「セントアンナの奇跡」奇跡があるなら争いを無くしたい

2009年08月01日(土) 0時09分
「セントアンナの奇跡 」★★★★
デレク・ルーク、マイケル・イーリー、ラズ・アロンソ、オマー・ベンソン・ミラー主演
スパイク・リー監督、2008年、163分、アメリカ



                              ★映画のブログ★
                              どんなブログが人気なのか知りたい



「NYの郵便局で局員が
切手を買いに来た客を銃殺した。
不可解な殺人から語られる、
戦争の真実と奇跡、
宗教的な決着が気になるが、
誰もが小さな日々の奇跡は信じられるからこそ、
懸命に生きることにこそ、
生きるという確かな手ごたえを感じる」



イタリアのトスカーナ地方で
ナチスがイタリア市民を殺害した
“セントアンナの大虐殺”をモチーフに
アメリカの黒人兵と戦争との関わりも描いた
野心的な作品。

戦時下、一般庶民を巻き込む悲惨な事件は
いくつもいくつも起きてしまった、
その狂気を描きつつ、
黒人兵がどんな状況で戦争に参加していたか
ひとつの物事も複雑に様々な要素をはらみ、
簡単には割り切れない事実を浮かび上がらせる。


狭い場所に身を寄せるように並んだ家々、
そこからはトスカーナの豊かな自然が見渡せる、
ナチス侵攻の中、米兵と地元の人々が
教会で歌い、踊るささやかな楽しみの夜、
兵士のひとりは
「自分は今、黒人ではなくひとりのアメリカ人として
すごく自由だ」と言い放つ、
母国ではカフェでカキ氷を食べることさえ許されない、
人種差別の中、
様々な人種、兵士そして庶民と
簡単には語れないそれぞれの戦いがあった。

どこの視点から見るのが一番公平なのか、
そんなことはホントに分かりにくい時代、
自分の目から見た真実と
他人の目から見た真実が違っているかもしれない、

そんな危うさのなかでも、
子供を守るだとか、困った人を助けるだとか
そういった根本は誰もが同意できるであろう、
そんな根本さえ無視された時代を
この映画でもう一度思った。

ラストは都合よすぎの結末で
盛り上がりかけた気持ちが醒めるが
それでもいろんな人が見ても、
色んな捉え方のできる映画だった、
手堅い映画の作り方にも納得。

★100点満点で75点

soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

スパイク・リー監督ってもっと鋭った印象があるが、
これは見方によっては人に優しいまなざしを投げかけている。

★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか
  • URL:http://yaplog.jp/sora2001/archive/1328
トラックバック
トラックバックURL:
 今日は、広島カープの野村監督と見かけましたよ。まあ、嫌いな監督なので声はかけなかったですけど…。まあ、そんな話は置いておいて、本日紹介する作品は人間の素晴らしさを感
こんな映画観たよ!-あらすじと感想-  2013年05月16日(木) 21時15分
記事が気に入っていただけたら
下のバナーをそれぞれクリックしてください


それは、不可解な殺人事件だった。1983年、ニューヨークの郵便局で定年間近の郵便局員が切手を買いに来た男性客をいきなり撃ち殺した。犯行に使われたのは戦前ドイツ製のルガーだった。犯人とし
▼動機
なんか良さそうな雰囲気
▼感想
見せ方にもう一工夫欲しかった
▼満足度
★★★☆☆☆☆ あんまり

▼あらすじ
1983年、平凡な黒人の郵便局員が客を射殺する不可解な事件が発生。この事件の背景には、第二次世界大戦中のイタリアでのとある出来事が隠されていた。黒人だけで組織された“バッファロー・ソルジャー”の4人の兵士は部隊からはぐれ、イタリア人の少年(マッテオ・シャボルディ)を保護する。4人はトスカーナの村でつかの間の平和を感じるが、ナチスの脅威はすぐそこまで迫っていた。
▼コメント
微妙すぎる・・・

見せ方が下手というかなんと言うか、お客さんの関心はそん...
新!やさぐれ日記  2009年08月10日(月) 21時43分
実話を元にした映画という事だけど、どこまでが実話なんだろう?
祖国アメリカでは人種差別を受け、戦地でも白人の上官に無理難題を言われていた黒人兵士達が、戦地イタリアで人種差別という概念すらない敵国の人達に出会い、“自由”と“安らぎ”を身を持って体感する。
...
honu☆のつぶやき ?映画に恋して?  2009年08月09日(日) 2時30分
スパイク・リー監督の「セントアンナの奇跡」を、新宿テアトルタイムズスクエアで観てきました。なにしろ2時間43分という長い長い作品です。現代のニューヨーク、真面目な郵便局員が客を射殺、犯行に使われた銃は古いドイツ製のルガー。彼の部屋からは歴史的にも重要な
とんとん・にっき  2009年08月07日(金) 18時31分
「セントアンナの奇跡」試写会 ショウゲート試写室

作品情報も読まずに行ったのはちょっと失敗。
作品がいいとか悪いとかいう前に、戦争映画なのです。
2時間半という尺の長さの大半が戦争のシーンというのは私にはきついです。
かなり残虐なシーンが多い戦争映画なのでこれは見る人を選ぶでしょう。
しかしながら、感動的なストーリーというか、心やさしい兵士たちの子供を守ろうとする態度には非常に心を打たれます。
そしてトスカーナの美しい景色。
なんだかんだいってもやっぱり戦争は止めようという教訓です。
奇跡は起こったけれども、奇跡を願う兵士たちの気持ちが美しく、物哀しい。
本当の戦争...
てんびんthe LIFE  2009年08月07日(金) 15時17分
上映スクリーン数: 24オープニング土日興収: 1147万円『メイン館のTOHO
映画コンサルタント日記  2009年08月06日(木) 23時20分
スパイク・リー監督のセントアンナの軌跡は考えさせられる作品だ。戦争の愚かさを訴えている事は間違いないが、第二次大戦時の人種差別問題や題名にもなったセントアンナの大虐殺について触れているが、どうにもまとまりが無く構成が複雑でかなり損をしているのではないだろうか。
オヤジの映画の見方  2009年08月06日(木) 11時36分
1983年、平凡な黒人の郵便局員が客を射殺する不可解な事件が発生。この事件の背景には、第二次世界大戦中のイタリアでのとある出来事が隠されていた。黒人だけで組織された“バッファロー・ソルジャー”の4人の兵士は部隊からはぐれ、イタリア人の少年を保護する。4人はトス
映画な日々。読書な日々。  2009年08月05日(水) 21時25分
2009.7.25 本日公開の「セントアンナの奇跡」。 監督・製作:スパイク・リ...
フリーライター・山口拓朗の音吐朗々NOTE  2009年08月03日(月) 23時13分
1983年、ニューヨークの真面目な郵便局員が切手を買いに来ただけの男を突然射殺した。 そして局員の部屋から古い彫像の頭が発見される。 不可解な事件の謎を解くカギは1944年のイタリアにあった。 第二次世界大戦中、イタリア・トスカーナでの戦いの最中にケガをした現地の少年を助け、部隊とはぐれてしまったアメリカの黒人兵4人がいた…。 戦争ヒューマン・ドラマ。
象のロケット  2009年08月02日(日) 22時01分
スパイク・リー監督の創り上げた戦争映画です。 1944年のイタリアを舞台に、差別の中で戦った黒人兵士たちの物語を、実話を元に描いています。 孤児の少年と4人のアメリカ黒人兵との奇妙な逃避行の行方はかなり辛いものでした。
とりあえず、コメントです  2009年08月02日(日) 21時23分
MIRACLEATST.ANNA女神は<奇跡>を人に託した映時間163分製作国アメリカ/イタリア公開情報劇場公開(ショウゲート)初公開年月2009/07/25ジャンルドラマ/戦争/ミステリー映倫R-15【解説】社会派の名匠スパイク・リー監督が史実をヒントに綴られた同名小説を映画化した戦...
CinemaCollection  2009年08月02日(日) 17時41分
印象深いシーンがありました。 登場人物が神に祈りを捧げているシーンです。 アメリ
はらやんの映画徒然草  2009年08月02日(日) 6時48分
原題:MIRACLEATST.ANNA監督:スパイク・リー原作・脚本:ジェームズ・マクブライド出演:デレク・ルーク、マイケル・イーリー、ラズ・アロンソ、オマー・ベンソン・ミラー、ジョン・タトゥーロ試写会場 : 一ツ橋ホール公式サイトはこちら。<Story>ニューヨーク...
NiceOne!!  2009年08月02日(日) 0時49分
●ストーリー●1983年、平凡な黒人の郵便局員が客を射殺する不可解な事件が発生。この事件の背景には、第二次世界大戦中のイタリアでのとある出来事が隠されていた。黒人だけで組織された“バッファロー・ソルジャー”の4人の兵士は部隊からはぐれ、イタリア人の少年(マッテオ
映画君の毎日  2009年08月01日(土) 23時05分
今週ラストの試写会は、金曜だというのに仕事帰りに神保町へダッシュして一ツ橋ホールで「セントアンナの奇跡」でした「マルコムX」のスパイク・リー監督が、またしても実話に基づいた奇跡の物語です。伏線も最後にきちんと決着するし、ドラマチティックな展開で160分超...
流れ流れて八丈島  2009年08月01日(土) 22時40分
ニューヨークの郵便局で働き続けてきた定年間近の局員が、ある日、窓口に切手を買いに来た男性客をいきなり射殺します。殺人者となったヘクターは、前科もなく、借金もなく、敵もなく、精神状態も正常の善良な市民。彼の自宅が家宅捜査され、長い間、行方不明となっていたイタリア
史実をもとに書かれた同名小説を黒人の社会派監督スパイク・リーが、自分で映画化権を獲得して作った作品だ。戦争映画の名作の仲間入りをすることは、まず間違いないほどの充実した内容だ。イタリアの第二次世界大戦の複雑な国内事情をこれほど浮き彫りにしたことは、映画の
とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver  2009年08月01日(土) 21時42分
 試写会場の客入りは8割ほど。  映画の話 現代のニューヨークで、謎の射殺事件が勃発。郵便局で働く定年間近の真面目な男がある日、カウンターに現れた男性客の頭にいきなり銃弾を打ち込んだ。彼の名はヘクター。犯行に使われた銃は、古いドイツ製のルガーだった。さ...
masalaの辛口映画館  2009年08月01日(土) 14時04分
監督:スパイク・リー
出演:デレク・ルーク、マイケル・イーリー、ラズ・アロンソ、オマー・ベンソン・ミラー、ジョン・タトゥーロ

   運命より強く、この子を守りたい。


「ニューヨークの郵便局、間もなく定年になる局員ヘクターが突然ある男に発砲した。
日々のつぶやき  2009年08月01日(土) 11時34分
 定年を3ヵ月後に控えた郵便局の職員が、切手を買いに来た男を一言の元に射殺するという衝撃的な事件から物語は始まる。調べてみると第二次世界大戦の末期、イタリア戦線での出来事に由来するらしい。トスカーナ地方のアペニン山脈の中、“眠れる巨人”という名の山の麓にある弧絶した村落で、ナチスドイツに大勢の住民が虐殺された事件に端を発している。この現場を目撃したアンジェロ少年をアメリカ黒人兵の小隊が救い出したが、さらに激しい戦闘の打ち続く最中、兵隊達も住民もそしてパルチザンも次々倒れてゆく。 北アフリカから地中海を渡ってイタリア上陸を果たしたアメリカ軍は、実際イタリア半島を制圧するのには大変な苦労をした。イタリアの背骨、アペニン山脈は守るに有利で、攻めるには難しい地形。さらにイタリア人たちの政治動向が複雑だった。連合軍に降伏したバドリオ政権は、倒したはずのムッソリーニに揺さぶられ、独自のパルチザン軍も動いている。そんな中でドイツ軍はローマを占領した。 この映画はさらにアメリカ軍内における人種差別の対立も取り上げており、ドイツ軍からの宣伝に興奮したり、味方の誤射にさんざんな目にあうとか、ドイツ人たち...
After the Pleistocene  2009年08月01日(土) 11時00分
{{{   ***STORY***           2008年 アメリカ=イタリア
ニューヨークの郵便局で働く定年間近の局員が、ある日窓口で切手を買いに来た男性客をいきなり銃殺した。男の名はヘクター。前科や借金などもなく、精神状態も良好の実直な男だった。家宅捜査の結果、彼の部屋から長きに渡って行方不明となっていたイタリアの貴重な彫像が発見された。一向に犯行動機を口にしないヘクターだが、やがて重い口を開く。謎を解く鍵は第2次世界大戦真っ只中の1944年、イタリアのトスカーナにあった。  g...
Cartouche  2009年08月01日(土) 10時39分
スパイク・リー監督最新作。社会派で常に人種差別問題を提起してきた監督らしく、今回もその信念が息づいている戦争ドラマです。メインの出演者は「きみの帰る場所/アントワン・フィッシャー」デレク・ルーク、『7つの贈り物』のマイケル・イーリー、ラズ・アロンソ、オマー・ベンソン・ミラーの4人。2時間43分の大長編です。
LOVE Cinemas 調布  2009年08月01日(土) 0時48分
2009年08月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
http://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf