映画「NINE ナイン」これぞ映画の夢、絢爛豪華

2010年04月01日(木) 0時09分
「NINE ナイン」★★★
ダニエル・デイ=ルイス、マリオン・コティヤール、ペネロペ・クルス、ジュディ・デンチ、ケイト・ハドソン、ニコール・キッドマン、ソフィア・ローレン主演
ロブ・マーシャル監督、118分 、
2010年3月19日公開、2009,アメリカ,角川エンタテインメント、松竹
(原題:NINE)




                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい



「1964年、イタリア。世界的に有名な映画監督、
グイド・コンティーニは新作映画の撮影を10日後に控えながら、
タイトル以外は何も決まっていない状況。
追い詰められた彼は自分の幻想世界に逃げ出す。
予告編でこの豪華な舞台に楽しみにしていた作品」



映画は「夢と愛と笑い」を与えるものだ、
世話役のジュディ・デンチが歌う、
まさにそうだろう、そして自分たち観客は
そこに「感動」するのだ。



映画の出だしからゾクゾクするような
何か素晴らしいものが起こる予感に満ち
きらびやかなステージが始まると
夢の世界に身を置いた。
この大好きな劇場の暗闇が
キラキラキラキラと輝き心も満たす。

ペネロペ・クルスが二つの人格を演じ分け
歌い踊る、苦悩する主人公とは対照的に
感情の全てをぶつける、
生身の彼女さえも垣間見える。


ニコール・キッドマンは存在がゴージャスだけれど、
今回はペネロペが凄かったな、
そして艶めかしい演技さえ見せたジュディ・デンチと
主役は次々と入れ替わりながらも
苦悩する監督をしり目に
女たちは輝く。

終わって見れば映画としては
「何だったんだろう」って感じだが

そんなことどうだっていい、
夢の時間を過ごさせてくれた、
映画が好きで良かった
劇場で感じる至福の時間は
わざわざ劇場へいかなければ味わえないもの。

映画館を出るといつもと変わらない街
でもゴージャスな映画を見て
劇場へ入る前と今とでは自分はちょっと違うと
なんだか嬉しい優越感で地下鉄に向かった。


★100点満点で75点★ストーリーも考えると60点ってところ


soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

ギャラだけで相当だっただろうな。

★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか
  • URL:http://yaplog.jp/sora2001/archive/1517
トラックバック
トラックバックURL:
» NINE

マリオン・コティヤール、ペネロペ・クルス、ジュディ・デンチ、二コール・キッドマン、ソフィア・ローレン、ケイト・ハドソンなどなど女優陣が非常に豪華で華麗です。
歌とダンスは見ごたえがあるのだけれど、ストーリーがコレじゃなあ…ちょっと眠たくなってしまいました。それでも色っぽいペネロぺとマリオンは女性から見ても非常にセクシー。
1人の映画監督の女優たちに託した夢の妄想がこの作品。愛人にも妻にも愛想を尽かれ逃げられたあげく、主演女優にも逃げられ映画「イタリア」はこけた。その二年後再起を図るのだが…というのが全部のストーリー。
う?ん、何がダメって、ミュージカルがストーリーの心情に乗ってこないから浮いて見えるんですね。ミュージカルってそのときの感情を歌い上げるのがミソだと思うのですが、逆にこの作品では歌が歌だけとなってしまっている。ミュージカル的会話になっていないんですね。そのためゴージャスさの割りになにか物足りないんです。
それぞれキャラで一曲ずつ見せ場はあるものの、残念ながら面白いかといわれたら、微妙かもしれない…。

【概略】
1964年のイタリア。世界的な映画監督グイド・コンティーニは、...
いやいやえん  2011年07月29日(金) 9時45分
作品情報
タイトル:NINE
制作:2009年・アメリカ
監督:ロブ・マーシャル
出演:ダニエル・デイ=ルイス、マリオン・コティヤール、ペネロペ・クルス、ジュディ・デンチ、ケイト・ハドソン、ニコール・キッドマン、ソフィア・ローレン、ファーギーほか
あらすじ: 1964年のイタリア。スランプ中の映画監督、グイド・コンティーニ(ダニエル・デイ=ルイス)にとって、妻のルイザ(マリオン・コティヤール)だけが心のよりどころだった。ところが、妻以外にも愛人カルラ(ペネロペ・クルス)や主演女優のクローディア(ニコール・キッドマン)など美しい女たちに囲まれているグイドは、愛とプレッシャーとのはざまで幻想の世界へと陥っていく。
...
★★むらの映画鑑賞メモ★★  2010年08月07日(土) 3時05分
1964年のイタリア。スランプ中の映画監督、グイド・コンティーニにとって、妻のルイザだけが心のよりどころだった。ところが、妻以外にも愛人カルラや主演女優のクローディアなど美しい女たちに囲まれているグイドは、愛とプレッシャーとのはざまで幻想の世界へと陥っていく
映画な日々。読書な日々。  2010年06月07日(月) 15時05分



 ミュージカル好きとしてはこの映画ははずせません。と言うわけでNINEを観てきました。
よしなしごと  2010年05月03日(月) 1時26分
» NINE

★★★★


これぞ男の人生


母親や妻、愛人に始まり、子供の頃から世話になっている年上の女性、お金を払えばエロチックなダンスを見せ...
» NINE
「NINE」監督:ロブ・マーシャル(『シカゴ』) 声の出演:ダニエル・デイ=ルイス(『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』『ギャング・オブ・ニューヨーク』)マリオン・コティヤール(『?...
マー坊君の映画ぶろぐ(新装版)  2010年04月07日(水) 12時44分
フェデリコ・フェリーニ監督が1963年に製作した映画『8 1/2』をミュージカルにして、物語を半歩前進させた映画『NINE』。
『シカゴ』のロブ・マーシャルが監督しています。

才能ある映画監督の“選ばれし者の恍惚と苦悩”を描いた作品とも言えますが、「妻も愛人もママもミュ
Viva La Vida!  2010年04月06日(火) 17時41分
わ?お、豪華だ??♪というわけで、NINE見てきました☆NINE☆(2009)ロブ・マーシャル監督・・「シカゴ」ダニエル・デイ=ルイス・「ギャング・オブ・ニューヨーク」「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」マリオン・コティヤールペネロペ・クルスジュディ・デンチケイト・ハド...
ぷち てんてん  2010年04月04日(日) 12時51分
『NINE(ナイン)』の基になったフェデリコ・フェリーニ監督作品『8 1/2』を観たのは確か高校生だった頃。当時の自分としてはかなり背伸びをしてアート系の映画にチャレンジしたのだが、面白さを見つけられぬまま討ち死にした。“作品と出会うタイミング”ってあると思う。そんな意味では、僕と『8 1/2』が出会うには早過ぎるタイミングだったのかもしれない。この名作の誉れ高い作品をミュージカル化した『NINE』の舞台。そして更にロブ・マーシャル監督(振付も)が映画化したのがこの作品。果たして『8 1/2』のリベンジなるか……なんてね。なるに決まってるじゃないの、アメリカ映画なんだから。抽象的な表現は省いて単純明快にしてあるに決まってる。おまけにペネちゃんを筆頭にケイト・ハドソン、ニコール・キッドマン、マリオン・コティヤールら演技もできるセクシー女優たち(ジュディ・デンチ除く)が、お色気満点な衣装で歌ってストリップまがいのダンスまで披露してくれるのだから、僕にとっては完全に目の保養映画の何物でもない。そしてそれ以上でもそれ以下でもなく、単純に楽しめた。感想もこんだけで理屈をこねくり回す必要なし。付け加えるなら...
古今東西座  2010年04月04日(日) 1時57分
【NINE】 ★★★★ 試写会(4)ストーリー 待望の新作「ITALIA」が撮影開始目前の世界的な映画監督グイド(ダニエル・デイ=ルイス) 
りらの感想日記♪  2010年04月03日(土) 21時23分
» NINE
1965年、イタリア。 映画監督グイド・コンティーニの9作目の新作は「イタリア」。 困ったことに、クランクインは目前なのに、脚本が一行も書けない。 初期の作品は傑作と讃えられるが、最近はコケてばかりなのだ。 もう創造力は枯渇したのか? プレッシャーと女性たちとの関係に追い詰められたグイドは、いつしか自分の幻想世界へと溺れていく…。 ミュージカル。
象のロケット  2010年04月03日(土) 20時14分
» NINE
世界は、男と女と愛でできている。

NINE(ナイン)【壁紙1】 【2】 【3】 【4】 【5】
Addict allcinema おすすめ映画レビュー  2010年04月03日(土) 18時28分
フェディリコ・フェリーニの『8 1/2』は観ていない作品。その映画がベースとなってミュージカルになった『NINE』で、その映画化が本作だということです。結局、また映画に戻ったっていうことなのかな?(笑)新作の脚本が書けない著名な映画監督グイド。どうにかしようにも、ど
黒猫のうたた寝  2010年04月02日(金) 23時30分
★★★  イタリアの天才映画監督を主人公にしたミュージカル風の映画。ミュージカル映画とはっきり書かないのは、今までのミュージカルとはちょっと違う風味だったからである。 と言うのも、歌や踊りのシーンは、主人公グイドのイマジネーションの世界だからである。ただ現
ケントのたそがれ劇場  2010年04月02日(金) 23時24分
» NINE
この映画を観てからかなりの時間が経過した。
さまざまな苦労とドラマがあったのだが、ここには書けないのが残念だ。(笑)
マスコミ試写は大人気。
そのわりに、メディアからのプロモートが少ない。
いつも読んでる毎日新聞金曜夕刊の映画評もたったの19行300字足らず。
あってもなくてもいいような紹介記事だった。
あーうぃ だにぇっと  2010年04月02日(金) 23時02分
死んだジャンルと思われていたミュージカル映画を見事復活させ、活況にしたきっかけは
はらやんの映画徒然草  2010年04月02日(金) 22時46分
» NINE
《NINE 》 2009年 アメリカ映画 − 原題 − NINE 映画監督のグイ
Diarydiary!   2010年04月02日(金) 19時31分
今日は仕事帰りに通勤経路上にある東武練馬で途中下車して、ワーナーマイカルシネマズ板橋で「NINE」を観てきました実はこのワーナーマイカルシネマズ板橋はファーストデイ(毎月1日)以外にも、25日がニコニコデイということで1000円均一になります今月からは...
流れ流れて八丈島  2010年04月02日(金) 11時42分

1964年イタリア。
映画監督グイド・コンティーニ(ダニエル・デイ=ルイス)待望の新作は、撮影開始目前で脚本が未完成で白紙状態。
プレッ?...
心のままに映画の風景  2010年04月02日(金) 9時50分
映画「NINE」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:ダニエル・デイ=ルイス、マリオン・コティヤール、ペネロペ・クルス、ジュディ・デンチ、ケイト・ハドソン、ニコール・キッドマン、ソフィア・ローレン、ファーギー、リッキー・トニャッツィ..
映画レビュー トラックバックセンター  2010年04月02日(金) 7時38分
 昨年12月にル・テアトル銀座で観た日本版ミュージカル「NINE the musical」に続き、映画化された「NINE〜ナイン」(監督:ロブ・マーシャル)を観た。  主役のイタリア人映画監督グイドはダニエル・デイ=ルイスが演じ、彼を取り巻く女性たち、妻ルイザはマリオン・コティヤール、愛人カルラはペ
Serendipity !  2010年04月01日(木) 23時53分
NINE世界は、男と女と愛でできている。映時間118分製作国アメリカ公開情報劇場公開(角川映画=松竹)初公開年月2010/03/19ジャンルミュージカル映倫G【解説】イタリアの巨匠フェデリコ・フェリーニ監督による不朽の名作「81/2」を基にしたトニー賞受賞の大ヒット・ブロー...
CinemaCollection  2010年04月01日(木) 22時19分



☆☆☆☆− (10段階評価で 8)
3月20日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター5にて 14:55の回を鑑賞。
みはいる・BのB  2010年04月01日(木) 22時04分
 1960年代、チネチッタ、モノクロ、映画監督を取り巻く美女たちとくれば、大傑作『8 1/2(はっか にぶんのいち)』だ。
 『8 1/2』の題名は、フェ?...
映画のブログ  2010年04月01日(木) 22時02分



  NINE

 1965年、ローマ。チネチッタ撮影所では、マエストロと呼ばれる映画監督グイ
ド(ダニエル・デイ=ルイス)が、新作映画『ITARIA...
真紅のthinkingdays  2010年04月01日(木) 21時49分
監督 ロブ・マーシャル少しあらすじ1964年のイタリア。映画監督グイド・コンティーニ(ダニエル・デイ=ルイス)は極度のスランプに陥っていた。撮影開始まで数日という段階になっても脚本は書き出しさえも決まらない。妻のルイザ(マリオン・コティヤール)だけが心のよ...
ももたろうサブライ  2010年04月01日(木) 21時41分
     ★★★★☆  Federico Felliniの「8?」をミュージカルにしたブロードウエイ作品を映画化した。         ◇  著名な映画監督Guido Contini (Daniel Day-Lewis)は、 新作「イタリア」の構想がまとまらなくて悩んでいた。 記者会見の最中に突然逃げ出し、 海辺のリゾートに雲隠れする。 愛人の人妻Carla Albanese (Pen?lope Cruz)を呼び寄せるが、 そこに妻のLuisa (Marion Cotillard)もやってくる。 Carlaが自殺未遂したのを機に、 Guidoはチネチッタに戻り、 Claudia Jenssen (Nicole Kidman)を主演で 映画の製作にとりかかるが、 夫に愛想を尽かしたLuisaは去り、 映画も中断、 2年後、衣裳係のLilli La Fleur (Judi Dench)の勧めで 再びメガホンをとったGuidoを Luisaや母親(Sophia Loren)、Saraghina(Fergie)、 Stephanie (Kate Hudson)らが見守る。      ◇  豪華な女優陣の素晴らしい歌と 華麗な踊りが印象的だ。 新人女優のテストフィルムを見るシーンで、 夫がかつて自分に掛けてくれた優しい言葉を、 新人女優にも同じようにかけているのをLuisaが知り、 夫に愛想を尽かす。 夫は無意識にやっているのだが、 妻はそれを見逃さない。 怖...
富久亭日乗  2010年04月01日(木) 21時33分
» NINE
スタジオに入っても、全く脚本のアイデアが浮かばない映画監督グイド(ダニエル・デイ・ルイス)が途方にくれている。彼がアイデアをひねり出そうと悪戦苦闘する様子を、関係ある女性たちがパフォーマンスを披露する。どの女優もいいのだけど、イタリアの母とも言えるソフィ
とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver  2010年04月01日(木) 19時19分
» NINE
<<ストーリー>>1964年のイタリア。スランプ中の映画監督、グイド・コンティーニ(ダニエル・デイ=ルイス)にとって、妻のルイザ(マリオ?...
ゴリラも寄り道  2010年04月01日(木) 17時09分
ミュージカルは、比較的苦手な分野ではあるのだけれど。





これだけ美女が集まれば、観ないわけにはいかんでしょ。





というわけで「NINE/ナイン





」を、金曜日の夕方に鑑賞。






















「UCとしまえん
いい加減社長の日記  2010年04月01日(木) 14時36分
まぁ何といいましょうか。
絢爛豪華。
濃厚濃密。
めくるめく妄想世界。
私も妄想は得意ですけども(爆)グイドさんには負けました。

マリオン・コティヤール、ペネロペ・クルス、ジュディ・デンチ、
ケイト・ハドソン、ニコール・キッドマン、ソフィア・ローレン、
ファーギーという名前を並べただけでもその濃ゆさは、
一目瞭然でしょうが。

その彼女たちが、きらびやかな衣装を身にまとい、
眩しいスポットライ
*モナミ* SMAP・映画・本  2010年04月01日(木) 13時38分
監督:ロブ・マーシャル
出演:ダニエル・デイ=ルイス、ペネロペ・クルス、マリオン・コティヤール、ニコール・キッドマン、ジュディ・デンチ

 世界は、男と女と愛で できている。

「映画監督のグイドはスランプ中。脚本が全く書けず、主演女優しか決まっていな
日々のつぶやき  2010年04月01日(木) 10時05分
内容があまり・・・つまらなかったです。
えっ?!これで終わっちゃうの??って一瞬焦りました・・・。3つ☆?3つ☆半(☆の殆どはペネロ...
ポコアポコヤ 映画倉庫  2010年04月01日(木) 9時04分
» NINE
華麗なる女たち公式サイト http://www.nine-9.jpトニー賞受賞のブロードウェイミュージカルの映画化舞台の基は、フェデリコ・フェリーニ監督、マルチェロ・マストロヤンニ主演の「81/2」監
風に吹かれて  2010年04月01日(木) 7時30分
» NINE
フェデリコ・フェリーニ監督の名作『8 1/2』を基にしたトニー賞受賞の同名ブロードウェイ・ミュージカルを映画化。監督は『シカゴ』のロブ・マーシャル。主演のダニエル・デイ=ルイスを始め、マリオン・コティヤール、ペネロペ・クルス、ジュディ・デンチ、ニコール・キッドマン、ソフィア・ローレンと新旧6人ものオスカー俳優が出演するというあまりにも豪華なキャスティングに目を奪われる。
NINE: LOVE Cinemas 調布  2010年04月01日(木) 0時24分
2010年04月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
http://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf