映画「シングルマン」今日が私の最後の日です

2010年10月18日(月) 0時09分
「シングルマン」★★★☆
コリン・ファース、ジュリアン・ムーア、ニコラス・ホルト、マシュー・グード出演
トム・フォード監督、101分 、2009年、2010年10月2日公開、2009,アメリカ,ギャガ
(原題:A SINGLE MAN )




                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい



「舞台は1960年代のロサンゼルス。
主人公の大学教授が「今日が最後の日」と決めた
そんな特別で、でも普段と変わらない一日が描かれる。
いつもと違う自分の視点で見ることで
毎日繰り返す同じことが少し違って感じられる、
静かで哀しい映画だ」



60年代を舞台にすることで
途中で挿入されるモノクロシーンも
違和感なく感じられる、

最後の日と決めた一日にも、
当然ながら感情は暗から明に振れる
それを視覚的に表すかのように。

長年連れ添ったゲイのパートナーを失った悲しみは、
簡単に「時が解決する」なんて言えないほど
まだ傷はかさぶたにもならず
時折血が流れ出しているようだ、
だからこの日を選んだ主人公は
古くからの女友達と食事をし、
そのおしまいの日を理性的に演出する。



感情を出来るだけ抑制し、
時にストーリーと全く関係の無い
抜けるように青い空のカットや
何気ない駐車場にまばらに散らばる車など、
そこに何か意味がありそうで
ついつい深読みしたくなる。

何も関係ないものに
儚い願いを込めたり、
そんなものを言葉にするのは容易いが、
映像で表現するのは難しい

この映画の中ではそんな
言葉で語る状のものを映像から
受け取った気がした、
ちょっと変わった映画だけれど、面白かった。

★100点満点で70点


soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン
ジュリアン・ムーアは冴えに冴えて完璧な哀しみを演じ切った。

★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか
  • URL:http://yaplog.jp/sora2001/archive/1651
トラックバック
トラックバックURL:


日々私達は死に向かって歩いていく。でも、切り取った人生の中に生の喜びはなかっただろうか?
孤独と喪失感がとても伝わってくる作品でした。
16年間共に暮らしたパートナーが、交通事故で亡くなってから8ヵ月。「愛する者がいない人生に意味はあるのか?」日に日に深くなる悲しみを自らの手で終わらせようと決意したゲイである大学教授の一日の物語です。
もともとコリン・ファースさんに身悶え気味の私…もう見所満載で色々困りました(笑)朝の身支度に始まり彼の切ない心象風景に至るあたり、美しく、切なく、甘美で、感傷的で。その心の機微を繊細な演技力で魅せられました。
また、主人公のジョージの感情が揺れるシーンは、抑えられた画面の中、彩る事によって表現されています。彼の感情が歓びを得た瞬間の輝き。また美しい思い出ばかりに気をとられる。
恋人が飼っていたのと同じ犬と出会った事、自分を慕ってくる学生、受付嬢の微笑み、隣の家の少女、信頼しあえる親友の存在、スペイン人の青年とみた夕日。いざ死を迎えるとなるとなにもかもが美しく愛おしくみえてくる。そして気づく、生とはこの積み重ねなのではないか。
「世界が清らかになる瞬間...
いやいやえん  2012年03月15日(木) 9時37分
愛する人を失うと、人生に色も失ってしまうのか。
過去を振り返るモノトーンでもない。
過去を懐かしむセピアでもない。
色味のない世界というものを始めて見た。
しかしそこに「生きる意味」を加えると、なんと色鮮やかになるものなのか・・・・
ノルウェー暮らし・イン・London  2011年03月20日(日) 2時05分
美しく、ミステリアス。
繊細なディテールで構築された、
門外不出の愛と死への、設計図がここにある。




『シングルマン』 A Single Man
2009年/アメリカ/101min
監督・脚本:トム・フォード
出演:コリン・ファース、ジュリアン・ムーア


無駄がない。隙もな
シネマな時間に考察を。  2011年03月09日(水) 16時04分
 う〜ん、困ったぞ。 世界的ファッション・デザイナーとして活躍するトム・フォード
みんなシネマいいのに!  2010年11月28日(日) 18時20分
公開前から観たかった作品のひとつ。ファッションデザイナーであるトム・フォードの映
潮風のささやき  2010年10月31日(日) 14時45分

1962年11月30日、ロサンゼルス。
大学教授のジョージ(コリン・ファース)は、16年間共に暮らしたパートナー、ジム(マシュー・グード)を交通事?...
心のままに映画の風景  2010年10月31日(日) 12時05分
10/20の東京国際映画祭の2本目の観賞は、トム・フォード監督作品『シングル・マン(A SINGLE MAN)』。
この映画祭で一番観たかった作品で、その期待に十分にこたえてくれた作品でした。

********************

[解説]
大物ファッション・デザイナーのトム・フォードが映
Cinema + Sweets = ∞  2010年10月25日(月) 10時09分
アカデミー賞で話題になったコリン・ファース主演作です。 このタイトルを見た時から、どんなストーリーなのだろうと気になってしました。 期待以上のストーリーと映像にすっかり魅せられてしまいました。
とりあえず、コメントです  2010年10月20日(水) 22時38分
ロサンゼルスの大学で英文学を教えている男性ジョージの恋人で、建築家の男性ジムが交通事故で亡くなった。 16年間、共に暮らしてきたパートナーを失い8ヶ月が経っても、悲しみは深くなるばかり。 そんな毎日に耐えられなくなったジョージは、人生を自分自身の手で終わらせることを決意する。 ジムの元へ旅立つため、着々と準備を進めていくのだが…。 ヒューマンドラマ。
象のロケット  2010年10月19日(火) 23時20分

<シングルマン を観て来ました>

原題:A Single Man
製作:2009年アメリカ

←クリックしてね。ランキング参加中♪

ヤプログさんのご招待で、観て来ました。
私はあまりチェックしてなかった作品ですが、職場の人が「良さそうな映画がある!」と言っていたのがこの作品でした。残念ながらその方とは一緒に観に行けなかったんですが、その人がすごく好きそうな映画だったのでお勧めしました。とても楽しみにしているみたいです。

そう、とても良かったんです…

グッチやイブ・サンローランのクリエイティブ・デザイナーとして活躍し、自らブランドを立ち上げたファッションデザイナーのトム・フォード氏長編初監督作品です!
なんとベネチア国際映画祭で主演のコリン・ファースは主演男優賞を受賞、数々の映画賞で14部門受賞し、23部門ノミネートという、素晴らしい栄誉に輝いたのです。

原作は1964年に発表されたクリストファー・イシャーウッドの同名小説。
16年間共に暮らしたパートナーを事故で失って8ヶ月。主人公ジョージにとってその一日は特別な日だった…。
「愛する者がいない人生に意味はあるのか?」と、日に日に深い悲しみに暮れる毎...
★紅茶屋ロンド★  2010年10月19日(火) 22時36分
最後の一日公式サイト http://singleman.gaga.ne.jp10月2日公開原作は、クリストファー・イシャーウッドの同名小説。監督は、有名デザイナーのトム・フォード。1962年11月30
風に吹かれて  2010年10月19日(火) 10時27分
[[attached(0,class=popup_img_500_375 width=500 height=375)]]
 
    ***STORY**                2009年   アメリカ                 1962年11月30日。8ヵ月前に、16年間ともに暮らした愛するパートナー、ジムを失ったジョージは、この日で人生を終わらせようと決意、死の準備を着々と整えていた。だが、今日が人生最後の日だと思って眺める世界は少しずつ違って見えてくる...
Cartouche  2010年10月18日(月) 22時14分
監督:トム・フォード
出演:コリン・ファース、ジュリアン・ムーア

愛する者を失った人生に、意味はあるのか。

「1962年ロサンゼルス、大学教授のジョージは16年間一緒に暮らしてきた恋人のジムを失いこの八ヶ月というもの毎日が何とか生き延びているような状態だ
日々のつぶやき  2010年10月18日(月) 10時32分
2010年10月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
http://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf