映画「瞳の奥の秘密」人は誰も決して忘れてはならない秘密を持っている

2010年08月24日(火) 0時09分
「瞳の奥の秘密」★★★★
リカルド・ダリン、ソレダー・ビリャメル、パブロ・ラゴ、ハビエル・コディノ 出演
フアン・ホセ・カンパネラ 監督、129分 、2010年8月14日公開、2009,スペイン、アルゼンチン,ロングライド
(原題:EL SECRETO DE SUS OJOS )




                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい



「主人公ベンハミン(リカルド・ダリン)は、
忘れがたいある事件を題材に小説を書き始める、
それは真犯人にたどり着きながら
法的刑を受けさせることが出来なかった、
そして自らの身も狙われた忌まわしい事件でもあった」



アカデミー外国映画賞受賞作品、
最近では「おくりびと」が選ばれたこの賞は
割と信頼しているのでこの作品も期待して劇場へ、
よく練られたストーリー、
ミステリータッチの素晴らしい緊張感と
思わぬ結末とおよそ良い作品の条件を備えている。



主人公は外国人ッぽい暑苦しい顔ながら、
すぐ側に永遠の恋人が居ながら
学歴で劣ることをさりげなく気にしたり
尊大な雰囲気を漂わせながらも
小心者でいじらしいという
とても難しい役どころを見事に演じきっている。



ただ一人の女を愛した被害者の夫の気持ちに
畏れながらも敬意を持ち、
やり残した仕事を見過ごせない実直さで
主人公は粘り強く事件の核心に迫っていく、
このラストを人は人として許せるのか。

重苦しいストーリーの終わりに、
瞳と瞳が物言わぬ会話をし、
とても軽やかな結末を用意した、

人は決して忘れないと思いつつも
日々に流され忘れていく、
忘れることで心が楽になることもあるが、
ホントにそれでいいのかと映画はつきつける。

忘れていい事と
忘れてはならないことがきっとあるはず、

それを同じ様に時の流れの中で
決して曖昧にしてはいけないのだと強く心を打つのだ。


★100点満点で80点

soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

ブエノスアイレスという見知らぬ街の風景を見るだけでも楽しい。

★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか
  • URL:http://yaplog.jp/sora2001/archive/1621
トラックバック
トラックバックURL:
秋だね。 昨夜は「初冬?」って位冷え込んで わたくし初カイロ
LIFE ‘O’ THE PARTY  2011年10月04日(火) 10時34分
[瞳の奥の秘密] ブログ村キーワードブエノスアイレスを震撼させた殺人事件から25年──未解決の謎を小説にする男に、封印された愛が甦る。瞳の奥の秘密(原題:El secreto de sus ojos)製作...
巧妙に出来た映画とはこういうものを言うのだろう。物語を映像で見せることに徹したというべきか、鑑賞者への挑戦とでもいうべきか非常に見応えがあり、もう一度見たいと思わせる。...
映画と出会う・世界が変わる  2010年12月19日(日) 16時36分
注・内容に触れています。シークエンス自体についての記載もあり。第82回アカデミー賞外国語映画賞を受賞したアルゼンチンのファン・J・カンパネラ監督による『瞳の奥の秘密』。封印された真犯人。アルゼンチンに
映画雑記・COLOR of CINEMA  2010年12月09日(木) 23時58分
《瞳の奥の秘》 2009年 スペイン/アルゼンチン映画 − 原題 − EL SE
Diarydiary!   2010年10月18日(月) 21時16分
 昨日まで、11連勤。さすがに、疲れましたぁ〜。最後の3日間ぐらいは、注意力散漫になっているのが、自分でもよく分かる。そんな状態で仕事するより、休んだ方が良いのは間違いないのですが、どうしても休めず・・・。やれやれ。  さあ、映画館に行こう!  ということ…
健康への長い道  2010年10月06日(水) 21時19分
公式サイト。原題:EL SECRETO DE SUS OJOS、英題:THE SECRET IN THEIR EYES。フアン・ホセ・カンパネラ監督のスペイン・アルゼンチン合作映画。今年の米アカデミー外国映画賞受賞作品。リカルド・ダリン、ソレダー・ビリャメル、パブロ・ラゴ、ハビエル・コディノ、ギレルモ...
佐藤秀の徒然幻視録  2010年09月18日(土) 21時01分
El secreto de sus ojos (2009年) 監督:フアン・ホセ・カンパネラ 出演:リカルド・ダリン、ソレダ・ビジャミル、パブロ・ラゴ、ハビエル・ゴディーノ 今年のアカデミー賞で外国語映画賞を獲得したアルゼンチン映画で、20年以上前の殺人事件に関わった者達の忘れ得ぬ思いをサスペンス形式で描くドラマ。 1999年、退職した裁判所職員ベンハミンは二十数年前に自身が担当した忌まわしき殺人事件について執筆しようと思い立ち、かつての同僚で今は検事となったイレーネがいる元職場を訪れる・・・ 殺人事件の全容を明らかにしていくことで、被害者の夫の執念とともに、ベンハミンのイレーネに対する秘めた愛を描き出すという二重の構成になっており、なかなか見応えがある。 しかし、あくまで主人公目線で展開する為、被害者サイドからの描き方が弱いせいか、サスペンス色が薄れ、その分クライマックスへの盛り上がりに欠けていたように思う。 逆に言えば、そのおかげでクライマックスそのものの衝撃は増し、印象深いシーンになったともとれる。 それにしても、この夫の執念は凄まじいものがあり、同時に興味深い選択であった。 つまり、死刑は残酷だから行ってはならない...
Movies 1-800  2010年09月17日(金) 1時03分




 EL SECRETO DE SUS OJOS

 THE SECRET IN THEIR EYES

 裁判所を定年退職し、孤独な日々を送るベンハミン・エスポシト(リカルド・ダ
リン)は、2...
真紅のthinkingdays  2010年09月10日(金) 20時14分
アルゼンチンを舞台に描かれたミステリーベース、でも実は愛の深さを描いた作品と。巷の評判はとってもいい作品です。裁判所を退職し、かつてかかわった事件を小説にしようとしていたベンハミンは、あの頃の女性上司に逢いに行く。事件は25年前の女性暴行殺人事件。一度は誤
黒猫のうたた寝  2010年09月10日(金) 0時35分
1974年のブエノスアイレスを襲った残虐な殺人事件を発端に、人間の業をえぐり出すミステリー・ドラマ。
未完の映画評  2010年09月09日(木) 20時08分







映画 「瞳の奥の秘密」
ようこそMr.G  2010年09月09日(木) 12時50分
一月に一回開催している、映画を観る会。
今回の作品の選択権は私です。
第82回アカデミー賞外国語映画賞を受賞しているこの作品を選びました。
「海を飛ぶ夢
」等など、この作品の受賞作品は
私の好みのものが多いし、
おすぎさんが褒めていることもあって。
って、最近
映画、言いたい放題!  2010年09月08日(水) 23時53分
監督:ファン・ホセ・カンパネラキャスト:リカルド・ダリン ソレダ・ビジャミル パブロ・ラゴ ギレルモ・フランチェラ(アルゼンチン映画=スペイン語で?す) 素晴しい映画。 『TEMO』(I FEAR)というメモに、永年壊れたタイプライターで打てなかった文字『A』を書き足したら・・・『TE ?AMO』?I LOVE YOU?に変わった。。。 やられた?お見事!!!な作品です。 悲惨な暴行殺人事件を題材にしたミステリ仕立ての作品ですが、本質は、男の不変の想い?情熱を唱った重厚な人間ドラマであると受け取りました。 まず、俳優陣の演技が、配役にベスト・マッチ。深い想いを内に秘めたベンハミン役の抑えた演技。淡い恋心を見え隠れさせながら毅然とした“おんな”を演じたイレーナ役。25年間の執念を刻み込んだリカルド役の静かななる狂気。見事な酔っぱらいのパブロ。 過去・現在を絶妙に切り替えながら、アルゼンチンの世相・首都と片田舎の対比も写し、残虐なシーンからウイットの富んだカットまで、巧みな演出が観る者の心を離さない。挿入されるピアノの調べが情感を揺さぶる。 そして、衝撃の事実とラストのイレーネの満面の微笑み。締め付けられる想いと共に不思...
向島のつむじ風  2010年09月07日(火) 3時38分
考えてみれば、本格的(?)なアルゼンチン映画を見るのははじめてだ。面白そうだった
Days of Books, Films   2010年09月03日(金) 13時48分
瞳の奥の秘密/EL SECRETO DE SUS OJOS
2009年 スペイン・アルゼンチン合作
監督:フアン・ホセ・カンパネラ

昨日、バレエレッスンの後、観てきました。
これ、すごーく面白かったです。

アカデミー賞外国語映画賞受賞で気にはなっていたところ、cafeblo公式ブログ『Movie Hunter』での記事で興味を惹かれ、こりゃあ観なきゃ・・・と。名古屋では昨日が初日だったんですが、結構年配の方が多かったです。

サスペンスとラブの二つのストーリー、そして25年前と現在(2000年)の二つの時間軸が重なりあった展開、これ脚本がとてもいいと思います。わたし、時系列でない展開や時間軸の幅が大きい話だと、よく疲れてしまったりするんですが、これはそういうのなかったですね。

邦題の『瞳の奥』、俳優陣のそれは雄弁でした。イレーネの瞳、ベンハミンの恋する瞳、妻を殺されたモラレスの瞳。そして犯人の瞳・・・。各所でそれぞれに意味があり、ちゃんとそれが観覧者に伝わるのがすごい。ベンハミンの恋に不器用で奥ゆかしいキャラもなんだか新鮮で。。。
情熱の国でも、このキャラ(と恋愛展開)が受け入れられているのにもちょっとした驚きでした。
...
暮らしの点々  2010年09月02日(木) 19時26分
[[item(http://www.youtube.com/v/8XvmU_a1ZZs?fs=1&hl=ja_JP,480,295,)]]
映画『瞳の奥の秘密』
刑事裁判所を退職したベンハミンは、残された時間で25年前に起きた忘れ難い事件をテーマに小説を書くことを決心し、かつての上司で今は判事補のイレーネを訪ねる。それは1974年、銀行員の夫と新婚生活を満喫していた女性が自宅で殺害された事件。当時、渋々担当を引き受けたベンハミンが捜査を始めてまもなく、テラスを修理していた二人...
Cartouche  2010年08月31日(火) 19時18分

刑事裁判所を定年退職したベンハミン(リカルド・ダリン)は、25年前の事件をテーマに小説を書くことにした。
かつての職場を訪ね、当時の?...
心のままに映画の風景  2010年08月28日(土) 15時08分
原題:ELSECRETODESUSOJOS/THESECRETINTHEIREYES監督:ファン・ホセ・カンパネラ出演:リカルド・ダリン、ソレダ・ビジャミル、ギレルモ・フランチェラ、パブロ・ラゴ、ハビエル・ゴディーノ鑑賞...
NiceOne!!  2010年08月26日(木) 19時06分
THESORCERER'SAPPRENTICEELSECRETODESUSOJOSTHESECRETINTHEIREYESブエノスアイレスを震撼させた殺人事件から25年──未解決の謎を小説にする男に、封印された愛が甦る。上映時間129分製作国スペイン/アル...
CinemaCollection  2010年08月25日(水) 18時03分
アルゼンチン。 刑事裁判所を定年退職したベンハミンは、1974年にブエノスアイレスで担当していた殺人事件を題材に小説を書き始める。 当時は軍事政権が発足する直前の混乱期で、何らかの力が働いて犯人は釈放されてしまった。 あれから25年。 彼は事件の裏側に潜む謎と、今も変わらぬ上司だった女性イレーヌへの秘めた想いに向き合うことを決意するが…。 ミステリー。
象のロケット  2010年08月25日(水) 3時03分
 あえて画像を不鮮明にした幾つかのシーンで幕を開ける。そのイントロでワクワクしてくる。とりわけ、心をひっ掻くのは、男と女が駅で別れるシテュエーション。それは後で重要な意味を持つのだが。
今日の素敵さがし  2010年08月24日(火) 22時20分
7月5日(月)@都内某所で鑑賞。
この日は、本作を観たあと帰社して仕事を片付け、再度渋谷へ「ぼくのエリ」を観るために出かけた。
某所での鑑賞後、建物の外に出ると雨が降り出した。
一時は土砂降りのような雨でめげました。(笑)
どこか天候がおかしく感じる今日このごろ。
なんて言っていたら、ロシアがひどいことになってますね。
地球温暖化の影響にしか思えませんが・・・いったいどうなっちゃうんでしょうね。
あーうぃ だにぇっと  2010年08月24日(火) 17時27分
第82回アカデミー賞外国語映画賞を受賞したアルゼンチン映画。25年前の未解決事件をモチーフに小説に書き始めた主人公が、当時に置き忘れた事件の真相に迫ると同時に、とある女性への愛を思い出す。主演はリカルド・ダリン、共演にソレダ・ビジャミル。監督はフアン・ホセ・カンパネラ。意外な事実に直面するラストに驚かされる。
LOVE Cinemas 調布  2010年08月24日(火) 0時20分
2010年08月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
http://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf