映画「ぼくのエリ 200歳の少女 」北欧発のヴァンパイア映画はちょっとテイストがちょっと違う

2010年11月14日(日) 14時51分
「ぼくのエリ 200歳の少女 」★★★☆
カーレ・ヘーデブラント、リーナ・レアンデション、ペール・ラグナル出演
トーマス・アルフレッドソン監督、115分、 2010年7月10日より順次公開、2008,スウェーデン,ショウゲート
(原題:LET THE RIGHT ONE IN)




                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい




「世界のどこでも“いじめ”は存在し
特に被害者の人格形成に重要な影響を与えそうだ、
この映画の主人公もいじめられっ子の12歳の少年オスカー。
彼の願いはひとつ「友達が欲しい」
そんな時隣の家に同い年の少女エリが越してきた」



孤独な時間にひとり遊ぶオスカーは
エリがやってきた頃から多発する
不可解な失踪や殺人をエリと結びつけ、
彼女がヴァンパイアだと突き止める。

孤独な二つの魂は惹かれ合い
秘密を共有し、かつてなかった暖かな感情を
お互いに持ち合うことになるが

少女の行動をおかしいと感じた男に見つけられ
エリは街を去る決心をし
二人の恋のようなものも終わる。


この物語は幻想的で
ともすると全部がこのオスカーの
妄想と希望が生み出したもののように思える、

重たい雲に閉ざされた街、
明るい希望が見えず
空想で遊ぶくらいしか残されていないから。


そして再びオスカーが
いじめっ子達に襲われた時
恐ろしい事件が起こる、
そのことで二人は共に生きることを
確認するが、
これは「トワイライト」でも言えることだが、
年をとらないヴァンパイアと人間では
僅かの間に様々な問題が出てくるんだろう、
ただそんな未来よりも
淋しかった日常の変化こそが
オスカーが熱望していたものだから
これはこれでいいのだろう。


よくあるヴァンパイアものとちょっと違うのは
ヴァンパイアが少女であり
何かと絶えず戦うとか
ありがちな設定ではないこと、

やられっぱなしのオスカーが
いじめっ子に立ち向かったことや
ヴァンパイアの少女さえも守ったことは
「スタンドバイミー」のようなある種
成長の物語ともいえる。



数年して続編があるかもしれない、
見たいなと思う。


★100点満点で75点


soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

スウェーデン映画といえば『ロッタちゃんはじめてのおつかい』1993年、『キッチン・ストーリー』2003年

この2本くらいしか知らない、どれだけ偏った見方をしているか。

★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか
  • URL:http://yaplog.jp/sora2001/archive/1665
トラックバック
トラックバックURL:

LAT DEN RATTE KOMMA IN/LET THE RIGHT ONE IN
2008年:スウェーデン
原作:ヨン・アイヴィデ・リンドクヴィスト
監督:トーマス・アルフレッドソン
出演:カーレ・ヘーデブラント、リーナ・ ...
mama  2013年01月30日(水) 6時02分
監督:トーマス・アルフレッドソン出演:カーレ・ヘーデブラント、リーア・レアンデションスウェーデン映画 2008年 ・・・・・・ 7点リメイク版・・・『モールス』2010年
映画部族 a tribe called movie  2012年05月29日(火) 21時04分



 クロエ・グレース・モレッツ主演のモールスがとてもおもしろかったので、その原作であるぼくのエリ 200歳の少女をDVDで見ました。
よしなしごと  2011年11月12日(土) 0時58分
ぼくのエリ 200歳の少女 / LAT DEN RATTE KOMMA IN

2008年 スウェーデン映画

監督:トーマス・アルフレッドソン
脚本・原作:ヨン・アイヴィデ・リンドクヴィスト
撮影:ホイテ・ヴァン・ホイテ...
RISING STEEL  2011年03月28日(月) 20時00分
監督 トーマス・アルフレッドソン 主演 カーレ・ヘーデブラント 2008年 スウェーデン映画 115分 ラブロマンス 採点★★★★★ 初恋の思い出ってのはさっぱり覚えていないんですが、初めての彼女の事は意外とまだ覚えているもので。未練とかそんな感じのは全然ない…
Subterranean サブタレイニアン  2011年02月12日(土) 12時05分
映画を観る会で私が作品選びの時に迷って、
その時は違う作品にしたのですが、
やはり観たいと思ったので観てみました。

ストックホルム郊外で母親と2人で暮らす12歳の少年オスカーは、
毎日学校で同級生からの苛めに遭っていたが
誰にも打ち明けられずに、うっ屈した日々
  2011年02月11日(金) 17時11分
作品情報
タイトル:ぼくのエリ 200歳の少女
制作:2008年・スウェーデン
監督:トーマス・アルフレッドソン
出演:カーレ・ヘーデブラント、リーナ・レアンデション、ペール・ラグナー
あらすじ:ストックホルム郊外で母親と暮らす12歳のオスカー(カーレ・ヘーデブラント)は、学校で同級生にいじめられていた。ある晩、彼はアパートの隣の部屋に引っ越して来たエリ(リーナ・レアンデション)という少女と出会う。同じころ、近くの街では青年が逆さづりにされてノドを切り裂かれ、血を抜き取られるという残忍な殺人事件が起きる。
...
★★むらの映画鑑賞メモ★★  2010年11月26日(金) 16時40分
いわゆるボーイ・ミーツ・ガールな少年の成長物語かと思っていたら、大きく裏切られる北欧ヴァンパイア・ムービー『ぼくのエリ 200歳の少女』。

いじめられっこの孤独な少年とエキゾチックでミステリアスなヴァンパイア少女の切なくも美しい恋…というような表現は、この作品と
『ぼくのエリ 200歳の少女』 “LAT DEN RATTE KOMMA IN” (2008・スウェーデン) 1h55 監督・編集 : トーマス・アルフレッドソン 出演 : カーレ・ヘーデブラント、リーナ・レアンデション、ペール・ラグナー いじめられっ子のオスカーの家の隣に越してきた女の子エリ。そして殺人事件が起きはじめる。 ネタバレあり。 タイトルでネタバレ。的な感じもしないでもないですが、その点で助かった所も有り。 北欧映画はあまり観た事が無く、その独特の間と言うかペースに慣れず。 韓国映画とはまた違うじれったさ。 半ば退屈気味になった所で、タイトルの意味がエリと一緒に越してきた初老の男性とオスカーのある関係性を示唆している事に気付きました。 これは叶う事の無い永遠の片想いを描いた切ない映画で、結末はそういう事になるのだろうか?と興味を持って観る事が出来ました。 しかし、予想した結末にはならず。でもあながち間違っているとも思えない。 これで完結した様でもあり、続編を意識した終わり方にも取れる。 続編が有るとすれば次回は青年編になって、その次が成人編。 本作の中で「ブレジネフ書記長」がどうこうと言っ...
映画尻エリカ  2010年11月20日(土) 23時23分
ヨン・アイヴィデ・リンドクヴィスト著『モールス』を映画化した作品です。 12歳の少年を主人公にヴァンパイアを題材にした初恋の物語と聞いて気になっていました。 さらさらした雪に覆われた世界の静けさと、じんわりと伝わってくるぞっとするような怖さが印象的でした。
とりあえず、コメントです  2010年11月19日(金) 23時45分

ぼくのエリ 200歳の少女 (2008)


【LAT DEN RATTE KOMMA IN】 【LET THE RIGHT ONE IN】




ストックホルム郊外の小さな町。
集合住宅に母親と2人で暮らす12歳の少年オスカー( カーレ・ヘーデブラント )。
同級生のイジメに苦しみながらも、誰にも助けを求めることが出来ず、ただ復讐を夢想しては
じっと堪え忍ぶ日々。
そんなある晩、彼はひとりの謎めいた少女と出会う。
彼女は、オスカーの家の隣に、父親と引越してきたば...
じゅり好み☆  2010年11月19日(金) 22時24分
お勧め度:★★★☆☆

製作年 : 2008年
製作国 : スウェーデン
配給 : ショウゲート
上映時間 : 115分

監督 : トーマス・アルフレッドソン
原作・脚本 : ヨン・アイヴィデ・リンドクヴィスト
出演 : カーレ・ヘーデプラント 、 リーナ・レアンデション 、 ペール・ラグナル

あらすじ
ストックホルム郊外で母親と暮らす12歳のオスカー(カーレ・ヘーデブラント)は、学校で同級生にいじめられていた。ある晩、彼はアパートの隣の部屋に引っ越して来たエリ(リーナ・レアンデション)という少女と出会う。同じころ、近くの街では青年が逆さづりにされてノドを切り裂かれ、血を抜き取られるという残忍な殺人事件が起きる。...
ドゥル的映画鑑賞ダイアリー  2010年11月19日(金) 14時55分
ぼくのエリ 200歳の少女 - goo 映画

8月11日に銀座テアトルシネマにて鑑賞

世界各国で60の賞を受賞、80の賞にノミネートされている。
原作はヨン・アイヴィデ・リンドクヴィスト。ハリウッドでリメ...
近未来二番館  2010年11月19日(金) 10時18分

ストックホルム郊外の小さな町。
集合住宅で母親と暮らす12歳の少年オスカー(カーレ・ヘーデブラント)は、学校で同級生にいじめられていた。
ある晩、隣の部屋にエリ(リーナ・レアンデション)という...
心のままに映画の風景  2010年11月18日(木) 17時36分
2010年8月17日(火) 18:50〜 銀座テアトルシネマ 料金:1000円(Club-C会員料金) パンフレット:700円(買っていない) 『ぼくのエリ 200歳の少女』公式サイト 200歳の少女などというからヴァンパイアねただと一発で判る。 いじめられっ子の12歳の少年と、隣に越して来た見てくれ12歳のヴァンパイアとのラブストーリーだ。 ヴァンパイアと人間のラブストーリーというと例のアレ、「トワイライト・サーガ」というものがあるが、アレはアメリカ映画なので、かなり単純なエンタテイメント。こっちは、スウェーデンというヨーロッパ産なので、物静かで変な雰囲気である。 何かその変な雰囲気が、今は無き大塚名画座で観た「白夜」に似ていると感じた。大昔の記憶なので、実際のところ全然違うかもしれないけど。 ちなみに「白夜」というのは、ヴィスコンティのでない。テープに四六時中独り言を吹き込んでいる事件記者コルチャックかよ!という鬱陶しい青年が主人公だった。色々調べているのだが、どうしてもこの映画の情報が見当たらない。同時上映が「暗殺のオペラ」で、この訳の判らない映画の記憶もあるので、幻ではないはずなのだが・・・ 200歳の少女は、オ...
ダイターンクラッシュ!!  2010年11月18日(木) 16時50分
身を切るような北欧の冬。
白い雪上に赤い染みが滴るとき、
孤独と孤独を足し合わせ、運命に掛け合わせて導かれる。
少年がそっと手を伸ばす、その先の世界に見えたもの。




『ぼくのエリ、200歳の少女』
2008年/スウェーデン/115min
監督:トーマス・アルフレッドソ
シネマな時間に考察を。  2010年11月18日(木) 13時17分
原題:LAT DEN RATTE KOMMA IN原作・脚本:ヨン・アイヴェデ・
TRUTH?ブログエリア  2010年11月17日(水) 23時09分
「怖ろしくも、哀しく、美しい12歳の初恋」 [Official]

ヴァンパイアと少年の淡い初恋という、一見、かけ離れたジャンルを見事に融合させたスウェーデン映画。とても切なくとても奥深い、雪景色を背景にどことなく哀愁の漂う作品です。物語の主人公は、金髪に透き通る様な白い
映画 - K'z films -  2010年11月17日(水) 1時46分

★★★★


いとしのエリ


『リトルショップ・オブ・ホラーズ』を思い出した。
リック・モラニス扮する気の弱い主人公が、知能を持つ吸血植物を育てるために殺人を重ねるというホラーミュージカルだ。
...
スウェーデンのヴァンパイア映画・・・なんだか童話のような感覚でした。ヴァンパイアといえば、ホラーだと思うのですが、確かに血は流されるし、スプラッターなシーンはありますがでも、全編を通してホラーという感覚は希薄です。いじめられっこの少年オスカーが出会った少
黒猫のうたた寝  2010年11月16日(火) 23時04分
 一人きりの部屋で、オスカーは「ブタの鳴きマネをしろ」と口ばしる。冬なのに上半身に服を着ず、手にはナイフを持って、少年のたたずまいは謎めいて不穏。少年が言ったのは、同級生が彼に放った言葉で、彼は毎日のように彼らにいじめられていたのだ。同じアパートに女の…
シネマ大好き  2010年11月16日(火) 19時40分
  L?t den r?tte komma in スウェーデン 2008 10年7月公開 劇場鑑賞 スウェーデンのベストセラー小説「モールス」を本国で映画化した作品。ハリウッドリメイクも決定しているらしいです。北欧関係の仕事をしている友人がオススメしていたので楽しみにして観に行きました。 主人公は12歳の少年オスカー。学校でいじめられているオスカーは、家で殺人事件の新聞記事をスクラップし、ナイフを振り回してはストレスを解消していた。あるとき、マンションの隣の部屋にエリという少女が父親とともに引っ
Andre's Review  2010年11月16日(火) 1時03分
スウェーデン、ストックホルム郊外の集合住宅。 金髪の少年オスカーは毎日のように同級生の3人組にいじめられていた。 ある日、隣にエリという少女が引っ越してくる。 ボサボサの黒髪で青白い顔をしたエリは夜にしか姿を現さない不思議な女の子。 その頃、町では血を抜き取られるおぞましい殺人事件が起こっていた…。 ダーク・ファンタジー。 ≪恐ろしくも、哀しく、美しい12歳の初恋≫
象のロケット  2010年11月15日(月) 21時50分
'10.07.18 『ぼくのエリ 200歳の少女』@銀座テアトルシネマ

『きな子』から、『くらげくん』まで時間があるので、急いでランチして京橋へ移動。『ぼくのエリ』鑑賞。ブロガーさん達の間でとっても評判がすごくいいので、とっても見たかった。

*ネタバレありです!

「学校でいじめにあっているオスカー。両親は離婚し、一緒に暮らす母親も、たまに遊びに行く父親も、かわいがってくれるけれど、それぞれ新しい恋人がいて、オスカーよりもそちらが大切な様子。孤独なオスカーは、ある夜エリという不思議な子供に出会う…」という話で、これはヴァンパイアと少年の哀しく美しい愛の話。そして"生きる"ことの切なさや辛さを描いている。これは、よかった。例えば『パンズ・ラビリンス』とかみたいに、見終わった後、その世界観にどっぷり浸って動けないというようなことはなかったけれど、その耽美な感じは好きだった。

スウェーデンの映画。スウェーデンといえば、イングマル・ベルイマンだけど、多分見たことはない。『処女の泉』は録画してあるけど、ビデオなので… ラッセ・ハレストレム監督もスウェーデン出身だけど、見た作品はほとんどがアメリカで撮られたもの。唯...
・*・ etoile ・*・  2010年11月15日(月) 0時33分
注・内容(ネタバレ)、ラストに触れています。鑑賞後にお読みください。スウェーデンのスティーヴン・キングこと、ヨン・アイヴィデ・リンドクヴィストのベストセラー小説『モールス』を映画化した『ぼくのエリ 2
映画雑記・COLOR of CINEMA  2010年11月14日(日) 23時45分
7月5日(月)@ヒューマントラストシネマ渋谷で鑑賞。
この日は某所で「瞳の奥の秘密」を観てから会社にとんぼ返り。
戻りは土砂降りに近い雨に降られて少しめげた。
会社に戻って一所懸命お仕事を片付けてから再び渋谷へ出発。
大車輪の活躍で、自分で自分を褒めてやりたい。(笑)
それはともかく「瞳の奥の秘密」には Deeply moved。
8月14日公開なのでぜひご覧ください。
超おすすめです。
あーうぃ だにぇっと  2010年11月14日(日) 23時09分
『ぼくのエリ 200歳の少女』 L?t den r?tte komma in / 英題:LET THE RIGHT ONE IN
2008年・スウェーデン
ヨン・アイヴィデ・リンドクヴィスト著『モールス』映画化。

 原作者自らが脚色し映画化され...
猫の毛玉 映画館  2010年11月14日(日) 22時35分
 タイトルだけで、少女が何者かはすぐに見当つくし、チラシにも堂々と書いてあるが、一風変わったヴァンパイアものである。すぐに想い浮かべたのは、私も大好きな名作『小さな恋のメロディ』だった。
今日の素敵さがし  2010年11月14日(日) 21時54分
 『ぼくのエリ 200歳の少女』の原作者であり、脚本も担当したヨン・アイヴィデ・リンドクヴィストは、公式サイトに短い会話を書きだした。

 「入っていい?」
 「入れてよ。」
 「どうぞ。」

 主...
映画のブログ  2010年11月14日(日) 21時10分
原題:LATDENRATTEKOMMAIN/LETTHERIGHTONEIN監督:トーマス・アルフレッドソン原作・脚本:ヨン・アイヴィデ・リンドクヴィスト出演:カーレ・ヘーデプラント、リーナ・レアンデション、ペール...
NiceOne!!  2010年11月14日(日) 20時49分
スウェーデンの人気作家ヨン・アイヴィデ・リンドクヴィストのベストセラー小説『モールス』を本人の脚本で映画化。ヴァンパイアと孤独な少年の恋愛を描いたラブストーリーだ。主演はカーレ・ヘーデブラントとリーナ・レアンデション。監督はトーマス・アルフレッドソン。北欧の雪に埋まった街で繰り広げられる惨劇とピュアな愛情物語の対照性に心惹かれる。
LOVE Cinemas 調布  2010年11月14日(日) 18時16分
2010年11月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
http://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf