「母なる証明/マザー」家族を守るというなら、ここまでやるのだ。

2009年11月05日(木) 0時09分
「母なる証明/マザー」★★★☆
キム・ヘジャ、ウォンビン、チン・グ、ユン・ジェムン、チョン・ミソン出演
ポン・ジュノ監督、129分、2009年、韓国




                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい



ウォンビンが退役後初めての出演作として韓国でも話題に、
200万人動員最短記録達成。



「知恵遅れの息子(ウォンビン)は
常に母(キム・ヘジャ)に見守られながら
気ままな毎日を過ごしていたが、
女子高生殺害容疑で逮捕されてしまう。
そして母は息子を助けるため奔走する」



冒頭の草原で急に踊りだすオバハン(キム・ヘジャ)、
しかも次第に大胆になっていく踊りに
見ているこちらは「何だ、何だ」と
全く理解できない、そして説明もないまま
映画が始まる、面白そうな予感で見入る。


とことんやるならやる、という感じの韓国映画、
息子が逮捕され、誰も母の言うことを聞き入れないとなると
母親は狂気をはらんだ行動に出る、
これが応援したいのか、もうやめろよと
言うべきなのか、こんなことで核心に触れることは
出来るのかと思いながらも、
誰が真犯人なんだろう?と。

ソウルが舞台の映画が多いから
こんな小さな町で起こった殺人事件、
人々の目、それでも息子を信じる母親、
濃密な空気が伝わる、
ウォンビンというスターがオーラを消し去り、
冒頭では変なおばさんと思った母親が
ただ一人の肉親を信じて信じて
その先に何を見たのか、
さすが韓国映画、ただじゃあ終わらない。


ラストがちょっと弱いかなと感じたが
このところ見ごたえがある
韓国映画に出会っていて嬉しい。

冒頭の奇妙なダンスも映画を見て
彼女が草原に立つまでを見れば納得。


★100点満点で70点


soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

ウォンビンは「ブラザー・フッド」でもヒットを出しているが、今回も主役は母親、
そろそろ主役で良い役をひとつ演じたいところだ。

★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか
  • URL:http://yaplog.jp/sora2001/archive/1405
トラックバック
トラックバックURL:


軽度の知的障害を持つトジュンと二人で暮らす母。そんなある日、女子高生が殺される事件が起き、容疑者としてトジュンが逮捕されてしまう。唯一の証拠はトジュンが持っていたゴルフボールが現場で発見されたこと。やる気のない弁護士、捜査を終わらそうとする警察。息子の無実を信じて自ら事件を捜査し始める母親。
冒頭、枯れ野で踊る母親の姿は、滑稽さもあるけれど、何かしらもやもやして嫌な感触を見ている側に与えます。このシーンは後半のあるシーンに繋がってるのですが、実際、この作品はズドンと胸になにか重たいものが落ちたような気分にさせられるものでした。
母親は、本当は息子を心の底からは信じてはいなかったのではないか?だからこそ、それを否定したくて極限までの必死さがあったのではないだろうか。それはふとした事で狂気となってしまうようなもので。
面会時に思い出した5歳の時の記憶…母親に農薬を飲まされ心中を図られたというものですが、これも大きなポイントだったと思います。また、唯一の目撃者は廃品回収者のおじいさんで、亡くなった女子高生と米餅(なんつー表現^;)つくためにそこにいた。冤罪であることが前提のストーリー...
いやいやえん  2012年01月12日(木) 8時21分
あらすじ早くに夫を亡くして以来、一人息子のトジュンと静かに暮らすヘジャ。そんなある日、街で殺人事件が起こりトジュンが容疑者に・・・。感想アジアンフィルムアワード最優秀作...

<母なる証明 を観ました>

原題:Mother
製作:2009年韓国


ランキング参加中

「グエムル」の監督、ポン・ジュノが手がけるサスペンス。
韓国の国民的人気女優のキム・ヘジャとウォンビンが親子を演じることでも話題となった作品。
ある女子高生が殺害された。その容疑に、貧しく暮らす母子家庭の息子が警察に犯人として拘束されてしまう。息子の無実を信じる母親は、たった一人で事件の真相の探り出すのだが…

予告を見た限りだと、サスペンスとは感じにくく、ちょっと暗い雰囲気の映画だなぁという印象を持ったんですが、評価がとても良いので気になってました。
一人息子を溺愛する母親。貧しくも慎ましく生活していた二人だが、実は悲しい過去があった…。
その過去ゆえ、母親は息子をこれ以上となく愛する。

そんなある日、町の女子高生が死体となって発見される。
警察は目撃情報などから、息子を犯人と決め逮捕してしまう。息子が殺したと思えない母親は、息子の友達や殺された女子高生の身の回りを調べ、事件の背景に何があったかを調べていくのだ。

母強し!

実は脳に障害がある息子。事件当日の事を聞いても、はっきりとは思い出すことが出来ない...
★紅茶屋ロンド★  2010年09月10日(金) 20時13分
  
= 『母なる証明』  (2009) =


早くに夫を亡くして以来、一人息子のトジュン(ウォンビン)と静かに暮らす母親(キム・ヘジャ)。

そんなある日、街で殺人事件が起こり、もの静かなトジュンが第一容疑者に。

事件の解決を急ぐ警察がトジュンを犯人と決めつけ、無能な弁護人も頼りにならない。

母親は真犯人を捜し出し、息子の無実を証明しようとする・・。


{{{:
製作国/韓国  (129分)

監督: ポン・ジュノ
原案: ポン・ジュノ
脚本: パ...
サムソン・マスラーオの映画ずんどこ村  2010年05月25日(火) 13時39分
エンドクレジットを見ながら静かに涙があふれました。

ききしに勝る完成度の高さ。母の異常なまでの愛情と根底にある絶望的な貧しさが、振?...
スクリーンの向う側  2010年04月12日(月) 22時50分
この映画が持つ仕掛けの巧妙さは小道具の使い方を見ればよくわかるのであるが、最もテーマに関わる仕掛けとしてはキム・ヘジャ演じる母親に固有名詞を与えていないことであろう。この映画では彼女は名前ではなく「お母さん」とは「母親」と呼ばれている。監督は、ここで描...
映画と出会う・世界が変わる  2010年01月09日(土) 19時29分
「殺人事件の容疑者となった息子を救うため真犯人を追う母親の姿を極限まで描くヒューマン・ミステリー」という宣伝文句にある種の期待や予想をすると、とんでもないことになる。これはトリュフォーの「アデルの恋の物語」と同様の人間の狂気の物語である。どちらもある思...
映画と出会う・世界が変わる  2010年01月05日(火) 13時02分
脚本ゼミの仲間で作っている映画を観る会、
なんとこのメンバーの一人が
「第21回フジテレビヤングシナリオ大賞
」の大賞をとってしまいました。\(^0^)/
これは凄いことなのですよ。
今回の応募数は1450作品、その中の頂点です。
佳作も数点あるけれど、作品としてオンエア
映画、言いたい放題!  2009年12月18日(金) 13時39分
監督:ポン・ジュノ(天才ですね。最近、虜になってしまいました)
出演:キム・ヘジャ(韓国の母と呼ばれているらしい)ウォンビン(美男子過ぎてビビる)
出演:チン・グ(ボンクラ役最高に良かったです)ユン・ジェムン チョン・ミソン 



静かな街で起こった凄惨な殺
おそらく見聞録  2009年11月22日(日) 12時22分
(2009年・韓国/監督:ポン・ジュノ) 「殺人の追憶」、「グエムル−漢江の怪物−」と、1作ごとにレベルの高い傑作を生み出して来たポン・ジュノ監督が、またまた傑作を作り上げた。絶対

純真無垢な一人息子のトジュン(ウォンビン)と、貧しくも静かに暮らす母(キム・ヘジャ)。
ある日、殺人事件が起こり、トジュンが容疑者?...
心のままに映画の風景  2009年11月17日(火) 12時53分
「母なる証明」 製作:2009年、韓国 129分 PG-12指定 監督、原案:ポ
映画通の部屋  2009年11月15日(日) 18時26分
もっと単純な母の愛を描いてる作品だと思ってたけど・・・

ウォンビンの復帰作って事で話題になってるけど、この映画ウォンビンの映画
じ?...
悠久の華美  2009年11月15日(日) 13時19分

93点/100点満点中

『殺人の追憶』『グエムル -漢江の怪物-』のポン・ジュノ監督最新作。2009年公開作品。

************************************
静かな田舎町。漢方薬店で働く母とふたり暮らしの生活を送る知恵遅れの青年トジュン。母親にとってトジュンはかけがえのないひとり息子であり、悪友のジンテと遊んでばかりことに心配する毎日だった。そんなある日、町一番の高台で女子高生が殺される事件が起き、容疑者としてトジュンが逮捕されてしまう。
************************************

これはすごい映画。年末に毎年作っている年間ランキングでも必ず上位に食い込むはず。全てのポン・ジュノ監督作品を見たわけではないけれど、傑作だった『殺人の追憶』を軽く越えているわけで、すばらしい完成度だ。

オープニングのシーンからして圧巻。枯れススキ(でいいのかな)が風でなびく広々とした大地が映し出され、老女と呼ぶにはまだ早い女がよろめくように奥から手前に歩みを進め、突然音楽に合わせて踊り始める。一瞬隠した顔の下半分からこぼれ出る白い歯が笑っているよ...
すばらしくてNICE CHOICE  2009年11月10日(火) 21時39分
[画像]「究極の母性愛」に恐怖するも、共感する自分がいる

 久々に映画の感想を書いてみようと思う。選んだ1本は韓国映画『母なる証明』。韓国の鬼才、ポン・ジュノ監督の最新作である。監督が「韓国の母」と呼ばれるベテラン女優キム・ヘジャの「美ぼうの内側に秘めた感情の激しさと繊細さにインスピレーションを受けて企画した」(2009.5.19シネマトゥデイ記事)作品らしい。

 とにかく、先ずキム・ヘジャ演じる「人目も憚らず息子を溺愛する母ありき」の作品。この母の人物造形があまりにも特異で、冒頭から印象が鮮烈。

[画像] 究極の母子愛を描くべく、この「強烈な母」の息子役に選ばれたのは、兵役後本作で本格復帰の人気俳優、ウォン・ビンである。

 5年と言う長いブランクを経て再登場した彼は、ファンが彼に対して常々抱いていた、或いは期待しているイメージを敢えて壊すような役柄に挑んでいる。そこにウォン・ビンの復帰への並々ならぬ意気込みを感じて、個人的には好印象。

 ポン・ジュノ監督作品は『殺人の追憶』『グエムル-漢江の怪物』と見て来たが、1作ごとに違う作風で、今回もどんな作品かと期待したら、昔からよくある「母もの」。しかし...
はなこのアンテナ@?無知の知  2009年11月10日(火) 8時29分
12月、韓国を代表するスター4人が日本に集結する。
ネット社会、その光と影を追うー  2009年11月09日(月) 19時12分
韓国映画で、こういうサスペンス系の作品は凄いものがあります。今年観た『チェイサー』もそうでしたが・・・冒頭の草原で踊りだすキム・ヘジャに、しょっぱな度肝を抜かれます。えーーーっと、何、観に来たんだっけ?ってサスペンスだったよねって^^;;;思いつつ物語が
黒猫のうたた寝  2009年11月09日(月) 12時27分
<<ストーリー>>早くに夫を亡くして以来、一人息子のトジュン(ウォンビン)と静かに暮らすヘジャ(キム・ヘジャ)。そんなある日、街で殺人事件が起こり、もの静かなトジュンが第一容疑者に。事件の解決を急ぐ警察がトジュンを犯人と決めつけ、無能な弁護人も頼りにならない
映画君の毎日  2009年11月09日(月) 1時01分
車にひかれそうになった息子(ウォンビン)に取りすがり、自分の指の血を息子のケガと間違える母(キム・ヘジャ)。皿に料理を取り分けてやり、用を足している所にさえ、薬を飲ませに来て尿の具合を見る。 母親がここまで息子にべったりなのは、彼が知的におぼつかない、頼..
シネマ大好き  2009年11月08日(日) 23時05分
上映スクリーン数: 27オープニング土日月祝動員: 2万4495人オープニング土
映画コンサルタント日記  2009年11月07日(土) 0時39分
ビルの屋上で女子高生の無残な遺体が発見され、数年ぶりの殺人事件に静かな町は騒然となる。 前夜、彼女に声をかけていたという理由で青年トジュンが容疑者として連行された。 女手ひとつでトジュンを育ててきた母は息子の無実を訴えるが、警察も弁護士も誰も全く取り合わない。 母はついに自ら真犯人を追うことを決意するが…。 ヒューマン・ミステリー。
象のロケット  2009年11月06日(金) 20時06分
ミステリーとして、そして人間ドラマとして第一級の作品として仕上がっています。 ミ
はらやんの映画徒然草  2009年11月05日(木) 19時47分
今月の映画の日は日曜日と重なった。
あーうぃ だにぇっと  2009年11月05日(木) 8時21分
『殺人の追憶』、『グエムル -漢江の怪物-』のポン・ジュノ監督が送るサスペンスミステリー。主演は“韓国の母”と呼ばれる国民的女優キム・ヘジャ。そして共演に5年ぶりに兵役から復帰したウォンビンが出演。殺人の罪を着せられた知的障害を持つ息子を助けるために、狂気ともとれる母の愛で真犯人を捜す姿を鋭く描いた作品だ。原案・脚本もポン・ジュノ監督が務めている。
LOVE Cinemas 調布  2009年11月05日(木) 0時53分
ウォンビンの復帰作だから。。。ウォンビン祭り。。。と言いたい所だけど、とても、そんな感じの映画ではない。ポン・ジュノ監督の作品だから。。。そういう後味です。とても、重い。男の子の母としては、共感できる部分がありすぎるほど。夢に見そうです。映画の詳しい感...
見取り八段・実0段  2009年11月05日(木) 0時20分
2009年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
http://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf