映画「ウルフマン」この特殊メイク大画面で見るともっと凄い!

2010年05月05日(水) 0時09分
「ウルフマン 」★★★☆
ベニチオ・デル・トロ、アンソニー・ホプキンス、エミリー・ブラント主演
ジョー・ジョンストン監督、102分 、
2010年4月24日公開、2009,アメリカ,ファントム・フィルム
(原題:The Wolfman )




                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい



「ドラキュラと同じ様に古典的な怪物映画の主人公が
現代の特殊メイクで蘇った、
主演のベニチオ・デル・トロは人間の時もなんだか怪しい、
そしてアンソニー・ホプキンスは嬉々として演じてるようだった」



19世紀末の英国、
人気俳優のローレンス(ベニチオ・デル・トロ)は、
兄の行方不明の知らせを聞き、
生家のタルボット城へと帰郷する。
そして惨殺された兄の遺体を発見するが、
犯人を探している時に「ウルフマン」に襲われ
噛まれたことで自らも恐ろしい怪物となってしまう。

ここに父のジョン(アンソニー・ホプキンス)が
もちろん絡んでくるわけだけど、
ストーリーの驚きよりは
やはり変身シーンの凄さには目を奪われる。


イギリスの古城がある田園風景も
撮影の仕方でおどろおどろしく、
霧のかかったぼんやりとした光景までが
何か不穏なものを隠しているように見えるから不思議だ。

エミリー・ブラントの硬質で貴族的な顔立ちも
この映画に合っている、
ヴィクトリア女王から洗濯屋まで様々な役を器用にこなし
最近は大活躍の女優さんだ。

でも何故、古くから狼男なんてものを作ったのだろう、
人間の心の中の普通では考えられない
凶悪なことをしてしまう部分を
人間ではない「獣」として捉えたのだろうか、
他人を殺してしまうような行為は
爪を伸ばし、体中に毛をはやして
もう人間ではない「ばけもの」として犯してしまうのだと。


そんなふうに逆説的に
人間らしさに救いを求めるように
この映画もさらに父と子の思惑や葛藤、
断ち切れない「血」という絆など
ストーリーはシンプル
目に見えるメイクの凄さもさることながら
人間である悲しさみたいな
絶望感さえ伝えている。



とにかく特殊メイクは凄いので
それを見に行くだけでも価値アリの一本。

★100点満点で70点


soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

注目の女優さん、
エミリー・ブラント出演作品の過去の記事にジャンプします。(←)矢印をクリック。

サンシャイン・クリーニング(2009年)← 
ヴィクトリア女王/世紀の愛(2009年)← 
プラダを着た悪魔」(2006年)← 


★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか
  • URL:http://yaplog.jp/sora2001/archive/1548
トラックバック
トラックバックURL:
『 ウルフマン 』 (2010)  監  督 :ジョー・ジョンストンキャスト :ベニチオ・デル・トロ、エミリー・ブラント、アンソニー・ホプキンス、ヒューゴ・ ウィーヴィング、ジェラルディン・チャップリ...
さも観たかのような映画レビュー  2011年03月05日(土) 0時45分
監督 ジョー・ジョンストン 主演 ベニチオ・デル・トロ 2010年 アメリカ映画 119分 ホラー 採点★★★ イメージってのはどうも妙な所で固まってしまうようで、ドラキュラもフランケンも狼男も、それこそユニバーサルホラーからハマーホラー、新旧問わず観まくって…
Subterranean サブタレイニアン  2010年11月12日(金) 2時28分



 最近、見たい映画がどんどん終わってしまう。上映終了ぎりぎりに見てもそれを記事にする時間もない。と言うわけで、2週間前によく行く映画館の最終日に見た映画ウルフマンです。
よしなしごと  2010年06月07日(月) 23時06分
 <小倉コロナシネマワールド>  20時05分に小倉昭和館の『不毛地帯』が終わり、その15分後、20
活動写真放浪家人生  2010年05月13日(木) 6時24分
『ウルフマン』 “THE WOLFMAN” (2010・アメリカ) 1h42 監督 : ジョー・ジョンストン  製作・出演 : ベニチオ・デル・トロ 出演 : アンソニー・ホプキンス、エミリー・ブラント、ヒューゴ・ウィーヴィング 狼男に隠された秘密。 狼男について知っている事といえば、満月の夜に狼男に変身する。ぐらいしか有りませんが、本作はそんな不届き者に狼男信奉者のベニチオ・デル・トロが真の哀しい狼男物語を見せてしんぜよう。そんな感じの映画に思えました。 であるが故にクラシックな趣き。アクションシーンがCG控えめなのは良かったですが、その分地味と言うか。怪奇映画だけれどもそんなに怖くも無く。 『シャーロック・ホームズ』が現代的な要素を加えて見事ヒットして、それとは別の方向を選んで見事撃沈したような。 『ホームズ』とは年代的に重なっているんだろうか?近いような感じはするけど。 狼男VSホームズってのも観てみたいような。 エミリー・ブラントに既に大女優の風格を感じました。横チチサービスカットも有りで、脱ぎっぷりのいい所はケイト・ウィンスレット譲りな感じ。 新作はコメディのようで。面白そう。...
映画尻エリカ  2010年05月13日(木) 3時35分
ベネチオ・デル・トロの狼男物語。こういった19世紀のイギリスを舞台にした,古色蒼然正統派ホラーは,その雰囲気からして大変好みなので,期待大で鑑賞。 結果は・・・う〜〜〜ん。そこそこ良かったけど,期待ほどではなかった・・・かな。この時代の英国の田舎の貴族の館を中心とした陰鬱で不気味な雰囲気はたっぷりと
虎猫の気まぐれシネマ日記  2010年05月12日(水) 23時20分
今日は映画の日。休みなのに早く目が覚めたので朝一の上映を見に行ってきました。見た
コリちょこ  2010年05月12日(水) 20時27分
あのベニチオ・デル・トロがとうとうウルフマンになるのか!そりゃあいいわ!!不気味にセクシーなウルフマンになるわね、とお気楽に見に行ったのですが・・・
これって、「狼男」(1941)のリメイクだったのですね・・・。映画館で見ると
マジでコワかった(~_~;)
デル・トロきた〜っ!昨年年頭の「チェ」2部作以来の作品でしたが、本当に素敵です♪
客道  2010年05月11日(火) 20時42分
そういえば『怪物くん』が始まりましたね。『ウルフマン』公開に合わせたのでしょうか?(笑)ベニチオ・デル・トロとアンソニー・ホプキンス豪華な組合せで狼男。まぁどっちも変身したら似合いそうだし、メイクを楽しんじゃったなんて感じがしています。舞台俳優のローレン
黒猫のうたた寝  2010年05月10日(月) 10時10分
ベニチオ・デル・トロとアンソニー・ホプキンスの競演で描く“狼男”の物語です。 この二人が競演なのですか〜と予告編を観た時から気になっていました。 ベニチオ・デル・トロの下から睨みつける瞳と、それ見てにやりと笑うアンソニー・ホプキンスが めちゃくちゃ怖く感じました(^_^;)
とりあえず、コメントです  2010年05月09日(日) 21時18分



☆☆☆−− (10段階評価で 6)
4月29日(木・祝) 109シネマズHAT神戸 シアター4にて 15:00の回を鑑賞。
みはいる・BのB  2010年05月09日(日) 21時12分
けっこう前から楽しみにしていたベニチオ・デル・トロの『ウルフマン』がようやっと日
C note  2010年05月07日(金) 13時26分
「満月」好きとしては、やはり見なければと。


「ウルフマン」を観る。




今までの怪奇ホラーの狼男とは違うというふれこみ
なので、少し期待していたのだけど、
おしかった……。

ただの怪奇ホラー要素だけでなく
いろいろなテーマを盛り込み、
人間ドラマ
月影の舞  2010年05月06日(木) 21時24分
「スリラー」等で有名なリック・ベーカーの 特殊メイクがどんな進化をしたのか楽しみで見ました。 80年代映画の小道具を駆使したアイデアが チープでも妙にドキドキしたあの感じが 好きなんですよね。 今回の変身もラテックスゴムな顔や手足が ちゃんとみょ?んとのびる感じで個人的には満足♪ でも、もうちょっと見たかったこのメイクとCGの どっちを多く見せるかのバランスが難しそうでした。 お話はというとリメイクということもあってか ベタな古典劇まんまで意外性のないまま地味な印象だけど 新しさはないけど、あえてこの古くささも悪くないかと。 変身しちゃうと理性を失いバッサバッサと無差別に 暴走殺人しちゃうトコは何ともやるせない“悲しきモンスター” この手の話は、それにつきます。 (好きな人の呼びかけに理性を取り戻していく切なさは もう一声欲しかったけど…) 見所はやっぱ豪華な出演者♪ 皆さん凄みというかインパクトはさすがでした。 19世紀のロンドンを暴れまわる(ベニチオ・デル・トロ) とても英国紳士にはみえない(笑)けどシブい♪ (アンソニー・ホプキンス)の意外なハッスルぶり(笑) ドラキュラ退治のイメージが少々...
暇さえあれば映画ミル  2010年05月06日(木) 14時48分
19世紀末、英国。 生家タルボット城があるブラックムーアの村へ25年ぶりに帰郷した人気俳優のローレンスは、無残に切り裂かれた兄の遺体と対面する。 犯人の探索中に流浪民(ジプシー)のキャンプで謎の殺人鬼の襲撃を受けた彼は、瀕死の重傷を負うが、あり得ない早さで回復。 しかし、満月の夜、獰猛な“ウルフマン(狼男)”に変貌してしまう…。 サスペンス・ホラー。 R-15
象のロケット  2010年05月06日(木) 3時15分
「ウルフマン」ユナイテッドシネマ豊洲で観賞

デルトロさま……。
好きなんです、デルトロさま。
はっきり言います。
どう見ても狼男ではなく猿の惑星でした!
ホラーというほど驚かされもせず、物語も単純なのでとにかくデルトロさまだけ注目してたんですが。
デルトロさまが狼男に変身するのが理由なんだか、セクシーオーラ全く感じさせず、あらま、どうしちゃったんでしょ。
更になのだ、デルトロさまが狼男になってもデルトロさまが猿の惑星狼男になった事すらわからない。
その点サー・ホプキンスはわかるのよ、サーだってことが。
目が語っています、「私はアンソニー・ホプキンスだよ」って。
デ...
てんびんthe LIFE  2010年05月05日(水) 22時19分
《ウルフマン》 2010年 アメリカ映画 − 原題 − THE WOLFMAN
Diarydiary!   2010年05月05日(水) 20時17分


 物語に何か意味を求めるのか、それとも単に娯楽として徹底的に消費するのか。
 後者のスタンスで望めば、この映画は、非常に心わきたつエンタメホラーであるかと思います。

 つまり、名匠リック・ベイカーが手がけた特殊メイクで作り上げた、骨格が変形するところから生き生きと描いた凄まじい変身シーンの迫力! これはもう(力一杯いい意味での)「見世物」として極めて秀逸。

 月影に照らされて遠吠えする狼男のシーンの不気味さとある種の美しさ。

 その狼男に次々と屠られる被害者たちの、妥協を赦さないスプラッター描写。腕はひきちぎられ、首は薙ぎ払われ、内臓はつかみ出され、血みどろの...
キノ2  2010年05月05日(水) 19時05分
特殊メイクの進化もここまできたかーという自然さ。臓物系も生々しく、食事直後には見たくない感じ?アンソニー・ポプキンス×ベネニオ・デルトロだけあって、期待どおり肉厚な作品になっているけれど、「ということ
たいむのひとりごと  2010年05月05日(水) 18時40分
2010年5月1日(土) 17:45〜 TOHOシネマズ川崎プレミアスクリーン 料金:1000円(映画サービスデイ) パンフレット:600円(買っていない) 『ウルフマン』公式サイト 古臭い題材、古臭い設定、古臭いストーリーの、「いつの時代の作品だよ!」な映画。実際、大昔の作品のリメイクらしい。リック・ベイカーという古い名前でさえ新しく思えるほどだ。何故この時代に、この作品なんだろう。 TOHOシネマズ日劇1がゴールデンウィークに用意されたが、1週で「のだめ」に受け渡し、上映回数も減らされBD、DVDが発売になった「アバター」に埋められている始末。 よっぽど客が入っていないのだろうが、この日の川崎は一日二回だけの上映と、1000円効果からか、ほぼ満席だった。しかし、レイトショーはガラガラと推定。 こう書くと、ほとんど魅力の無い感じだが、それほど酷いものではない。リック・ベイカーの特殊メイクは、今の時代でもいけている。 それにしても、底の浅いドラマで、話に奥行きの欠片もなく、凡庸なアクション・ホラー映画であることは否めない。見世物映画を、現代の技術で忠実にリメイクしたということか。 ジプシーのことを流浪民とか訳している...
ダイターンクラッシュ!!  2010年05月05日(水) 15時22分
流れる雲から光る満月が顔を出したら体の中から血が沸きあがって体に剛毛が出てくる。全身に痛みが走り、いつのまにか自分が自分でなくなる。映画を見ていたら、おもわず自分が狼男になった気分になってしまった。
とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver  2010年05月05日(水) 14時17分
 「ウルフマン」を鑑賞してきました「トラフィック」のベニチオ・デル・トロと「羊たちの沈黙」のアンソニー・ホプキンスの2大オスカー俳優共演で贈るホラー・サスペンス。ユニバ...
日々“是”精進!  2010年05月05日(水) 13時11分

<<ストーリー>>19世紀末、兄の行方不明の知らせを受けて帰郷した人気俳優のローレンス(ベニチオ・デル・トロ)は、到着早々無残に切り?...
ゴリラも寄り道  2010年05月05日(水) 12時48分
かつてのユニバーサル映画と言えば、「魔人ドラキュラ」「フランケンシュタイン」「狼
はらやんの映画徒然草  2010年05月05日(水) 12時27分
『ウルフマン』



にほんブログ村







(C) 2010 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED.

『トラフィック』でアカデミー助演男優賞のベニチオ・デル・トロに、『羊沈』での同主演男優賞受賞のアンソニー・ホプキンスですからね、それにヒロイン役のエミリ
ketchup 36oz. on the table 〜新作映画レビュー  2010年05月05日(水) 11時27分
狼男伝説は、現代に蘇るのか。



古典ホラーに、大切なものは、格調高さでしょう。
古城が出てくるだけで、ぞくぞくしてきますね。
闇を?...
映画通信みるみる  2010年05月05日(水) 11時11分
 「タイタンの戦い」がリメイクされたと思ったら、「狼男」もリメイク。 今、狼男と
みんなシネマいいのに!  2010年05月05日(水) 11時02分
東急レクリエーション株主優待券の最後の一枚で、「ウルフマン」を観てきました貴重な一枚なんで新宿ミラノの「シャッター・アイランド」にしようか上野東急の「ウルフマン」にしよ...
流れ流れて八丈島  2010年05月05日(水) 9時48分
1941年公開の著名な古典作品『狼男(原題:The Wolf Man)』のリメイク。満月の光を浴びて狼男に変身した主人公が己の罪に苦悩するサスペンスホラーだ。主演は2人のオスカー俳優、アンソニー・ホプキンスベニチオ・デル・トロ。共演に『ヴィクトリア女王 世紀の愛』のエミリー・ブラント、「マトリックス」シリーズのヒューゴ・ウィーヴィングらが出演している。監督は『ジュマンジ』のジョー・ジョンストン。
LOVE Cinemas 調布  2010年05月05日(水) 0時18分
2010年05月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
http://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf