映画「パリ20区、僕たちのクラス」教えること、教えられることについて考える

2010年08月02日(月) 0時09分
「パリ20区、僕たちのクラス」★★★★素晴らしい!
フランソワ・ベゴドー、24人の生徒たち 出演
ローラン・カンテ監督、128分 、2010年6月12日より順次公開、2008,フランス,東京テアトル
(原題:Entre les murs )




                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい




「パリ20区にある中学校の、ある教室。
母語も出身国も異なる24人の生徒たちと、
彼らと正面から向き合う教師。
第61回カンヌ国際映画祭パルムドール受賞作品。
こんな映画と出合えるから
映画館参りが止められないのだ」



まずは教師の気持ちになって
こまっしゃくれた14、15のガキにムカつく、
どんな些細なことにも
一言発しないと気が済まないとでもいうように
教師の上げ足をとりまくる、
その真意は伝わらない、
それは自分が14歳じゃないから。


担任のフランソワ(フランソワ・ベゴドー)は国語の教師。
だから言葉を尽くして
表現を変えて伝えようとするが
彼らの心を開く時間はあまりに短い。

どこかで一瞬だけ
ほんの一瞬だけお互いが分かりあえたような
そんな瞬間が訪れるが
まるで幻のように次の瞬間には
別の生徒の態度や発言で霧散する。



生徒の側に立ったらどうだろ・・・・、
考えたけれど分からないや、
だからといってその努力を投げ出すわけじゃないが
大人じゃ無さ過ぎで
どう扱っていいか分からない。

人生の中で勉強だけに費やすことができる
そんな学生時代は本当に貴重な時間、
でもその真っ只中にいては
そんなことは分からない。

だからこそ教師はやっきになる、
何が彼らの今後を左右するか分からないが
とりあえずのカリキュラムは
人生の基本ともなるものだから、
でも分からないんだよな。

教えること
教わること
そんなことを彼らのセリフや態度の端々で
あれこれ考えてしまった。


そしてこの映画、
ドキュメンタリーのようで
ものすごい緊張感、
問題を起こした生徒も
普通の映画ならなんとか希望を見出すが
現実はそう甘くない、
積極的でも消極的でも
同じ時間は過ぎていく、
その中で何を学ぶかは結局は本人次第、
もっと見ていたかったな、
リアルな手触りのある映画だった。



★100点満点で85点


soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

生徒は全員この映画の為にオーディションで選ばれたと聞いた、
それが功を奏し本当の学校のクラスの様に感じたのだろう。


★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか
  • URL:http://yaplog.jp/sora2001/archive/1605
トラックバック
トラックバックURL:
『フリーダム・ライターズ』って同じく実話物の映画に、設定は酷似してるんですが全然
虎団Jr. 虎ックバック専用機  2011年06月20日(月) 9時28分
《パリ20区、僕たちのクラス》 2008年 フランス映画 −原題 − ENTRE
Diarydiary!   2010年10月16日(土) 22時29分
四角い教室に閉じ込められた現代社会の縮図。
教えることと、教えられること。
誰もがせいいっぱい、自己主張。
ぶつかり合って離れあって引き寄せあう。
そんな1日1日が、一度きりの今日となる。



『パリ20区、僕たちのクラス』
2008年/フランス/128min
監督:ロー
シネマな時間に考察を。  2010年08月12日(木) 12時48分
『パリ20区、僕たちのクラス』 “ENTRE LES MURS” (2008・フランス) 2h08 監督・脚本 : ローラン・カンテ 原作・脚本・出演 : フランソワ・ベゴドー パリの中学校。あるクラスの1年間の模様。 この映画を観て教育とは戦いなのだと思いました。 しかし現在の教育現場は先生にとってかなり分が悪い戦いの様に思われ。 先生=強者(大人)。生徒=弱者(子供)。という関係の中で、生徒は弱者の立場を利用し、弱者である事を最大武器に、残酷なまでの無邪気さと狡猾さで先生に戦いを挑む。 自分が中学生ぐらいの頃にはそんな事全く意識していませんでしたが、多分そうだったのかもしれない。 一方先生は常に先生という建前を崩すわけにはいかず。建前が崩れそこに個人の本音が見えようものなら、そこに集中攻撃を喰らう羽目に。 しかも先生は1人。生徒は20人〜30人(本作の場合)。 どう考えても分が悪い。 そんな1年間が終わっても、先生は次の新たな敵との戦いへと臨まなければならない。 終わる事が無く、勝ち目も薄い戦い。それでも先生である事を諦めない。 先生って大変だと思い知るとともに、崇高な職業なのだとも思い...
映画尻エリカ  2010年08月06日(金) 3時19分
評価:D カンヌ国際映画祭で最高賞のパルムドールを受賞したフランス映画。米アカデ
エンターテイメント日誌   2010年08月03日(火) 8時52分
国語教師のフランソワ。新学期が始まった教室。時間を無駄にするなといえば、1時間の授業なんてない、50分だ、といい、名前を覚えるから書けと言えば、去年も先生に習ったのに、と言う。 こんなヘリクツなら、思春期のこどもたちは普通にいうだろうし、あしらえばいことだ..
シネマ大好き  2010年08月02日(月) 19時02分
原題(『Entre Les Mur』=部屋の中)が示す通り、映画の大半は教室の中の授業風景です。
それも国語教師のフランソワ(フランソワ・ベゴドー)とひとすじ縄ではいかない生徒たちとのやりとりがほとんどなんですね。
実に単純な映画なんです。
でも、これほど緊張感、緊迫感のある教室の風景を、僕たちはかつて見たことがあるでしょうか?
それは「授−業」という一方的なものではなくて、ちょっと大げさに言うと、大人と子供の実存的対峙といっていい。
そこにはたとえば、モンスターペアレントといっ...
weekly? ぱんだnoきぐるみ  2010年08月02日(月) 9時19分
原題:ENTRELESMURS/THECLASS監督:ローラン・カンテ原作:フランソワ・ベゴドー出演:フランソワ・ベゴドー観賞劇場 :岩波ホール公式サイトはこちら。<Story>パリ20区の中学校...
NiceOne!!  2010年08月02日(月) 8時29分
 上海といえば、黄浦江(こうほこう)に沿って林立する高層ビル群が有名だ。
 日本とは建築基準が異なるためか、東方明珠電視塔(とうほうめい...
映画のブログ  2010年08月02日(月) 7時28分
 カンヌ映画祭でパルム・ドールを受賞した作品。パリ20区の移民の子弟の多い地区の中学校における、理想主義に燃えた教師の奮闘と生徒とのやりとりをドキュメンタリーかと見まがうタッチで描いた作品。原題は『Entre les Murs』で直訳すれば「壁の間で(英訳ならbetween the walls)」となるが、なぜか日本人のブログやWeb上での紹介では「壁の中で」と訳しているケースが多い。公式な邦題は『パリ20区、僕たちのクラス (公式英題は The Class)』に決まった。原題は、教室内...
yohnishi's blog (韓国語 映画他)  2010年08月02日(月) 7時23分
2008年のカンヌ国際映画祭でパルム・ドールに輝いた作品。移民の子弟がい多いパリ20区にある中学校を舞台に、様々な子供たちとその担任との間に起こる出来事を1年間に渡って追いかけたドキュメンタリー風ドラマだ。本作の原作である「教室へ」の作者、フランソワ・ベゴドーが主演を務めている。監督はローラ・カンテ。24人の生徒たちはいずれも演技未経験ということに驚かされる。
LOVE Cinemas 調布  2010年08月02日(月) 0時37分
2010年08月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
http://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf