映画「息もできない」圧倒的な暴力でも打ち破れないもの

2010年04月22日(木) 0時09分
「息もできない」★★★★★満点
ヤン・イクチュン、キム・コッビ、イ・ファン 主演
ヤン・イクチュン 監督、130分 、
2010年3月20日公開、2008,韓国,ビターズ・エンド
(原題:Breathless/똥파리クソ蠅 )




                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい



「予告編を見たときから期待していた作品、
映画の帰りに前売り券を買って楽しみにしていた、
これが初監督、初主演というヤン・イクチュンの
活きの良い映画は期待通りの出来だった」


「お前は殴られてばかりでいいのかよ」

きっと主人公サンフン(ヤン・イクチュン)も
かつては殴られて、底辺を這いつくばって来たのだろう、
そして今は殴る立場になって
友人の下で借金の取り立てで暮らしている。

圧倒的な暴力、
そこには感情は見られない、
その無表情が余計と怖い、
でも殴りながら瞳の奥が泣いている、
それは深読みのしすぎか。

ここには仕立てのいいスーツのイケメンも
長いストレートヘアーの美人女優も登場しない。

狭い路地の奥の奥、
ドアを開けたら生活の全てが見渡せる狭い部屋、
その場所から出ていくことでしか、
新しい生活は望めそうにないのに、
家族にしがみつくような暮らし、
流れが止まったどぶ川のような閉塞感が、
絶望という言葉の本当の意味を呈示する。



暴力描写が多い割に、直接殴るシーンは少ない、
ほとんどは殴る側を写して
見る者の想像で、惨いシーンを作り出している。





ラストは予想がついたけれど、
その予想の通りにならないようにと願った、
けれど殴るものはいつか殴られる
それは仕方ないこと。

まさに息もつけないほど、濃密な時間、
久々の韓国映画の傑作を見た。


自分たちは日々ここに描かれたような
暴力から出来るだけ遠くにいられるように
気をつけて暮らしている、
けれど心の中には出口の見えない
暗い感情が少しづつ積み重なっている。
そしてそれを殴ることで爆発出来ないから
何かをすり減らしているのだ。

ラストの血だらけの主人公の顔のアップ、
むごたらしいけれど、ゾッとするほど美しかった。

これがオレの生き様だと笑っているようだった。


★100点満点で満点!★


soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

どこにも共感できないのに、何故こんなにも惹かれるのだろう。
韓国での観客動員数は約14万人余り、
ヒットには至らなかった、
ただ評価は高かったので次作に期待。

★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか
  • URL:http://yaplog.jp/sora2001/archive/1537
トラックバック
トラックバックURL:


家族という血のつながりから逃れられない二人の境遇、漢江の岸辺で涙する二人の姿には心が痛くなった…
暴力しか知らないサンフン、傷ついた心を隠しているヨニ。改めて暴力は何も生まないよなと感じた。暴力の連鎖が妹と母を殺した事実、どうしようもない弟と病気の父親を抱える苦痛の毎日。複雑な家庭環境にある主人公たちの鬱憤された感情は暴力となって吐き出される。または耐える。「人を殴るやつは自分は殴られないと思ってる」という言葉が印象的でした。
若干冗長過ぎるのとリアルさを出すためか暴力性を露骨にだしている点が気になるところですが、どこかドキュメンタリー風な演出がそれを弱めているのかもしれません。
最悪な出会いを果たした2人は会うことによって心が次第に通じ合っていくんですね。同じ孤独を抱えた二人だからこそ分かり合えたのかもしれない。恋愛感情というもので処理してしまわなかったところが良かった。やるせない現実が二人に重くのしかかる。
やがてヨニの弟がサンフンの取立ての手伝いをするようになるがそれをヨニは知らない。
サンフンがどうすれば幸せになれるのか模索し始めた矢先、悲劇は起こるべくして起こる。自分...
いやいやえん  2012年04月20日(金) 9時50分
私がいつも参考にしている映画紹介のサイトでベタぼめ。
インディーズにもかかわらず、
沢山の賞を取っているそうですね。
いろいろな人のレビューを読むと絶賛の嵐。
でも、観た友人に聞くと、
「それほどでも。。。(^_^;)」という答えが返ってきました。( ^ _ ^;
これは
映画、言いたい放題!  2011年06月19日(日) 2時21分
谷村美月かと思った もっと読む[E:down] 虎党 団塊ジュニア の 日常 グ
虎団Jr. 虎ックバック専用機  2011年06月18日(土) 8時27分
あらすじ父への怒りと憎しみを抱いて社会の底辺で生きる男サンフンと、傷ついた心をかくした勝気な女子高生ヨニは、ある日、偶然出会い・・・。感想息もできないくらいねぇ 君が好...
息もできない・・・主人公サンフンにおけるこの映画中の立ち居地は、「息もできない、ながら・・・」ということなんだろうか?内面に篭ったモヤモヤを暴力や汚い言葉で出すしかないように見えながら優しい面があることと、サンフン演じる主演・監督・製作・脚本・編集のヤン・イクチュンの強面を演じているのに憎めない可愛らしさというのもそれの表象にさえ思える。彼が出会う女子高生ヨニ(キム・コッピ)も家にいる時は「息もできない」し高校に行っても友達もいない(らしい)。出会うべくして出会ったというのは映画ならではであって、実際の確率はどうなんだろうか・・・。という意味では奇蹟的な遭遇なのかもしれない。「息もできない」のは彼等だけではない。多分、サンフンの妹の幼い息子ヒョンイン(キム・ヒス)も可愛がって近づいてくるサンフンがいる間は、「息ができなかった」はずであり、彼にとってもヨニは救いになったのだろうし、サンフンの宿敵の父は出所した後、サンフンによって罪が永遠に残るような「息のできなさ」であって(ただしサンフン的にはどうしようもなく)、サンフン勤める取立て屋の部下弟分も荒っぽい仕事をすませればいいということ...
しぇんて的風来坊ブログ  2010年09月26日(日) 22時58分
韓国のなんでもない坂道が、どうしてこんなに傑作を生むのだろうか。それはこの坂道にへばりつくように生きている人々が、その「恨(ハン)」を解くために日々血のにじむような想い...
再出発日記  2010年09月19日(日) 5時24分
息もできない’08:韓国◆原題:BREATHLESS◆監督・編集:ヤン・イクチュン◆出演:キム・コッピ、イ・ファン、チョン・マンシク、ユン・スンフン、キム・ヒス◆STORY◆友人が経営する取り立て屋で働いているサンフン。その容赦ない取り立てと暴力は時には仲間にも向けら...
C'est joli?ここちいい毎日を?  2010年09月16日(木) 17時18分



殴りまくりのツバ吐きまくり。

田舎に住んでいると特に、邦画+ハリウッドの
ぬるいサクセスストーリーばかり
観るハメに陥りやすい。

本当はフランス、イタリア、中国、韓国、
イラク映画、いろいろと観たいのだけれど
なぜかあまり、というかほとんど上映....
23:30の雑記帳  2010年07月21日(水) 23時31分
2010年6月6日(日) 12:50〜 ヒューマントラストシネマ有楽町2 料金:1000円(Club-C会員料金) パンフレット:600円(買っていない) 『息もできない』公式サイト 所謂韓流と対極にある、韓国得意のバイオレンス炸裂。 主人公の大暴れを見ていると、自分の頭もガンガン殴られるようだ。心理的にも、暴力的な作品である。 ストーリーをシネマトゥデイから引用する。 母と妹の死の原因を作った父親に対して強い憎しみを持っている借金取りのサンフン(ヤン・イクチュン)は、ある日、女子高生のヨニ(キム・コッピ)と知り合う。サンフンは、強権的な父親や暴力的な弟との関係に悩むヨニに惹(ひ)かれ、それぞれの境遇から逃避するかのように何度も一緒に過ごすうちに、互いの心に変化が訪れる。 強権的というのは間違っているが、ストーリーにあるように不幸な境遇の二人を中心にした話だ。 しかも、お互い知らなくて良かったなの因果関係がある。サンフンは、ヨニの母親を殺しているし、ヨニの弟がサンフンを殺している。 最後のシーンは、ヨニの母親が殺ろされた事件と同じ屋台破壊のサンフンの役をヨニの弟が行っているところをヨニが目撃しているシーンで終...
ダイターンクラッシュ!!  2010年06月12日(土) 0時25分
原題は『Breathless』。
ジャン=リュック・ゴダール監督の『勝手にしやがれ』(1959年、"A Bout De Souffle [=息切れして]")のハリウッド・リメイク版『ブレスレス』(1983年、ジム・マクブライド監督)の原題と同じですね。
そのためか、侯孝賢(ホウ・シャオシェン)監督は「『勝手にしやがれ』を初めて見たときのような衝撃」というようなコメントを寄せているようです。
ただしきっとそれは、この映画そのものが『勝手にしやがれ』を思い起こさせるということではないと思...
weekly? ぱんだnoきぐるみ  2010年04月27日(火) 17時08分
韓国に俊英が、またひとり現れた。これまでは俳優だったヤン・イクチュンが製作・監督・脚本・編集・主演を務めた長編初監督作で世界中の映画祭でたくさんの賞を受賞している。日本...
まてぃの徒然映画+雑記  2010年04月23日(金) 22時45分
2008年・韓国/ビターズ・エンド、スターサンズ配給原題:???/英題:Breathless脚本・監督:ヤン・イクチュン 新しい人材が続々登場している韓国映画界から、またしても凄い映画がやって来た。ヤ
 バイプレーヤー俳優として主に活動してきたヤン・イクチュンの初長編監督作品でインディーズ映画として製作された。本作品はロッテルダム国際映画祭他、国際的に高い評価を得た作品だが、それも納得の名作と言える。
yohnishi's blog (韓国語 映画他)  2010年04月23日(金) 9時42分




 BREATHLESS

 借金の取り立て屋として社会の底辺で生きるサンフン(ヤン・イクチュン)は、
暴力衝動を抑えられない孤独な男。ある日?...
真紅のthinkingdays  2010年04月22日(木) 20時42分
3月公開予定の映画を特別試写会で。
映画『息もできない Breathless』の感想。
おぼえ帳 みんなの本棚  2010年04月22日(木) 19時18分
現在公開中の韓国映画「息もできない」(監督:ヤン・イクチュン)です。渋谷シネマライズで鑑賞しました。 うーん、疲れる映画でした。しかし「ハート・ロッカー」の疲れとは明らかに異質の、ちょっと残念な疲れでした…。この映画、暴力シーンはなかなか凄いです。特に私が感じたのは効果音。「ビシッ、バシッ」系のよくある暴力系効果音ではなく、「これ、ホントにそのまま録音してるんじゃ?」と思えるようなもので、なんだか痛みが伝わってくるような気さえして辛く感じました。 しかし、「過激にすりゃあいいってもんじゃ...
Men @ Work  2010年04月22日(木) 14時41分
 これが長編映画の監督デビュー作だというのだから恐れ入る。
 『息もできない』の素晴らしさは、制作・監督・脚本・編集・主演のヤン・イ...
映画のブログ  2010年04月22日(木) 8時53分
昨年の東京フィルメックスで最優秀作品賞と観客賞の2冠に輝いた韓国映画。俳優としても活躍して気やヤン・イクチュン監督の長編デビュー作だ。ヤクザな借金取りの男と女子高生の純粋な触れ合いが、お互いに傷ついた過去を癒していく。主演はヤン・イクチュン監督自らと、若手女優キム・コッピ。生々しい暴力表現とその裏にある心の葛藤をリアルに描き出した秀作だ。
息もできない/???: LOVE Cinemas 調布  2010年04月22日(木) 0時51分
2010年04月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
http://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf