「オーシャンズ」優しい気持ちになり、そして身が引き締まる

2010年02月25日(木) 10時00分
「オーシャンズ」★★★★
ネイチャー・ドキュメンタリー
ジャック・ペラン、ジャック・クルーゾー監督、103分、 2010年1月22日公開、2009,フランス,ギャガ・コミュニケーションズ
(原題:OCEANS )






                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい



「恐竜のようなガラパゴス海イグアナが
岩場にすくっと両手で顔を上げ、
その遥か向こうの青空を突っ切るように
ロケットが一直線に上昇する、
これって合成?と思いながらも
何かこの映画を象徴しているようだ。」



子供の頃、こういった動物ものや
火山やギアナ高地といった自然を紹介した
番組が好きだった、
いつからか興味の対象が別に移って
あまり気にして見なくなったが
この映画を見て色んなことを考えた。

海の中にカメラも一気に潜っていく、
ダイビングをしているときの
自分の体重を忘れた自由な浮遊感覚が蘇る、

そして夥しい生き物の世界が大画面に、
それを見ているだけでいい。

どうやってこんな映像撮影したんだろう、
そんなことを感じるシーンが次から次へと、
きっとベストショットを待って
何時間も何日も費やしたのだろう、

きっとこの映像は次の世代にも残るだろう、
でもそれが海洋博物館で
「かつて」を紹介する画像になるかもしれない。

この映画はその自然の危機への
警告を発してもいる、
声高に言われなくても
この青い青い海と生物の営みを見れば
自然と自分たちの行為についても
考えてしまう、そのくらいが良いだろう。

人間はこういう映像を見て
優しい気持ちにはなれる、

アザラシの子供が初めて海へ入る時、
なかなか決心がつかなくて
母アザラシが辛抱強く待っているシーンなのに
心を動かされない人はいないだろう、
だからって家に戻って全ての現代的な
生活を止めてしまえる訳じゃない。

今更ここに描かれたことだけが
唯一の真実だとは思わないが
ある事実であることは確かだ、
作為的な比喩を感じないこともないが
それより大きな視点に立てば
自分たちの責任というものに行き当たることも確か。

色々考えるところあり、
感じたこともあったが、
まずはこの美しい映像をただ楽しみたい。
DVDになったら手に入れて音を消して
映像だけ流してもいいだろうな。


★100点満点で80点

soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

映画としてはどうなのかとも思うが、感動した。それでいいと思った。

★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか
  • URL:http://yaplog.jp/sora2001/archive/1489
トラックバック
トラックバックURL:
『ニュー・シネマ・パラダイス』や『コーラス』の名優にして、 『WATARIDORI』では監督として観る者を魅了したジャック・ペランが、 世界中の海を取材したネイチャー・ドキュメンタリー。 北極海から南極海、海上から大気圧1,100倍の深海へと、世界50か所で 4年以上の月日..
だらだら無気力ブログ  2010年04月11日(日) 19時17分



 構想10年、撮影4年、ロケ地世界50ヵ所。ドキュメンタリー映画史上最高額の制作費(70億ドル)をかけたドキュメンタリー映画。ジョージ・クルーニーは出てないけどオーシャンズを観てきました。
よしなしごと  2010年03月06日(土) 22時25分
 世界中の海を取材し海洋生物を撮影したドキュメンタリー。 自分の行ける劇場では日
みんなシネマいいのに!  2010年02月28日(日) 15時54分
一番近い宇宙
 画期的な映像システム(猛スピードで泳ぐ魚たちをまったくブレずに撮影できる、世界に一台しかないステディカム)を駆使して、北極海から南極海、サンゴ礁に彩られる美しい海に、冷たい氷で覆われた海など、世界各地の海にいる生物たちの姿をとらえる。
 猛スピードで泳ぎ、ジャンプするイルカ、ゆっくりと海の底へと沈んでいくマンタ。光のない海底にまで、そこで生きる命は存在している。(「goo映画」より)
CINECHANの映画感想  2010年02月28日(日) 13時12分



☆☆★−− (10段階評価で 5)
2月27日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター6にて 13:45の回を鑑賞。
みはいる・BのB  2010年02月28日(日) 1時41分
『WATARIDORI』などのネイチュア・ドキュメンタリーで知られるジャック・ペラン監督が海の生き物たちの生態を描いたドキュメンタリー『オーシャンズ』。

たくさんの海の生き物たちが、不思議だったり、美しかったり、不気味だったりするその姿を見せてくれています。
本当に海
Viva La Vida!  2010年02月28日(日) 1時34分
OCEANS生命(いのち)の飛ぶ空。命の原点、感動の頂点へようこそ。『アース』『ディープ・ブルー』を超える、史上最大のドキュメンタリープロジェクト。映時間103分製作国フランス公開情報劇場公開(ギャガ)初公開年月2010/01/22ジャンルドキュメンタリー映倫G【解説】『ニ...
CinemaCollection  2010年02月27日(土) 9時49分
今日、映画館で「OCEANS」を観てきました。 「オーシャンズ」は、前から観たか
まめどらの理科準備室から飛び出そう  2010年02月27日(土) 9時15分
2010.1.22 映画批評 本日公開の「オーシャンズ」。 監督:ジャック・ペラ...



2001年「WATARIDORI」で私達にすばらしいドキュメンタリー映画を提供したジャック・ペラン。
現在公開中の海をテーマにしたドキュメンタリー映画「オーシャンズ」を観に。
芸術の小径  2010年02月27日(土) 0時51分
「海ってなに?」少年にそう聞かれて、海の専門家の老教授は答えに窮してしまう。 その問いに答えるために、“海”という名の大いなる生命体の知られざる奇跡と、そこに息づく驚異の生物たちに出会うための時空を超えた旅が始まった…。 世界50ヶ所、100種の生命たちを圧倒的臨場感のもとに体感する、ネイチャー・ドキュメンタリー。
象のロケット  2010年02月26日(金) 20時41分
生物の造形というものは美しい、本作を観ながらそう思いました。 まるで弾丸のように
はらやんの映画徒然草  2010年02月26日(金) 19時05分
1日にユナイテッドシネマとしまえんに『オーシャンズ』を観てきました。
小人500円っていうのはやっぱり効いてるんですね、親子連ればっかりでした、観に来てる方々。

********************

『WATARIDORI』の製作陣が今度は海をテーマに壮大なスケールで贈る海洋ドキュメ
cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー  2010年02月26日(金) 9時51分
沖縄のホエールウォッチングや美ら海水族館の余韻が残ってるうちに、ぜひ観ておこうと思ってた「オーシャンズ」を観てきました東急レクリエーションの株主優待券利用で、劇場は新宿ミラノですこういう映像が綺麗な映画は、なるべく大きなスクリーンで観るに限りますでも、...
流れ流れて八丈島  2010年02月26日(金) 0時21分





映画 「オーシャンズ」
ようこそMr.G  2010年02月26日(金) 0時03分
『ニュー・シネマ・パラダイス』では映画監督になったサルヴァトーレを演じ、最近では『幸せはシャンソニア劇場から』のプロデューサーも務めたジャック・ペランの手によるネイチャー・ドキュメンタリー。4年以上の歳月を費やして撮影された数々の海洋生物が見せてくれる自然の営みが興味深い。日本語版ナレーションを宮沢りえが担当している。
オーシャンズ: LOVE Cinemas 調布  2010年02月25日(木) 21時33分
4年間の撮影期間、70億円の製作費をかけたので大変に迫力満点の海の生物の映像が展開される。国際プロジェクト海洋生物センサス(CoML)の研究成果も紹介されているが、一つの映画としては焦点がボヤケていて少し物足りない。
とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver  2010年02月25日(木) 20時08分
《オーシャンズ》 2009年 フランス映画 − 英題 − OCEANS =Sto
Diarydiary!   2010年02月25日(木) 19時19分
 今年初試写会です。客入りは8割くらいだ。作品柄、小さなお子さんも多数来場している。   映画の話 地表面積の70%を占める、大いなる海洋は、数百万種の未知の微生物や巨大な動物の隠れ場所でもある。ほとんどその姿さえ見られたことのない生物たちの、謎に包まれ...
masalaの辛口映画館  2010年02月25日(木) 16時29分
監督:ジャック・ペラン、ジャック・クルーゾー

   生命(いのち)の飛ぶ空。

こういうドキュメンタリー系の作品は全く興味がなくて、スルー予定だったのですが・・・
甥っ子が見たいというので連れて行ってきました。

海の中の景色はとても綺麗ー
見たこと
日々のつぶやき  2010年02月25日(木) 16時19分
2010年02月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28
http://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf