「南極料理人」西村君、ハラ減ったよ!

2009年08月24日(月) 0時09分
「南極料理人」★★★☆
堺雅人、生瀬勝久、きたろう、高良健吾、豊原功補主演
沖田修一監督、125分、2009年



                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい



「海上保安庁の料理担当である西村は、
南極ドームふじ基地に派遣される。
食べることくらいしか楽しみのない観測隊員のため、
毎日毎日食事を作り続ける、
料理を作り、食べるシーンが全編の半分くらいの
まさに南極ドーム食堂ここに開店」



零下50度の地では
ペンギンやアザラシも生息していない、
ウィルスもいないから
風邪を引かない、
ないないづくしの男所帯で500日あまり、
こういうところだと観測等の
その分野に優れていることより、
協調性や人柄が結構優先されそうだ。


彼らの主な業務は「氷床深層掘削計画」、
深く氷の大地を掘削し、30万年前の氷を取り出し
そこから気象変化等を調べるというもの、
「そんなことが出来るんだぁ、へぇー」くらいの
リラックスした気分で映画を見つめる、
真面目な日常もどこか滑稽に感じる。


ほんの少しの仕事の場面以外は
ほとんど料理を作ってるか、
皆で食べてるかって映画、
それほどツバを飲みこんですぐにも
何かを食べたくなるような、スゴク美味そうなものというより、
日常的に普通に食べるものが多く、
当然だよなと思いつつ、1年以上の食材を調達し
そこでやりくりするのはやはり大変そうだ。


脚本が俳優にマッチしていて、
笑わせどころも、大笑いというわけなじゃい、
ちょっと可笑しいあたりで止めているのが功を奏していて、
その連続で結構笑わせてもらった、
もうね、こんな人里離れたところでは
笑いと食事くらいしか、孤独や人間関係とか
良くさせてくれないだろうな。

「帰国まであと450日」とか毎日その残りが
ホワイトボードに書かれていて、
そのうち暴風で基地が飛ばされるとか
何か大変なことが起こるのかと思っていたが、
結局たいしたことは起こらなかった、
でもそんなものだろう、そんなものだよ日常って。

場所が違えど、自分たちは結局同じようなことを
しているのだろう、
どこか制約があって窮屈なら、別の何かを探すだろうし、
諦めることも知っている、
でもやはりちょっと足りないものを深夜でも
買いに行ける現状をありがたいことだと
思うべきなのだろう、
ラスト近く「オーロラが出てるよ」って言ってたが、
オーロラとか降るほどの星とか
せめてペンギンが出てこない分、
そのくらいは見せて欲しかったな。



韓国映画で「南極日記」←過去日記へジャンプ!
というのがあったが
あちらはシリアスで寒く怖い映画だった、
こんなホノボノ系の映画もたまにはいい、
楽しめました、
暑い今だから劇場で見るといい。

★100点満点で75点


soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

堺雅人はちょっと情けなさそうなところが、今回も良かった。
不思議な雰囲気を持った人だ。

★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか

  • URL:http://yaplog.jp/sora2001/archive/1348
トラックバック
トラックバックURL:


南極なのに豪華な食事!もっと質素な食生活をしていると思ってた。
南極という非日常の中で描き出される南極基地隊員の食事への執着は面白い。食事も美味しそうだし彼らも学生みたいにはしゃいで楽しそうでしたけど…実際の仕事にあまり時間を割いて描かれてないのはちょっと不満でしたね。あと時間をもう少し短く100分前後くらいにまとめられなかったのだろうか。
南極という特異な状況における人間的な行動の可笑しさや、会話や遊びなんかはいいエピソードだとは思いますが、実際にはもっと厳しい現実が待っているのだろうと思います。こんなゆるい空気ではないと思いますが、そこはキャラクターの個性でしょうか。
ただ、ウィルスも存在しないほどの寒さのため風邪もひかない南極で、観測隊として働くむさ苦しい男たちが体操する姿には少々ほっこりさせられた。また、張り紙なんかの基地内の生活臭を見るのは楽しかったですね。
彼らの何気ない生活が楽しかっただけに南極を去るときは少々寂しくもなりました。
みてたらおにぎりが食べたくなりました。

【概略】
南極ドームふじ基地に派遣された男・西村。彼に課せられた任務は、同じく南極観測隊員として...
いやいやえん  2012年03月01日(木) 9時26分
 西村は南極の昭和基地からも遠く離れた陸の孤島、南極ドームふじ基地に料理人として派遣される。妻と娘を置いての単身赴任生活で、彼は8人の男性南極越冬隊員たちの胃袋を満たすという大役を任される。基地では雪氷学者をはじめ、雪氷サポート隊員らが彼の料理を心待ちにしており……。(シネマトゥデイ)  (2009/日本)
みかんのReading Diary♪  2010年12月29日(水) 20時08分
南極料理人 [DVD]

「南極料理人」 感想

日本映画独特の空気感を持つ映画
略して、「空気映画」w

この手の映画、結構好き。
強いメッセー...
むーびーふぁんたすてぃっく  2010年03月14日(日) 18時29分
テアトル新宿で公開当初から見たかった作品。
なんだか地元川口のMOVIXに来たので見ることができました。

堺雅人さんは料理がうまい・・・・...
単館系  2009年12月31日(木) 0時35分
脚本ゼミのお友達と作ってる映画を観る会で観ました。
堺雅人が好きではない私には、
絶対ないチョイスです。f(^^;)
巧い役者さんなんですけれど、
いつもニヤけている顔がどうも。。。( ^ _ ^;
自分が観たい作品なら一人で行けばいいし、
予告編は面白そうだったの
映画、言いたい放題!  2009年10月26日(月) 12時35分



☆☆☆☆− (5段階評価で 4)
9月26日(土) シネ・リーブル神戸 シネマ3にて 12:25の回を鑑賞。
みはいる・BのB  2009年09月27日(日) 12時01分
[コメント]南極観測隊の実話を元にした原作の映画化作品で、閉鎖型コメディになっています。1年を超える期間、狭い空間での男だけの生活観は伝わってきますが、独特のコメディタッチは観客との相性を選ぶ感じです。原作はヒット作ですが、映画化はちょっと厳しい感じがし..
peruriの劇場映画鑑賞記  2009年09月10日(木) 12時53分
南極観測隊で調理担当だった西村淳氏のエッセー「面白南極料理人」「面白南極料理人 笑う食卓」を映画化。

原作を読んだことがあるんですが、元々面白いエッセーでしたが、映画になるとは思っていませんでした。映画になっても、その面白さは失われていません。しかしながら、劇ではないので、少し冗長かなぁと思うところも。セリフの無いカットが多いんですよねぇ。その辺りをきちんと締めれば、もっとテンポある映画になったのかと思うんですが・・・、と、ここまで書いて気が付いたんですが、のんびりした雰囲気を出すために、セリフの無い、一見無意味と思われるカットを多用したんですかね? だとすれば、間の伸びた感じは充分通じました。

主人公にして原作者の西村淳氏を演じるのは堺雅人。原作本の著者の写真を知っていたんですが、こう言っては西村氏には大変失礼ですが、本人よりだいぶカッコいいですね。で、西村氏は海上保安官で、現役時代は特殊警備隊(本人の著書「面白南極料理人 名人誕生」どおり。特別警備隊ではないかと思うんだけど・・・。)も乗船する準特殊警備船に乗っていたとのことで、警備訓練も受けていたと取れる記述があるんですが、堺...
勝手に映画評  2009年09月05日(土) 19時46分
 2009/日本監督:堺 雅人、生瀬勝久、きたろう、高良健吾、豊原功補、西田尚美・・・
Lovely Cinema  2009年09月05日(土) 17時16分
[南極料理人] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ 評価:7.0/10点満点 2009年75本目(70作品)です。 【あらすじ】 1997年。 南極の昭和基地から更に1000km離れた、平均気温マイナス54度の「南極ドームふじ基地」に料理人として派遣された西村..
おいしいご飯があれば、まぁどんな状況でもどうにかなるもんです。『南極料理人』は南極ドームふじ基地を舞台にその観測隊員8人の日々を描いた作品です。−70℃にもなる極寒世界での1年半の観測生活集まったメンバーは気象学者のタイチョー氷雪学者の本さん、そのサポートの院
黒猫のうたた寝  2009年09月02日(水) 23時06分

2009年/東京テアトル/125分
【オフィシャルサイト】
監督:沖田修一
出演:堺雅人、生瀬勝久、きたろう、高良健吾、豊原功補、西田尚美、古舘寛治、小浜正寛、黒田大輔
kuemama。の<ウェブリブログのへや>  2009年09月02日(水) 17時09分
今回のサブタイトルは、本作「南極料理人」の予告の中で使っていたコピーです。 もう
はらやんの映画徒然草  2009年08月29日(土) 7時18分
試写会で見ました。南極の料理人が主人公みたいな扱いになっていますが、実際は、その
うろうろ日記  2009年08月27日(木) 22時33分
イクラのおにぎり。伊勢海老のフライ。特製ラーメン。
悠雅的生活  2009年08月27日(木) 18時59分
監督:沖田修一
出演:堺雅人、生瀬勝久、きたろう、高良健吾、豊原功補

   おいしいごはん、準備中。

「海上保安庁で調理担当だった西村は南極のドーム基地に単身赴任することになった。
生物は全くいない、ウイルスさえ生きられない極寒の地でたった8人だけ
日々のつぶやき  2009年08月27日(木) 11時32分
満 足 度:★★★★★★★☆☆☆
   (★×10=満点)

    試写 にて鑑賞
    2009年8月22日公開 

監  督:沖田修一
キャスト:堺雅人
      生瀬勝久
      きたろう
      高良健吾
      豊原功補、他


■内容
★試写会中毒★  2009年08月27日(木) 11時31分
南極観測隊は気象学者、雪氷学者だけで構成されるわけではありません。閉鎖された空間で生活していくために、医療、通信、車両など、さまざまなプロフェッショナルが必要とされます...
やっぱり邦画好き…  2009年08月26日(水) 2時52分
「食事するために南極きてるわけじゃない」 そりゃそうですが、やっぱりごはんって大
待て、しかして希望せよ!  2009年08月25日(火) 15時01分
8月22日(土)…全国ロードショーの初日に観にいってきました。
私が観たのは、21時05から始まる回、いわゆるレイトショーなんですが、この時間にもかかわらず、
ケッコウお客さんが入ってましたよ。
書道楽ブログ  2009年08月25日(火) 9時33分
JUGEMテーマ:映画 

主役は料理美味しそうなものは美味しそうに、不味そうなものは不味そうに、存在感のあるものは「これでもか!」というインパクト。とにかく出てくる料理という料理、すべてに「おぉ??!」と思わされた125分。それもそのはず。フードコーディネーターはドリームチームとも言えるお二人。「かもめ食堂」や「めがね」でお馴染みの飯島奈美さんと「ハンサム★スーツ」の榑谷孝子さん。「かもめ食堂」ではシナモンロール、「めがね」では宇治金時、「ハンサム★スーツ」の大衆食堂こころ屋のメニューの数々…スクリーンで燦然と輝く料理の数々をコーディネートしてきたフードスタイリストさんたちの夢の共演です!作品そのもののクオリティも素晴らしかったです。これが長編初監督とは思えない若手、沖田修一さん。脚本も沖田さんの手によるもの。この若手監督の存在をしっかり覚えておこうと思いました。物語そのものは舞台が南極であることを除けば、とても平凡な日々の営み。ドラマというドラマは何もないのに、観終わってからじわじわと感動。こころがほっこりと、心地よい温かさに包まれます。小津安二郎作品を観終わったときの感覚に近い...
ハピネス道  2009年08月25日(火) 8時41分
1997年、海上保安庁に勤務する西村は、南極ドームふじ基地に料理担当として派遣される。 昭和基地から1000キロも離れた内陸の山の上に位置し、ペンギンやアザラシはおろか、ウィルスさえも生存できないマイナス54℃の極寒地で、8人の南極観測隊員たちは1年半もの共同生活を送ることになった…。 究極の単身赴任物語。 ≪おいしいごはんが、待ってます。≫
象のロケット  2009年08月25日(火) 6時08分
[コメディ][ファンタジーっぽい現実世界][実話がモデル][おバカにならなきゃやってられない][愛すべきおバカたち][不可思議テンション][料理][邦画][実写][ビスタサイズ][125分]


等身大のユーモア:★★★★★
等身大のおバカたち:★★★★★
...
シネリーブル神戸にて昨日から公開の『南極料理人』。原作は、西村淳さんという方のエッセイだそうです。 Story 1997年、海上保安庁の料理担当である西村(堺雅人)は、自分の意志に反して妻と子供を残して南極ドームふじ基地に派遣される。ペンギンやアザラシはおろか、..
健康への長い道  2009年08月24日(月) 23時46分
海上保安庁の料理人で、南極に派遣された西村淳氏のエッセイ「面白南極料理人」シリーズ。その西村氏の体験を映画化した作品です。「面白南極料理人」シリーズのうち、「笑う食卓」は以前、読んだことがあり、当ブログでも感想
をアップしています。

海上保安庁の料理担当で
実際に観測隊員として二度南極を訪れた西村淳が、自身の体験を記したエッセイ集を映画化したもの。
先日その本を読み、大変面白かったので映画版にも興味を持っていたが、はたしてエッセイをドラマ化してどうなるのか、という点が不安だったが、それを帳消しにするような作品に仕上がっていた。

物語そのものは、エッセイを題材にしたフィクションになっており、当時のドームふじ基地での8人の隊員たちの暮らしぶりが虚実取り交ぜて描かれていて、エッセイ集の読者にはかなり違和感があるだろうが(そもそも実際の西村淳と、映画で西村役を演じた堺雅人とではまるでイメージが違う)、それを踏まえての映画オリジナル・ストーリ...
【徒然なるままに・・・】  2009年08月24日(月) 22時39分
{{{   ***STORY***              2009年  日本
海上保安庁の料理担当である西村は、南極ドームふじ基地に派遣される。ペンギンやアザラシはおろか、ウィルスさえ生存できない極寒の地では、楽しみと言えば食べることだけ。観測隊員のために西村は、時に贅沢な食材を使い、娯楽の少ない彼らをもてなしていた。日本から遠く離れた西村の心の支えは家族。しかし、ある日娘から「お父さんがいなくなってから毎日が楽しくて仕方ありません」というファクスが届き、ショックを受ける。      go...
Cartouche  2009年08月24日(月) 21時51分
なんでワルキューレでこんなに笑えるかな〜(爆) 予告編見すぎ? 究極の単身赴任は可愛い動物どころかウイルスもいない場所。 電話は恐ろしく高い。娯楽施設も家族からも離れて それはそれは過酷な1年強。男8人のむさい生活。(笑) 好きな仕事だとしてもその期間が終わるま..
ペパーミントの魔術師  2009年08月24日(月) 18時21分
 試写会場は多くの女性観客が来場して、あっという間に客席はほぼ満席になってしまった。  映画の話 西村(堺雅人)は南極の昭和基地からも遠く離れた陸の孤島、南極ドームふじ基地に料理人として派遣される。妻(西田尚美)と娘を置いての単身赴任生活で、彼は8人の...
masalaの辛口映画館  2009年08月24日(月) 13時35分
西村淳著のエッセイ「面白南極料理人」をもとに創り上げた人間ドラマです。 家族や恋人と離れて1年以上もの間を南極で過ごす8人の男たちの暮らしぶりが可笑しかったです。 次々と出てくる美味しそうな料理にも魅せられました〜
とりあえず、コメントです  2009年08月24日(月) 12時52分
2009年08月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
http://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf