映画「パリより愛をこめて 」ここでは理性はぶっ飛んだ、単純に面白い

2010年05月19日(水) 0時30分
「パリより愛をこめて 」★★★★面白い
ジョン・トラヴォルタ、ジョナサン・リス=マイヤーズ 出演
ピエール・モレル 監督、95分 、2010年5月15日公開、2010,フランス,ワーナー・ブラザーズ
(原題:From Paris with Love )




                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい



「ジョナサン・リース・マイヤーズ扮するアメリカ大使館職員が、
ジョン・トラボルタ扮するFBIエージェントと共に、
パリをテロリストの攻撃から守るために奮闘する、
ただし守ってるんだか、ぶっ壊してるんだか
ここまで無法地帯にしていいのかと思うほど、
銃を撃ちまくるトラボルタは怖いというより笑える」



冒頭から銃を撃ちまくり
(たぶん)悪人を殺しまくるFBIエージェントの姿を
驚きとともに巻き込まれるのが
ジョナサン・リース・マイヤーズ演じるアメリカ大使館職員、
彼はCIAのエージェントになることが夢だ。

そのため盗聴器を仕掛けたり、
車に細工をしたり
頑張っているけれど、
本物のエージェントを目の当たりにして
やはり自分にはムリなんじゃないかと悩む始末。



トラボルタ扮する異端児エージェントの相棒になることで
大使館職員の成長物語でもある、

リュック・ベッソンの脚本は
リアルなんかハナから考えに無く
アクションをどう見せるかに重点が置かれている、
自分は派手なアクションが好きなので
その割り切り方は
ここでは良い方に活かされていると感じた。

込み入ったストーリーはあるにはあるが、
そんなこと大した問題じゃない、
それでもエージェントを夢見る
自分の殻を破れない正義に燃える男が
破天荒な男に出会って自分が変わっていく
その姿には、かなりグッと来た。


銃を向けた相手が自分で自ら銃を口に入れて
目の前で自殺してしまい
その時飛び散った血が端正な顔を染める、
その血で染まった顔を鏡で見た時
ストーンと主人公の中で何かが吹っ切れた、
そんな繊細な描写にハッとすることも。

もし映画に少しでもリアルを求めたら
この映画は成立しない、

破天荒でやりたい放題の映画が出来上がった、
映画に何を求めるかにもよるけど
自分はかなり楽しめた、
この路線でまだまだいってもらいたい。


★100点満点で75点


soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

ジョナサン・リス=マイヤーズはいまひとつ良い映画に恵まれていない印象があるが、
こういう役も怖がらずにこれからも出て欲しい。
ジョン・トラボルタはもう何か吹っ切れてる。

★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか
  • URL:http://yaplog.jp/sora2001/archive/1560
トラックバック
トラックバックURL:

ジョン・トラボルタ、ジョナサン・リース・マイヤーズ共演。
型破りなCIA諜報員ワックスがなかなかに面白いキャラクターで、カーチェイスにバズーカも組み込んでの95分という尺の短さもまた作品のテンポをよくしていると思う。 
とにかくトラボルタさんの銃撃ちまくりの派手さが凄く格好良くて、ストーリーの浅さはどうでもよくなっちゃう。よく見たらこれ原案リュック・ベッソンだったんだね、そりゃ納得。
最初は翻弄されまくりなのが次第に息があってくるのはバディ物の醍醐味ですが、この作品でもそれは踏襲されています。2人の対照的で魅力的なキャラが活き活きとしているのは見ていて楽しいです。
個人的には豪快なやられっぷりがまたB級らしくていいと思う。
どうしても「96時間」と比べちゃうところはありますが、とにかくワックスのキャラクターのあくが強くて強引ぶっ放しでそれでOKと思えちゃうんだから力技だよね。
ストーリーは次の日には忘れちゃう系だと思いますが安心して見れる良作だと思います。続編があったら観てみたいですね。

【概略】
若き駐仏アメリカ大使館員リースは、エージェントとしての華やかな活躍を夢見ながら地道な...
いやいやえん  2011年08月04日(木) 13時02分
パリより愛をこめて
駐仏米大使館員が型破りな
CIA諜報員とコンビを組み、
テロリストの計画を阻止する...

【個人評価:★★☆ (2.5P)】 (自宅鑑賞)

原題:From Paris with Love
『映画な日々』 cinema-days  2011年03月27日(日) 21時24分
パリより愛をこめて / FROM PARIS WITH LOVE

表向きはアメリカ大使館員であるCIAエージェントのジェームズの雑用ばかりをこなす毎日は
アメリカ本国からやってきた敏腕捜査官チャーリーの出現により崩壊し...
RISING STEEL  2011年02月24日(木) 15時13分
『 パリより愛をこめて 』 (2010)  監  督 :ピエール・モレルキャスト :ジョン・トラボルタ、ジョナサン・リース=マイヤーズ、エリック・ゴードン、 リチャード・ダーデン、カシア・スムトゥアニ...
さも観たかのような映画レビュー  2010年11月16日(火) 17時55分
監督 ピエール・モレル 主演 ジョン・トラヴォルタ 2010年 フランス映画 95分 アクション 採点★★★★ ベッソンって、ホント素直なんでしょうねぇ。何かを観て気に入ったり「スゲェ!」と思ったら、即座にベッソンネタ帳に「俺だったらここをこーやって、そんであ…
Subterranean サブタレイニアン  2010年09月19日(日) 13時58分
裏切り者は誰なのか? 二人の男は、爆弾テロ計画を阻止できるのか!?
ストーリー:若き駐仏アメリカ大使館員リースは、エージェントとしての華やかな活躍を夢見ながら地道な諜報活動に従事していた。しかしそんな彼の生活は、麻薬捜査のためにパリに乗り込んできたCIAの超凄腕諜報員ワックスとタッグを組まされたことで一変する。相手に有無を言わせず銃をぶっ放すワックスに、人を撃った経験のないリースは唖然とするばかり。唯一の心の慰めは結婚間近の優しい恋人キャロリンの存在だけ。そんなチグハグな彼らの捜査だが、やがて二人...
シネマDVD・映画情報館  2010年06月19日(土) 9時44分
タイトルだけを聞いたらラブストーリーかと思ったアクション映画を見てきました。

パリより愛をこめて (2010)【監督】ピエール・モレル【出演】ジョン・トラヴォルタ / ジョナサン・リス・マイヤーズ / カシア・スムトゥニアク / リチャード・ダーデン [70点]「無駄に爽やか」ジョン・トラボルタが無駄に爽やかです。
そのため、銃撃戦なんかの激しさを無駄に緩和してくれます。

緩和する必要なんて、ないと思うんだけどね。

他の多くの人のレビューにあるように、ストーリーは単純で浅いです。...
yamamo-island  2010年06月08日(火) 23時24分
パリより愛をこめて’10:フランス◆原題:FROM PARIS WITH LOVE◆監督:ピエール・モレル「96時間」◆出演:ジョン・トラボルタ 、 ジョナサン・リース・マイヤーズ 、 カシア・スムトゥニアク◆STORY◆パリのアメリカ大使館員・リースには上司にも婚約者にも言えない....
C'est joli?ここちいい毎日を?  2010年06月07日(月) 10時25分
世界的にみてアクション映画といったら、アメリカのそれもハリウッドで作られたものに
はらやんの映画徒然草  2010年06月06日(日) 7時21分
ジョン・トラボルタ主演のアクションムービーです。パリでCIA捜査官が大暴れと言う
シネマクマヤコン  2010年06月05日(土) 10時28分

  『ベスト・キッド』と
    『ミー&ミセス・ジョーンズ』は
              観てないわ(^^;)
☆お気楽♪電影生活☆  2010年06月05日(土) 10時00分
今日は午後から次男の中学のPTAの委員会があるので仕事を休み、午前中、愛しのジョン・トラボルタ様の新作映画、「パリより愛をこめて」を観に行ってきました

      [画像]
      [画像]

いや?TVの予告編でぼうず頭ひげ面のジョン様を見た時はちょっとぶっとびましたけど、映画はもっとぶっとんでました

舞台はパリ。
CIAの見習い捜査官ジェームズ(ジョナサン・リース・マイヤース)は、表の顔はエリート米大使館員。
昇格をかけて重大任務を任され、パートナーと紹介されたのは、任務の為には手段を選ばない危険な男ワックス(ジョン・トラボルタ)だった。

ストーリー自体は途中で多少展開が読めた感がありましたが、あの美しいパリでそんな無茶な事したらあかんがな?、ちょっとちょっと手段選ばへんにも程がありまっせ?

・・・とスピーディなストーリ展開とど派手なアクションにあっと言う間に時間が過ぎてしまいました

愛しのジョン様はダンスでならした身体でスタントもこなし、ますます若々しい

実生活では昨年、16歳の息子さんが急死されたそう・・・
でも今年、新たな家族が増えるとか
さすがジョン様
日本から愛をたっぷりこめて、...
いつでも☆いっちょかみ  2010年06月04日(金) 0時43分
「パリより愛をこめて」監督:ピエール・モレル(『96時間』『アルティメット』)出演:ジョン・トラボルタ(『サブウェイ123 激突』『ヘアスプレー』)ジョナサン・リース・マイヤー?....
マー坊君の映画ぶろぐ(新装版)  2010年06月03日(木) 18時37分
 <小倉コロナシネマワールド>  観て良かったと思う映画は多い。ただ、どんな駄作を観たとしても、観て
活動写真放浪家人生  2010年06月03日(木) 2時07分
水曜日で1000円だし、また観てしまいました。 「パリより愛をこめて 」[FromParisWithLove] 何回観ても面白い映画は面白い。 結末がわかっていても、わくわくドキドキは変わらない。 結末がわかっているだけに今日は、新米CIA諜報部員のリース(ジョナサン・リース・マイヤーズ)の心の葛藤が、よくわかった。 ワックス(ジョン・トラボルタ)のはちゃめちゃっぷりも、今日はちょっとかっこよく見えました。 評価:今回も ★★★★★★
犬・ときどき映画  2010年06月02日(水) 22時36分




 FROM PARIS WITH LOVE

 在仏アメリカ大使館で補佐官として働くジェームズ・リース(ジョナサン・リス=マ
イヤーズ)は、CIAの見習いエー?...
真紅のthinkingdays  2010年06月02日(水) 13時35分
満 足 度:★★★★★★★☆☆☆
   (★×10=満点)
   試写 一ツ橋ホールにて鑑賞
   2010年05月15日 公開 

監  督:ピエール・モレル
キャスト:ジョン・トラヴォルタ
      ジョナサン・リス・マイヤーズ
      カシア・スムート
★試写会中毒★  2010年05月31日(月) 2時20分
オープニングのシャンソンにちょっぴりフランス映画らしい雰囲気を感じさせた。タイトルからは、「パリ」がそれなりのメッセージになるかと思いきや、別に何処が舞台でもよかったようだ。あの007の名作「ロシアより愛をこめて」へのオマージュ作品でしょうか。内容は銃撃戦とカーチェイスと殴り合いアクション。そのスピード感とハチャメチャ気分に爽快感通り越して、ちょっと悪酔い気分。主人公とテロリストとの繋がりにもう少し感情がこもっておれば、映画の奥行きが深まったのにね。

テンポの良さはこの監督の特技である。何故チェスなのか?文化の違いを克服できず少し消化不良。

《パリより愛をこめて》オフィシャル...
Art-Mill  2010年05月29日(土) 7時35分
ベッソンが絡んだヨーロッパコープの作品に関して言うなら、なんでこんなに頭スッキリしちゃう面白いアクション映画作っちゃうんだろう♪っと思うのです。しかも、今回トラボルタが出演?!うっわーーーー注目に値しちゃうわ。今回潔くもマルガリータ!スキンヘッド(笑)フラ
黒猫のうたた寝  2010年05月25日(火) 23時57分
これはまさにトラちゃん大暴れの映画。なんといってもシネスコサイズからはみ出るぐらいなのだ。原案リュック・ベッソン、監督ピエール・モレルの『96時間』のコンビによる『パリより愛をこめて』。そんな疾走する
映画雑記・COLOR of CINEMA  2010年05月25日(火) 11時46分
ここのところ、仕事の疲れだったり、シフトの組まれ方だったり、転職活動していたりと色々な要素が重なって、映画館に全然足を運べていなかったんだけれど、昨日・今日と2連休なので、久々に映画を観てきましたー。
ジョン・トラヴォルタ、ジョナサン・リース・マイヤーズ共演
Cinema + Sweets = ∞  2010年05月25日(火) 10時03分
公開2日目
早速、ユナイテッドさんで 観てきましたっ!
2010 映画観てきましたっ!  2010年05月25日(火) 9時24分
トラヴォルタ炸裂!ズバーンと爽快!



アメリカ大使館員のリース(ジョナサン・リス・マイヤーズ)。
実は、CIAの見習い捜査官でもある。
...
映画通信みるみる  2010年05月25日(火) 2時54分
パリより愛をこめて「From Paris With Love」 <Story> リース(ジョナサン・リース・マイヤーズ)はパリのアメリカ大使館に勤めるエリート外交官、しかしその本当の顔はCIAの見習い捜査官。パリには婚約者もいる。 そこにミッションの相棒である型破りなワックス(ジョン・トラボルタ)がアメリカから派遣されてくる。税関でひと悶着を起こしたワックスを空港まで迎えに行くリース。そのまま中華料理店へ向かい、麻薬を摘発する。しかしそれはまだほんの序の口、組織そのものを崩壊させるのが目的というワックスは、次々を相手を殺す。一方リースは人殺しはしたくないと、引き金を引けないでいた。 やっと仕事を終えワックスとともに、婚約者の待つ家に帰る、しかしリースの家にはカメラや盗聴器がいたるところに仕掛けられていたのだ。背後に大きなテロ組織が見え隠れする。 テロリストの狙いはパリで開かれるサミット、リースとワックスはテロを阻止することができるのか? <感想> さすが原案リュック・ベッソン 短い上映時間にすべてが凝縮されている。 ワックスのはちゃめちゃっぷり。リースの人間性。 アクションも速くておもしろい。 さすがに時間が短いので...
犬・ときどき映画  2010年05月24日(月) 20時17分

駐仏アメリカ大使館員のジェームズ・リース(ジョナサン・リス・マイヤーズ)は、エリート大使館員にしてCIAの見習い捜査官。
ある日、CIA本?...
心のままに映画の風景  2010年05月24日(月) 11時18分
上映スクリーン数: 213オープニング土日動員: 4万2158人オープニング土日
映画コンサルタント日記  2010年05月24日(月) 0時53分
 「96時間」が予想以上に面白かったので、そのピエール・モレル監督の新作となれば
みんなシネマいいのに!  2010年05月23日(日) 20時13分
準備はしてたんだけど、またアップするのが1週間遅れになってしまった^^;
最初は、観る気はなかったんだけど・・・
予告編で、好きなスパイもの(?)みたいだったし、最近悪役が増えてきたジョン・トラボルタに魅かれて、「パリより愛をこめて
」を鑑賞。


「UCとしまえ
いい加減社長の日記  2010年05月23日(日) 19時59分
☆パリより愛をこめて☆(2010)ピエール・モレル監督リュック・ベッソン原案ジョン・トラヴォルタジョナサン・リス・マイヤーズカシア・スムートニアックストーリー フランスのア...
ぷち てんてん  2010年05月23日(日) 19時17分
原案リュック・ベッソン、監督は『96時間』のピエール・モレルが創り上げたサスペンス・アクションです。 予告編を観た時から、相変わらず銃をガンガン撃っているな〜と気になってしました(^^ゞ アクの強いCIA諜報員を演じるジョン・トラヴォルタのパワーに最後まで引き込まれました〜
とりあえず、コメントです  2010年05月22日(土) 10時38分
『パリより愛をこめて』 “FROM PARIS WITH LOVE” (2010・フランス) 1h35 監督 : ピエール・モレル 出演 : ジョン・トラヴォルタ、ジョナサン・リス・マイヤーズ、カシア・スムートニアック たった一人でフランスにいるテロ組織を壊滅しに来たCIAエージェント。現地にいる見習いエージェントと組んでパリの街を大暴れ。 『冷たい雨に撃て、約束の銃弾を』は抑制のアクション映画でしたが、打って変わって本作はジャンジャンバリバリ大開放のノー天気なアクション映画でした。 テロリストに人権無し。の虐殺ぶりは開放し過ぎな感じもしなくは無かったですが、それはそれでアクション映画として正しい。 ヨーロッパ・コープは正しいアクション映画を作る道を正しく歩んでいるのだなぁ。と改めて思いました。 がんばれ!ヨーロッパ・コープ!負けんな!リュック・ベッソン!
映画尻エリカ  2010年05月21日(金) 20時07分
パリのアメリカ大使館に勤めるジェームズ・リースのもう一つの顔は、CIAの見習い捜査官。 謎の犯罪組織を探るためアメリカから送り込まれた特別捜査官チャーリー・ワックスとコンビを組むことになったが、スキンヘッドにイカれたファッションのワックスは、目的のためには手段を選ばない危険な男だった…。 サスペンス・アクション。
象のロケット  2010年05月21日(金) 2時36分
容姿も行動も破天荒なトラヴォルタ


【Story】
CIAの異端諜報員ワックス(ジョン・トラヴォルタ)とコンビを組んだことから、地味な諜報活動?...
Memoirs_of_dai  2010年05月21日(金) 0時29分
【パリより愛をこめて】 ★★★☆ 映画(27)ストーリー フランスのアメリカ大使館に勤務するジェームズ・リース(ジョナサン・リース・マイヤー
りらの感想日記♪  2010年05月20日(木) 21時50分
映画「パリより愛をこめて」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:ジョン・トラヴォルタ、ジョナサン・リス・マイヤーズ、カシア・スムートニアック、リチャード・ダーデン、他 *監督:ピエール・モレル 感想・評価・批評 等、レビューを含む記事・..
映画レビュー トラックバックセンター  2010年05月20日(木) 11時18分
若手の捜査官がベテランの捜査官とコンビを組んで事件を解決する物語は、何回も映画化されている。主演のトラボルタの楽しそうな演技が、見ている方にも伝わってくる。隙のない脚本と効果的なカメラワークは作り手の熟練ぶりを現している。ユーモアもたっぷりで見た後に爽快
とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver  2010年05月20日(木) 9時06分
5月4日(火)連休の最中に@一ツ橋ホールで鑑賞。
連休中の試写会はややかったるい。(笑)
会場が家の近くの一ツ橋ホールでなかったらパスしてしまうところだ。
行列に並ぶ気はしなかったので開場時間過ぎに到着。
前方左サイドの席を確保する。
いっしょに行った妻は後方の席に座る。
もちろん私の席の両隣は空いていた。
映画を観るのは一人なんだから、各自好みの席で見るべしというのが我が家の方針である。
連休中だというのに、いつも試写会で見かけるメンバーがたくさん来ていてあきれる。(笑)...
あーうぃ だにぇっと  2010年05月19日(水) 21時49分
人生のひき金を引け任務のためには手段を選ばない危険な男人を撃てない見習い捜査官コンビ史上最悪の相性の二人が、巨大犯罪組織を追う―!=チラシより=パリより愛をこめてHPパ...
猫とHidamariで  2010年05月19日(水) 14時54分

<<ストーリー>>CIAの異端児諜報(ちょうほう)員ワックス(ジョン・トラヴォルタ)とコンビを組んだことから、地味な諜報(ちょうほう)...
ゴリラも寄り道  2010年05月19日(水) 13時18分
FromParisWithLove輸入盤【CD】「パリより愛をこめて」を鑑賞してきました「96時間」のピエール・モレル監督が、「サブウェイ123 激突」のジョン・トラヴォルタを主演に迎えて贈る...
日々“是”精進!  2010年05月19日(水) 11時39分
原題:FROMPARISWITHLOVE監督:ピエール・モレル出演:ジョン・トラボルタ、ジョナサン・リース・マイヤーズ、カシア・スムトゥニアク試写会場 : 一ツ橋ホール公式サイトはこちら。<...
NiceOne!!  2010年05月19日(水) 9時23分
 「産業ロック」という言葉を使い始めたのは渋谷陽一氏であろう。
 氏は、世界的に売れているバンドの音楽を指して、こう呼ぶことがあった...
映画のブログ  2010年05月19日(水) 8時36分
原案リュック・ベッソン、『96時間』のピエール・モレル監督で送るアクションエンタテインメントムービーだ。主演は『サブウェイ123 激突』のジョン・トラボルタ。共演に最近では『シェルター』が記憶に新しいジョナサン・リス・マイヤーズ。フランス・パリを舞台に繰り広げられる銃撃戦やカーアクションに興奮すること請け合いだ。トラボルタ自身によるアクションに注目!
LOVE Cinemas 調布  2010年05月19日(水) 0時55分
2010年05月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
http://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf