「パラドックス13」大作映画として実現して欲しい

2009年04月28日(火) 7時43分
「パラドックス13」★★★☆
東野圭吾著、474ページ、1.785円





「予測されていたのは、
13時13分からの13秒間、
地球は“P‐13現象”に襲われるということだけ、
その13秒後の世界の物語」



ー 運命の13秒。人々はどこへ消えたのか? ー

地下鉄の往復と、
映画を待つ僅かの時間、
しまいには久し振りに家で本だけを
真剣に読む時間まで作って
あっと言う間に読破した。

微妙な心の動きや、
鬱だったり人とうまく接することができない等々、
そんな小説が多い中
全くの想像の世界で
読みながら常に自分だったらと考えながら
終わりの見えない主人達の
陥った極限状態を頭の中で描いた。



これを映像に出来たらなと思いながら
東京の街が廃墟になる様子や
地震、水に飲み込まれる人々など
映像的にわくわくするようなシーンが
たくさんあり、ただ安っぽい出来上がりだと
残念なことになるので
是非大作として映像化して欲しい。

10人弱の行動を共にする人々を
描いているため、どうしても定型的に感じる
部分もあるが、なにより読ませてしまう
スピード感は文句なしだった。

ただ極限状態を描いてる場面で
誰もが思ったとおりの行動をとるので
人間ってもっと訳のわからない存在じゃなのかなと
突っ込みを入れたくなる所も


しかし作品の価値を下げてしまうほどじゃなく、
長編の本を持つときの喜び、
本のラストをめくる名残惜しいような
あの切ない気持ち
本好きで良かった!

本好き心を満足はさせてくれたが、
内容的にはもう少しということで評価点は
少し厳しいです。

★100点満点で70点

soramove
★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン

本屋で平積みの新刊をただ眺めるだけで
作家の想像の世界に期待で嬉しくなる、

★映画ランキングはこちら
  • URL:http://yaplog.jp/sora2001/archive/1276
トラックバック
トラックバックURL:
「東野圭吾」のSF長篇小説『パラドックス13』を読みました。
[パラドックス13]

『禁断の魔術』、『夢幻花(むげんばな) 』、『ラプラスの魔女』、『マスカレード・イブ』に続き「東野圭吾」作品です。

-----story-------------
世界が変われば善悪も変わる。
人殺しが善になることもある。
これはそういうお話です 「東野圭吾」

運命の13秒。
人々はどこへ消えたのか?

13時13分、突如、想像を絶する過酷な世界が出現した。
陥没する道路。炎を上げる車両。
崩れ落ちるビルディング。破壊されていく東京に残されたのはわずか13人。
なぜ彼らだけがここにいるのか。
彼らを襲った“P-13 現象”とは何か。
生き延びていくために、今、この世界の数学的矛盾(パラドックス)を読み解かなければならない!

張りめぐらされた壮大なトリック。
論理と倫理の狭間でくり広げられる、究極の人間ドラマ。
“奇跡”のラストまで1秒も目が離せない、「東野圭吾」エンターテインメントの最高傑作!
-----------------------

3月13日13時13分13秒… ブラックホールの影響で“P-13”と呼ばれる現象が発生することへの対策が、政府の間で極秘に進められていた、、、

学者や政府関係者で...
じゅうのblog  2016年04月07日(木) 23時56分
ひょっとしたら、彼らには月が2つ見えてたのかもしれない…でも、ずっと雨だったから、月は見えなかったかもしれない  まずは来訪記念のポチッ[:ひらめき:] [:next:] blogRanking[:右斜め上:]【あらすじ】13時13分からの13秒間、地球は“P‐13現象”に襲われるという。何が起こるか、論理数学的に予測不可能。その瞬間―目前に想像を絶する過酷な世界が出現した。なぜ我々だけがここにいるのか。生き延びるにはどうしたらいいのか。いまこの世界の数学的矛盾を読み解かなければならない。冬樹が気付いた時には、周りに誰もいなかった。道路には人の乗っていない自動車が、あちこちで衝突しながら止まっていた。電話をかけても、メールを送っても、誰からも返事が無い。人が消えてる…残されたのは13名。彼らだけがなぜ残ったのか?その真実が徐々に明かされていく。いったい彼らは、人類として残されたのか、それとも…哲学だねぇ、この本。これまで自分が絶対と信じていたものが、次々と壊れていくのを彼は感じていた。いやぁ、面白かったですタイムスリップというのは、小さい頃から考えてたことでもあった。戦争とかで、生き残ってしまった時を思ったこ...
じゅずじの旦那  2009年08月11日(火) 12時52分
「13時13分からの13秒間、何が起こるか予測不能のP-13という未だかつて経験したことのない現象。
混乱を招くだけと懸念した各国家首脳陣は国民に何も告げずに何事もなく過ぎるのを期待した。

刑事の久我兄弟、その時刻拳銃で撃たれ、気付くと崩壊した東京に独りぼっ
日々のつぶやき  2009年05月02日(土) 18時37分
  昨日の皐月賞。返し馬の時のアンライバルドの馬体見て、これが勝つんだろうなと思ったら滅茶苦茶強い勝ち方!しかし馬券購入後ではなす術もなく。。。

  東野圭吾著『パラドックス13』読了しました。

  以下、ネタばれ含む。
The empty days Ver 4.0  2009年04月30日(木) 10時36分
2009年04月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
http://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf