映画「シャネル&ストラヴィンスキー」モデルとしか思えない美しさ、美意識が隅々まで

2010年03月10日(水) 1時07分
「シャネル&ストラヴィンスキー」★★★☆
アナ・ムグラリス、マッツ・ミケルセン、アナトール・トーブマン主演
ヤン・クーネン 監督、119分 、 2010年1月16日公開、2009,フランス,ヘキサゴン・ピクチャーズ
(原題:COCO CHANEL & IGOR STRAVINSKY)



                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい



「シャネルの映画がも3本目、
決定版!と思えるような作品には結局出会えなかったが、
美しさはこの映画が絶品、
名声を得てからのシャネルの服装や
家の内装、小物に至るまで自らの美意識が貫かれて、
それがとうとう才能あるロシア作曲家にも向いてしまったという話」



ストラヴィンスキーの「春の祭典」の初演、
きらびやかなシーン、そして観客の大ブーイング。
普通ならここで終わりとなるところを
シャネルがパトロンとして彼の家族をも
一緒に自分の家に住まわせてしまう。

前に見た作品が少女時代から
成功をつかむまでだったので、
続編のようにも感じるが、
とにかく主演のアナ・ムグラリスが
そのシーンも全てスタイルを作っているような
ハマリ役で「実際はこんなに美しくはなかったのだろうな」とか
つい意地悪な目で見てしまう。


実際にもシャネルのミューズとして活躍していただけあり、
白と黒のモノトーンの衣装が
モデルさんのようで、ストーリは付け足しのようなもの、
だから終始二人の恋愛を描いていく。

シャネルは最愛の恋人ボーイを事故で亡くし
成功は掴んだものの
心に空いた穴を仕事で埋めていたのだろう、
パトロンという関係も富を持つ者は
自然と行うことのようだ。

ストラヴィンスキー演じるマツ・ミケルセンは
007で目から血を出してた人だが、
さすが役者、芸術家肌の繊細な雰囲気が感じられた

何もないところから多くの楽器をいかに使い
それらの調和を頭の中で考えるってスゴイことだ。

ただ彼の失言が気になった
「僕は芸術家だ、君は洋服屋じゃないか」
愛してると口で言いながら
本気で愛してもいるけれど
シャネルの心までは理解できなかったのだろう。

映画らしい映画で
製作者の意気込みが
画面からしっかり伝わる映画だった。
感動とかは無いけどね。

★100点満点で70点


soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

ラストに意味深な映像あり。

★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか
  • URL:http://yaplog.jp/sora2001/archive/1500
トラックバック
トラックバックURL:
【概略】
1913年のパリ。「春の祭典」の初演で失意に打ちひしがれたストラヴィンスキーは、悲しみに暮れるシャネルと出会い恋に落ちる。
ドラマ



マッツ・ミケルセンがみたくて借りました。
ストラヴィンスキーは作曲家で、ココ・シャネルは「シャネルの創業者だよね?」くらいの知識しかない状態での鑑賞(ブランド品に興味ないので)。
シャネルの援助を受けはじめたストラヴィンスキーとその家族。しかしシャネルとストラヴィンスキーが、ちょっとピアノの連弾した位で急速に接近して、その後すぐに情事、情事。家族の住む邸宅内で堂々といちゃいちゃしてるのをみるにつき、頭を抱えたくなってしまった。

ストラヴィンスキーの斬新すぎた舞踊と音楽は、大衆に理解されずに失敗に終わってしまう。私も観ていてこれは酷いと思ってしまった^;その舞台を見たシャネルは、彼の才能に惚れこむ。
話はビジネスに成功し愛人ボーイを亡くした後のシャネルとストラヴィンスキーとの不倫を描いていて、芸術家の2人は互いの仕事にも刺激を与え合う…という展開なのかなあ?
実際の人物なんだから仕方ないのかもしれませんが、アナ・ムグラリスのシャネルは冷たく...
いやいやえん  2015年09月18日(金) 10時07分
大胆で容赦のない芸術、そして愛。
革新的な美の追求はスキャンダラスな愛に似て。
彼の楽譜と彼女のデザインに下書きは、ない。




『シャネル&ストラヴィンスキー』
COCO CHANEL & IGOR STRAVINSKY
2009年/フランス/119min
監督・脚色:ヤン・クーネン
出演:
シネマな時間に考察を。  2010年04月06日(火) 16時56分
今も世界中の女性を魅了してやまないデザイナー、ココ・シャネルの情事を描いた映画『シャネル&ストラヴィンスキー』。
クリエイターの孤独を共有できる男としてシャネルに選ばれたのは、音楽家のイゴール・ストラヴィンスキーです。

この物語は創作であり、ふたりの間に起こ
Viva La Vida!  2010年04月01日(木) 5時47分

1913年のパリ、シャンゼリゼ劇場。
新作「春の祭典」の初日を迎えるイゴール・ストラヴィンスキー(マッツ・ミケルセン)だが、観客は斬新な...
心のままに映画の風景  2010年03月13日(土) 2時38分
 昨年はシャネルのメゾン(アトリエ)ができて100周年ということもあり、シャネル
Roko's Favorite Things  2010年03月11日(木) 21時18分
昨年からガブリエル・シャネルを主人公にした映画が続けて公開され、このブログでも3本めのレヴューになります。
この『シャネル&ストラヴィンスキー』と、先行して公開された『ココ・シャネル』と『ココ・アヴァン・シャネル』との大きな違いは、後者の2本が「ガブリエル・ココ・シャネル」という固有名詞を前提に映画が成立しているのに対して、この作品は必ずしもそれを必要としてはいないことでしょう。
もっともそのこと自体は、映画の成否と無関係であることは言うまでもありません。
この『シャネル&ストラヴィ...
weekly? ぱんだnoきぐるみ  2010年03月11日(木) 11時14分
原題:COCOCHANEL&IGORSTRAVINSKY監督:ヤン・クーネン出演:マッツ・ミケルセン、アナ・ムグラリス、エレーナ・モロゾヴァ、ナターシャ・リンディンガー、グリゴリイ・マヌロフ観賞劇場 : 109シネマズMM横浜公式サイトはこちら。<Story>1913年のパリ。ロシア・...
NiceOne!!  2010年03月11日(木) 6時08分
3月10日まで有効の武蔵野興業株主優待券がまだ4枚とも残ってて、今後公開される「過速スキャンダル」「渇き」「ハートロッカー」で3枚使うとしても、絶対に1枚は残ってしまいます調べたら、まだ未見の「シャネル&ストラヴィンスキー」が明日で公開終了ということな...
流れ流れて八丈島  2010年03月10日(水) 23時56分
1920年、パリ。 一流デザイナーとしての地位を手にしながらも、恋人を事故で亡くし、悲しみにくれるココ・シャネルは、ロシア革命後、全ての財産を失って難民となり、パリで亡命生活を送る音楽家イゴール・ストラヴィンスキーと出会う。 彼の才能に惚れ込んだシャネルは、作曲に専念できるよう妻子と共に自分の別荘で暮らすことを提案するが…。 実話に基づくラブストーリー。
象のロケット  2010年03月10日(水) 23時09分
1月7日(木)は今年の試写会初め@新宿明治安田生命ホール。
演しものは『シャネル&ストラヴィンスキー』。
英題 COCO CHANEL & IGOR STRAVINSKY。
シャネル三作品の棹尾を飾る作品である。
あーうぃ だにぇっと  2010年03月10日(水) 21時55分
《シャネル&ストラヴィンスキー》 2009年 フランス映画 − 原題 − COC
Diarydiary!   2010年03月10日(水) 19時46分
「ココ・アヴァン・シャネル」、「ココ・シャネル」に次いで3作目のシャネルものであるが、私はこの作品が一番好きである。前2作品と大きく違うところは、クリエイターとしての彼女の生き方、考え方に重点を置いて描いている点である。恋愛ドラマとしての要素もあるが、...
映画と出会う・世界が変わる  2010年03月10日(水) 19時03分
{{{   ***STORY***
1913年のパリ。ロシア・バレエ団の革新的な《春の祭典》の初演は酷評にさらされる。作曲家イゴール・ストラヴィンスキーは打ちのめされるが、観客の一人ココ・シャネルは、その独創性に注目する。7年後、ロシア革命によって亡命したイゴールとその妻子にパリ近郊の別荘を提供したのは、デザイナーとして成功を収めたものの最愛の恋人を事故で亡くしたココだった。高い芸術性と創造力に秀でた2人は激しい恋に落ちる。
                           gooより}...
Cartouche  2010年03月10日(水) 18時23分
芸術家同士の恋はあったのか公式サイト http://chanel-movie.comR181913年、パリのシャンゼリゼ劇場。イゴール・ストラヴィンスキー(マッツ・ミケルセン)は、《春の祭典》の初演を
風に吹かれて  2010年03月10日(水) 12時51分
シャネル50周年記念作品としては『ココ・シャネル』、『ココ・アヴァン・シャネル』についで3作品目。『ドーベルマン』のヤン・クーネン監督が、シャネルとストラヴィンスキーの恋愛劇を軸に香水「N°5」の誕生秘話や「春の祭典」再演にかける想いを綴った作品だ。主演は『そして、デブノーの森へ』のアナ・ムグラリスと、『誰がため』のマッツ・ミケルセン。
2010年03月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
http://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf