映画「アリス・イン・ワンダーランド」甘くないワンダーランドにアリスが再び転がり落ちた

2010年04月23日(金) 0時09分
「アリス・イン・ワンダーランド」★★★★
ミア・ワシコウスカ、ジョニー・デップ、ヘレナ・ボナム=カーター、アン・ハサウェイ主演
ティム・バートン 監督、109分、
2010年4月17日公開、2009,アメリカ,ディズニー
(原題:Alice in Wonderland )





                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい



『不思議の国のアリス』の続編をティム・バートンが
こんな楽しい映画にした。

「ジョニー・デップとは本作で7度目、
CMではジョニーが主演のように思えるが
やはりあくまでアリス(ミア・ワシコウスカ)が主役、
彼女をティム・バートン夫人の
赤の女王(ヘレナ・ボナム=カーター)がいじり倒す」



アリスがウサギを追って穴に転がり落ちると、
そこはまさに不思議の国だった、
大人子供のような双子や言葉を話す動物達、
ワンダーランドといえば、もっと華やかで
楽しそうだが、ここは赤の女王が恐怖政治を敷く世界。

とはいえ、赤の女王も顔が極端にでかくて
怖さはあまり感じない、
ブタの腹の上に足を乗せて悦に入っている様は
笑ってしまう。


ストーリーは妙に凝ってしまったため
分かりにくいが、そんなことどうでもいい、
この、おとぎの世界こそ映画じゃなくては
実現できないからだ。
全部作りこんだ、この素晴らしくも
あり得ない世界で大スターのジョニー・デップが
およそスターらしくない扮装で動き回る。


出てくるクリーチャーのほとんど全てが
可愛くもなければ、
見たら思わず笑えるってわけでもない、
おとぎの国もティム・バートンが作れば
ダークな世界観となっている。


これって子供はどう感じるんだろう、
ただ自分は結構楽しめた、
ここまで作りこんで、
そしてクオリティの高い映像なら満足だ。
ただし3Dで見ると、前売りを買っていても
700円プラスで2.000円となり
これからどんどん3Dが作られるなら
今回程度の飛び出しなら2Dで充分だ。

まあ、「アバター」が良すぎたから
もう目が肥えてしまっているからね。

映画は一応ラストに運命は自分で選ぶという
教訓じみたものも盛り込んで
ディズニーらしさも感じるが、
家族で楽しめる娯楽作という訳でもない、
この映画が全米では3億ドルを超えるヒットと
一体どんな世代が中心なんだろうか
ちょっと気になった映画だった。


★100点満点で75点


soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

帽子屋のジョニー・デップが赤の女王の頭に次々と乗せる
新作帽子には笑った。

★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか
  • URL:http://yaplog.jp/sora2001/archive/1538
トラックバック
トラックバックURL:
『 アリス・イン・ワンダーランド 』 (2010) 監  督 :ティム・バートンキャスト :ミア・ワシコウスカ、ジョニー・デップ、ヘレナ・ボナム=カーター、 アン・ハサウェイ、クリスピン・グローヴァー...
さも観たかのような映画レビュー  2011年03月01日(火) 15時31分
映画の日、千円での鑑賞で見ました。
「アリス・イン・ワンダーランド」。今年のGW最大の話題作だ。

ちゃんと読んだこと無いけど(オイ)不思議な国に迷い込んで
トランプの兵隊とかに追われたりするん...
RISING STEEL  2010年11月13日(土) 0時09分
[アリス・イン・ワンダーランド] ブログ村キーワードアリス・イン・ワンダーランド(原題:Alice in Wonderland)キャッチコピー:世界はもう、マトモではいられない…。製作国:アメリ?....
作品情報
タイトル:アリス・イン・ワンダーランド
制作:2010年・アメリカ
監督:ティム・バートン
出演:ミア・ワシコウスカ、ジョニー・デップ、ヘレナ・ボナム=カーター、アン・ハサウェイほか
あらすじ:不思議の国の冒険から13年後。19歳に成長したアリスは、母親に勧められ富豪たちが集まる席で婚約を発表することになっていたが、彼女は自分にはまだ早すぎると半ば困惑していた。そんな時彼女の前に白ウサギが現れ、彼を追いかけ穴に落ちた彼女は再び不思議の世界へ飛び込むことになる。しかし、そこは赤の女王に支配された世界だった。
...
★★むらの映画鑑賞メモ★★  2010年08月03日(火) 17時43分
 意外や、面白い映画だった。
 なんて云うと、お叱りを受けそうだが、ティム・バートンやテリー・ギリアムの作品は下手に期待するとはぐら...
映画のブログ  2010年07月10日(土) 8時37分
アリス・イン・ワンダーランドは劇場で鑑賞し




















結論は満足も結末より仕事驚きだ
別館ヒガシ日記  2010年05月30日(日) 11時31分



 好きな人はもう何度も観たというアリス・イン・ワンダーランド。ようやく観てきました。今回は3Dじゃなくてもいいかなぁと、2D字幕版です。
よしなしごと  2010年05月29日(土) 3時41分
何かとタイミングが合わず観あぐねていましたが、やっと観てきました。 大好きな監督
はらやんの映画徒然草  2010年05月16日(日) 7時17分
なんなんだろう? 「不思議の国のアリス」ってこんなお話だったっけ?
・・・・・・と、ずーっと思いながら観てました。

原作の『不思議の国のアリス』と続編『鏡の国のアリス』をミックスしたオリジナル・ストーリーです。

アリスが、”少女”と呼ぶにはちょっと無理がある年齢に引き上げられていることにも違和感覚えました。
”少女”のままで描くには、今の時代はちと厳しいのかなと穿った見方をしたりもしましたけど、大人でも子どもでもない中途半端な年齢のアリスが、大きくなったり小さくなったりする方がかえってエロティックだったりするので、むしろ製作側の狙いはそこにあったりするのかな?と余計に勘繰...
【徒然なるままに・・・】  2010年05月09日(日) 8時59分
さんざんに3Dを言ったものの、思い直して再チャレンジ!
なんといってもジョニー様だからね♪
ご忠告どおり、真ん中より後ろで観たものの、今度は劇場が大きすぎたため、思ったより後ろ過ぎて〜
ノルウェー暮らし・イン・London  2010年05月08日(土) 0時06分
ルイス・キャロルの児童文学『不思議の国のアリス』『鏡の国のアリス』の世界をティム
C note  2010年05月07日(金) 13時21分
先日、ティム・バートンとジョニー・デップの最新作「アリス・イン・ワンダーランド」を見てきました。 そこで感じた、人の褒め方、可能性の伸ばし方。なにより『肯定力』。 感想やら評価、レビューは他の方がすると思うので別の角度から書きます。 世界中で愛されている物語「不思議の国のアリス」。 映画は、19歳の大人として様々な考えや葛藤、意思を持った主人公の「アリス」が、再び「不思議の国」へ訪れ、成長していく作品となっています。 作品中の「アリス」が持っている価値観は父親からの影響を大きく受けており、想像力豊か...
Serendipity blog.  2010年05月06日(木) 23時14分
【アリス・イン・ワンダーランド】 ★★★☆ 映画(23) ストーリー 子どもの時に体験した不思議の国(ワンダーランド)での記憶をすっかり失く
りらの感想日記♪  2010年05月06日(木) 21時25分
 最近の映画界の大きなブームとなっている3D。『アバター』はすでにDVDでレンタ
EURISKO2005  2010年05月05日(水) 21時19分
『アリス・イン・ワンダーランド』



にほんブログ村




(C) Disney Enterprises, Inc. All rights reserved.

だれもが知っている原作、「不思議の国のアリス」と「鏡の国のアリス」―。
だからこそ、だれもがそれぞれにイメージする、その世界があるでしょう。
ketchup 36oz. on the table 〜新作映画レビュー  2010年05月05日(水) 17時47分
ルイス・キャロル原作「不思議の国のアリス」「鏡の国のアリス」を基に、19歳になったアリスが幼い頃に遭遇した不思議の国へ再び迷いこむお話。懐かしい仲間である白うさぎ、芋虫のアブソレム、チェシャ猫、トウィードルダムとトウィードルディー、そしてもちろんマッド・ハッターと再会する。幼いアリスが去ってから、不思議の国は赤の女王が支配するようになったという。アリスの新たな冒険が始まった。

出演はミア・ワシコウスカ、ジョニー・デップ、アン・ハサウェイ、ヘレナ・ボナム・カーター、クリスピン・グローバー、マ...
Mooovingな日々  2010年05月04日(火) 11時32分
ブログネタ:好きな童話、絵本は?
参加中

「アバター
」で予告を観た時から観たいと思ってました。
「アバター
」よりも3Dが面白かったんですよね。(爆)
原作本の「不思議の国のアリス」「鏡の国のアリス」とも
子供の頃、家にありました。
絵本ではなくて、児
映画、言いたい放題!  2010年05月04日(火) 2時00分
ルイス・キャロルの名作童話をティム・バートン監督&ジョニー・デップが映画化した作品です。 予告編を観た時から楽しそう〜!と公開を楽しみにしていました。 今回は3Dの吹替版でチャレンジしてみました(^^ゞ
とりあえず、コメントです  2010年05月02日(日) 13時26分



☆☆☆−− (10段階評価で 6)
4月17日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター10にて 13:20の回を鑑賞。
3D・字幕版
みはいる・BのB  2010年05月01日(土) 10時42分
アリス・イン・ワンダーランドを見に行った。
期待通りの面白さ。
臨場感は「アバター」以上だと思った。
3Dで見るともう普通の映画じゃ物足りなくなってしまう。

 私が初めて「不思議の国のアリス」を読んだのは中学校の図書室だった。
空想癖のある少女だったのでこの物語には夢中になった。
当時読んだ文庫本では「笑い猫」とか「気違い帽子屋」と書かれていたように記憶している。
ディズニーのアニメで変わったのだろうか?。

 面白かったので続編の「鏡の国のアリス」も一気に読んだ。

 「原子の国のアリス」(ミクロの世界で原子や原子核などを間近で見るアリスの話。)というのまで読んだのだがこれも面白かったけど原作者は違うようだ。


 マザーグースの歌もその頃読んだのかもしれないが、ハンプティ、ダンプティだけを覚えていたので、それがトゥィードルダムとトゥィードルディに変わったのかと思っていた。
しかし両方ともマザーグースの歌にあるようだ。

 ハンプティ・ダンプティが 塀の上
 ハンプティ・ダンプティが おっこちた
 王様の馬みんなと 王様の家来みんなでも
 ハンプティを元に 戻せなかった(マザー...
miltuchanからの手紙  2010年05月01日(土) 0時42分


世界はもう、マトモではいられない・・・。

【感想】
3Dで劇場鑑賞してきました?♪
しかもほぼ満席で周りはほとんど女性!男性はあ?...
Recommend Movies  2010年04月29日(木) 0時43分
忙しいとは言え、ピークも過ぎたので[E:movie]「アリスインワンダーランド」
徒然なるままに  2010年04月28日(水) 22時36分
『アリス・イン・ワンダーランド』 ALICE IN WONDERLAND
2010年・アメリカ
ティム・バートン監督がディズニーで撮ったファンタジー。

 勿論、元?...
猫の毛玉 映画館  2010年04月28日(水) 20時05分
ティム・バートンとルイス・キャロルという、不思議な世界と異形の生物たちをこよなく愛する二人のファンタジー作家による、世紀を超えたコ?...
ノラネコの呑んで観るシネマ  2010年04月27日(火) 23時48分
日曜日に鑑賞。こちらでは2Dでの上映。子供から大人までたくさんいたわよ。☆アリス・イン・ワンダーランド☆(2010)ティム・バートン監督ミア・ワシコウスカジョニー・デップヘレ...
ぷち てんてん  2010年04月27日(火) 22時52分
「アリス・イン・ワンダーランド」監督:ティム・バートン(『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』)出演:ミア・ワシコウスカ(『ディファイアンス』)ジョニー・デッ?...
マー坊君の映画ぶろぐ(新装版)  2010年04月26日(月) 20時20分
[アリス・イン・ワンダーランド] ブログ村キーワード
 “ジョニー・デップ&ティム・バ−トン7度目のコラボ!”「アリス・イン・ワンダーランド」(ウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズ・ジャパン)。「不思議の国のアリス」の映画化ではなく、正確にはその後日談をオリジナル・ストーリーで映画化。相変わらずの“ティム・バートン ワールド”全開の映像世界に、吾輩もうクルンクル〜ンでございましたわ。


 19歳のアリス(ミア・ワシコウスカ)は、パーティー会場で、亡父の会社を引き継いだ貴族の息子から、衆人監視の状態で求婚され困惑。答えないまま皆の前から姿を消した...
シネマ親父の“日々是妄言”  2010年04月26日(月) 20時04分
“アリス、なぜ、いつも君は、小さすぎるか大きすぎるんだ?”



話題作なので、ものすごい人気ありますね。追加料金がいるし、メガネをか...
映画通信みるみる  2010年04月25日(日) 23時50分
 とにかく、チェシャ猫が良かったあ! 現れ方といい消え方といい、その「間」が最高に気持ちいい。キャラクターの外見は特に目新しくもないんだけれど、吹き替えているスティーヴン・フライの声と、そのいてもいなくてもいいような扱いなのに、大事なところでは必ず出てくる存在感、私にはかなりツボだったみたいで、チェシャ猫が出てくるだけで、肩の力が抜けて、ふにゃぁと心が和んでしまった。その存在に癒されました。私にとって『アリス・イン・ワンダーランド』は、そのチェシャ猫に出会えただけでも、大満足でした。 まっ、とにかく作品としては、それなりに面白くて楽しめる仕上がりだと思います。  「アリス」であること、「ディズニー」であることが大前提の作品なんですから、ティム・バートンらしさを、必要以上に求めてしまってはいけないんですね。オリジナル・ストーリーですが、まったくその二つの守備範囲を越えていない、安心感と物足りなさがあります。ヤン・シュヴァンクマイエルの1988年の映画『アリス』のイメージが私には強すぎるので、それを越えることは出来てはいないけれど、目指したものが全く違うのでしょうから、比べるのは間違って...
よーじっくのここちいい空間  2010年04月25日(日) 22時29分
19歳のアリス・キングスレー(ミア・ワシコウスカ)は、貴族ではあるものの好きでも無い男からの求婚に戸惑い、その場から逃げ出した。
I am invincible !  2010年04月25日(日) 22時02分
ティム・バートンの美神(ミューズ)はジョニー・デップだと思う。



ヘレナ・ボナム=カーターより...うん、きっと... (^^;

ティム・?...
描きたいアレコレ・やや甘口  2010年04月25日(日) 21時57分
★★★  『不思議の国のアリス』のアリスが成長して、もう一度ワンダーランドに戻り、新しい冒険をするというストーリー展開である。さすがウォルトディズニーだけあって、CGをふんだんに使った美しい映像と、3Dの技術に関しては文句のつけようがない。  ただ通り一辺
ケントのたそがれ劇場  2010年04月25日(日) 21時16分
このアリスは「戦うアリス」なのである。それも予言された解放者としての戦士なのである。穴の中に落ちていき不思議の国に行くのは原作と同じ設定であるが、そこでの冒険がアリスの...
映画と出会う・世界が変わる  2010年04月25日(日) 12時37分
 う〜ん、実は子供の時に「不思議な国アリス」も「鏡の国のアリス」も読んだのだけど
みんなシネマいいのに!  2010年04月25日(日) 8時02分
最初にお断りしておきますが
この作品の主人公は、ジョニデ扮するマッドハッターではありませんからね くれぐれも

監督 ティム・バートン
出演 ミア・ワシコウスカ ジョニー・デップ ヘレナ・ボナム=カーター アン・ハサウェイ

ストーリー
幼い頃に悪夢
こんな私でごめんあそばせ  2010年04月24日(土) 18時07分
あのティム・バートン世界が、おとな向けの暗黒度をちょっと薄めて帰ってきた。けれどこの「薄めて」というのはあくまで映画のレイティングを垣根低くするためのものであって、実際には彼の持ち味は強烈に押し出され
セガール気分で逢いましょう  2010年04月24日(土) 15時23分
東急株主優待券を使って、池袋東急で「アリス・イン・ワンダーランド」を観てきましたティム・バートン監督&ジョニー・デップ主演ということで、期待値は高かったんだけど、あまり...
流れ流れて八丈島  2010年04月24日(土) 8時15分
監督としてのティム・バートン作品を久しぶりに劇場で。ルイス・キャロルの原作「不思議の国のアリス」「鏡の国のアリス」が持つ摩訶不思議な世界観が、彼ならではの映像表現と3Dでファンタジックに再現されていた。
SOARのパストラーレ♪  2010年04月24日(土) 8時12分
マスコミ試写@ウォルト・ディズニー試写室。
またまた紆余曲折の末見て来たが経緯については書けないのが残念。
3Dバージョン。
あーうぃ だにぇっと  2010年04月24日(土) 7時13分
2010年4月17日(土) 21:40〜 TOHOシネマズ川崎5 料金:1500円(レイトショー料金) パンフレット:未確認 『アリス・イン・ワンダーランド』公式サイト(Firefoxで読み込めない) 3D字幕版。今回の字幕は少し読みにくい。黄色とかの工夫もあるが。 女性陣の皆さんの大好きなジョニー・デップの新作は、盟友ティム・バートンとのファンタジー。 物凄く有名な「不思議の国のアリス」をなんと読んでいないのだが、これはその後日談のようだ。アリスが年齢20歳前の設定で、過去に訪れたことを忘れている。 何とも魅力的な姿かたちのキャラクター群が素敵である。特に近年怪優の称号を欲しいままにしている感のあるヘレナ・ボナム=カーターが素敵すぎる。本作のジョニー・デップなど、足元にも及ばない。 デブ双子や消えるネコ、赤い兵士のフィギュアとか欲しい。 残念なことに、有名なハンプティ・ダンプティは出てこない。 幅広い年齢層に受けるであろう安定した作品であるが予定調和的であり、毒気のかけたストーリーに新鮮味も無く、面白さもいまひとつなので、期待はまあ裏切らないが、期待以上のものではなかった。個人的には、「コープス・プライド」が一番好...
ダイターンクラッシュ!!  2010年04月24日(土) 5時23分
偉人は狂っている


【Story】
子供の時に体験した不思議の国での記憶をすっかり失くしていた19歳のアリス(ミア・ワシコウスカ)。ある日、?...
Memoirs_of_dai  2010年04月24日(土) 0時48分
19歳になったアリスは不思議な国の夢を毎日見て寝付かれない。好きでもない男性にプロポーズされたのをきっかけに現実逃避したアリスは、不思議の国で自分を発見してやりたいことを発見する。ティム・バートンの独特の映像世界が楽しい。
とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver  2010年04月23日(金) 22時58分
とっても残念な感じで、ちょっと退屈な2時間だった。
さくらの映画スイッチ  2010年04月23日(金) 22時07分
悩んだ末、3Dではなく2Dの字幕版で鑑賞。3Dの技術は認めるけれど、『アバター』では3D字幕で苦労したし、どうも体質に合わない気がするので安全牌を選択。3Dでも吹替えならば大丈夫そうだけど、折角のジョ
たいむのひとりごと  2010年04月23日(金) 21時21分
昨日、有楽町の東商ホールまで行ってきました。
目的は、第48回優秀外国映画輸入配給賞の授賞式後に行われる『アリス・イン・ワンダーランド』の試写会。
18時からスタートして表彰式が30分ほど。
その後、2Dでの上映で観賞しましたー。

********************

『チャ
Cinema + Sweets = ∞  2010年04月23日(金) 21時07分
《アリス・イン・ワンダーランド》 2010年 アメリカ映画 − 原題 − ALI
Diarydiary!   2010年04月23日(金) 19時10分
内容幼き頃、奇妙な夢を見たことのあるアリス。自分がオカシイのかどうか、、、分からないまま、、、父の言葉だけが耳に残る優れた人は、みんな頭がヘン。。。それから、十数年後。...
レベル999のマニアな講義  2010年04月23日(金) 17時36分
ティム・バートン監督にジョニー・デップ。


これを見逃すわけにはいかない、というわけで、土曜日のレイトショーで「アリス・イン・ワンダーランド


」を鑑賞。


でも、「UCとしまえん


」では、3D版はないので、通常版。










「UCと
いい加減社長の日記  2010年04月23日(金) 17時33分
ジョニー・デップ主演、ティム・バートン監督の「ALICEINWONDERLAND」。公開初日の先週土曜日に、家族揃って観てきました。本当は観たその日にすぐ感想書きたかったけど無理で、結局気付...
あくびサンの、今日も本を読もう♪  2010年04月23日(金) 16時45分
  「アリス・イン・ワンダーランド」を鑑賞してきました時間の都合上、3D吹き替え版を。白の女王を担当しているのは、深田恭子。「チャーリーとチョコレート工場」「スウィーニ...
日々“是”精進!  2010年04月23日(金) 13時35分
何か、ウォルト・ディズニー側から、大幅な修正を指摘されたかなと思われる出来でした。 ティム・バートン監督のあの個性的な毒が、ほぼ皆無、ティム・バートン監督、ジョニー・デ...
Beinthedepthsofdespair  2010年04月23日(金) 11時50分
注・物語に触れています。「偉大な人はみんなヘンなんだ」ティム・バートン監督とジョニー・デップ7本目のタッグ。ルイス・キャロル原作「不思議の国のアリス」「鏡の国のアリス」をリミックスして新たに「アリス・
映画雑記・COLOR of CINEMA  2010年04月23日(金) 11時34分
ようこそティム・バートンランドへ公式サイト http://www.disney.co.jp/movies/alice監督: ティム・バートン「不思議の国のアリス」「鏡の国のアリス」をベースにした、オリ
風に吹かれて  2010年04月23日(金) 11時17分
「アリス・イン・ワンダーランド」監督ティム・バートン出演*ミア・ワシコウスカ(アリス)*ジョニー・デップ(マッドハッター)*ヘレナ・ボナム=カーター(赤の女王)*アン・ハサ...
だめ男のだめ日記  2010年04月23日(金) 10時51分
映画『アリス・イン・ワンダーランド 3D(日本語吹替版)』を本日鑑賞。客席は40人程度で微妙な入り。

採点は★★★☆☆(5点満点で3点)。70点くらい付けても良い。

ざっくりストーリー
19歳のアリスが、あるパーティでチョッキを着た白ウサギを見つけ、あとをついて行くうちに地下の"アンダーランド"に迷い込む。そこには擬人化された生物や奇妙な人間が住んでいる。そして残忍な赤の女王に支配された白の王国の国民たちは救世主"アリス"を待ち望んでいた・・・

評判の割に悪くない。ただ、コアなフ...
ディレクターの目線blog  2010年04月23日(金) 10時33分
[[attached(0,class=popup_img_500_333 width=500 height=333)]]

 
     ***STORY***                          2010年 アメリカ    白ウサギと遭遇したことによって不思議の国へと迷い込んだアリス。そこは、美しくもグロテスクなファンタジーワールドで、トゥィードルダムとトゥィードルディーや、赤の女王とその妹で慈悲深い白い女王たちに出会う。  &nb...
Cartouche  2010年04月23日(金) 9時29分

子供時代に体験した不思議の国の記憶をすっかり失くしていた19歳のアリス(ミア・ワシコウスカ)は、好きでもない相手からの突然のプロポー?...
心のままに映画の風景  2010年04月23日(金) 8時52分
ルイス・キャロルの「不思議の国のアリス」、「鏡の国のアリス」をベースにその後のアリスの新たな冒険を描いた作品。『チャーリーとチョコレート工場』のティム・バートン監督とジョニー・デップの7度目のコンビによる不思議なファンタジーが魅力だ。主演のアリスを『ディファイアンス』のミア・ワシコウスカが務める。ヘレナ・ボナム=カーターやアン・ハサウェイといった豪華な共演陣も注目だ。
LOVE Cinemas 調布  2010年04月23日(金) 0時39分
2010年04月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
http://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf