「2012 」もしかしたら現実にありえるかも、大画面で見るべき

2009年11月25日(水) 0時09分
「2012」★★★★オススメ
ジョン・キューザック、キウェテル・イジョフォー、アマンダ・ピート出演
ローランド・エメリッヒ監督、158分 、公開:2009-11-21)、アメリカ




                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい




「久々の超大作映画、この映画を大画面で見なくてどうする!
内容があるとか無いとか、そんなこと考える前に
客席に座って現代の映像技術に素直に驚くのが
こういう映画の正しい見方、面白かった!」



2012年12月21日を世界の終末と予言した古代マヤ人、
その予言が真実であるかのように
太陽の動きが活発化し、地球の核が熱せられ
世界各地で地殻変動が起こり始める。

そして2012年地割れが始まり、
隆起し、火山活動が起こり
もう人間はただ逃げるだけ、成す術なし、
自然に対してはホント無力だと改めて感じる。



この映画は地球が脆くも崩れていく様子を
脱出すべく乗り込んだ飛行機から
主人公(ジョン・キューザック)達と同時に体験し、
「あーもう、絶対助からない」と何度も心の中で叫ぶ、
そのあたりを楽しむ為に見るわけで
その意味で期待を裏切らない凄い映像を見ることになる。


よくこんな映像を考えるね、
そしてその素晴らしい映像技術をいかに
リアルに見せるか、その想像力にも感激する、
後半の人情じみたシーンは少し余計にも感じたが
まあ、楽しさを損なうほどじゃない。

凄い映像すぎで所々笑えてくる、
もうこれが現実になったら
絶対に助からないので、現実に置き換えるというより
ホラー映画を怖いと思うより笑ってしまうような
妙な感覚をここでも味わった。

主役のジョン・キューザックは、優しい顔で
緊迫感に欠けるかな、
しかし家族愛を描くにしても
ストレートにはいかない複雑な世の中なのだ。

大変な状況になれば人々は最後には
祈るしかない、
その祈りが日々の何気ない場面でも
少しでも助けになるなら、やはり人は祈るのだ。

気になるなら映画館へ、
レンタルまで待ってもこの醍醐味は得られない。


ローランド・エメリッヒ監督はこれまで
1996年 インデペンデンス・デイ
2000年 パトリオット
2004年 デイ・アフター・トゥモロー
2008年 紀元前1万年
巨大なバジェットで映画館で見るべき映画を作っている。

★100点満点で75点


soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

チベットのあたりまで津波が押し寄せるのだから、2012年以後の世界は
再構築するにはいいのかも、世の中は込み入ってしまいすぎてる。

★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか
  • URL:http://yaplog.jp/sora2001/archive/1424
トラックバック
トラックバックURL:
これは映画か  まずは来訪記念にどうかひとつ!  人気blogランキング【あらすじ】2009年。太陽の活動が活発化し、地球の核が熱せられた結果、3年後に世界は終わりを迎える―。この驚愕の事実をいち早く察知した地質学者エイドリアンは、すぐに米大統領 主席補佐官に報告。やがて世界各国の首脳と一握りの富裕層にのみ事実が知らされ、人類を存続させる一大プロジェクトが極秘に開始される。そして2012年。売れない作家のジャクソンは、子供たちとキャンプにやってきたイエローストーン国立公園で、政府の奇妙な動きを目撃。世界に滅亡が迫っていることを、偶然知ってしまう・・・監督:ローランド・エメリッヒ出演:ジョン・キューザック、アマンダ・ピート、タンディ・ニュートン、ダニー・グローヴァー、ウディ・ハレルソン・・・はい、どこからどう見ても映画です。こんな映像を間近に見れるなんて、映画でしかありえませんから。すいません地質学の研究を進めていて地核変動に気付き、2012年に地球の終わりを予知したエイドリアン。一方、マヤの予言書にも2012年の文字がアメリカ政府は、各国にこの情報を流し対策を練る。しかし、人類も含む地球上の生物をすべて...
じゅずじの旦那  2010年06月02日(水) 12時55分
» 2012
2012 ブルーレイ&DVDセット [Blu-ray]

「2012」 感想

すげぇー!!!!!!!
お金かけたなぁー!!

沈んでく街の中をリムジンで走り抜?...
むーびーふぁんたすてぃっく  2010年03月23日(火) 15時48分
» 2012
ブログネタ:一発で気分転換できるもの
参加中

時々何も考えないでいい映画を観たくなりますが、
そういう映画って気分転換になるからなんですよね。
この映画はどうでしょう?
話題になりましたねこの映画。
映像が凄いとか。


2009年。
太陽の活動が活発化し
映画、言いたい放題!  2010年02月26日(金) 12時56分
2012年は、未来のことではあるのだけど、もう随分昔に観たような気分で・・・・
「デイ・アフター・トゥモロー」も「インディペンデンスディ」も実はあまり好きじゃない私、この映画も低めの評価を聞いていたので、あまり期待しないで観に行ったのが・・・・・・案外良かったのかも☆
ノルウェー暮らし・イン・London  2010年01月20日(水) 2時32分
 先日のレディースデイ、ちょっと時間が空いたので「せっかくだから映画でも観るか…」と思い、丁度時間が合ったのが『2012』でした。これっ?...
続・蛇足帳?blogばん?  2010年01月09日(土) 15時36分
公開直後にずっと観たいと思っていたんだけれど、一緒に観ようと思っていた友達との都合が全然つかなくて観ないままに年越し。
さすがに上映終わっちゃうだろうってことで、やっとのことで観てきましたー。
新宿ミラノ2での観賞〜。

********************

『デイ・アフ
cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー  2010年01月08日(金) 23時36分
神秘的ですね。私はこういうお話(神話なども)好きなので、突っ込みたくない派です。そこから、映画『2012』が生まれたのも運命だと思えるほどですもん。。。何と言ってもまず、あの迫力は圧巻でしたわ〜。地球が崩壊し始めてからは、もう力が入りっ放しのドキドキの展開。
美容師は見た…  2009年12月28日(月) 13時23分
» 2012
【ストーリー】古代マヤ人が2012年に訪れるとしていた世界の終末。2009年インドの科学者テンジン博士が地球上の内核が溶解している事を発見する。科学者たちは数年後に地殻変動により世界が滅びる事を知る作家のジャクソンは元妻や子供たちとの旅行中に、大規模な地殻変動に見...
ころちゃんねる  2009年12月23日(水) 12時45分
映画:2012 2009-11-29(映画館:T・ジョイ久留米) 解説:マヤ暦による2012年終末説を題材に、『インデペンデンス・デイ』『紀元前1万年』のローランド・エメリッヒが手掛けるディザスター・ムービー。地球滅亡を目の前になすすべもない人々が、巨大な自然災害から必死に逃げまどう姿を描く。偶然にも地球の危機を知ってしまうリムジン運転手に『ハイ・フィデリティ』のジョン・キューザックがふんし、大事な家族を守るために奔走する。大地震、火山噴火、津波など最新CG技術による迫力ある映像に注目。 あらすじ:2009年、リムジン運転手のジャクソン・カーティス(ジョン・キューザック)は、子どもたちとの旅行を楽しんでいた。ところが、偶然湖底に沈む巨大な研究施設を発見し、地球が滅亡に向かっていることを知る。この危機から逃れる手はないものかと模索するジャクソンだったが、すでに天災は地球上の至るところで起こり始め……。 [Yahoo!映画より] この映画、なんといっても映像です。とにかくスゴい映像です。映画館で観ておくべき映画です。 細かくみていくとツッコミどころがあちこちに散りばめられていますが、おそらく「そんなちっちゃいとこなん...
伊八のいろいろ  2009年12月17日(木) 6時57分
2012’09:米

◆原題:2012◆監督・脚 本: ローランド・エメリッヒ「紀元前1万年」「デイ・アフター・トゥモロー」◆出演: ジョン・キューザック 、 アマンダ・ピート 、 タンディ・ニュートン 、 ダニー・グローヴァー 、 ウディ・ハレルソン
◆STORY◆2009年...
C'est joli?ここちいい毎日を?  2009年12月16日(水) 15時28分
地面が割れ、高層ビルが倒れる。隕石が空から大量に落ちてくる、空母が大波にのまれて転覆する。ドルビーサ
blog1  2009年12月15日(火) 0時49分

映画「2012」を観て来ました。
ローランド・エメリッヒ監督映画は、3DCG目当てで観に行くので、ストーリーや脚本の陳腐さは暗黙の了解って感じ…w
雑多なブログ  2009年12月11日(金) 8時28分
 2012年12月21日、世界は滅びる。マヤ文明の予言が現実となり、世界中を天変地異が襲う!ディザスターパニックの名手、ローランド?...
闘争と逃走の道程  2009年12月10日(木) 3時54分
インドの友人から連絡を受けた大統領科学顧問の地質学者エイドリアン・ヘルムズリーは、異常な内核の溶解を確認する。
詳細な調査の結果、古代マヤ文明が予言した2012年に文明が崩壊するほどの大地殻変動が発生することが判明する・・・
・・・『インディペンデンス・デイ』、『デイ・アフター・トゥモロー』のローランド・エメリッヒ監督による人類滅亡もの。
これまでの作品と同じく、あまり細かいところは突っ込まずにスペクタクル映像を素直に観るとけっこう楽しめる。
ラスト15分の人間劇はちょっとピコピコしかったけれど、破...
まろまろ記  2009年12月10日(木) 1時27分


2012年 マヤの予言通り、世界は終わる―。

【感想】
古代マヤ人が予言した人類が滅亡する2012年のお話し。
64万年に一度起?...
Recommend Movies  2009年12月10日(木) 1時00分
地球最後の日!? <あらすじ>リムジン運転手のジャクソン・カーティス(ジョン・キ
ライトノベルシアター  2009年12月09日(水) 23時59分
2012年12月21日マヤ暦により地球の終わりまさに、そうなる予測が判明した2009年・・・その対策は世界の首脳たちを中心に秘密裏に事が運ばれていた。ジョン・キューザック主演でいいのかな?『2012』を試写会同行させていただいて鑑賞してきました。ちなみにジョン・キュ
黒猫のうたた寝  2009年12月09日(水) 12時13分
「ニーゼロイチニー」と言ったら「ニセンジュウニですね」と、チケットカウンターで言われました。2009年。太陽の活動が活発化し、地球の核が熱せられた結果、3年後に世界は終わりを迎える―。この驚愕の事実をいち早く察知した地質学者エイドリアン(キウェテル・イジョ...
*モナミ*SMAP・映画・本  2009年12月08日(火) 11時12分
» 2012
休日に 会社近くの ディノスさんで ポイント ただ観してきましたっ!
2009 映画観てきましたっ!  2009年12月08日(火) 8時54分
映画「2012」を鑑賞しました。
FREE TIME  2009年12月07日(月) 9時58分
宇宙人に襲わせたり、氷河期を起こしたり、怪獣を呼び込んだりして、何度も都市と地球
はらやんの映画徒然草  2009年12月05日(土) 6時46分


【監督】ローランド・エメリッヒ
【出演】ジョン・キューザック/キウェテル・イジョフォー/アマンダ・ピート/オリバー・プラット/タンディ?...
シネマをぶった斬りっ!!  2009年12月03日(木) 15時26分
2012 (2009年) 監督:ローランド・エメリッヒ 出演:ジョン・キューザック、アマンダ・ピート、キウェテル・イジョフォー、オリヴァー・プラット マヤ文明が予言した世界の終わりが迫る中、ある家族の脱出行を描くディザスター・ムービー。 基本的なストーリーは「ディープ・インパクト」と同じだが、本作の見所は、世界が崩壊していく様子の描写に尽きるので、ロサンゼルスが崩落し、イエローストーン国立公園を火山岩塊が降り注ぐシーンなどは凄いの一言。 そこに制作費を費やしてしまったのか、その他の都市が崩壊するシーンがあまり見られなかったのは残念。そして、クライマックスも「ポセイドン」みたいで、既視感があるせいか、あまり緊迫感がなく、トーンダウンが否めない。 それでも、R・エメリッヒ監督ならではの、映像美学は充分に堪能できたので、満足できる。 惑星直列や太陽フレアで地球が崩壊することはないらしいが、災害そのものについては、絵空事などと片付けられない脅威があるのは事実で、地球が大打撃を受ける日を1日でも先に延ばす努力は必要である。
Movies 1-800  2009年12月03日(木) 1時32分
こんにちは。

2012を見る前に、その前々日の金曜日にホラー映画の「スペル」を見に行きました。

どこかのうたい文句に「エクソシスト以来の傑作」とありましたので期待して行きました。
でも、おもしろくない。怖いより不愉快。ただの驚かし映画だよ??
30分ぐらいで席を蹴った。
わりと自分はお金をだしてみるせいか評価甘いほうだと思いますが
例のスピルバーグが関わったロボットメカ映画以来の残念映画だった。
あ、前の席は間違ってもけってはいけません(笑


という訳で,お口直しの意味もあって、昨日「2012」を見ました。
いつもがらがらなのに(ごめんTOHOさん)今日は結構入ってる。
新作だし、休日だから当たり前だね。

ただ、選んだ席が失敗だった。
座ったとたん、前の人の頭がえらい邪魔だ(ごめんね
普通はそんなことはほとんどないはずですが、前の方はとても背が高いようで、
隣の方は、頭のてっぺんが見えるだけなのに、こちらの方は、座席からまさに頭ひとつでてる!
映画が、始まればそれほど気にならなくなりましたがちょっと驚きましたよ。

それから、お隣のアベックが一悶着。。
本編が始まる前の宣伝映画の中で
「浮気しても妻は好きである...
nakapageの日記  2009年12月02日(水) 0時58分



 前回が超単館系のマイナー映画だったので今回は超有名どころで。ローランド・エメリッヒ監督のパニックムービー2012を観てきました。
よしなしごと  2009年12月01日(火) 1時09分
11月も下旬になると、すっかり朝晩は寒くなり、冬がそこまでやって来ているって感じになってきました(_) さて、今日は、『インディペンス・デイ』『デイ・アフター・
merseysideに佇んで  2009年11月30日(月) 23時46分
2012?2012?


監督: ローランド・エメリッヒ
  
出演: ジョン・キューザック、エイドリアン・ヘルムズリー、アマンダ・ピート
公?...
映画@見取り八段  2009年11月30日(月) 18時51分
「2012」を観ました。勝手に評価 ★★★★☆(4.0)あと2年ですよ。はたして現実ではどうなることやら・・・僕はまっさきにやられるタイプだ?...
どんどんいこう  2009年11月30日(月) 15時06分
» 2012
《2012》 2009年 アメリカ映画 − 原題 − 2012 2012年12月
Diarydiary!   2009年11月28日(土) 21時50分
 2012年、大津波や大噴火など、あらゆる天変地異が世界中で発生、次々と地球を呑
みんなシネマいいのに!  2009年11月28日(土) 20時20分
上映スクリーン数: 613オープニング土日動員: 45万3344人オープニング土
映画コンサルタント日記  2009年11月28日(土) 0時17分
■映画『2012』 オフィシャルサイト
http://www.sonypictures.jp/movies/2012/



せっかく観てきましたので感想を書きます。日本での公開は、2009年11月21日(土曜日・前夜祭も有)ですので、数日後に迫っています。いわゆる"Disaster Movie"「災害
RE:SUKI  2009年11月28日(土) 0時13分

ポップコーンメーカー



すっげぇーど迫力の映画でした2012。
ド迫力の映像とストーリにくぎ付けでした。
もうどれくらいすっごかったかと云うと


映画のお供は毎回バケツのポップコーンなのです。
そのポップコーンを頬ばりながら映画を観て
終わる頃にはポ....
ぱるぷんて海の家  2009年11月27日(金) 23時52分
映画「2012」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:ジョン・キューザック、キウェテル・イジョフォー、アマンダ・ピート、オリヴァー・プラット、タンディ・ニュートン、ダニー・グローヴァー、ウディ・ハレルソン、モーガン・リリー、ジョン・..
映画レビュー トラックバックセンター  2009年11月27日(金) 13時55分
» 2012
ディザスター・ムービーが得意なローランド・エメリッヒ監督の最新作です。 マヤ文明に伝わる2012年終末説が現実となった近未来の世界。 めちゃくちゃに壊れていく地球を迫力の映像で描いていました〜
とりあえず、コメントです  2009年11月27日(金) 13時00分
    映画 「2012」 予告編 (Japanese Trailer)      「2012」で描かれるノアの方舟の “植物版”をビル...
Crescendo  2009年11月27日(金) 3時06分
» 2012
これは、2009年6月12日に流水成道に書かれたものを加筆・修正したものです。 映画「火天の城」を観にいったところ、映画「2012」の前宣伝がされていました。11月にはいよいよ公開です。 &n...
Crescendo  2009年11月27日(金) 3時03分
» 2012
2009年11月20日(金) 20:00〜 TOHOシネマズ川崎5 料金:0円(1ヶ月フリーパス) パンフレット:未確認 『2012』公式サイト フリーパス鑑賞17本目。 映画秘宝呼ぶところのエメやんの新作。 大味監督エメやんらしい、科学的考証ゼロ、力技で最後まで吹っ飛ばす作品だ。 バイオレンス・ジャックの関東地獄地震のように崩れまくる道路、ビルの間をリムジンで、間一髪の疾走。 小型セスナでも間一髪で火山噴火をすり抜ける。 エアロフロートみたいな大型機でも間一髪で滑走路崩壊をすり抜ける。 クライマックスでも、他人に迷惑かけておいて、その原因の除去を間一髪行う。 元売れない作家、今富豪ロシア人の運転手ジョン・キューザックは、マクレーン以上の超人だ。飛行機担当は、元嫁の恋人だけど。 ストーリー性全くなしの暴走映画であるが、「インデペンデンス・デイ」のような青臭い愛が多々あり、エメやんらしい慈しむべき作品だ。 中国は人海戦術だと揶揄しているようなところに、差別を感じるが。 どこかで観たようなシーンが沢山あり。「ポセイドン・アドベンチャー」筆頭に、「007リビング・デイ・ライツ」まで! やはり、エメやんの作品は、真面目...
ダイターンクラッシュ!!  2009年11月26日(木) 18時05分
写真は『新華網』より  中国では11月13日から全国上映を開始した米映画『2012』が、 公開日から9日目にして興行成績で2億元を突破したそうです。 (新京報11月24日付)※日本円にすると、27億円強。 《2012》中国9天吸金2.1億 国産片謹慎報票房(新華社) http://news.xinhuanet.com/ent/2009-11/24/content_12527708.htm 中国で公開日から2億元の大台を突破した早さでは、 『変形金剛2(邦題:トランスフォーマー/リベンジ)』(8日で2億突破) に次ぐ第2位。 現時点で予測される興行成績は、同じく『変形金剛2』(4.3億元) 国慶
» 2012
2012年。 ジャクソンは謎の男から“地球の滅亡”が近づいていることを知らされる。 各国政府は既に限られた人間だけを脱出させる巨大船を準備しているというのだ。 初めは信じなかったジャクソンだが、やがて次々と大災害が発生する…。 2012年12月21日。 マヤ文明の暦は、この日を最後に記述がない。 それは偶然か? それとも予言か…? 黙示録的ディザスター・ムービー。 
象のロケット  2009年11月26日(木) 6時23分
地球滅亡を描く作品のアイデアの限界を感じた。ディザスターの名手エメリッヒ監督といえど、さすがにもうネタ切れなのかもしれない。中味は薄っぺらで延々ひたすら映像勝負の2時間38分。後半は正直キツかった(汗)
SOARのパストラーレ♪  2009年11月26日(木) 0時50分
<<ストーリー>>2009年、リムジン運転手のジャクソン・カーティス(ジョン・キューザック)は、子どもたちとの旅行を楽しんでいた。ところが、偶然湖底に沈む巨大な研究施設を発見し、地球が滅亡に向かっていることを知る。この危機から逃れる手はないものかと模索するジャク
映画君の毎日  2009年11月26日(木) 0時45分
どんなところが楽しめたかってことだけど、主人公たちが災害を切り抜けていく数々のシーンの、あっけらかんとした調子良さです。「そりゃ、ないだろ」の強運シーンの連続。これでもかこれでもかと繰り返される天変地異を強行突破していく爽快感。
よーじっくのここちいい空間  2009年11月25日(水) 22時56分
映画『2012 字幕版』を本日観て来た。

採点は★★☆☆☆(5点満点中2点)。

例えれば"大盛りで味の濃いコース料理"。観ている時は満腹になるけど、終わってみると食べ終えた満足感だけが残るような、少量でも薄味の美味しい一品料理とは対極にある映画。

158分のうち、予告編を裏切らないのは最初の1時間弱だけ。残りの1時間半は刺激になれちゃう。ストーリーもローランド・エメリッヒ監督らしい荒唐無稽なものだが、ここまではやり過ぎ。

採点の理由も含めて詳しい話はネタバレがあるので、右下か...
ディレクターの目線blog  2009年11月25日(水) 22時36分
これぞ、九死に一生[E:sign03] スペシャル決定版 [E:impact]これでもかこれでもかと襲ってくる脅威。良くぞ回避できたものだとその都度笑ってしまうのだけど、それも醍醐味のひとつ。そこにお
たいむのひとりごと  2009年11月25日(水) 20時35分
古代マヤ暦の2012年終末説。はたしてマヤ人の予言
ネット社会、その光と影を追うー   2009年11月25日(水) 19時17分
内容2009年。アメリカ科学技術作成局の地質学者エイドリアンは、地質学者の友人サトナムのインドの研究所に呼び出されていた。サトナムに提示されたデータは、かつてない大きさの太陽フレアの情報と思われたが、違った。放出ニュートリノの異常反応で、地球のコアに異...
レベル999のマニアな講義  2009年11月25日(水) 17時44分
ローランド・エメリッヒ監督だけに破壊シーンには力が入ってました!!ただし相手が自然という事で、人類には対抗出来るすべもなく、そのあたりの丁々発止が成立しなかった分、「インデペンデンス・デイ」に面白さは及ばなかったですね。破壊の連続のCGも、そろそろ飽き...
帰ってきた二次元に愛をこめて☆  2009年11月25日(水) 14時25分
» 2012
期待したどおりの大迫力のスペクタクル映像を堪能した。色々な人物像が丁寧に描かれているので、VFXだけが売りの映画になっていない。ニュートリノ天文学という小柴教授の研究成果が登場するのも、うれしいことだ。是非映画館で見てほしい。
とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver  2009年11月25日(水) 13時13分
20122012年12月21日マヤの予言通り、世界は終わる──。メディア映画上映時間158分製作国アメリカ公開情報劇場公開(ソニー・ピクチャーズエンタテインメント)初公開年月2009/11/21ジャンルパニック/サスペンス映倫G【解説】「デイ・アフター・トゥモロー」「紀元前1万年...
CinemaCollection  2009年11月25日(水) 11時19分
「2012」を鑑賞してきました「デイ・アフター・トゥモロー」「紀元前1万年」のローランド・エメリッヒ監督が放つパニック・サスペンス巨編。2012年12月21日に地球滅亡が訪れるというマヤ文明の暦にヒントを得た終末説を基に、世界中で怒濤のごとく発生した未...
日々“是”精進!  2009年11月25日(水) 10時53分
「2012」監督:ローランド・エメリッヒ(『紀元前1万年』)出演:ジョン・キューザック(『エージェント・オブ・ウォー』『1408号室』)キウェテル・イジョフォー(『アメリカン・ギャングスター』『インサイド・マン』)アマンダ・ピート(『X-ファイル:真実を求めて...
マー坊君の映画ぶろぐ  2009年11月25日(水) 9時10分
「2012」 を観てきました 実は一ヵ月半振りの映画館… 2012年 マヤの予言通り、世界
ヤジャの奇妙な独り言  2009年11月25日(水) 8時58分
 フィリップ・ワイリーとエドウィン・バーマーの合作『地球最後の日』(1933年)は、1951年と1998年に映画化され(1998年版は『神の鉄槌』も混ざって?...
映画のブログ  2009年11月25日(水) 7時40分
[2012] ブログ村キーワード
記事投稿日時 2009年11月10日1:09
※上映開始日を投稿日時に設定。上映開始1週間後まで固定。
 “世紀末バカ映画監督”(←最大限の褒め言葉(^^;)ローランド・エメリッヒ最新作「2012」(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント)。古代マヤ文明の予言〜“2012年世界終末説”〜を題材に、お約束の“超トンでも映像”が、スクリーン越しに我々を襲ってきます。しっかし、このカントク一体何回地球(人類)を滅亡の危機に直面させれば気が済むのでしょうか?

 2009年。惑星直列の影響で、太陽の活動が活発化。強い放射線で地球の核(コア)が熱せ...
シネマ親父の“日々是妄言”  2009年11月25日(水) 1時30分
『インデペンデンス・デイ』、『デイ・アフター・トゥモロー』などディザスタームービーといえばこの人、ローランド・エメリッヒ監督の最新作。主演は『1408号室』のジョン・キューザック。共演に『アメリカン・ギャングスター』のキウェテル・イジョフォーらが出演している。2012年12月21日に人類が滅亡するというマヤ暦の終末説を元に、地球滅亡の様子を描いた一大スペクタクルだ。
LOVE Cinemas 調布  2009年11月25日(水) 0時53分
2009年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
http://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf