映画「プレシャス」自分には、この映画の意味が分かりませんでした

2010年05月01日(土) 0時09分
「プレシャス 」★★★☆
ガボレイ・シディベ、モニーク、ポーラ・パットン主演
リー・ダニエルズ監督、109分 、
2010年4月24日公開、2009,アメリカ,ファントム・フィルム
(原題:PRECIOUS: BASED ON THE NOVEL PUSH BY SAPPHIRE )





                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい



「アカデミー賞助演女優賞をモニークが受賞した作品、
おおよその内容は知って、見たが
これほど酷い現実を生きた少女のお話とは、
絶句としか表現できない内容で救いがない、
この映画の存在の意味が自分には分からない」



どんなにどん底の生活をしていても
どんなに過酷な現実を生きていようとも
それでも「光」は当たるだろうか、
救いは訪れるだろうか。


真っ黒で巨漢の16歳の少女、
彼女を主人公にしたのは何故だろう、

どこかに観客が憐れみや同情を
安易に感じないためなのか、
アメリカでは太った人は自己管理が
なっていないと言われている、
そしてまだ終わらない人種差別。

何を言いたかったのだろう、
こんな状況でも救いはあるんだ、
ガンバレってことなのか、
だとしたらありがち過ぎなテーマを
何故こんなどん底で見せないといけないのか、

「こういうこともあるよね」なんて
軽々とは言えない、
分からないこの映画の意味が。

自分は映画にもっと甘いものを求めるので、
この映画はキツ過ぎでした、

出来としては語られる内容は現実的で
演じてる主演、助演のほとんどが
奇跡的な好演をしていて、ドキュメンタリー風、
まさに秀作、
けれど自分にとっては
求めるものとちょっと違う作品でした。

ここまで描かなくても
過酷な現実は劇場を出たら、
そこらじゅうにある

だから2時間余り、
夢のような奇跡を見せて欲しいのだ。

★100点満点で70点


soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

主演のガボちゃんことガボレイ・シディベもアカデミー賞主演女優賞に
ノミネートされた、これは演技賞というより彼女の存在に与えられたと思う。

★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか
  • URL:http://yaplog.jp/sora2001/archive/1547
トラックバック
トラックバックURL:
最近少し避けていたのもあって、
久々にヘビーな後味の映画

内容も体重もヘビーだ







プレシャスとは宝物という意味
わたしの宝物
人は生まれるとき誰しも何かになれる可能性と
愛される未来を含んでいる
宝物という名の子供
それがこの映画の主人公、16歳
ハクナマタタ  2011年02月06日(日) 1時27分
社会の底辺、人生の底辺、いや、ドン底にもほどがあるだろうと、ガツンドカンとやられる。
とりあえずおおまかなあらすじは↓な感じです。

<あらすじ>
実父によって妊娠を2度させられ、母親(モニーク)からは精神的にも肉体的にも虐待を受ける16歳の少女プレシャス(ガボ
公開当時、残念ながら見逃してしまった映画。
アカデミー賞ほか、数々の賞を取ったこの映画、年末にきて私の今年の映画ベスト3入りが決定!
間に合ってよかった☆
ノルウェー暮らし・イン・London  2010年12月05日(日) 8時14分
1987年、ハーレム。16歳の黒人少女プレシャスが二人目の子供を妊娠し、退学になった。少女は生活保護の母親と一緒に暮らしている。母親は子供の父親が少女の実父であることを知ってい...
再出発日記  2010年07月02日(金) 10時18分
『アメリカ貧困家庭が抱える問題の根源とは?』 / (結末に関する言及あり!)ニューヨークのハーレム、母子ふたり、父親はとうに家を出てしまっている貧しい家庭で暮らす16歳の少女の過酷な人生。そんな中でも彼女が未来に向かって歩きだしていく姿を力強く描いた作品である。また、人間ドラマのその向こうに、アメリカの抱えるさまざまな問題を浮かびあがらせ、さらには、その問題の根源や解決への道までをも模索した意欲作で、サンダンス映画祭...
INTRO  2010年06月20日(日) 11時03分
試写会:プレシャス 2010-3-29(ソラリアシネマ) ストーリー:実父と義理の父によって妊娠を2度させられ、母親(モニーク)からは精神的にも肉体的にも虐待を受ける16歳の少女プレシャス(ガボレイ・シディベ)。悲惨な家庭環境に生きる彼女は、学校の先生や友達、ソーシャルワーカー(マライア・キャリー)らの助けを借り、最悪の状況から抜け出そうとするが……。[シネマトゥデイより] 「ハーレムを舞台に、過酷な運命を生きる16歳のアフリカ系アメリカ人少女、クレアリース“プレシャス”ジョーンズの人生を描く人間ドラマ」ということなんですが、ハーレムの実態というのがどんなものなのかを知らないためか、あまりに現実離れしてみえてしまう。 それにしてもたった16年余りの人生のあまりの過酷さに圧倒される。 精神的な、肉体的な虐待を受けているときの精神的な逃げ道が「有名人になった自分の姿を夢想する」だけしかない、というあまりの悲惨さ。 プレシャスがその状況から抜けだそうと、自ら動き始める。 現実を受け止めてることをやめ、そこから抜けだそうとすることで次々に起こる苦難。 救いはあるのか? 公開前なのでこれ以上書きませんが、お...
伊八のいろいろ  2010年05月24日(月) 6時29分
[プレシャス] ブログ村キーワード
 “本年度アカデミー賞・2部門受賞!”「プレシャス」(ファントム・フィルム)。「おしん」も真っ青!な、不幸のテンコ盛り映画。はたしてプレシャスの未来に、希望はあるのか…?


 1987年のハーレム。16歳のプレシャス(ガボレイ・シディベ)は、妊娠が発覚し学校を退学に。実はお腹の子供は、父親にレイプされて出来た子で、プレシャスは既に、同じ境遇の子供を出産済みだった。家ではそんなプレシャスを、母のメアリー(モニーク)がこき使い、虐待する。その行動のウラには、『自分が愛する男を寝取った』プレシャスへの嫉妬が在った。文字の読み書きも出来ず、悲惨で不遇...
シネマ親父の“日々是妄言”  2010年05月15日(土) 1時13分
「愛」と言う言葉の意味を「たたかれたり、レイプされたりすること」だと思っている16歳の少女・プレシャスの生活を描いた映画『プレシャス』。

実の娘を、性の道具や家政婦としか思っていないような両親に育てられ、文字も満足に読めず、友人もいない少女・プレシャス。
胸が
Viva La Vida!  2010年05月09日(日) 7時34分



 PRECIOUS: BASED ON THE NOVEL
 PUSH BY SAPPHIRE

 1987年、ハーレム。16歳の少女プレシャス(ガボレイ・シディベ)は二度目の
妊娠が学校に知られ...
真紅のthinkingdays  2010年05月08日(土) 23時01分
ブログネタ:昨日一番うれしかったこと
参加中

久しぶりに試写会に招待して頂きました。
観たかった映画なので嬉しい〜。(*^^*)
妹と行ってきました。


1987年、ニューヨークのハーレムに暮らす16歳の黒人少女、
クレアリース・プレシャスジョーンズは、
二人
映画、言いたい放題!  2010年05月07日(金) 13時14分
原題:PRECIOUS:BASEDONTHENOVELPUSHBYSAPPHIRE監督・脚本:リー・ダニエルズ出演:ガボレイ・シディベ、モニーク、ポーラ・パットン、マライア・キャリー、シェリー・シェパード、レニー・クラ...
NiceOne!!  2010年05月04日(火) 21時11分
 まさに奇遇というべきか、同時期に2人の16歳の少女が話題になった。
 1人は、ロンドン郊外の中流家庭の娘ジェニー・ミラー。オックスフォ?...
映画のブログ  2010年05月03日(月) 23時39分


実父によって妊娠を2度させられ、母親からは精神的にも肉体的にも虐待を受ける16歳の少女プレシャス。悲惨な家庭環境に生きる彼女は、学校?...
Cinematheque  2010年05月03日(月) 21時46分
アカデミー賞助演女優賞獲得(モニーク)の「プレシャス」を観てきました。
予告の段階から「是非観たい。」と思っていたこの作品(「グリッター」以来観てないマライアの久しぶりの演技も気になって)。
主演プレシャス役のガボレィ・シディベさん、名は売れていなくても女優さんとか思ってたんですが、先日拝見したTVインタビューで知りました、新人で・・・なんと!ド素人さんだったとは。まさにジェットコースター人生ですね。

ただ、この作品、主演はそれなりの力量のある顔の知れた女優では成り立たなかったのでは、と個人的には思っています。既成概念はこの作品のジャマをします。
彼女で、この作品の監督の目指...
紫@試写会マニア  2010年05月01日(土) 21時07分
1987年のハーレムを舞台に、読み書きが全く出来ない少女プレシャスが人を愛し、愛されることに気付き力強く生きていく様を描いたヒューマンドラマだ。アカデミー賞ではモニークの助演女優賞と脚色賞の2冠を獲得、他にも作品賞、主演女優賞、監督賞、編集賞にノミネートされている。主演は新人のガボレイ・シディベ。監督はデビュー2作目とナルリー・ダニエルズ。
LOVE Cinemas 調布  2010年05月01日(土) 14時47分

1987年、ニューヨークのハーレム。
16歳のクレアリース“プレシャス”ジョーンズ(ガボレイ・シディベ)は、父親にレイプされ2人目の子供を身...
心のままに映画の風景  2010年05月01日(土) 11時23分
2010年05月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
http://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf