映画「RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語」大人のおとぎ話を見に行こう

2010年06月06日(日) 0時09分
「RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語」★★★☆
中井貴一、高島礼子、本仮屋ユイカ、三浦貴大、奈良岡朋子 出演
錦織良成監督、130分 、2010年5月29日公開、2010,日本,松竹
(原題:RAILWAYS)



                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい



「仕事一筋の男、筒井(中井貴一)は、
母親の見舞いに郷里に戻り、
子供の頃の夢を思い出した。
これは叶えられない大人の童話のよう、
きっと多くの人は現実的じゃないと感じるだろう、
でも夢を見ることは可能だ」



会社人間で家庭をかえりみない主人公、
定型的に描きすぎているが、
一生懸命に頑張っているのに
うまくいかないという事実は
きっと「どうして」という気持ちにさせるだろう。


何もかもがうまくいくなんてこと無いのかな、
時々最強の日々ってやつがやってくるが、
長続きはしない、
だから変化の無い日々を
無駄とも思わずに頑張れることを知っているけどね。

主人公がこれまでの生活を捨て去り
無謀とも思える50歳にして
電車の運転士になることを選んだ理由が
どうにも弱くて「どうして?」という
はてなマークがしばらく頭から離れなかった。


人生の重大な決定だ、
その直接、間接的な理由は
きっちりと見せて欲しかったな、
友人の事故死のエピソードもあったが
どうも薄っぺらな印象だった。

とはいえ、
先日見た「ヒーローショー」でも主人公が
思わずつぶやいたが
「もう一度やり直せたら・・・」
自分と言う人間とこれまで向き合ってきて
何もかもを消し去るわけにはいかない、
でも生活の場所や生活の仕方を変えることなら
思いきれば出来るだろう。

この映画の主人公も故郷に戻り、
のんびりとした生活のリズム
海が見える美しい景色
少しくらいの電車の遅れを自分で調節するなど、
都会では考えられない生活を送ることになる。

それは、こういう生活を送るのが
より人間らしい生き方だと
誰だって思うだろう、
でも出来ないのだ、
だからこの映画はおとぎ話なのだ

あり得ないよと思いつつも
ありえたかもしれない、もう一つの自分の生き方に
ちょっと想いを馳せるのもいいものだ。

きっちりと作った映画、
驚きは無いがたまにはこんな
映画をみるのもいい。

★100点満点で75点


soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

TVドラマでも良さそうだけど、劇場で大画面に向き合うと
色々考えてそれはまたそれでいいものだ。

★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか
  • URL:http://yaplog.jp/sora2001/archive/1569
トラックバック
トラックバックURL:
初夢や 忘れ亡き心と 相語らふ


 ひょんなことで、確か去年ですか、劇場で公開された「RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語」(それにしても長いタイトルですなあ)をDVDで観る機会を得ました。久しぶりです、DVD鑑賞。
 正直言って、導入から暫くの間、話の中
空想俳人日記  2011年01月07日(金) 6時42分
大手家電メーカーで仕事一筋にやってきた
主人公が役員入り目前に同期の事故死、
母親の病床が重なり人生を見直す...。

【個人評価:★★★...
『映画な日々』 cinema-days  2010年08月12日(木) 1時37分
[RAILWAYS] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ おみくじ評価:中吉 2010年40本目(38作品)です。 【あらすじ】 大手家電メーカーで数々の実績を積み上げ、順風満帆なサラリーマン生活を送る筒井肇(中井貴一)は、一人暮らしの母が倒れたのを..
満 足 度:★★★★★★☆☆☆☆
   (★×10=満点)
     試写 松竹試写室 にて鑑賞
     10年05月29日公開  

監  督:錦織良成
キャスト:中井貴一
      高島礼子
      本仮屋ユイカ
      三浦貴大、他


■内容
★試写会中毒★  2010年07月05日(月) 1時37分
大手家電メーカーで数々の実績を積み上げ、50歳を目前にしながら仕事に追われる日々を送る肇(中井貴一)。一人暮らしの母が倒れたのをきっか...
単館系  2010年07月03日(土) 22時05分
「夢」を追いかける中年男のメルヘンに好感が持て、大きなスクリーンを電車が駆け抜ける様子が何とも言えず心地良い。少年少女の頃に戻って、忘れていた夢を追いかけたくなる作品。
心をこめて作曲します♪  2010年06月15日(火) 23時34分
夫が本気で涙してました。
私はあまりに出来過ぎな展開に少々冷めてましたが。

終盤の妻の「このままでいいのね?」という台詞には、
我が夫も違和感を覚えたようでした。

千葉県のいすみ鉄道でも、実話が現在進行中で、
運転士の養成訓練費700万円自己負担の募集に、
全国から多数の問い合わせがあり、
実際に6人の応募があり、4人が選ばれたそうです。
訓練機関は1年半から2年。
全員、夢が叶うといいですね。
ForeverFriends分室  2010年06月14日(月) 17時00分
映画「RAILWAYS〜49歳で電車の運転士になった男の物語」を観てきた。 ht
風を感じて  2010年06月13日(日) 15時15分
月曜は、TOHOシネマズ 市川コルトンプラザに映画観に行ってきた〜。

今回観たのは「RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語」。長いぞ(^_^;)。てっきり、<a href="http://mink
欧風  2010年06月08日(火) 1時35分
映画「RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語」を鑑賞しました。
FREE TIME  2010年06月07日(月) 22時13分
大手家電メーカーに勤務する49歳の筒井肇は、取締役への昇進を前に、工場整理のリストラ役を課せられる。 同期入社の工場長・川平は「俺がやりたい仕事は物作りだ」と言い、異動より退職を選ぶ。 そんな中、故郷・島根の母親が倒れた。 見舞いの最中も仕事の連絡に追われる肇だったが、突然、Uターンして地元電鉄の運転士になることを決意する…。 ふるさとヒューンマンドラマ。
象のロケット  2010年06月07日(月) 16時33分
錦織良成監督、中井貴一、高島礼子、本仮屋ユイカ、三浦貴大、奈良岡朋子

筒井肇は、一流企業のエリートで取締役昇進も決まり自分の会社での地盤は確立した。
しかし家庭を顧みず家族から離れる中、母が倒れ久々に帰った実家で人生を見つめ始める。
そして自分の夢に向かいはじめ49歳で電車の運転手を目指す。

自分らしく生きることや大切な人生を悔いなく過ごすことなどやさしい秀作。
島根県出雲地方の素晴らしい景色と電車、そしてそこに生きている人たちがみんな助け合いやさしさにあふれていた。
ストレ...
Mooovingな日々  2010年06月07日(月) 10時00分
序盤から、涙腺決壊な演出が。決して突出した箇所があるとか、そんな出来ではないですが、地味にじーんと来る、久しぶりの良質な出来具合の邦画でした。「人生、49歳からでもやり...
Beinthedepthsofdespair  2010年06月07日(月) 7時28分

<<ストーリー>>大手家電メーカーで数々の実績を積み上げ、50歳を目前にしながら仕事に追われる日々を送る肇(中井貴一)。一人暮らしの?...
ゴリラも寄り道  2010年06月07日(月) 3時49分
★★★★  中井貴一演ずるところの主人公・筒井肇は、大手家電メーカーでバリバリ働き、次期取締役を約束されていた。ところがある事件をきっかけに、会社を辞めてしまう。 そして母の入院で故郷に戻り、少年時代にあこがれていた、地元ローカル線の運転士に志願するのであ
ケントのたそがれ劇場  2010年06月06日(日) 23時05分
 「ALWAYS三丁目の夕日」のROBOT企画・制作。一流企業に勤めていた49歳のエリート会社員が、ある事をきっかけに幼い頃からの夢だったバタ電の運転手になろうと決意す...
狂人ブログ 〜旅立ち〜  2010年06月06日(日) 22時49分
主演に中井貴一、その妻役に高島礼子、娘役に本仮屋ユイカ、母親役を奈良岡朋子。そして本作で役者デビューを果たす三浦貴大が、主人公の同僚を演じます。監督は映画「白い船」の錦織良成。「ALWAYS三丁目の夕日」シリーズを企画・制作をしたROBOTの阿部秀司が製作総指揮を務めます。島根を舞台に描かれるのは、そこに暮らす人々の温かさ、再び紡がれる家族の絆。そして、出雲の大自然を走る電車の美しい田園風景が、現代の我々が忘れかけている日本の原風景を思い起こさせてくれます。...
やっぱり邦画好き…  2010年06月06日(日) 22時29分
またも、1週間遅れ^^;
最初予告編を観たときは地味な印象で、パスしようかと思ったんだけど。
なんとなく雰囲気が良さそうな感じを受けたので、土曜日の朝一で「RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語
」を鑑賞。


「UCとしまえん
」は、土曜日としては少な
いい加減社長の日記  2010年06月06日(日) 18時33分
 客入りは1階席は満席、2階席は7〜8割くらい、客年齢は高い。 RAILWAYSオリジナル・サウンドトラック 映画の話 大手家電メーカーで数々の実績を積み上げ、50歳を目前にしなが...
masalaの辛口映画館  2010年06月06日(日) 14時06分
4/20に、なかのZERO大ホールであった『RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語』の試写会に友達に誘ってもらって行ってきました。

********************

チェック:仕事に追われ、家族を省みることのなかった50歳目前の男が、ふと人生を振り返り、幼いころの夢を追
Cinema + Sweets = ∞  2010年06月06日(日) 14時04分
4月23日(金)@よみうりホールで鑑賞。
あーうぃ だにぇっと  2010年06月06日(日) 12時42分
中井貴一さんは、現在公開中の映画『RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語』に筒井肇 役で出演しています。 先日、劇場に観に行きました。 ●導入部のあらすじと感想
yanajun  2010年06月06日(日) 11時27分






映画 「RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語」
ようこそMr.G  2010年06月06日(日) 11時19分
HTB映画試写会 『RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語』 に
つれづれなるままに  2010年06月06日(日) 11時04分
東京の一流企業に勤めるエリートサラリーマンが50歳を目前に、幼い頃からの自分の夢だった「“一畑電車”の運転士になる」を実行に移す姿を中心に、家族の絆、人との触れあいを描いた人間ドラマだ。主演は『ザ・マジックアワー』の中井貴一、共演に『ドロップ』の本仮屋ユイカ、『島田洋七の佐賀のがばいばあちゃん』の高島礼子が出演。監督は作品の舞台となっている島根出身の錦織良成。
LOVE Cinemas 調布  2010年06月06日(日) 0時40分
2010年06月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
http://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf