「風が強く吹いている」何かを目指すなら向かい風を行け

2009年11月03日(火) 0時09分
「風が強く吹いている」★★★★オススメ
小出恵介、林遣都、中村優一、川村陽介出演
大森寿美男監督、133分、2009年、2009-10-31公開




                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい



「10人のランナーがタスキを繋ぐ箱根駅伝への挑戦、
実際に可能かどうかはともかく、
無理だと決めつけずに、目標を持って
やり通す事は出来る。
結果が気になるのが人情だけど、
現実は甘くない、でも挑戦しなければ始まらない」



青竹荘に集まった10人は
大学4年生のハイジ(小出恵介)に見込まれ、
新入生カケル(林遣都)が入寮したことで
ハイジから箱根駅伝参加の夢を宣言される。
精鋭とは言えない10人の夢は叶うのか。

ひとりもくもくと走るシーンも
全員でひと固まりで走るシーンも
そこに「走る」という純粋な意思があり、
ただ前へ前へと足を進めることだけ考え、
その姿が傍からは美しく見えることも知らない。


「ハイジの為に頑張るか」
そんな気持ちにさせるハイジと
反発しながらもだんだんと認めるカケルを
中心にそれぞれの見せ場を作りつつ
ラストの駅伝の激走へと
映画の作りは緩むことなくラストへ。

「肝心な時に風邪ひいたり、ダメなんだよなー」
これは20キロの坂道を走った後だから許される弱音だ、
でも誰もが言い訳を用意し、
他の要因を必死に探すが、本当は自分には
そこまでの実力がないことも良く分かっている。



スポ根ものというより
成長の物語だ、

人の痛みはやはり自分も
同じような目に遭わないと分からないし
自分が良い状態でなければ
他者を助けることはできないのだ、
でも走るという行為はそのこと自体は
誰も助けられない個人競技で
あとはもう声援を送るしかない。

ゴールを切って倒れこみ
仲間に抱えられながら健闘を讃える、
でも普段の生活にはそんな華やかなゴールテープもなく、
駆け寄って大丈夫かという人も無い、
自分で立ち上がり、また何でもないように
普通の生活を続けていくのだ。

だからこそたまにはこんな映画も良い、
あるかもしれない「もしもの世界」を
大画面の中に見つけ、夢物語と思えても
ひと時熱い気持ちになれるからね。


★100点満点で75点

soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

林遣都はボクシングや飛び込みそして今度は長距離ランナーと一見スポーツ系に見えないけど
この映画での走りはちゃんとランナーでした。

★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか
  • URL:http://yaplog.jp/sora2001/archive/1403
トラックバック
トラックバックURL:
DVDにて観賞



解説
直木賞作家・三浦しをんの同名小説を映画化した青春ストーリー。
箱根駅伝出場を目指す大学陸上競技部員10人の奮闘を描く。
監督は『次郎長三国志』などの脚本家であり、本作が監督デビュー
となる大森寿美男。
致命的な故障からはい上がる元エリー
A Day In The Life  2012年01月04日(水) 22時44分
風が強く吹いている
箱根駅伝初参加で
シード獲得(10位内)を目指す若者たち

【個人評価:★★☆ (2.5P)】 (自宅鑑賞)

原作:三浦しをん 『風が強く吹いている』
『映画な日々』 cinema-days  2011年01月11日(火) 0時22分
◆小出恵介さん(のつもり) ◆林遣都さん(のつもり) 映画『風が強く吹いている』に小出恵介さんはハイジ(清瀬灰二)役で、林遣都さんはカケル(蔵原走)役で出演しています。原作は三浦しをんさんの同名小説です。これまでに漫画化、ラジオドラマ化、舞台化もされています。先日、劇場に観に行きました。●導入部のあらすじと感想
yanajunのイラスト・まんが道  2009年11月13日(金) 17時32分
11月1日のファーストデーに映画「風が強く吹いている」を鑑賞。
FREE TIME  2009年11月08日(日) 23時44分
【11月3日特記】 映画『風が強く吹いている』を観てきた。見ようかどうしようか迷っていた面もあったのだが、「三浦しをんの原作に非常に忠実に作ってあって面白い」という信頼できる知人の映画評に押されて見に
trivialities  2009年11月08日(日) 21時37分
 落ちこぼれ陸上部員たちが箱根駅伝の出場を目指し奮闘する!  三浦しをんの小説の
みんなシネマいいのに!  2009年11月08日(日) 12時33分


最近はちょいとユル目の映画ばかりをDVDで観ているせいかもしれませんが、久し振りにストレートな青春映画を観たぞ!という印象です。
捻った題材なのに、その実、ストレートな青春映画『鴨川ホルモー』と同じ会場で観ました。
高校時代に天才ランナーと呼ばれながらも、事件を起こして陸上から遠ざかっていたカケル。ひざの故障で陸上の道をあきらめた元エリートランナーにして、寛政大学陸上競技部のリーダーでもあるハイジは、そんなカケルを陸上競技部にスカウトし、ひそかに抱き続けていた箱根
映画な日々。読書な日々。  2009年11月07日(土) 2時05分
{{{   ***STORY***              2009年  日本
寛政大学4年生のハイジはある日、貧乏な新入生カケルを陸上部の寮・竹青荘に連れてきた。カケルはかつて天才ランナーと呼ばれたが、今は陸上部に所属していない。竹青荘の寮長も務めるハイジはカケルに対し、陸上部入部などを条件に家賃格安の竹青荘への入寮を許可。そしてここからハイジの野望が始動する。それは寛政大学陸上部で箱根駅伝に出場すること。ハイジは長距離専門の竹青荘メンバーらを徐々にその気にさせていき……。gooより}}}...
Cartouche  2009年11月06日(金) 13時51分
映画『風が強く吹いている』の感想。
箱根駅伝を目指してメンバーの殆どが素人の走る青春映画
『風が強く吹いている』を数ヵ月前に試写会で観ました。
おぼえ帳 みんなの本棚  2009年11月06日(金) 12時04分
 試写会の主催はBIGLOBEさんだ。客層はお子さんから年配の方まで幅広い客層で、客入りは7?8割ほどだ。  映画の話 高校時代に天才ランナーと呼ばれながらも、事件を起こして陸上から遠ざかっていたカケル(林遣都)。ひざの故障で陸上の道をあきらめた元エリ...
masalaの辛口映画館  2009年11月05日(木) 12時36分
監督・脚本:大森寿美男原作:三浦しをん出演:小出恵介、林遣都、中村優一、川村陽介、橋本淳、森廉、内野謙太、ダンテ・カーヴァー、斉藤慶太、斉藤祥太、水沢エレナ試写会場 : よみうりホール公式サイトはこちら。<Story>天に与えられた“走る”才能をもった...
NiceOne!!  2009年11月04日(水) 21時39分
10月31日(土)公開予定の映画です。公式サイト→http://www.kaze
my all...  2009年11月04日(水) 20時01分
寛政大学新入生の走(カケル)は4年生の灰二(ハイジ)の強引な誘いで“竹青荘”に入居する。 まかない付きで月3万円という破格の家賃には、陸上競技部に入部するという条件があった。 「10人で力を合わせて、箱根で頂点を目指そう!」ハイジの箱根駅伝出場宣言に驚く入居者たち。 ハイジとカケル以外は全員、陸上とはかけ離れた者ばかりだったのだ…。 スポーツ青春ドラマ。
象のロケット  2009年11月04日(水) 18時09分
“走り”を通じ、人生の普遍的なテーマに迫る清々しい青春小説、待望の映画化!長距離選手に必要なのは、“速さではなく強さ”―故障による泥沼から這い上がり、独自の結論に達した...
やっぱり邦画好き…  2009年11月04日(水) 11時19分
直木賞作家・三浦しをんの同名小説を映画化。主演は『僕の彼女はサイボーグ』、『ROOKIES -卒業-』の小出恵介、共演に『DIVE!!』の林遣都、『湾岸ミッドナイト THE MOVIE』の中村優一、俳優というよりソフトバンクCMで有名なダンテ・カーヴァー、斉藤慶太・祥太など個性的な面々が出演。大森寿美男は本業は脚本家で、今回が監督デビュー作になる。駅伝をテーマにした典型的な青春スポーツドラマだ。
LOVE Cinemas 調布  2009年11月03日(火) 23時26分

小出恵介、林遣都、中村優一、ダンテ・カーヴァー、斉藤祥太、斉藤慶太、川村陽介、橋本淳、森廉、内野謙太、水沢エレナ
ぷくの日記  2009年11月03日(火) 21時17分
2007年3月に、小説「風が強く吹いている」の記事を書いた時「この小説が映画化されないかな?とココロから願っています。」と書いた私。その私の願いがかなって、映画化されました!本当に「待ちに待ってた」私...
ワーキングマザースタイル[wmstyle.jp]  2009年11月03日(火) 20時35分
三浦しをん著の同名小説を映画化した作品です。 10人で箱根駅伝を目指すという原作が大好きなので、とてもとても楽しみにしていました。 原作好きとしてはいろいろツッコミどころはありましたけど、やっぱり素敵な作品でした〜
とりあえず、コメントです  2009年11月03日(火) 10時38分
基本的にこういう青春スポーツものには弱いのです。 その題材があの箱根駅伝ですから
はらやんの映画徒然草  2009年11月03日(火) 7時24分
新橋・ヤクルトホールに、小出恵介、林遣都主演の『風が強く吹いている』の試写会で行ってきました。
133分の作品を観るホールとしては座席は微妙だけれど、作品のパワーで時間を忘れさせてくれました。

********************

チェック:直木賞作家・三浦しをんの同名小
cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー  2009年11月03日(火) 1時59分
2009年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
http://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf