「ハゲタカ」経済と言う怪物を身近に感じた

2009年06月26日(金) 0時09分
「ハゲタカ」★★★★
大森南朋 、玉山鉄二、柴田恭兵 主演
大友啓史監督、2009年、134分



                              ★映画のブログ★
                              どんなブログが人気なのか知りたい


「日本を代表する大企業「アカマ」が
突然買収の危機にさらされた、
名乗りを上げたのは、“赤いハゲタカ”こと
劉一華(リュウ・イーファ)、
果たしてこの危機を回避出来るのか、
殺し合いのないサスペンスも面白い」



週末の映画館、開始時間ギリで
「愛を読む人」のチケットボードを見ると
「満席」の表示、急いで映画館を移って
「剣岳」を見ようとするも、こちらも
「満席!」で
あと10分で始まる「ハゲタカ」に滑り込んだ。


公開買い付け、敵対的企業買収、
こんな言葉は少し前はアメリカの小説の中だったが、
ここ数年で日本でも聞くようになった、
だから描かれる買収劇が
絵空事に思えず、結構現実味があり、
緊迫感が伝わって、途中で思わず
「この映画、結構面白いじゃん」と感じた。



映画としては買収する方を「悪」
される方を「善」のように描いてはいるが、
経営という地道な経済活動を
マネーゲームのような流動的なものにしたのも
企業そのものなのだ。

「どうなるんだろう」と思いつつも、
買収を仕掛ける「赤いハゲタカ」なる
もうひとりの主人公も実は現実社会に
取り込まれもがいているひとりと分かると
なんだか大きな流れの中で
人間ひとりの存在の無力さに
経済活動は常に「勝つ」方が
善となるが、それだけでは計れない
人間ドラマを見ることが出来て収穫だった。


モノ造りを真面目にしていては
悪賢い人たちに足元からスクワレル
そんないびつな経済世界、
真の「悪」は実は存在しないのかもしれないと
ふと思った、
全然期待してなかった分、
骨太で良質な映画を見ることができて良かった。

★100点満点で80点


soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

かつて日本企業がアメリカのエンパイアステートビルを買収し
「アメリカの心」を買ったとまで言われたが、なんなく実感できるようになった。


★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか
  • URL:http://yaplog.jp/sora2001/archive/1307
トラックバック
トラックバックURL:
ハゲタカは劇場で鑑賞も結論は版の少し上だったね

内容は表舞台から消えた凄腕ファンドマネージャー鷲津が
AKAMA買収ピンチに芝野から助け依頼の展開だ

版から全て鑑賞してたから劇場版を鑑賞に行ったが
鷲津が悪から正義の方に変わってるの良い感じだった
別館ヒガシ日記  2009年08月23日(日) 14時20分
ここしばらく映画評は月一回まとめて記してきましたが、コメントを付ける際などには一本ごとに書いて欲しいとの要望があったため、今年6月分から改めて一本ごとに再録することにしました。二度読みになる皆さんには申し訳ありませんが、ご容赦の程を(2009.07.21記載)


●ハゲ
仙人への路  2009年07月21日(火) 23時24分
2009年、映画館で観る33作目はこちら。ドラマのほうは見逃してましたが…面白そ
いんどあかめさん日記  2009年07月12日(日) 8時38分
製作年:2009年 製作国:日本 監 督:大友啓史 “お前は
いつか深夜特急に乗って  2009年07月05日(日) 8時08分
昨日、2回目を観てきました。 いや〜2回目でも全く飽きさせずに2時間14分、しっ
Takeco*Magazine  2009年07月03日(金) 22時50分
連続ドラマのほうは見てないんですけど
巷で面白い。面白いと評判だったので見てみました。

ほんと!!!めっちゃおもしろかったです。
今はちょっと下火になりかかっている株による企業買収の
お話。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
中国が日本の技術とともに会社を乗っ取ろうと
敵対的買収を仕掛けてくるというもの。
もちろん中国・・ということは伏せていて
小さなファンド会社ブルーウォールが急に仕掛けてくる。

日本のトップである自動車メーカーアカマ自動車は
この買収を阻止すべく、
死んだ!と噂をされていた鷲津ファンドを呼び戻す。

最初は小さなファンドだからとタカをくくっていたのに
そのファンドのバックには中国という国がついていて
鷲津といえども太刀打ちできなかった。

そうこうしているうちにアカマの社長は
ブルーウォールのほうに傾いていってしまう。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いやぁ・・・とにかく久々にドキドキワクワクするような映画を見ました。
骨太な男くさい映画でしたねぇ〜〜。

まるで戦国時代...
Simple*Life ドラマ感  2009年07月03日(金) 18時11分

ドラマ「ハゲタカ」って面白かったんで、映画「ハゲタカ」も観てきました。
う〜ん…正直、ドラマ版の方が面白いような…^^;
雑多なブログ  2009年07月03日(金) 7時19分
試写会で見ました。NHKドラマの映画化だそうです。柴田恭平待ちだったいうのをチラ
urouro日記  2009年07月03日(金) 0時40分
上映スクリーン数: 267オープニング土日興収: 1.54億円■男女比 64:3
映画コンサルタント日記  2009年07月02日(木) 23時09分
6月10日(水) 18:20〜 TOHOシネマズ川崎1 料金:1300円(川崎の金券屋で前売りを購入) パンフレット:未確認 『ハゲタカ』公式サイト 真山仁の企業買収の経済小説「ハゲタカ」。「ハゲタカ」とその続編が、NHKでドラマ放送され、その続きとして映画が作られた。取り合えずドラマを見ていなくても、それぞれの人間関係は何となくわかるようになっている。単体で見ることは可能だ。ただし、人間関係が物凄く希薄に感じられる。やはり、ドラマを見ておいたほうが良かっただろうな。 しかし、どうにも捻りが無いというのか、凡庸で退屈な作品だった。輪をかけるのは、いたづらに長いショットが多用されること。登場人物が「う〜」とか苦悩している(と思われる)シーンを長々と見させてくれる。そんなことしているから131分とか長尺になるんだ。中身は薄い癖に。 栗山千明が髪をアップしているので、エンドロールまで全然わからなかった。 エンケンが買収されそうになる会社の社長を演じるが、まったくもって似合っていない。まあ、この社長、当然解任されるし、その挙句涙を流す駄目男なんで、そういう意味では、エンケンで良かったのか。 連想ゲームで伝説の低回...
ダイターンクラッシュ!!  2009年06月29日(月) 0時26分
金のある悲劇
 徹底した合理主義で瀕死の日本企業を次々と買い叩き、“ハゲタカ”の異名をとった鷲津政彦も、今では絶望的な日本のマーケットに見切りをつけ、海外に生活の拠点を移していた。
 そんな鷲津のもとにある日、かつての盟友・芝野が訪ねてくる。彼が現在役員を務める日本の名門自動車メーカー“アカマ自動車”を、中国系巨大ファンドによる買収危機から救って欲しいと頼みに来たのだった。その買収の急先鋒となっているファンド、ブルー・ウォール・パートナーズを率いるのは、残留日本人孤児三世の劉一華(リュ...
CINECHANの映画感想  2009年06月28日(日) 23時24分
ここ数年のドラマでは群を抜いて面白いと感じた「ハゲタカ」
最近は、恋愛ものなど決まったパターンを役者を感じて
演出している気がしていたけど、経済という観点を切り口に
経済用語もほとんど知らないが、魅了されていった。
気ままな映画生活  2009年06月28日(日) 20時53分
《ハゲタカ》 2009年 日本映画 日本マーケットに見切りをつけた鷲津、しかしア
Diarydiary!  2009年06月28日(日) 19時47分

「腐った日本を買い叩く」でおなじみの、NHKのドラマの映画化。
TVドラマが面白かったので、すごく期待していた。
マイペース犬ソリ  2009年06月28日(日) 9時17分
名作テレビドラマ『ハゲタカ』を映画化した骨太な社会派経済ドラマ。
未完の映画評  2009年06月28日(日) 0時07分
海外生活を送っていた鷲津の元へ、大手自動車メーカー「アカマ自動車」を中国系巨大ファンドによる買収危機から救って欲しいと、かつての盟友・芝野が頼みに訪れる。 名門「アカマ」の前に突然現れたのは、“赤いハゲタカ”こと劉一華。 圧倒的な資金力を持つ劉の本当の狙いとは何か? “ハゲタカVS赤いハゲタカ”の壮絶な買収戦争が始まった…。 傑作ビジネスTVドラマ劇場版。
象のロケット  2009年06月27日(土) 16時17分
監督:大友啓史原作:真山仁出演:大森南朋、玉山鉄二、栗山千明、高良健吾、遠藤憲一、松田龍平、中尾彬、柴田恭兵試写会場 : よみうりホール公式サイトはこちら。<Story>鷲津政彦(大森南朋)は、ニューヨークの敏腕ファンドマネージャーとして鳴らした後、19...
NiceOne!!  2009年06月27日(土) 8時38分
こんな国に、誰がした。破壊者か? 救世主か?映時間134分製作国日本公開情報劇場公開(東宝)初公開年月2009/06/06ジャンルドラマ【解説】買収ファンドを扱った元新聞記者の作家・真山仁の原作を基にNHKでドラマ化され、国内外で賞賛を得たTVシリーズを銀幕へ昇華し...
CinemaCollection  2009年06月27日(土) 1時14分
 主権は東京新聞さん。客入りは8割ほど客年齢は非常に高い。  映画の話 投資家から募ったファンドで徹底した合理主義を貫き、企業を買いたたいく“ハゲタカ”の異名を取っていた鷲津政彦(大森南朋)は、閉鎖的な日本のマーケットに絶望して海外生活を送っていた。そ...
masalaの辛口映画館  2009年06月27日(土) 1時07分
「ハゲタカ」製作:2009年、日本 134分 監督:大友啓史 原作:真山仁 出演
映画通の部屋  2009年06月26日(金) 20時58分
2007年NHK土曜ドラマにて「全6話」が放送され、その後BS・地上波併せて何度となく再放送されるほどに世間の支持を得ていたドラマの映画化。私は何度目かの再放送ですっかりはまり、その後が描かれるという
たいむのひとりごと  2009年06月26日(金) 20時51分
監督:大友啓友
出演:大森南朋、柴田恭平、玉山鉄二、栗山千明、遠藤憲一、高良健吾、松田龍平


   こんな国に、誰がした。


「日本の大手自動車メーカーアカマが中国に狙われた。
劉一華が代表のブルー・ウォール・パートナーズという無名のファンド会
日々のつぶやき  2009年06月26日(金) 17時25分
内容バブルが崩壊した日本かつて、その日本企業を買い叩き“ハゲタカ”と呼ばれた男がいた。その男の行動は、日本企業を戦々恐々とさせるだけでなく、それまであった馴れ合いの企業体質を合理化させるなど、残したのは負の遺産だけではなかった。男自身も多くの犠牲を払い...
レベル999のマニアな講義  2009年06月26日(金) 17時24分
そんな突っ込みどころがあるこの映画だが、着眼点は非常にいい。中国は現在アメリカ国債の一番の保有者であるし、中東やアフリカでも宗教も肌の色も関係なく経済協力をしている。資源確保のためには、非常に貪欲で日本の企業は太刀打ちできない。
とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver  2009年06月26日(金) 14時16分
「アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン















」は、もちろん観たいんだけど。















レイトショーのスタートが22時と遅かったので、とりあえず「ハゲタカ















」を鑑賞。
いい加減社長の日記  2009年06月26日(金) 10時15分
この映画を見て、最も面食らったのは鷲津の最後のセリフである「資本主義の焼け野原を見てくる」と、その後に続く劉の故郷であろう中国の貧困地帯への訪問に場面である。どうしてここが「資本主義の焼け野原」なのだろうか?本当にそれを見たいのならば、アメリカに行くべ...
映画と出会う・世界が変わる  2009年06月26日(金) 10時01分
劉との戦いが終わり、芝野と鷲津が語り合うこの映画のラスト近くの場面は、「仁義なき戦い・頂上作戦」(このシリーズの実質的な最終作)の有名なラストシーンを連想させる。広能(菅原文太)と武田(小林旭)が収監所または裁判所の寒々しい通路で戦いの空しさを語り合う...
映画と出会う・世界が変わる  2009年06月26日(金) 10時00分
真山仁の同名の人気小説をNHKがドラマ化して大ヒット、本作は続編にあたる「レッドゾーン」を映画化。TVドラマはアメリカのハゲタカファンドが相手でしたが今作は中国の“赤いハゲタカ”が相手です。出演者は主演の大森南朋はじめ、栗山千明、松田龍平、中尾彬、柴田恭平といったドラマオリジナルの面々に、今回は『カフーを待ちわびて』の玉山鉄二が加わりパワーアップ。ドラマも全部観直して準備万端です!
LOVE Cinemas 調布  2009年06月26日(金) 0時44分
2009年06月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
http://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf