) 21時24分
 代々加賀藩の御算用者の下級武士一家が、質素倹約 に励んで、逼迫する家計を立て直
みんなシネマいいのに!  2010年12月11日(土) 19時36分
 客入りは若干空席がある位のほぼ満席。    映画の話 会計処理の専門家、御算用者として代々加賀藩の財政に携わってきた猪山家八代目の直之(堺雅人)。江戸時代後期、加賀百...
masalaの辛口映画館  2010年12月11日(土) 16時15分
監督:森田芳光原作:磯田道史出演:堺雅人、仲間由紀恵、松坂慶子、西村雅彦、草笛光子、中村雅俊試写会場 : 有楽町朝日ホール公式サイトはこちら。<Story>古本屋で偶然...
NiceOne!!  2010年12月11日(土) 13時40分
天保の飢饉、江戸幕府の崩壊、明治政府の確立という激動の時代を生き抜いたそろばん侍家族の歴史を丁寧に描いている。信じた道を進む姿に感動した。堺雅人や仲間由紀恵などそのほかの登場人物もユーモラスな演出で、楽しく見ることができた。
とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver  2010年12月11日(土) 13時15分
 サムライの本分は戦(いくさ)にある……誰だってそう思う。そしてその戦のヒロイッ
事務職員へのこの1冊  2010年12月11日(土) 12時20分
磯田道史原作のベストセラー「武士の家計簿『加賀藩御算用者』の幕末維新」を映画化。代々加賀藩の算用役を務めた猪山家の“そろばん侍”が藩の不正を調べたり、破産寸前の家系を立て直したりとそろばんを武器に奮闘する。主演は『南極料理人』の堺雅人。共演に『トリック』の仲間由紀恵、中村雅俊、松坂慶子、西村雅彦ら演技派が揃う。監督は『わたし出すわ』の森田芳光。
LOVE Cinemas 調布  2010年12月10日(金) 23時30分
2010年12月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
http://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf