「パレード」小説と同じタイトルの映画的な意味が見えない

2010年03月01日(月) 0時09分
「パレード」★★★☆
藤原竜也、香里奈、貫地谷しほり、林遣都、小出恵介 主演
行定勲 監督、103分、 2010年2月20日公開、2009,日本,ショウゲート
(原題:パレード )




                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい


「本を読むことが好きなので、
この原作も読んでいて
この作品の持つ小説としての雰囲気を
映画はどう見せてくれるのか
とても楽しみにして劇場へ、
見た感じは、こんなものかという出来」



マンションの一室に同居する
男2人、女2人だったところへ
男娼のサトル(林遣都)が加わり、
彼らのバランスが微妙に崩れていく。


5人の人間、皆が変わった人ばかりで
こんな5人ってちょっと無いんじゃないかと、
もちろんこれはリアルを描くというより
マンションの一室で5人の人間が
お互い深く関わらない関係性が
どう変化するのかを描くための舞台。

どこか印象的なシーンが見たかった、
それは深夜のメリーゴーランドでも良かったし、
同居人の後をつけて窓から覗き見る衝撃でも
ありえたかもしれないが
どれもサラリとし過ぎていて
どうにもこちらの胸に届かない。


彼らはどこへ向かってパレードしていたのか、
というかパレード自体したようにも思えない、
設定も主演陣も面白そうだっただけに
出来上がりはフツーだった、
でもこのフツーな感じが
今のムードなのかなどと深読みもしたくなる。


やはり原作が特に強いメッセージを
分かりやすく書いたものではないので、
それを映像するなら
映画として主張することを明確にすべきだったと感じた。

ただ藤原竜也って熱演してるんだけど
この映画はちょっと方向が違うと思った。


★100点満点で65点★


soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

小説世界を映像にするには同じようにというより
映像世界を作りださないと、なかなか納得できないのかも。

★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか
  • URL:http://yaplog.jp/sora2001/archive/1491
トラックバック
トラックバックURL:
ちょっと面白そうなので観てみました。

都内の2LDKマンションに暮らす男女四人の若者達。
映画会社勤務ので健康オタクの直輝、自称イラストレーターの未来、
フリーターで恋愛依存症の琴美、大学生の良介。
それぞれに悩みを抱えながらも、優しく怠惰に続く共同生活。
ひょ
映画、言いたい放題!  2010年11月12日(金) 2時39分
 『悪人』の記事に関連して、質問をいただいた。
 コメント欄で回答するにはあまりにも長くなったので別の記事としたが、回答に当たっては...
映画のブログ  2010年10月14日(木) 23時31分
第15回山本周五郎賞を受賞した吉田修一の同名小説を行定勲監督が藤原竜也を 主演に迎えて映像化。 表面的な付き合いの人間関係で共同生活を送る若者たちの日常を描く。 共演に香里奈、貫地谷しほり、小出恵介、林遣都ら。都内の2LDKのマンションで健康オタクで映画会社..
だらだら無気力ブログ  2010年04月11日(日) 19時16分
基本、キャストが見られないと映画を見ない人w 今回は、速記というよりただ書き殴ったメモから、エジプトの象形文字を解読するようにしてお届けする超アナログ式“そんじょそこらの映画サイトやワイドショー、芸能誌、スポーツ新聞より無駄に詳しい舞台挨拶レポート&r...
|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο  2010年03月12日(金) 22時41分
原作は、第15回山本周五郎受賞作である、吉田修一の青春群像劇「パレード」(幻冬舎文庫)。主演、直輝を演じるのは映画・舞台を中心に活躍し、本格的実力派俳優として高い評価を得...
やっぱり邦画好き…  2010年03月07日(日) 10時16分
吉田修一著の同名小説を行定勲監督が映画化した作品です。 キャストとチラシの写真を見ただけで、すごく観たくなった作品です。 原作は未読のままチャレンジしてみました。 光と影の中に映し出される心の微妙な揺らぎに共感しながらも 若者たちの持っているダークな一面にゾクッとさせられる物語でした。
とりあえず、コメントです  2010年03月06日(土) 21時00分
『パレード parade』



にほんブログ村


ありきたりの日常は、一瞬一瞬の“たいした熱も帯びてない、微熱もしくは低温な断片”の繰り返し。
だから、その中にひっそりとたたずむ不安や恐怖は、映画のフィルムに紛れ込まされたひとコマのように、気づかないまま過ぎて
ketchup 36oz. on the table 〜新作映画レビュー  2010年03月03日(水) 23時53分
{{{   ***STORY***               2010年  日本
「上辺だけの付き合い、それくらいが丁度いい」都内の2LDKマンションに暮らす男女四人の若者達。映画会社勤務の直輝、イラストレーターの未来、フリーターの琴美、大学生の良介。それぞれが不安や焦燥感を抱えながらも、“本当の自分”を装うことで優しく怠惰に続く共同生活。そこに男娼のサトルが加わり、同じ町では連続暴行事件が起こり始める。そして彼らの日常に、小さな波紋が拡がり始める…。}}}

第15回山本周五郎賞を受賞...
Cartouche  2010年03月03日(水) 23時07分
映画会社勤務の直輝、イラストレーター志望の未来、フリーターの琴美、大学生の良介たちは、2LDKマンションで共同生活を送っていた。それぞれが不安や焦燥感を抱えながら、怠惰な共同生活を続けていたが、男娼のサトルが現われたことで変化が起こり始め……。[上映時間:118
映画な日々。読書な日々。  2010年03月02日(火) 22時21分
監督:行定勲
出演:藤原竜也、小出恵介、香里奈、貫地谷しほり、林遣都

   歪みはじめる、僕らの日常

「都内のあるマンションの一室、2LDKに住む4人の男女。
映画配給会社に勤める健康オタクの直輝、先輩の彼女に想いを寄せる大学生の良介、自称イラストレー
日々のつぶやき  2010年03月02日(火) 14時22分
映画会社勤務の直樹と大学3年の良介は男部屋、イラストレーター兼雑貨店店員の未来とフリーターの琴美は女部屋。 都内の2LDLマンションで共同生活を送る4人の部屋に、男娼をしているという正体不明の少年サトルが居座り始める。 近隣では女性を狙った連続暴行事件が起こっており、未来はサトルが関係しているのではと疑うが…。 青春サスペンス。
象のロケット  2010年03月02日(火) 3時52分
(2010年:ショウゲート/監督:行定 勲) 第15回山本周五郎賞を受賞した、吉田修一の同名小説を、「GO」や、先ごろ公開の「今度は愛妻家」等で知られる行定勲監督が映画化。 映画配給会社に勤める直樹(



山本周五郎賞を受賞した吉田修一の原作を映画化。

ルームシェアをする若者たちの群像劇といえば、
ただの青臭い青春劇を思い浮かべる?...
ウェッブンゲイlog  2010年03月02日(火) 0時05分
吉田修一の小説の映画化。原作は読んでいない。映画賞受賞も観に行った動機の一つだが、行定勲監督の作品の場合、シネコンでやるようなのよりミニシアター系、また群像ものとかの方が読みがあった。正直に言うと、今ひとつ来るものがなかった。もちろんそんなに悪いというほどでもないが。ルームシェアというのは現実にどのくらい多いか分からないが、テレビドラマなどではありがちなテーマで映像作品にして今、興味が持てるかは描き方次第だろう。出演者の中では、香里奈と林遣都は見事キャストと思えるが、概ね他の人もはルックスからの意外感というのが最後に見えてきて、結果わりといい感じだった見えていた演技とかでも、結局はちょっと人工的に思えてしまったのが惜しい。描いているのが結局、緩く広く繋がろうとする延長の若者として描き、お互いの事を分かった振りして実はどうでもいい感じ(&どう?いい感じ?)で生きていくしか術がなくなってきていたり、あなたの隣人、実はアブナクナイ?(できればワカモノ的な語尾の上げたイントネーションで)・・・これも現実の日本とかの状況そのままで浅く描く事で結局怖がらせるだけに終わってしまって・・・、という...
しぇんて的風来坊ブログ  2010年03月01日(月) 22時02分
吉田修一の同名小説を映画化。監督・脚本は『世界の中心で、愛をさけぶ』、『クローズド・ノート』の行定勲。出演は『カイジ 人生逆転ゲーム』の藤原竜也、ドラマ『リアル・クローズ』の香里奈、『スウィングガールズ』の貫地谷しほり、『風が強く吹いている』の小出恵介と林遣都という、超豪華な若手俳優が揃う。都内のマンションで共同生活を送るこの5人の若者たちを描いた青春群像劇だ。
パレード: LOVE Cinemas 調布  2010年03月01日(月) 0時30分
2010年03月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
http://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf