「DISNEY’S クリスマス・キャロル」3D技術の進歩を楽しむ映画

2009年11月27日(金) 0時09分
「DISNEY’S クリスマス・キャロル」★★★
ジム・キャリー、ゲイリー・オールドマン、ロビン・ライト・ペン、コリン・ファース声の出演
ロバート・ゼメキス監督、97分 、公開日:2009-11-14、アメリカ




                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい



「日本人でも聞いたことある
クリスマスの童話、
人に優しくしようという、しごく健全な
道徳的なお話、今更とも思ったが
3Dがどんなもんか引かれて劇場へ」



3Dメガネは薄暗い、
時々ずらしてスクリーンを見ると
すごくきれいな空の青がぼんやりとした
曇り空みたいに見えることも。

まあこいうのは慣れだろう、
今年はこの3Dメガネはこれで3回目、
効果を一番感じたのは「ファイナル・デッドサーキット」だった、
血しぶきは飛んでくるし、
爆発の破片を避けたこともある。

で、この映画では奥行きや
複数の人間が手前や後ろに居ることが
本当に立体的にクリアに見えて、
メガネを外すとにじんだ画面に
技術ってすごいなと関心しきり。



ジム・キャリーの顔をCGでアニメ化したからか、
表情の大げさなところもちゃんと
引き継いでいて、主人公が痛い目に遭うのを
小気味良い感じで見ていた、
ストーリーは分かっていても、いかに見せるかという点では
この映画はかなり作り込まれていて、
制作者の発想の豊かさには驚かされた。



3D技術は今その途上にある、
今後どのくらい凄いものが見れるか、
それはすごく楽しみだ、
あの重いメガネさえなんとかしてくれたら
もっといいのにね。

見逃したくないとまでは言わないが
見ている間中、ストーリーを追うというより
画面に何がどう描かれているか
そんなことばかりが気になった映画で、
その点では興味深いというか、
面白い映画だった。

いまに劇場で椅子に座りながら
ジャングルクルーズに実際に行っているような
そんなかなりリアルな体験が出来るように
なるのかも知れない、
でもまだまだ相当未来の話だろうが。

クリスマスには人は「良い人」になるという、
キリスト教徒の夢のようなお話も
たまには悪くないなと感じた時間。


★100点満点で65点

soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

こういう映画を見ると自分が良い人になったような気になるのが嬉しい。

★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか
  • URL:http://yaplog.jp/sora2001/archive/1425
トラックバック
トラックバックURL:
Disney's クリスマス・キャロル / A CHRISTMAS CAROL

2009年 アメリカ映画 ウォルト・ディズニー製作

監督・脚本:ロバート・ゼメキス
原作:チャールズ・ディケンズ
撮影:ロバート・プレスリー ...
RISING STEEL  2011年06月02日(木) 20時07分



> 昨年2009年のクリスマスにDisney’s クリスマス・キャロルを観てきました。
 記事にするのが年越しになってしまいました・・・。年を越しちゃうと正直記事にする気力が・・・。なのでちょっと手抜き記事になっちゃうかも知れませんがご了承のほどを。
よしなしごと  2010年01月04日(月) 0時45分
ディケンズの名作をディズニーの3Dアニメで。情景が美しく、迫力があって、さすがディズニーでした。 金儲けにしか興味がない、冷酷な金貸しのエブニーザ・スクルージのもとに、クリスマスイブに三人の精霊が現れ、彼自身の過去・現在・未来の影を見せ、後悔と恐怖に心を..
シネマ大好き  2009年12月14日(月) 18時42分
||<#ffffff' style='font-size:16pt;color:#cc00cc;font-family:HGP創英角ポップ体'``  あなたの、スクラージ度は??``||

'''今から160年前から存在する名作'''

'''文豪チャールズ・ディケンズの「クリスマス・キャロル」を、ディズニーが完全映画化!'''
...
トイプードル いろはのいろはブログ  2009年12月09日(水) 20時09分
レディースディの3本目は『Disney'sクリスマス・キャロル』字幕版で鑑賞しましたが、これは3Dでもう一回観たいと思わせてくれた作品です。お馴染みのクリスマス・キャロルの物語のこの映像化は凄いものがありました。ジム・キャリーが多彩にこなすキャラクターも凄いけど他に
黒猫のうたた寝  2009年12月09日(水) 12時17分



有名な物語を、ディズニーが映画にした。。予告も面白そうだったし、ぜひとも3Dで見ましょう!!と、娘たちと一緒に見に行きました。
?...
しょ?との ほそボソッ…日記…  2009年12月07日(月) 22時12分
ちょっと早めのクリスマス映画{%クリスマスツリーwebry%}
『クリスマス・キャロル』 で ディズニー ときては見ないわけにはいきません★
白ブタさん  2009年12月07日(月) 21時39分
Disney’s クリスマス・キャロル - goo 映画公式サイトは→コチラ

11月16日映画館にて

字幕版を見たかったので3Dは止めておきました。3Dだと吹き?...
近未来二番館  2009年12月07日(月) 10時26分
14日はTOHOシネマズで1000円の日。吹き替え版で3Dというのはチケットを買ったときに知った。
或る日の出来事  2009年12月06日(日) 23時07分
 今更説明するまでもないチャールズ・ディケンズの小説の映画化。 金の亡者スクルー
みんなシネマいいのに!  2009年12月06日(日) 18時59分
観に行くなら断然、3D をおすすめ。 吹替になってしまうが面白さは倍増スクルージが亡霊に連れられて 空を飛びまくるねんけど それが速いから まぁとにかく目が回りよりまくりますぜ (ただ単にワタクシの動体視力が弱ってるせい) 画面に奥行きがあって 雪なん...
HAPPYMANIA  2009年12月05日(土) 1時33分
監督:ロバート・ゼメキス

「スクルージーはケチでお金だけが全ての町の嫌われ者。
あるクリスマスイブの夜、かつて一緒に仕事をしていたマーレイが亡霊となって現れた。
そして彼はこれから三人の精霊がやってくると伝える」

ディケンズのクリスマス・キャロルを
日々のつぶやき  2009年12月02日(水) 15時27分

Disney's クリスマス・キャロル
A CHRISTMAS CAROL

監督 ロバート・ゼメキス
出演 ジム・キャリー ゲイリー・オールドマン
    ロビン・?...
Blossom  2009年12月01日(火) 20時28分

【Disney's a Christmas Carol】
2009年/ディズニー/97分
【オフィシャルサイト】
監督:ロバート・ゼメキス
出演:ジム・キャリー、ゲイリー・オールドマン、ロビン・ライト・ペン
kuemama。の<ウェブリブログのへや>  2009年11月30日(月) 10時41分
1843年、ロンドン。 クリスマス・イヴの夜、金貸業“スクルージ&マーレイ商会”を営む、強欲で冷酷で心の歪んだ老人スクルージが家に帰ると、かつての共同経営者で7年前に死んだマーレイの幽霊が現れた。 マーレイは恐怖におののくスクルージに「お前のもとに3人の亡霊が訪れるだろう。」と告げて夜空へ消える…。 クリスマス・ヒューマン・ファンタジー。
象のロケット  2009年11月29日(日) 16時14分
{{{   ***STORY***           2009年  アメリカ
主人公のスクルージにとって、人生は金が全て。家族を持たず、人との絆に背を向け、ただ己の金銭欲を満たすためだけに生きる彼は、町一番の嫌われ者。あるクリスマス・イブの夜、かつてのビジネス・パートナーの亡霊が世にも恐ろしい姿で彼の前に現れ、「お前は3人の亡霊にとり憑かれるだろう」と予言する。それは、幸福な思い出とは無縁のスクルージにとってさえ、人生最悪のクリスマス・プレゼント…。翌日から“過去の亡霊”“現在の亡霊”“未来...
Cartouche  2009年11月29日(日) 16時14分
VFX、CGを積極的に採用してきたロバート・ゼメキスが、実写を利用したCGアニメーションの分野にシフトし始めた…というのは、むしろ必然的かもしれない。
とはいえ、そういった『ポーラー・エクスプレス』、『ベオウルフ 呪われし勇
k.onoderaの日記  2009年11月29日(日) 9時35分



☆☆☆★− (5段階評価で 3.5)
11月14日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター7にて 13:15の回を鑑賞。
みはいる・BのB  2009年11月28日(土) 22時03分
イギリスの作家チャールズ・ディケンズの古典「クリスマス・キャロル」をロバート・ゼ
はらやんの映画徒然草  2009年11月28日(土) 16時31分




 A CHRISTMAS CAROL

 "God bless us, every one!"

 19世紀、ロンドン。金の亡者スクルージ(ジム・キャリー)は、クリスマスが
大嫌いな孤独な?...
真紅のthinkingdays  2009年11月28日(土) 14時35分
映画『Disney''sクリスマス・キャロル 3D 日本語吹替版』を本日初日に観て来ました。

採点は★★★☆☆(5点満点中3点)。ホントは作品の出来は70点、3Dメガネが30点くらいかな。

基本的に字幕版しか観ないので、日本語吹替の3Dは観る機会が無い。前の記事『映画「センター・オブ・ジ・アース 3D版<日本語吹替版>」を採点(2008/11/28)』以来だ。

作品の内容は別にして、今回の3Dメガネの質の悪さと、それゆえの観辛さには正直「当分3Dは観るのを止めよう」と思った程に残念...
ディレクターの目線blog  2009年11月28日(土) 14時09分
 大切なものが、そのままブリミティヴな状態で、この映画の中には存在していて、そのままの状態で心の中に入ってきた。ちょうど3Dで、ぐっと差し出した手が目の前、数センチの近さでまで伸びてきて、いきなり胸の中に押し込まれた感じ。
よーじっくのここちいい空間  2009年11月28日(土) 12時50分
ええ話しやぁ
でも、ちょっと退屈
2Dだど画像がありきたり。3Dで見るべきですね


こんにちわ、Ki-Tsu-Neです。

クリスマス・キャロルと言えば、19世紀のイギリスに居た文豪「チャールズ・ディケンズ」の作品です。クリスマスに関連した物語の中では非常に有名なものの1つで、今まで何度も映画化されています。

今さっき知ったばかりですが。

さて、この作品、主役はジム・キャリーが声を当てています。主人公の「スクルージ」は、ロンドンに住むひとりよがりで偏狭な金貸しで、目つきは...
Ki-Tsu-Neの祠 R  2009年11月28日(土) 0時56分

家族を持たず人とのきずなに背を向け、
金銭欲を満たすためだけに生きるスクルージ(ジム・キャリー)は、街一番の嫌われ者。
あるクリス?...
心のままに映画の風景  2009年11月28日(土) 0時16分
あまりにも有名なディケンズのクリスマス・キャロル。私が最初に読んだのは英語の授業で教材に使われた副読本だった。もちろん原文ではなく中高生向きに優しく書き直された物だったと思うが、私にとって辞書を引きながら英文を読むことの楽しさを教えてくれた思い出深い物語である。
SOARのパストラーレ♪  2009年11月27日(金) 23時39分
 19世紀イギリスの文豪チャールズ・ディケンズの『クリスマス・キャロル』を、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』『フォレスト・ガンプ/一期一会』や『ポーラー・エクスプレス』のロバート・ゼメキス監督ロバート・ゼメキス監督が、モーション・キャプチャーCGアニメーション映画として蘇らせた作品。
 娘(小3)&息子(小6)と家内と私で、3D版を見てきました。
(まだご覧でない方にはネタバレになります)
コソダチP's 光速L(気分は冥王星)SQ  2009年11月27日(金) 22時16分
《Disney'sクリスマス・キャロル》 2009年 アメリカ映画 − 原題 −
Diarydiary!   2009年11月27日(金) 21時41分
レイトショーのはしごの2本目に「Disney'sクリスマス・キャロル





」を鑑賞。





スクリーンに行こうとしたら、チケットカウンターに長い列ができていて。





スーパーレイトショーの時間(12時ごろ)なのに、すごいなぁ、と思いながら。
いい加減社長の日記  2009年11月27日(金) 18時08分
ACHRISTMASCAROL未来は、まだ変えられるかもしれない…彼の名前はスクルージ。金がすべての、嫌われ者。映時間97分製作国アメリカ公開情報劇場公開(ディズニー)初公開年月2009/11/14ジャンルファンタジー/ファミリー/ドラマ【解説】文豪チャールズ・ディケンズの古典的...
CinemaCollection  2009年11月27日(金) 15時39分
チャールズ・ディケンズ原作の同名小説を、ロバート・ゼメキス監督が製作・脚本も担当して映画化した。物語の完成度の高さとの相乗効果で傑作だと思う。パフォーマンス・キャプチャーという俳優の顔の表情を映像化する技術を使って3D化された映像は、まるで実写のようなリア
とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver  2009年11月27日(金) 13時33分
名作クリスマス・キャロルをデジタル映像が得意なロバート・ゼメキスが映画化した作品です。 初めての3D版で観てきました! 美しくてファンタジックな映像がとっても楽しかったです(^^)
とりあえず、コメントです  2009年11月27日(金) 12時50分
クリスマス・キャロル「Disney'sクリスマス・キャロル」を鑑賞してきました鑑賞予定にはありませんでしたが、前売券が当たったもので。差額を払い、3D吹き替え版を。文豪チャールズ・ディケンズの古典的名作を、「ポーラー・エクスプレス」「ベオウルフ/呪われし勇者」...
日々“是”精進!  2009年11月27日(金) 12時17分
映画『Disney's クリスマス・キャロル』は、ロバート・ゼメキス監督がチャールズ・ディケンズ氏の小説を映画化した作品です。先日、劇場に観に行きました。●導入部のあらすじと感想
yanajunのイラスト・まんが道  2009年11月27日(金) 10時38分
JUGEMテーマ:映画&nbsp;

芸達者なジム・キャリーの熱演。せっかくだから迫力ある映像で…と思い川崎のIMAXシアターまで出かけました。(近所のシネコンでは3D上映が吹き替え版のみだったので…)映像体験としてはまるでアトラクションのノリでした。ディズニーという冠はついていますが、ロバート・ゼメキス色が強く、子供向けというよりは現実の醜さや儚さも目をそらさず描いており、より幅広い年齢を意識していると感じました。(描写も少し暗いので、吹き替え版だったとしても子供には少しつらいかな?)ジム・キャリーは主人公スクルージをはじめ、3人のクリスマスの精霊とスクルージの子供時代から現在まで7通りの役をこなす活躍でした。これまで3人の精霊がスクルージ自身の分霊だと考えたことはなかったのですが、今回初めて「そういう見方もできるかな…」と思いました。ストーリーとしてはすっかりおなじみの「クリスマス・キャロル」クリスマスが人の心にもたらす温かさを味わえる良作でした。エンドロールで流れるアンドレア・ボチェッリの歌も素晴らしかったです。彼は今年クリスマスアルバムを出すとのことで早速チェックしてみました。「God Ble...
ハピネス道  2009年11月27日(金) 10時19分
監督・脚本、ロバート=ゼメキス。原作、チャールズ=ディケンズ『クリスマス・キャロ
erabu  2009年11月27日(金) 9時10分
「Disney's クリスマス・キャロル」監督:ロバート・ゼメキス(『ベオウルフ/呪われし勇者』)出演:ジム・キャリー(『イエスマン "YES"は人生のパスワード』『ナンバー23』)ゲイリー・オールドマン(『ダークナイト』『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』)ロビン・ラ...
マー坊君の映画ぶろぐ  2009年11月27日(金) 8時40分
原題:ACHRISTMASCAROL原作:チャールズ・ディケンズ監督:ロバート・ゼメキス出演:ジム・キャリー(スクルージ/過去・現在・未来のクリスマスの霊)、ゲイリー・オールドマン(マーレイ/ボブ・クラチット/ティム少年)、ロビン・ライト・ペン(ベル)、コリン・ファ...
NiceOne!!  2009年11月27日(金) 7時26分
チャールズ・ディケンズの名作をフル3DCGで映画化。監督は「バック・トゥ・ザ・フューチャー」シリーズや『ベオウルフ/呪われし勇者』で3DCGの鬼才ロバート・ゼメキス。またパフォーマンス・キャプチャーでの出演にジム・キャリーやゲイリー・オールドマンといった豪華俳優陣がキャスティングされている。特にジム・キャリーは1人7役の大活躍だ。
LOVE Cinemas 調布  2009年11月27日(金) 0時48分
2009年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
http://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf