映画「9〈ナイン〉〜9番目の奇妙な人形〜」未来にはやはり人間は滅亡するようだ

2010年05月16日(日) 1時54分
「9〈ナイン〉〜9番目の奇妙な人形〜」★★★
イライジャ・ウッド、ジェニファー・コネリー、クリストファー・プラマー 声の出演
シェーン・アッカー 監督、80分 、2010年5月8日公開、2009,アメリカ,ギャガ
(原題:Nine)




                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい



アカデミー賞短編アニメーション部門にノミネートされた

「人類滅亡後の未来。
背中に1から9までの番号を付けた小さな麻の人形たちは、
破壊兵器と化した機械との戦いを続けていた。
9番の背番号を付けた人形を中心にした
人間のいない機械じかけの世界感を楽しむ」



アメリカ発のアニメ映画は
アニメとしてデフォルメされたものが多いが、
このアニメは形もさることながら
全然違う、安っぽくでも手作り感バッチリ、
親しみが湧く、
目の粗い麻の体が繊細に動くのを見ながら
全体がこんなにチャッチイのに
“こんな細かいところまで凝ってるよ”とツッコミを入れつつ。



どうやら未来はやはり人間は滅んでしまうらしい、
奇妙なロボットを作った博士は
9体のロボットに人間の最後の願いを込めた
それは仲間を助けることとか、
破壊よりも何かを作り出すこととか。

描かれた世界観は「ターミネーター」もどき、
でもみすぼらしい体の人形が
固定観念の枠を超えて
バカでかい「マシーン」に挑む姿は
単純に心が熱くなる。
誰かを助け、
一緒に物事に取り組む気持ちさえあえば
なんとかやっていけるのかもしれない。

映像は凝っていて美しい、
ストーリーは弱いけれど
彼らの動きを見てるだけで楽しめる、
今後の世界も見たいと思った。

★100点満点で70点

soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

声優陣が豪華でこういうとこにも手抜きしないのがスゴイ。

★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか
  • URL:http://yaplog.jp/sora2001/archive/1557
トラックバック
トラックバックURL:
小さな人形が目をまさすと、そこは廃墟の世界。背中に9と書かれた彼は、同じように2の印のある仲間を見つけるが、突然機械獣が二人を襲い、2が連れ去られる。気を失っていた9は、他の人形たちに助けられるが、2を救いに行こうという提案は、リーダーの1に反対される。..
シネマ大好き  2010年06月30日(水) 23時28分
人類が滅亡したあとの、麻布でできた奇妙な人形と機械の戦いを描いている。わては実写なのかと思ったけど、精巧にできたアニメーションだった。まるで実写を見るような映像と、不思議な世界が印象に残った。ハッピーエンドなどあり得ない展開だけど、見た後の余韻は心地よい
とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver  2010年06月27日(日) 13時48分



 ティム・バートン監督のアリス・イン・ワンダーランドが人気ですが、そんなティム・バートンを驚愕させた短編アニメ『9』を長編アニメ化させた9 <ナイン> 〜9番目の奇妙な人形〜を上映終了日に観てきました。
よしなしごと  2010年06月26日(土) 12時51分
満 足 度:★★★★★★★★☆☆
   (★×10=満点)
   試写 ヤクルトホールにて鑑賞
   2010年05月08日 公開 

監  督:シェーン・アッカー
声の出演:イライジャ・ウッド
      ジェニファー・コネリー
      クリストファー・プラ
★試写会中毒★  2010年05月31日(月) 2時27分
 訂正である。
 『9<ナイン> ?9番目の奇妙な人形?』は副題に「人形」と書かれているが、9は人形ではない。
 その体は麻布を裁縫し?...
映画のブログ  2010年05月29日(土) 2時29分
何故だろう、最近やたらと「9」をタイトルに含む映画が多い。
異色のエイリアンSFやスター共演のゴージャスなミュージカルに続くのは、そのも...
ノラネコの呑んで観るシネマ  2010年05月28日(金) 21時40分
2005年のアカデミー賞短編アニメ部門でノミネートされた この作品。↓ 惚れ込んだ(ティム・バートン)と(ティムール・ベクマンベトフ)が プロデュースして長編にリメイクしたと聞けば、やっぱ多少の期待は してしまいました。。。毒気とか毒気とか毒気とか。 (画面は暗いけど思った程、ダークでもシュールでもなかったです) それに、ここ最近「T4」やTVシリーズ「サラ・コナー?」他、 世紀末めいた作品も多かったせいか新鮮味がなかったのが残念。 近未来の世界はターミネーターのそれでしかなく、凶悪マシンは マトリックスのそれとなんか激似。。。 人間の傲慢な科学進歩でマシンに取って代わられて壊滅状態の 荒廃したダークな世界。 人間の最後の希望であり魂を吹き込まれた9人の奇妙な人形が そんな世界でマシン相手に活躍するという、、、 まぁストーリー自体は、よくありそうな話。 よかったのは、9人の人形がきちんとそれぞれ特徴があったトコ。 人間の心のさまざまな面を分類されていたというか、 攻撃的なのもいれば保守的なのもいて、優しいのやイジワルなのや。 で、何だかんだ皆で助け合う温かい仲間たち。 主役の「9」はおそらく一番の...
暇さえあれば映画ミル  2010年05月24日(月) 22時58分
9 ナイン?9番目の奇妙な人形?

金属VSボロ布のオカルト対決。

どっぷりファンタジーかと思っていたら、ホラーありアクションありのエン?...
映画と俳優と炭水化物  2010年05月22日(土) 20時56分
アカデミー賞短編アニメ部門にノミネートされた作品をもとに創り上げられたファンタジー・アニメです。 予告編を観た時から、ダークな世界と人形の表情が印象的で観たい〜と思っていました。 今日は新宿ピカデリーで原作の短編も同時上映されると聞いてチャレンジしてみました(^^ゞ
とりあえず、コメントです  2010年05月22日(土) 11時04分
第78回アカデミー賞で短編アニメ部門にノミネートされたシェーン・アッカー監督の同
大発狂!マッドシネマ-映画天国-  2010年05月21日(金) 22時59分
新人監督シェーン・アッカー、ティム・バートン制作の9(ナイン)〜9番目の奇妙な人形〜、
感想を一言でいうと「最高{%びっくり2webry%}{%顔文字ファイトhdeco%}」です。
今日は今日。明日は明日。  2010年05月21日(金) 14時53分
『9<ナイン> 〜9番目の奇妙な人形〜 』




にほんブログ村




(C) 2009 Focus Features LLC. All Rights Reserved


この世界観が、たまらない。
冒頭から、引き込まれてしまう。

もともとは、たった11分のショートムービー。
新鋭シェーン・アッカ
ketchup 36oz. on the table 〜新作映画レビュー  2010年05月19日(水) 1時11分
9<ナイン> ?9番目の奇妙な人形? / 9
2010/05/08公開 公式:http://9.gaga.ne.jp/

最近ミュージカルの『NINE』、SF映画『第9地区』と「9」絡みの?...
エミー・ファン!ブログ  2010年05月17日(月) 22時32分
先週8日( 土 )から絶賛上映中と思ったが、池袋HUMAXシネマズの観客動員数は赤の点滅状況らしく、昨日から連日20時20分のレイトショー1回限りの上映にスケジュール変更されていた。 「 ターミネーター 」、「 マトリックス 」、「 エイリアン2 」、「 サイ..
C級セールスマン講座  2010年05月17日(月) 22時22分
 今年はタイトルに9の数字がつく映画が公開されている。 この映画なんか「NINE
みんなシネマいいのに!  2010年05月17日(月) 8時49分
目覚めると、世界は終わっていた。9(ナイン)〜9番目の奇妙な人形〜HP人類はなぜ滅びたの?そして僕達は、何の為に生れたの?9(ナイン)〜9番目の奇妙な人形〜シネマトゥデイ...
猫とHidamariで  2010年05月16日(日) 21時10分
アカデミー賞の短編アニメ部門にノミネートされた同名作に惚れこんだティム・バートン監督がプロデュースを手掛けて長編化した作品です。オリジナルは未見です。

古びた研究室で、麻布を縫い合わせて作られた人形"9"が目を覚まします。外に出ると、そこは、人類滅亡
背中に数字の“9”が描かれている麻布の人形が目を覚ました。 自分が誰なのか、ここはどこなのか、彼にはわからない。 外には見渡す限りの廃墟が広がっていた。 茫然とする彼の前に背中に“2”と描かれたボロ人形が現れる。 仲間だ。 自分はひとりではない。 ホッとしたのもつかの間、巨大な機械が2人を襲撃してきた…。 SFファンタジー・アニメ。
象のロケット  2010年05月16日(日) 12時48分
原案となるアッカー監督自身の短編作品に惚れ込んだティム・バートンがプロデューサーを買って出たことにより生まれたという本作。ゆえに強烈なバートンっぽさがあるのかと思ったらそれほどでもなく、バートン好きの私はむしろそこに本作の魅力を感じた。
SOARのパストラーレ♪  2010年05月16日(日) 12時01分
原題:9監督:シェーン・アッカー声の出演:イライジャ・ウッド、ジェニファー・コネリー、クリストファー・プラマー鑑賞劇場 : 横浜ブルク13公式サイトはこちら。<Story>...
NiceOne!!  2010年05月16日(日) 9時54分
4月28日(水)@一ツ橋ホールで鑑賞。
この日は朝から大活躍。
前夜実家の父から、28日の「書道ガールズ!」@よみうりホールの試写状が来ていると電話があった。
当日着よりはましだが、前の日に着いても対応が難しい。
ムダにするわけにはいかないので取りに行く事にする。
朝4時過ぎに起床。前夜から雨が降り続いていた。
合羽を着て自転車で家を出発。
まだ薄暗い早朝の東京の街を走破。
往復40分で「書道ガールズ!」の試写状を無事手元に用意することができた。
家に戻ってきて時間はまだ...
あーうぃ だにぇっと  2010年05月16日(日) 9時07分
第78回アカデミー賞短編アニメ部門にノミネートされた作品に惚れこんだティム・バートンがプロデュースし、シェーン・アッカー監督自らが11分の作品を80分の長編作品へと作り変えた。人類滅亡後に残された9体の奇妙な人形たちが人類を滅ぼしたマシーンたちと戦うダークファンタジーだ。イライジャ・ウッド、ジェニファー・コネリー、クリストファー・プラマーといった豪華な声優陣にも注目。
LOVE Cinemas 調布  2010年05月16日(日) 2時20分
2010年05月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
http://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf