映画「パーマネント野ばら 」何度も、聞いたよ。大丈夫だよ

2010年05月27日(木) 8時01分
「パーマネント野ばら 」★★★☆
菅野美穂、小池栄子、池脇千鶴、宇崎流童、夏木マリ、江口洋介出演
吉田大八監督、114分、2010年5月22日公開、2010,日本,ショウゲート
(原題:パーマネント野ばら)




                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい



「菅野美穂という女優の内に秘めた
感情表現に打たれた、
大袈裟に叫んだり、声を上げたり
演じると言うと、そんなことが主流だが
脇役の少し後ろあたりに存在しながら
ラストを見終えると実はそれまでの彼女の全てが
グーッと立ち上がってくるのだ」



海辺の町にひっそりたたずむ、
小さな美容室「パーマネント野ばら」
一人娘を連れて出戻ったなおこ(菅野美穂)と
彼女の母まさこ(夏木マリ)が経営している。
ここには、おばちゃん達が集まり
賑やかに過ごしている。

こんな美容室を舞台にした映画と言えば
中東のベイルートが舞台の「キャラメル」という
良い脚本の映画があったが
やはり女性達はああして集まると
やはり男の話で、盛り上がっているんだろうか。

ケバイ小池栄子に、まん丸顔の池脇千鶴
主演が透明で抑えた存在だったので
この二人の存在は笑えたし、
しんみりともさせられた、

何が幸せで何が不幸なんて
ホントその人の感じ方次第なのだ。

ささやかな幸せを描いた映画と思いきや、
中盤から映画の緊張感が急に増してくる

そしてそれまでの様々なセリフや行動が
「そうだったのか」とまだ半信半疑で
小池栄子が「なおこなら大丈夫だよ」と
あっけらかんと言うと
その場のなごみ方とは別に
しみじみ心に沁みこんでくる感情があった。

ちょっと変わった映画だったが
面白い体験が出来た、

でもこういう映画はネタバレなしで見ないと
ラスト付近の感じ方が変わるだろうな。
見逃がしたくないとまでは言わないが
興味深い映画体験だった。

★100点満点で65点

soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

菅野美穂という女優が好きでTVドラマも見ているが
もっと映画にも出たらいいのにと感じた。

★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか
  • URL:http://yaplog.jp/sora2001/archive/1565
トラックバック
トラックバックURL:
「男の人生は、真夜中のスナックや?」激しく同意してしまったものです  まずは来訪記念にどうかひとつ!  人気blogランキング【あらすじ】なおこは夫と離婚し、娘の一人娘のももを連れて実家に戻った。実家では母・まさ子が「パーマネント野ばら」という美容室を営んでおり、毎日近所の女性たちが詰めかけては男の思い出や恋の話に花を咲かせていた。何度も再婚を繰り返したまさ子は最後の夫・カズオとは別居中。カズオは別の女性と同居しており、なおこに取り成しを頼んできた。そんななおこは、高校教師のカシマと、誰にも秘密でひっそりとした交際を続けていた・・・監督:吉田大八  原作:西原理恵子出演:菅野美穂、小池栄子、池脇千鶴、宇崎竜童、夏木マリ、江口洋介・・・あらっ、これも原作が「サイバラ」さんなんですねぇでも、なんでこんなボロボロの田舎が映画になるんだろう。どうということのない寂れた港町なのに。そんな田舎町の美容室でのおばちゃん達の会話がとにかく面白い。  泣いたら「金」が逃げていきます。そして、やっぱりかわいいなぁ、、、菅野美穂。それにしても、寂れた街をテーマにした時決まって出てくるのが、がんばる女とバカな男...
じゅずじの旦那  2011年03月01日(火) 18時01分
忘れられない記憶の海で、
永遠に続くものをさがしていた。

『パーマネント野ばら』
2010年/日本/100min 監督:吉田大八
出演:菅野美穂、小池栄子、池脇千鶴、夏木マリ





構成の行き届いた作品だった。
ストーリーが予め用意されている原作の映画化というのは
シネマな時間に考察を。  2011年02月03日(木) 17時56分
西原理恵子の名作コミックを、菅野美穂主演で映画化した『パーマネント野ばら』。

高知県の港町に生きる女性たちの、おかしくも悲しく、でも力強い生命力に驚かされる一作です。

何と言っても、出て来るおばちゃんたちが強い強い!
きっついパンチパーマをあてて(あえて、
ずーと好きはどこにもないから私は毎日小さな嘘をつく

娘を連れて出戻ったなおこ(菅野美穂)と、その母まさこ(夏木マリ)が営む町に一つ?...
単館系  2010年07月11日(日) 4時36分
大人の女性の恋心を赤裸々に描き、西原理恵子の新境地として話題となった同名作を映画化。主演は、数々の大ヒットドラマに主演、確固たる演技力で個性的なキャラクターを体現しながらも、独特の透明感で唯一無二の存在感を放つ女優・菅野美穂。2002年公開の北野武監督『DOLLS』以来、8年ぶりの主演作となる。監督は、『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』の吉田大八。本編のほとんどを西原の出身地である高知県での撮影にこだわり、美しい景色と現地特有の強い空気感を見事に映像に収めた。...
シネマDVD・映画情報館  2010年06月19日(土) 10時07分
小さな港町の美容院には毎日いろいろな女性が集まってくる。おばちゃんたちはきつめのパンチパーマをかけながら、色恋話に花が咲く。まぁちょっと脚色はされちゃうのはご愛敬(笑)店主はパンチパーマが小粋なまさ子さん。そんな美容院野ばらに出戻ってきた、なお子。離婚の
黒猫のうたた寝  2010年06月05日(土) 21時22分
月曜日は試写会に行ってきた〜(^_^)。

試写会が当たったのはなんと去年夏の「HACHI 約束の犬」以来。久しぶりだな〜。実は熱海に行った時に電車内で拾
欧風  2010年06月05日(土) 9時21分
─ パーマネント野ばら ─

先日、ちょうど映画の無料券が手に入ったので『パーマネント野ばら』を見てきました。演技派の二人、菅野美穂と江口洋介が共演しているとのことで気にはなってたんですよね?。

これがまたっ、ラストはまさかのドンデンな展開で「そうきたかっ!....
Prototypeシネマレビュー  2010年06月03日(木) 6時59分
2010年・日本:ショウゲート配給監督:吉田 大八原作:西原 理恵子脚本:奥寺 佐渡子 西原理恵子の人気コミックを、「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」、「クヒオ大佐」の吉田大八監督が映画化。主演は北野
西原理恵子著の同名コミックを映画化した切ない恋の物語です。 主演が菅野美穂さんと聞いて気になっていました。 予想通り、心に沁みるような恋を描いた女性たちのラブストーリーでした。
とりあえず、コメントです  2010年05月29日(土) 11時13分
多数のドラマや映画に出演し、その独特の雰囲気で唯一無二の存在感を放つ女優・菅野美穂。実に8年ぶりの主演映画として、彼女が選んだ作品が、西原理恵子の叙情的傑作と評される『...
やっぱり邦画好き…  2010年05月28日(金) 23時37分
海辺の町にある“パーマネント野ばら”は女たちの憩いの場。 離婚して一人娘のももを連れて出戻ったなおこと、その母まさ子が切り盛りしている、小さな美容室。 まさ子の夫は女の家に入り浸りで、なおこの友人みっちゃんは夫の浮気を、ともちゃんは夫のギャンブルを心配している。 一方なおこは、高校教師のカシマとデートを重ねていたのだが…。 切ない恋の物語。
象のロケット  2010年05月28日(金) 17時14分

 寂れた漁師町で唯一の美容院、「パーマネント野ばら」。母が切り盛りするその
店に、幼い娘を連れて出戻ってきたなおこ(菅野美穂)は、?...
真紅のthinkingdays  2010年05月28日(金) 14時37分
メイン出演者トークショウ付き・女性限定「パーマネント野ばら」の試写会に誘って頂きました。主人公の菅野美穂ちゃん、可愛い♪しかも年齢より若い!お母さん役だった夏木マリさん、彼女こそ年齢(58歳)よりず〜〜〜っと若い!素敵なお二人のトークもイケていた、オンナの性をぶっちゃけの作品でしたよ。

なおこ(菅野美穂)は幼稚園生の娘のももと、離婚して実家に帰ってきた。里は四国海辺の町。実家は母・まさ子(夏木マリ)が経営する美容室「野ばら」。そこは町唯一の美容院で、女達が集い語り、思いの丈を弾けさせる、なぜが憎めないサロンとなっている。

↓ここからネタばれあり・・・でも私、ぶっちゃけトーク=...
紫@試写会マニア  2010年05月28日(金) 10時46分
★★★女たちのスッタモンダが延々と描かれて、肝心の、なおこのストーリーが横に行っちゃった。だから、それで? 状態。ウルウルは来た。その気持ちもわかる。女の子だもん。でもだからって納得はしないよ。
映画初日鑑賞妻  2010年05月28日(金) 10時29分
注・内容に触れています西原理恵子、同名漫画『パーマネント野ばら』を映画化。監督は『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』『クヒオ大佐』の吉田大八。脚本は奥寺佐渡子(「時をかける少女」「サマーウォーズ」)。主
映画雑記・COLOR of CINEMA  2010年05月28日(金) 2時54分






映画 「パーマネント野ばら」
ようこそMr.G  2010年05月27日(木) 22時52分
高知の片田舎の小さな港町でただ一軒の美容室“パーマネント野ばら”に集う女たちの悲喜こもごもの恋模様を描いた、菅野美穂、8年ぶりの主演作。
未完の映画評  2010年05月27日(木) 22時20分
『いけちゃんとぼく』、『女の子ものがたり』の西原理恵子の同名コミックを映画化。ある海辺の寂れた街にある一軒の美容室、そこに集うちょっと変わった女性たちの恋模様をコミカルに描いたドラマだ。主演は8年ぶりとなる菅野美穂。共演に『わた出すわ』の小池栄子、『スイートリトルライズ』の池脇千鶴、宇崎竜童、夏木マリ、江口洋介が出演している。監督は『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』の吉田大八。
LOVE Cinemas 調布  2010年05月27日(木) 22時10分
西原理恵子原作と言うよりは、『時をかける少女』や『サマーウォーズ』など細田守アニメで脚本を担当した奥寺佐渡子さんの脚本だというところに期待して鑑賞。(というか、西原理恵子原作だと知らずに鑑賞していた)
たいむのひとりごと  2010年05月27日(木) 21時51分
昨夜は、妻、次女、三女と九段会館で「パーマネント野ばら」を観た。
評判良いようなので、とっても楽しみにしていた作品。
さてさて、その結果は?
あーうぃ だにぇっと  2010年05月27日(木) 21時31分
なんで西原理恵子の「こういうの」は、人が心の奥ぅーーにしまってた何かを思い切りひきずりだしてしまうんだろう?と、ひきずりだされたモン見て泣きながらいつもそう思う。[画像]

昨日、水曜の1000円デーを利用して、映画「パーマネント野ばら」を見てきました。

原作は、ずいぶん前に借りて読んだのですが映画に先だって先月出た文庫本を改めて買い、読んでは泣き読んでは泣きしてたので、映画でこの世界をどう描くのか?と
じゃっかんの心配をしつつ・・・・の鑑賞。
「いけちゃんとぼく」も同じ感じで見たなぁ・・・そういや。

※私のレビューは何のレビューでもすべてネタバレです。これから見る予定の方で原作読んでない方はご注意ください。また、原作と映画ではシチュエーションや設定がだいぶ違う部分もあります。
さて、この映画の感想を一言でいうと「原作よりは、薄い」と思います。


しかし「よくない」わけではなくて、映画では映画の描き方ってあるもんだなぁ・・・ともいうことです。


薄いというのは、どういう作品でもサイバラの漫画というのは「濃いぃ」(笑)
濃いぃくてえげつない部分がものすっごくあって、だからこその妙なリアリティとか妙な...
椿的濃縮タマシイ  2010年05月27日(木) 17時57分
2010年05月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
http://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf