「海角七号 君想う、国境の南」人を想う気持ちは変わらない

2010年01月12日(火) 0時09分
「海角七号 君想う、国境の南」★★★
ファン・イーチェン、田中千絵、中孝介出演
ウェイ・ダーション監督、98分 、 2010年1月9日公開、2009年、台湾
(原題:海角七號)



                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい



「2008年に台湾で公開され、台湾映画興行収入の記録を塗り替えた大ヒット作。
台湾でのミュージシャンになる夢に破れた主人公は
故郷の台湾最南端の町・恒春に戻り、義父の計らいで
郵便配達をすることになり、配達されない郵便物を手にする」



60年前の悲恋物語と
現在が交差するあたりは、
情緒的で美しい海や空が余計と
その切なさを際立たせる、

思うようにならないことは昔も今も
同じように日常に存在していて、
誰だって悔しい思いをしたりするだろう、
そんな気分を思い起こさせるような印象的なシーンが
いくつも見られた。

ただ、脚本が悪いのか
チグハグな部分がいくつか見られ
時には見るのが恥ずかしいようなシーンもあり、
過去と現在を繋ぎつつ、
それらの強い思いを伝えようと
意欲的なストーリーが
構造的にもうひとつだったか。

それから自分が日本語が分かるからなのかもしれないが
日本人の女優がヘタ過ぎで
大袈裟な演技はどうにかならなかったな。

とはいえ、切ないムードが常に漂い、
戦争時の日本と台湾の関係や、
叶わない願い、
海のある小さな町から永遠が見えそうで
なかなか好きな映画だった。


主人公はあまり語らず、
彼にはまだ「これから」というものは
明確には見えないラストだったが、
それが却って良かったかな、
現実は明確なハッピーエンドってないからだ。

撮影された海辺のホテルに泊まってみたい。

★100点満点で65点


soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

中孝介せっかくなので1曲くらいフルで歌わせても良かったのにね。


★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか
  • URL:http://yaplog.jp/sora2001/archive/1453
トラックバック
トラックバックURL:
淡々とした日常の出来事を積み重ねてラストのクライマックスで盛り上げるという演出手法が非常に効果的である。ドラマティックな演出でで観る者を煽るのではなく、感じさせるという方法で、同じく台湾映画の「恋恋風塵」やイーストウッドの「マディソン郡の橋」にも通じる...
映画と出会う・世界が変わる  2010年04月12日(月) 0時11分




  海角七號

 台北でミュージシャンになる夢に破れた阿嘉(ファン・イーチェン)は、故郷・恒春
に帰郷する。郵便配達の職を得た彼...
真紅のthinkingdays  2010年01月27日(水) 19時45分
台湾で「タイタニック」に次ぐ歴代観客動員を記録したこの作品はベタな展開や演出ながら清廉な想いが発ち起こってくるような作品だった。挫折・思い通りにいかない人へのいたわりを描きながら、かつて日本に統治され離れ離れになった男の手紙という形で台湾に残した女性への思いをナレーションとして使いながら、それを配達する行為が、過去と現在を繋ぐように、現在の男女『男が台湾の者で女が台湾で苦労している日本人となる』の恋愛の始まりをも示していく。ただ、物語の概ねは台湾南端の恒春にて開かれるイベントにて日本から招く歌手(中孝介)の前座バンドを地元民から急遽選抜し出演させるという出来事の中、その寄せ集めのバンドがなかなかうまくいっていないのを描きつつ、そのメンバーに選ばれた人々やその周辺の人々を描きながら、台湾の人々の背景のバラエティの様々さに触れていることで、様々な環境にいる人々を個々の人物キャラクターとしても見据えながら丁寧に描いているということもポイントなんだろう。冒頭にベタと書いたが、ユーモラスな場面が多く、タイトルのイメージと異なり、笑える箇所が多いのも意外に良かった。ベタであることと群像劇・恋愛...
しぇんて的風来坊ブログ  2010年01月19日(火) 6時50分
台湾映画史上歴代1位のヒット作との触れ込みだ。戦後60年以上届かなかったラブレター、やむない理由で台湾を離れた男が友子という女性に送ったその手紙が、現代の友子と台湾人男性の恋愛とオーバーラップする…。主演は人気歌手のファン・イーチェンと日本人女優・田中千絵、監督はウェイ・ダーション。歌手の中孝介も本人役で映画初出演している。暖かな歌声に心打たれる。
《海角七号 / 君想う、国境の南》 2008年 台湾映画 − 原題 − 海角七號
Diarydiary!   2010年01月13日(水) 19時11分
ミュージシャンへの夢をあきらめ、故郷に戻った青年・阿嘉(アガ)は郵便配達の仕事を得る。 住所不明の小包を開けると、60年前のラブレターが入っていた。 そんなある日、阿嘉は日本人歌手・中孝介を招いて催される“町おこしライブ”の前座バンドに無理やり駆り出されてしまう。 メンバーは寄せ集めで練習もままならず、日本人女性スタッフともぶつかってばかり…。 ヒューマンドラマ。
象のロケット  2010年01月13日(水) 15時57分
2008年、台湾で公開されると尻上がりに興行収入を上げていって、ついには台湾映画史上1位、そして洋画を含めても『タイタニック』に次ぐ記録をたてて、「君は海角七号を見たか?」という言葉が挨拶がわりになるほど台湾で支持された映画ということで、かなり期待をもって...
まてぃの徒然映画+雑記  2010年01月12日(火) 23時20分





映画 「海角七号/君想う、国境の南」
ようこそMr.G  2010年01月12日(火) 11時48分
 劇中、日本企業の要求にさらされる台湾企業では、こんなセリフが飛び交う。
 「日本人は面倒だから」
 「日本が厳しいの知ってるでしょ?...
映画のブログ  2010年01月12日(火) 9時19分
映画「海角七号 君想う、国境の南」を見てきました。
夢破れて故郷に帰ってきた青年、阿嘉(アガ)。
ぶつけるものがないイライラとした状態。
与えてもらった郵便配達の仕事に
Spice Cafe -映画・本・美術の日記-  2010年01月12日(火) 1時10分
2010年01月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
http://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf