「キャピタリズム〜マネーは踊る〜 」悪者を決めつけるより、そこから何を学ぶかが重要そうだ

2010年01月14日(木) 0時09分
「キャピタリズム〜マネーは踊る〜 」★★★
マイケル・ムーア監督、127分 、 2010年1月9日公開、2009年、アメリカ
(原題:CAPITALISM: A LOVE STORY)



                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい



「おデブなマイケル・ムーア監督がヨタヨタと歩きながら、
キャピタリズム(資本主義)支配下で大金を動かす組織や
CEO(最高責任者)にマイクを付きつける、
正義というと胡散臭いが、ひとつの明快さはある、
どう考えるかは見ないと始まらない」



サブプライム・ショックから世界はまだ立ち直っていない、
まさか日本にもこんなに深く影響を与えるとは
正直思いもしなかったが、
海の向こうの地殻変動は確実に津波となって
押し寄せ、いまだ復興の兆しさえ見えない。

まさにタイムリーな映画といえる、
資本主義が悪の根源と明確に意図を持って
この映画を作っているので、単純に洗脳されそうになる、
でもいや待てよと
自分の考えで画面の伝えるメッセージとは違う部分が
見ながら却って明確になる。


何かを「悪」と決めつけるのは危うい、
今どきたったひとつがその根拠ということは無い、
複合的に絡み合い誰も予想出来なかった場所に
揺れる船がやっとたどり着いたような状況なのだから。

見ながら強く感じたのは
人間の欲深さだ、

これが人間を行動に掻き立てるのだろうが
他者を押しのけてまで
果実を総取りするようなのは
やはりどこか歪んでいる。

持つ者と持たざる者があまりに鮮明で
1%の持つ者の富が、
残りの99%の総計を超えているなんてのは
言われてみても想像がつかない、
そんなに抱え込んでどうするんだろう、
そんなには使えないだろうとおもうけれど、
まああっても良いのかな。

事実としてショックだったのは、
アメリカの飛行機のパイロットの給料が
ファーストフードの店長の給料よりも安く、
多くがバイトをして生計をたてているということ。


今では日本でひとり歩きし始めた
「自己責任」という言葉、
都合が良いので様々な場面で使われるが
そんな手の届かない雲の上に手を伸ばしても仕方ないので
自分の手を伸ばした範囲内で
ちゃんと自分で決めて行動をとる
そのくらいしか自分にとっての答えはない。


考えさせられるし、面白い映画だったけれど、
だからってそれ程学ぶところはなかった、
もう夜のニュースエンタメで散々見てきたことを
まとめておさらいしたような気分だ。

家を追い出された人々のインタビューに
食べすぎでちょっと歩くにも「ハアハア」言ってる
ムーア監督は相応しくないんじゃないか
そんなことを何度か感じた。


★100点満点で65点

soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

これでドキュメントは終わりと言っているらしいが、次はどんな映画を見せてくれるのだろう。


★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか
  • URL:http://yaplog.jp/sora2001/archive/1454
トラックバック
トラックバックURL:
 「ボウリング・フォー・コロンバイン」「華氏911」のマイケル・ムーア監督最新作。昨今の世界大恐慌の引き金ともなったサブプライム問題をはじめ、アメリカ本土に根強く残る非道な資本主義を、独自の視点で捉えたドキュメンタリー映画。 事実は小説より奇なり、とは...
狂人ブログ ?旅立ち?  2010年03月13日(土) 21時17分
 アメリカでは、住宅市場が大暴落して住宅ローン延滞のため、自宅を差し押さえられて
みんなシネマいいのに!  2010年01月27日(水) 1時07分

2008年9月15日、リーマン・ブラザーズの経営破綻は金融危機の引き金となり、世界経済は「100年に一度」と呼ばれる同時不況に陥った。
アメリカ...
心のままに映画の風景  2010年01月25日(月) 14時36分
『キャピタリズム マネーは踊る』 CAPITALISM: A LOVE STORY
2009年・アメリカ
突撃隊長マイケル・ムーアが送る、米国資本主義への痛烈な批判。

?...
猫の毛玉 映画館  2010年01月25日(月) 14時27分
2009.12.7 映画批評 公開中の「キャピタリズム 〜マネーは踊る〜」。 監...
フリーライター・山口拓朗の音吐朗々NOTE  2010年01月20日(水) 10時31分
昨夜、試写会でマイケル・ムーアの最新作「キャピタリズム マネーは踊る」を観た。銃社会や医療保険問題で気勢を挙げた監督の今度の矛先は、何と資本主義。 「シッコ」で、アメリカの貧しさに驚いたけれど、この映画もびっくりするような場面ばかり。 ローンを払えない人..
シネマ大好き  2010年01月16日(土) 17時35分
監督・出演:マイケル・ムーア 米国2009年 うーむ、こりゃ評価が難しい映画である。 今回、M・ムーアの標的は「資本主義」という怪物である。巨大な岩と相撲を取っているようなもんだ。 これをプロパガンダ映画だと評していた人がいたが、それどころかもはやアジテーション映画と言っていいだろう。なんせ最後にゃ「立ち上がれ、全米の労働者よ[E:punch]」となっちゃうんだから(^o^; しかし、それも仕方ないかも。有名になり過ぎてもはやアポなし取材なんて出来ないし、まともに取材を申し込
ひねくれ者と呼んでくれ  2010年01月16日(土) 12時00分
「キャピタリズム マネーは踊る」を見てきました。ドキュメンタリータッチのこの映画は、サブプライムやリーマンショックなどの影響を受けた人々の姿が映しだされています。

住宅ローンを払えずに家を差し押さえられ、ホームレスのように暮らす人々。。低賃金で働くパイロット。。学生ローンを返すために働く優秀な学生たち。。お金儲けのために些細な罪を犯した青年たちを収監する民間施設。。社員に生命保険をかけ、社員の死で儲ける企業。。登場する出来ごとすべてが本当なのかと疑いたくなるような現状ばかりです。

1%の...
今日という一日。  2010年01月15日(金) 22時14分
2008年9月15日、リーマンブラザーズの破綻を機に、世界は100年に一度の同時不況に陥ります。
アメリカでは、住宅市場の大暴落と、企業や銀行の倒産により、職や家を失う人が続出する一方、その原因を作った金融機関は公的資金により救われ、役員たちは高額のボーナスを手
小さな街から  2010年01月15日(金) 21時04分
マイケル・ムーア監督の最新ドキュメンタリーです。 年末最後に観る作品は…と考えていたら、これになってしまいました(^^ゞ 実はマイケル・ムーア監督のブラックな笑いはそれほど得意ではないのですけど 監督の伝えたいことは分かるなあと納得できるテーマを描いていました。
とりあえず、コメントです  2010年01月15日(金) 6時44分
昨年のアメリカのリーマンショックに端を発した世界の金融・経済の混乱は、やや落ち着
はらやんの映画徒然草  2010年01月15日(金) 6時43分
2008年9月15日。 リーマン・ブラザーズの経営破綻が引き金となり、世界経済は「100年に1度」と呼ばれる同時不況に陥った。 アメリカでは住宅市場の大暴落と企業や銀行の倒産により自宅と職を失う人々が大量発生。 一方、その原因を作った投資銀行や保険会社は税金で救われ、役員はその後も高額なボーナスを手にしている…! 未曾有の経済危機を描くマネー・ドキュメンタリー。
象のロケット  2010年01月14日(木) 23時57分
2008年9月15日、リーマン・ブラザーズが経営破綻し、大規模な金融危機が引き起こされます。世界経済は、100年に一度とまで言われる同時不況に陥ります。アメリカ各地で、住宅市場の大暴落、銀行の融資が受けられないことによる企業の倒産などが続き、自宅や職を失う人が目立って増
 客入りは7?8割くらい。   映画の話 2008年9月15日、リーマン・ブラザーズの経営破綻は大規模な金融危機を引き起こし、世界経済は100年に一度と言われる同時大不況に陥った。アメリカでは住宅市場の大暴落と企業や銀行の倒産で、自宅や職を失う人々が続出。本作を...
masalaの辛口映画館  2010年01月14日(木) 12時34分
2009年12月8日(月) 19:00〜 TOHOシネマズ シャンテ1 料金:1300円(シネマイレージデイ) パンフレット:未確認 『キャピタリズム マネーは踊る』公式サイト メタボ親父の社会派エンタテイメント・ドキュメンタリーの新作は、アメリカの経済不況がテーマ。会社潰しても大量の年俸を頂戴するCEO、住宅ローンの金利があがり金を返せなくなって差し押さえ強制退去をくらう市井の人たち、ウォール街の役員たちが政府入りし経済を牛耳るなど、コミュニスト的な貧富の格差な内容盛りだくさん。 相変わらず、メタボ君のナレーション中心、すごい勢いで言葉が流れ込むので、一瞬も気が抜けない。しかし、シティバンクのくだりでは、証拠書類みたいな白い紙に字幕が重なるので、ほとんど読めなかった。仕方なく、メタボ君の声に耳を集中させたら、意外と判りやすい英語を喋っていた。 「民主主義」=「社会主義」の理論の元、聖職者は資本主義に反対だとか示し、富める者は分け与えよと強制しているような部分には、共感が持てないが、全体的には、一般の社会人には一見の価値のある作品である。 いくつかのエピソードで興味を持ったもの。 ・デリバティブを誰も説明で...
ダイターンクラッシュ!!  2010年01月14日(木) 10時55分
原題:CAPITALISM:ALOVESTORY監督・脚本・出演:マイケル・ムーア試写会場 : 一ツ橋ホール公式サイトはこちら。<Story>2008年9月15日、リーマン・ブラザーズ倒産。創業158年の歴史を持つ大手証券会社の経営破綻は、世界金融危機の引き金となり、世界経済は瞬く...
NiceOne!!  2010年01月14日(木) 10時17分
2010年01月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
http://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf