「今度は愛妻家」大切な人にありがとうと言いたくなる

2010年01月22日(金) 0時09分
「今度は愛妻家」★★★★
豊川悦司、薬師丸ひろ子主演
行定勲監督、131分 、 2010年1月16日公開、2009年




                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい




「北見俊介(豊川悦司)はかつては売れっ子のカメラマン、
今は仕事もせずいわばプータロー生活。
クリスマス直前のある日、俊介は妻のさくら(薬師丸ひろ子)に
せがまれて沖縄へと2人で出かける。
しかし、その日を境にさくらと俊介に微妙な変化が訪れる。」



前半はよくある展開で、そのうち妻に別れを告げられて
反省するってやつかなと予想しながら見ていると
途中から、あれれ、なんか違う展開で
一気に切なくなる、そういえばと
前半のあれこれと符合する部分を見つけたりして。



豊川悦司は主人公そのものって感じで、
他人からの愛情は
溢れてくるとでも勘違いしてるお気楽人間、
かたや薬師丸ひろ子演じる妻のさくらは、
たぶん相手のちょっとした事にも喜べるようなタイプで、
人は多かれ少なかれ
さくらのような気持ちを持っているもので、
「分かってくれないかなぁ」などとため息をつく、
そのあたりの演技と演出はうまい。



脇役も多彩でドタバタ騒ぎを繰り広げるけれど、
ちゃんとひとつの事を伝えるために
最後はうまく収まるわけで、
そんな賑やかな後には、しんみりとした静寂があり
それが寂しいんだよね。



後悔しない人生なんて無いのだろうが、
それでも僅かなことで喜ぶ姿を知りながら
日々雑事にかまけてそんな大切なことを
いかにないがしろにしているか考えてしまう。


心底悪い人間なんてそれほど居ないだろう、
誰だって人の痛みも分かる、
なのに一番身近な人に、身近だからこそ
ささいな気遣いを忘れてしまっているのかもと
そんな自戒の念さえ。

大がかりな作品ではないけれど
しみじみなかなか良い作品だった。



★100点満点で75点


soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

映画は途中から「シックスセンス」もどきになって、こんな展開もあるんだと
軽い驚きとともに、結構良い映だった。


★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか
  • URL:http://yaplog.jp/sora2001/archive/1465
トラックバック
トラックバックURL:

<今度は愛妻家 を観ました>

製作:2009年日本


ランキング参加中

ちょっと久しぶりの邦画です。
公開してたときから観たかった作品。大ヒットはしてなかったと思うけど、ちらほら聞く評価はとても良いものばかりで、すごく気になっていました。レンタル新作だったけど、我慢できずに借りてきちゃった。

人気カメラマンだった俊介は、仕事をしなくなって1年。今では浮気を繰り返しダラダラ毎日を過ごすダメ亭主だった。そんなダメ亭主の俊介をいつも世話していた妻のさくらとは結婚10年を迎えていた。
ある日さくらが旅行に行くと出かけ、何日も戻らない事に不安を感じ始めた俊介だったが…

夫俊介を豊川悦司と、妻さくらを薬師丸ひろ子が演じています。
元々2002年に公演された舞台が原作だそうで。舞台劇がどんな感じか分からないけど、これは、いつも当たり前で、いつもそばにいる人が、どれだけ大切な存在なのか、と言うのを改めて実感させてくれる、素晴らしい映画でした。
結婚10年を向かえ、妻は子供が欲しいけど夫はなんだかそんな気が無さそう。その上ばれてないと思っている夫の浮気。俊介の事は大好きだけど、なんだか疲れちゃったなぁ…...
★紅茶屋ロンド★  2010年09月05日(日) 15時08分
(2009年:東映/監督:行定 勲) 中谷まゆみ原作の同名の舞台劇を、若手実力派の行定勲監督により映画化。 世話好きで美しい妻・さくら(薬師丸ひろ子)との結婚生活も10年目、かつては売れっ子カメラマン
映画「今度は愛妻家」は、なかなかにウェルメイドな良作でした。舞台劇が原作だそうで
大江戸時夫の東京温度  2010年02月02日(火) 22時40分
 俊介とさくらは結婚十年になるが子供がいない。俊介はカメラマンだったがここ1年写
日本映画が好き! blog  2010年02月01日(月) 22時36分
「日曜日の朝一番の回は10時からだから…」配偶者はいそいそとお出掛け支度。一緒に
キャセロール編集人  2010年01月31日(日) 12時53分
『今度は愛妻家』 (2009・日本) 2h11 監督 : 行定勲 出演 : 豊川悦司、薬師丸ひろ子、石橋蓮司、濱田岳、水川あさみ 結婚10年目にして妻がダメ夫の元を去っていった。その理由とは。 ネタバレあり。 その理由に驚くべき仕掛けが。 って事だったんでそこのみに興味を持って観ました。 驚くべき仕掛けとはあの映画だった。 タイトル書いちゃうと一発で分かってしまうので書けない。 驚くべき仕掛けかと言うと、あの映画が既に存在しているのでそんなに驚かなかったけど、映画として良く出来てるなぁと思いました。 で、そこで終わっていれば個人的には良かったのですが、そこから今度は別のあの映画のようになる。 その映画もタイトルを書くと一発で分かっちゃうので書けない。 別のあの映画のようになった事で、ミステリーからラブストーリーになってしまった。 タイトルからしてラブストーリーなので、ラブストーリー目当てで観れば全く問題は無いのだけれど。 個人的な感覚なのか、会話のやりとりの間が微妙に早く思える所が幾つか有った。どのシーンだったかとかは全く覚えていませんが。 それだとただ台詞を言い合っているだ...
映画山  2010年01月29日(金) 17時14分
試写会に誘っていただいてノーチェックで観に行った『今度は愛妻家』は行定監督作品でした。うっわ、、、当たりかはずれか?どっちだろうっと期待感低めで鑑賞開始(笑)だって、結構この監督さんの作品大作系はずしまくっているんですもの、、、こどものいない夫婦。気持ちは
黒猫のうたた寝  2010年01月29日(金) 1時59分
【1月24日特記】 映画『今度は愛妻家』を観てきた。 行定勲監督には、一躍にしてその名を知らしめた『GO』があり(残念ながら僕は観ていない)、その後もそこそこに評価が高かった『きょうのできごと』や『春
trivialities   2010年01月28日(木) 16時19分
2002年に上映された舞台劇を映画化した、夫婦の物語を描いた作品です。 家の中のシーンが多くて登場人物は少ないのですけど その分、一人一人の心がじっくりと伝わってくるような心に残る作品でした。
とりあえず、コメントです  2010年01月28日(木) 12時36分
 原作は2002年に初演され、大ヒットした脚本家・中谷まゆみのオリジナル戯曲。「今度は?」というタイトルと予告映像から、離婚した夫婦が紆余曲折の末によりを戻す物語、とばかり思っていたが、いやはや、これはうまい具合に裏切られた格好である。 おそらく鑑賞さ...
狂人ブログ ?旅立ち?  2010年01月25日(月) 21時42分
元売れっ子カメラマンの北見俊介は、仕事への意欲を失い、ここ1年グータラな毎日を送っている。 結婚10年目の妻さくらが箱根旅行に出かけた隙に、女優志願の蘭子が写真を撮って欲しいとやって来た。 彼女といいムードになっている時に突然さくらが戻ってきて、ついに愛想をつかされてしまう…。 ラブファンタジー。 ≪夫婦には「さよなら」の前に、やらなければならないことがある。≫
象のロケット  2010年01月24日(日) 18時08分
愛情を上手く伝えられない夫と、明るくて気立てのやさしい妻。結婚10年目にしてある局面を迎えた夫婦の愛情を、時にコミカルなテイストを交えて、胸を締め付けるような切なさと心あ...
やっぱり邦画好き…  2010年01月24日(日) 9時33分
 1978年に「野性の証明」でデヴューし、その後は角川の戦略により着々と人気を獲
みんなシネマいいのに!  2010年01月24日(日) 8時05分
監督:行定勲原作:中谷まゆみ出演:豊川悦司、薬師丸ひろ子、水川あさみ、濱田岳、城田優試写会場 : 東商ホール公式サイトはこちら。<Story>かつては売れっ子カメラマンだった北見俊介(豊川悦司)。しかし、今ではなぜか1枚の写真も撮る事ができず、ぐうたら...
NiceOne!!  2010年01月23日(土) 8時40分
邦画で久しぶりに涙をこらえました。元売れっ子カメラマンだけど、今は仕事もせずぐうたらと貯金を食いつぶしている北見俊介(豊川悦司)。妻のさくら(薬師丸ひろ子)は人参茶を作って新聞記事は必ずスクラップにする健康オタクで、俊介の身の回りの世話をかいがいしくや...
まてぃの徒然映画+雑記  2010年01月23日(土) 0時11分
泣いた〜〜[E:weep]原作は読んでいないから、知っているところは劇場予告編の部分のみ。だから冒頭の明るさからてっきりラブコメだと思っていたのだけど、何気に感じられる違和感が中盤で種明かしされた時に
たいむのひとりごと  2010年01月22日(金) 23時38分
<ストーリー>かつては売れっ子カメラマンだったが、今や仕事をせずプータロー同然の生活を送る俊介(豊川悦司)は、健康マニアの妻さくら(薬師丸ひろ子)に日々ニンジン茶を注がれ、子づくり旅行をせがまれていた。やがて、クリスマス直前のある日、二人は沖縄旅行に行くこと
映画君の毎日  2010年01月22日(金) 14時48分






映画 「今度は愛妻家」
ようこそMr.G  2010年01月22日(金) 13時37分
最初は軽妙なやり取りで、夫婦間の思惑合戦みたいな映画かなと思ってみていた。監督:行定勲原作:中谷まゆみ出演:豊川悦司、薬師丸ひろ子、水川あさみ、濱田岳、城田優途中で、なるほどね、という「秘密」が明かされる。そこまでは「上手い」と思った。ところが、そこで...
再出発日記  2010年01月22日(金) 13時26分
監督: 行定勲
キャスト
北見俊一☆豊川悦司
北見さくら☆薬師丸ひろ子
古沢蘭子☆水川あさみ
古田誠☆濱田岳
井川ゆり☆井川遥
西田健人☆城田優
原文太☆石橋蓮司

【ストーリー】
かつては売れっ子カメラマンだったが、今や仕事をせずプータロー同然の生活を送る俊介(豊川悦司)は、健康マニアの妻さくら(薬師丸ひろ子)に日々ニンジン茶を注がれ、子づくり旅行をせがまれていた。
やがて、クリスマス直前のある日、二人は沖縄旅行に行くことにするが、その日を境に俊介とさく...
あーうぃ だにぇっと  2010年01月22日(金) 13時18分
 客入りは8割くらい。   映画の話 かつては売れっ子カメラマンだったが、今や仕事をせずプータロー同然の生活を送る俊介(豊川悦司)は、健康マニアの妻さくら(薬師丸ひろ子)に日々ニンジン茶を注がれ、子づくり旅行をせがまれていた。やがて、クリスマス直前のあ...
masalaの辛口映画館  2010年01月22日(金) 12時04分
 テレビ東京主催の試写会にあたったのでいきました。 今度は…って離婚でもなにかする展開なのかと意味深なタイトルですね。ホームページは ココ 会場は年配のご夫婦、女性同士の組み合わせが多かった。この作品は、結婚していれば夫婦でみてほしい。まだ結婚していな...
なりゆき散策日記  2010年01月22日(金) 10時27分
監督:行定勲
出演:豊川悦司、薬師丸ひろ子、濱田岳、水川あさみ、石橋蓮司、城田優

 夫婦には「さよなら」の前に、やらなければならないことがある。

「カメラマンの北見俊介はスランプ中、妻のさくらのことを口うるさく思いつつもうまくやっていた。
ある日さ
日々のつぶやき  2010年01月22日(金) 10時24分
{{{
かつては売れっ子カメラマンだった北見俊介。しかし、今ではなぜか1枚の写真も撮る事ができず、ぐうたらな毎日を送っている。妻のさくらはそんな俊介に文句を言いつつも世話を焼くのだった。しかしある日、女優志望の蘭子を家に連れ込んでいる俊介をさくらが目撃。彼女は愛想を尽かし、旅行へと出てしまう。その後しばらくは独身気分を満喫していた俊介だったが、なかなか家に帰ってこないさくらに苛立ちを覚え始め…。   gooより}}}


久々に号泣しました。
私、予告見て勝手に
<一度別れた夫婦が数...
Cartouche  2010年01月22日(金) 9時49分
予告編で気になっていた作品。




公開初日の午前中に行こうと思ってたけど、ネットで空席を見ると少なめ。




不安になりながらも、なんとか通路側の席を確保して、「今度は愛妻家




」を鑑賞。


















「UCとしまえん
いい加減社長の日記  2010年01月22日(金) 8時06分
 劇中でニンジン茶の不味さが繰り返し語られるが、ニンジンの皮にはβ-カロチンが豊富に含まれるので、ニンジン茶を飲めば白内障予防になる?...
映画のブログ  2010年01月22日(金) 7時28分
2010年01月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
http://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf