「アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン」不確かだけど、その存在を願う象徴の具現化

2009年06月12日(金) 8時09分
「アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン」★★★
ジョシュ・ハートネット 、イ・ビョンホン 、木村拓哉 出演
トラン・アン・ユン 監督、2009年、114分、フランス


                                ★映画のブログ★
                              どんなブログが人気なのか知りたい



「富豪の息子シタオが失踪した、
捜索以来を受けた探偵と
香港の刑事、3人の男の物語、
フィリピンと香港を舞台に、
観念的な世界と現実世界が交錯する」



トラン・アン・ユン 監督は、村上春樹の
「ノルウェイの森」の監督に決まったが
この話題の作品を見て
大丈夫かなと不安な出来上がりだった。


しかし、監督の生まれたベトナムで撮影した
いくつかの作品は、
ベトナムのねっとりした暑さや、
趣味の良い日用雑貨、
濃厚な広葉樹などがつくる
視覚から伝わる艶かしい空気感
それも地元の人の感覚というより
欧米人の思い描く東洋趣味が
散りばめられていた。

今回も主人公のひとり、シタオが
フィリピンの奥地で消息を絶ったという
最後に住んでいた場所は
東洋趣味とかの生易しいものじゃなく、
熱帯のジャングルが生活の場まで
押し寄せているような
なかなか感じの良い場所で
たぶん簡単には行けないだろうが
自分の肌でその場所の色や匂いや
空気を確かめてみたいと思いながら見た。

シタオは香港の草むらに掘っ立て小屋を建てて
そこで傷ついた人々を「治して」いる、
ただしその傷を自分に移して昇華するような
神がかったシーンが写しだされる、

これをどう解釈するか等々、
考えどころはあるが、それより
香港の見たことの無い風景を
映画から見るだけでも価値はある。

イ・ビョンホンは鍛えられた肉体を披露するが、
痩せすぎてフィリピンの労働者のような感じで
洗練されたヤクザというには
迫力が足らなかった、
この映画には不要な気さえ。

すごく面白い映画というわけではないが
自分の好きなシーンを
どこかに見つけられるかもしれない、
全体を通しての印象より
様々なパーツを繋いだような映画なので
時々はっとするような新鮮な「何か」を
見つけられるかもしれない。



誰もが折に触れ「神」に祈る、
でもその対象は日本人である自分にとっては
曖昧なものだ、
不確かだけど、その存在を願う象徴の具現化に
挑戦した映画と感じたが、
それは果たしてそこにあったのか。

★100点満点で70点

soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

今年初めて行ったフィリピン、この映画で見た風景なら
再度行ってみたい。


★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか
  • URL:http://yaplog.jp/sora2001/archive/1300
トラックバック
トラックバックURL:
アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン観てきました。

東西3人のスターが競演ということで

ワイフに誘われやっちんも劇場へ!!


率直な感想...
やっちんがゆく!!  2010年02月10日(水) 6時02分
《アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン》 2009年 フランス映画 − 原作 − I
Diarydiary!  2009年07月06日(月) 19時32分
TOHOシネマズ二条にて。 昨年の秋に『青いパパイヤの香り』をDVD鑑賞した頃から、ちらほらと話題に...
犬儒学派的牧歌  2009年06月29日(月) 22時32分
殺人を犯した元刑事、クライン。人の傷を癒すという謎の青年、シタオ。愛に狂うマフィアのボス、ス・ドンポ。それぞれに痛みを抱えた男たちが、美しく、そして激しく傷つけあう。彼...
やっぱり邦画好き…  2009年06月28日(日) 10時45分
 青年シタオを探すことを通して、主人公達の過去や生き方をクローズアップさせるとい
海を見ていた  2009年06月23日(火) 23時08分
 トラン・アン・ユン監督。  同じ監督の「青いパパイヤの香り」(2008年8月1
さるのつぶやき  2009年06月23日(火) 13時38分
「アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン」監督トラン・アン・ユン出演*ジョシュ・ハートネット(クライン)*木村拓哉(シタオ)*イ・ビョンホン(ス・ドンポ)*トラン・ヌー・イェン・ケー(リリ)*ショーン・ユー(メン・ジー)*イライアス・コティーズ(ハスフォード)内容他...
だめ男のだめ日記  2009年06月22日(月) 21時44分
タイトル:アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン 、製作フランス
ジャンル:芸術・宗教・グロ
映画館:TOHOシネマズ梅田(700席?)200人ぐらい。
鑑賞日時:2009年6月1X日 19:00頃
私の満足度:50% 
オススメ度:0%

【イケメン3人、英語、フィリピン】
英検を目前に控えて英語の映画を見ようと映画館へ。時間がぽっかりと空いて、
丁度時間もピッタリだし最近行ったフィリピンロケもあるみたいだし、それに
イケメン3人ならばそれなりに楽しませてくれるんだろうなあということで
前情報なしに選びました。受付では、「キムタクの映画」と言っている、
おばあちゃんもいて、さすがに幅広い人気ですね。でも、このおばあちゃん
見て大丈夫だった??

【緊張の冒頭】
暗い部屋、拳銃を構える刑事の横顔。壁に背を向け様子をうかがうスキン
ヘッド。ジリジリと前進する刑事。だが、拳銃を叩き落とされてしまう。
鉄パイプ(バットかも)を叩きつけられ、脚を滅多打ち。崩れ落ちる刑事。
電灯がつくとそこはどうも、アトリエか?美術の工房のようなところ。
足を押さえてうめく刑事に、はいごから覆いかぶさるやや体格で勝る
スキンヘッド。首絞めか?と思いきや肩をガブリ...
またしても、レビューを書くのが遅くなってしまったけど^^;
先週の土曜日のレイトショーで、「アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン
」を鑑賞。
別にイケメンに興味があるわけじゃないけど、キムタクは好きだから^^


「UCとしまえん
」は、ちょっと多めかな。
「アイ・カム
いい加減社長の日記  2009年06月20日(土) 17時29分
イケメン大好きなオバサンですからこの映画必見ですよね。でも、近くの映画館ではやっ
徒然なるままに  2009年06月19日(金) 20時33分
 「MR.BRAIN」の時は放送前までほとんどテロに近い状態で宣伝していたが、同
みんなシネマいいのに!  2009年06月19日(金) 6時55分
コレがもしね、イ・ビョンホン目当てで行くんだったら コレだけですから。 予告で見れますから。やめといたほうがええよ(!!!) しっかしすんごい鍛えてますね。 笑っちゃいました、3人の中でダントツ。 でも、彼の扱いが超軽い。 ようこんなんに出演したよなって(..
ペパーミントの魔術師  2009年06月18日(木) 23時55分
超話題作なんですね 公開前から、人に会うたびにこの映画について聞かれました。「どんな映画?」「どうだった?」と。正に「キムタクパワー」の注目度の高さに驚きつつ、公開日はもちろん知っていたものの、結局、どんな映画なのか知らないまま、初日に見てきました。 で、感想なのですが、かなり楽しんできました。 ストーリーというより、インパクト どんな映画なのか、一言でと言われたら、「夢。どちらかと言えば、悪夢の
toe@cinematiclife  2009年06月16日(火) 23時39分
過去のトラウマに怯える元刑事の探偵クラインは、行方不明の青年シタオの捜索のためLAからフィリピン、香港へと飛ぶ。 知人の香港警察メンジーが目の敵にしているマフィアの重鎮ス・ドンポの愛人リリは、拉致され気を失っているところをシタオに助けられる。 シタオは他人の痛みを引き受けるという不思議な力を持っていた…。 サスペンス。 PG-12
象のロケット  2009年06月16日(火) 22時47分
平主任・カムズ・ウィズ・ザ・レイン。
石塚です。
BIGLOBE平主任ブログ  2009年06月16日(火) 0時02分
う?ん、よくわかりませんでした。監督は『青いパパイヤの香り』や『シクロ』『夏至』のトラン・アン・ユン。ヨーロッパ映画的な映像美を狙ったのか、それとも自分には理解できない壮大なモチーフが隠されているのか。キリスト教が大きな意味を持っているのだとは思うけれ...
まてぃの徒然映画+雑記  2009年06月15日(月) 22時00分
木村拓哉、イ・ビョンホン、ジョシュ・ハートネットという3人のスターが競演して話題の作品です。 かなり不安な噂が多いのでどうしようかなと思ったのですけど、とりあえずチャレンジしてみました。 参りました…という感じでした(^_^.)
とりあえず、コメントです  2009年06月15日(月) 12時47分
アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン
  6/13@TOHOシネマズ


出演者の誰一人全く魅力をカンジないけど、音楽が大好きなレディヘだし、うぅー気になるなぁー、もうどうしよっかなーんて思ってるところにおゆさん
の感想を読んで背中を押されたカンジ(笑
やはり、見に行かねばなるま??い(笑)ということで見てきました。☆アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン☆(2009)トラン・アン・ユン監督ジョシュ・ハートネット木村拓哉イ・ビョンホントラン・ヌー・イェン・ケーショーン・ユーイライアス・コティーズストーリーキリスト...
ぷち てんてん  2009年06月14日(日) 21時07分
[サスペンス][バイオレンス][女性の裸あり][グロい][実写][洋画(フランス)][スコープ][PG12]

感覚度:★★★☆☆
ジトーッとしたグロさ:★★★☆☆


監督:
トラン・アン・ユン

出演:
ジュシュ・ハートネット、木村拓哉、イ・ビョンホン

配給:
ギャガ・コミ...
美しければよろし。

ロサンゼルスの元刑事クラインは依頼を受け、失踪したシタオを捜索するためにフィリピン、ミンダナオ島、香港を訪れる。『青いパパイヤの香り』のトラン・アン・ユンは好きな監督の一人なのだけど、一昨年の夏に今作のニュースを最初に聞いた時は少し驚いた。"キムタクが英語作品初挑戦で世界へ"なんていう見出しに続いて、そのアート系映画監督の名前を発見することになったのだもん。当初はサイコ・スリラーと紹介されていた本作。新境地のジャンルに各国のスター俳優が競演するなんて、全くイメージがわかないなぁと期待と不安が入り混じる。

でも、そもそも、主人公が謎を追う元刑事で、マフィアの...
かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY  2009年06月14日(日) 0時50分
主演のジョシュ・ハートネット、そして共演の木村拓哉、イ・ビョンホンというイケメン人気俳優トリオが評判となっている作品ですね。劇場もキムタクファンの30代女性から、イ・ビョンホンファンのおば様方まで幅広い観客が訪れていました。監督はトラン・アン・ユン、といっても初めて聞く名前です。実は予告編をみてもどんな内容なのかサッパリですが、とりあえず俳優に惹かれての鑑賞ってことで…。
LOVE Cinemas 調布  2009年06月12日(金) 23時09分
日韓米のイケメン俳優たちが共演。
女性陣にとっては珠玉の喜びになるはずだった・・・
気ままな映画生活  2009年06月12日(金) 22時57分
<img src='http://blog.netrend.jp/UPLOADFILES/k.onodera/b_lion.jpg'>
アメリカのジョシュ・ハートネット、韓国のイ・ビョンホン、香港のショーン・ユー、さらにキムタクと、世界各地からイケメンを揃えキャスティングした『アイ
k.onoderaの日記  2009年06月12日(金) 13時19分
2009年06月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
http://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf