「7つの贈り物」こういうテーマにハリウッドスターは相応しくない

2009年03月01日(日) 0時53分
「7つの贈り物」★★☆
ウィル・スミス主演
ガブリエレ・ムッチーノ 監督、アメリカ、123分、2008年




「事故で7人の命を奪った後悔から
その償いをしようとする主人公、
気持ちは分かるが、
もっと別の方法がいいな、
救いが無さ過ぎる」



見終わって、結末的には
「アイアム・レジェンド」と変わらないなと思った、
途中で彼が何をしようとしてるか分かって、
結末を見届けたわけだけど、
「良い人」よりも、まだ
「ハンコック」のバカバカしいのが
映画を見る気分としては良い。

こんな結末を見せられて
「何をどう」すればいいとうか、
考えたら良いのか
見せられたこっちは戸惑うばかりだ。


もし、自分が重大な過失で
取り返しのつかないことをしてしまったら、
事件としては「過失」ということで
刑事罰もうけるだろう、
でもそれが人の命に係わっていたら
やはりその「罪」の意識は
生涯消えないだろう。


こんなことは自分に置き換えて考えるものでもないし、
そんな事態にならないように
気をつけるしかないが、
事故なんてどんなに気をつけていても
起こるときはどうしようもなく
起きてしまうのだろうから、
そのときはそのときで自分の精一杯で
対処していくしかないだろう。

しかしこの映画、
そうすることが「善」のようになったら
それはそれでどうしようもないなと
そのくらいか。

ウィル・スミスもそろそろ演技について
評価してもらいたいのかもしれないが、
せっかく持っている「プラスのパワー」で
もっと面白い映画で楽しませて欲しい。


★100点満点で55点

この映画を見ても何も得られない、
楽しめない、他の気になる映画を見たほうが良い。


soramove
★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン

こういう押しつけがましい作品は好きじゃない、
神は7日間で世界を作られた、その延長で
この映画は語って欲しくない。

★映画ランキングはこちら
  • URL:http://yaplog.jp/sora2001/archive/1234
トラックバック
トラックバックURL:
平主任の贈り物
石塚です。
BIGLOBE平主任ブログ  2009年04月17日(金) 1時02分
『アイ・アム・レジェンド』、『ハンコック』とお得意のSFアクションが続いたウィル
大発狂!マッドシネマ-映画天国-  2009年04月13日(月) 12時08分



 幸せのちからは微妙でしたが、ウィル・スミス主演の7つの贈り物を観てきました。
よしなしごと  2009年03月17日(火) 7時58分
製作年:2008年 製作国:アメリカ 監 督:ガブリエレ・ム
いつか深夜特急に乗って  2009年03月15日(日) 23時08分
ウィル・スミス主演の『7つの贈り物』を観ましたー。
かなり観る人の好みがわかれそうな作品だなーという感じ。自分は割とこういう話嫌いではないので、結構ジーンときちゃいました。

********************

ウィル・スミスが『幸せのちから』のガブリエレ・ムッチーノ監
cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー  2009年03月15日(日) 12時19分
「7つの贈り物」を観てきました?♪

以前に起こした交通事故により、心にキズを負ったベン(ウィル・スミス)は、親友のダン(バリー・ペッパー)にある計画を打ち明ける。ベンの持つリストに並ぶ7人の名前、その7人がある条件をクリアしていれば贈り物をするというモノだった・・・



人気Blogランキング
     ↑
押せば、贈り物が届くかも!?

Blog人気ランキングに参加してます。
ご訪問の際は、是非ポチっとワンクリックお願いします?♪

観たよ?ん?  2009年03月09日(月) 7時15分
 ガブリエル・ムッチーノ

 ウィル・スミス、ロザリオ・ドーソン、ウディ・ハレルソン
気ままに興味本位な毎日  2009年03月08日(日) 18時12分
Seven Pounds (2008年) 監督:ガブリエレ・ムッチーノ 出演:ウィル・スミス、ロザリオ・ドーソン、バリー・ペッパー、ウッディ・ハレルソン かつて自らの過失により起きた悲劇を悔いる男が、無関係な7人に彼らが必要としている物を与えようとする物語。 「幸せのちから」の監督&主演コンビによる作品だが、その内容は正反対と言え、自己犠牲による贖罪がテーマとなっている。 賛否両論が起こるのは必須の作品と思われるが、「幸せのちから」の主人公があまりに自己中心的で共感できなかった者としては、自分なりの責任を果たそうとする本作の主人公の意志自体は尊重されても良いと思う。 自己犠牲と書いたものの、本作の場合、あくまで個人の意志を貫いた話なので、集団より個人が優先されるアメリカらしいと思うなか、実際にこうしたことは可能なのだろうかという疑問も残る。 それにしても、主人公の行為自体は、キリスト教の教えでは罪にあたり、キリスト教社会のアメリカで、メジャースタジオの作品として、よくぞ作られたと思い、全米一の人気俳優W・スミスならではの企画であると感じる。
Movies 1-800  2009年03月08日(日) 1時25分
映画を鑑賞しました。秊 2009-34『7つの贈り物』(更新:2009/03/01) * 評価:★★★☆☆(★★★★☆との間) ウィル・スミス主演の感動シリアスドラマ。 今夜は『幸せのちから』がテレビでありますが『オーストラリア』よりこっ..
はっしぃの映画三昧!  2009年03月07日(土) 13時25分
JUGEMテーマ:映画館でみました!
2008年/アメリカ
監督:ガブリエレ・ムッチーノ
出演:ウィル・スミス
   ロザリオ・ドーソン
   マイケル・イーリー
   バリー・ペッパー
   ウディ・ハレルソン

クラゲがあんなにも怖い生き物だったなんて[:ピピピ:]
Lovely Cinema  2009年03月06日(金) 21時18分
▼動機
ぞーきでしょ?
▼感想
ぞーきでしょ?
▼満足度
★★☆☆☆☆☆ いまいち

▼あらすじ
過去の事件により心に傷を負った謎の男ベン・トーマス(ウィル・スミス)はある計画を立てていた。親友のダン(バリー・ペッパー)にだけ打ち明けられた計画は、見知らぬ7人の他人に彼らの人生が変わるような贈り物をすることだった。
▼コメント ≪ネタバレあり≫
この映画の予告編を見て、
「どういう7つなのかな?」
っと考えた。

1.心臓
2.肝臓
3.腎臓
4.骨髄
5.肺
6.目
7.財産

ま、映画的に人間が他人に与えられるものといえばこんなもんかな?
...
新!やさぐれ日記  2009年03月06日(金) 13時12分
ほぼ3分の1までは、全く真相が分からない。
何にそんなに苦悩しているのか?
何をいったい求めているのか?
なのに、なぜか最初から最後まで、胸が締め付けられるような感覚。
ウィル・スミス演じるベンの胸の奥に仕舞いこまれた感情が、ダイレクトに私の胸の奥へと伝わってくる。
ノルウェー暮らし・イン・ジャパン  2009年03月04日(水) 23時27分
映画「7つの贈り物」を見たよ始め、ストーリーを把握するのに時間かかっちゃったけど、キレイな映画だったなウィル・スミスはやっぱ良い俳優さんだよね?【送料無料選択可!】オリジナル・サウンドトラック『7つの贈り物』/サントラ(音楽:アンジェロ・ミリ)
Happy-go-lucky!!  2009年03月04日(水) 16時41分
□作品オフィシャルサイト 「7つの贈り物」□監督 ガブリエレ・ムッチーノ □脚本 グラント・ニーポート □キャスト ウィル・スミス、ロザリオ・ドーソン、ウディ・ハレルソン、バリー・ペッパー、マイケル・イーリー■鑑賞日 2月21日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0.5)<感想> 息子のクリストファー君と共演したあの『幸せのちから』で監督を務めたガブリエレ・ムッチーノとの再びタッグを組んだのが本作。 過去と折り合いをつけるために究極の贈り物を用意した主人公が、あるものと引き換えに他人の人生を変えようとするプロセスを描く。 共演は『イーグル・アイ』のロザリオ・ドーソンと『ノーカントリー』のウディ・ハレルソン。 
 誤って自ら招いた事故の後遺症とも、その事故により心に深く傷を負ったベン・トーマス(ウィル・スミス)は親友のダン(バリー・ペッパー)にだけに打ち明けたある計画を実現するために、弟の免許を利用して見ず知らずの7人のために、彼らの人生が変わるような贈り物をすることだった。 昨年、映画業界で最も稼ぎ出す男となったウィル・スミス。 テイストは息子と共演した『...
京の昼寝?♪  2009年03月04日(水) 8時12分
あなたなら、受け取れますか?7つの贈り物HP7つの贈り物シネマトゥデイ英題:SEVENPOUNDS製作年:2008年製作国:アメリカ日本公開:2009年2月21日スタッフ監督:ガブリエレ・ムッチーノ製作:トッド・ブラック/ジェームズ・ラシター/ジェイソン・ブルメンタル    ス...
猫とHidamariで  2009年03月04日(水) 0時26分
心に深い傷を抱える男ベンは、7人の見知らぬ他人に近づき、大きな贈り物を渡す計画を進めていた。 対象者の1人エミリーに心惹かれるが、自分の正体は決して彼女には明かせない。 彼の真の目的とは? そして贈り物の中身とは?  絶望の淵にいた2人が恋に落ち、生きる歓びを取り戻した時…。 ≪あなたなら、受け取れますか?≫ 究極のプレゼント・ミステリー。
象のロケット  2009年03月03日(火) 22時40分
      ★★☆☆☆  Will Smith主演のドラマ。 原題は「Seven Pounds 」。        宇宙工学のエンジニア、Ben Thomas (Will Smith)には、 美しい妻があり、 海辺の瀟洒な家に住んでいる。 だが幸福な生活は 自らの不注意が起こした交通事故で一変する。 妻を失ったBenは 自らの命を犠牲にして、 苦しい境遇に置かれている7人の善人を 救おうとする・・・・・・       ◇  出だしはミステリアスだ。 Benの行動の意図がまったくつかめない。 人に極端に親切にしたかと思うと、 その一方で目の不自由な男Ezra Turner(Woody Harrelson ) を 意味もなくののしったり・・・ ストーリーが進むにつれて、 この謎は解けてはくるのだが、 Emily Posa(Rosario Dawson )とBenとのラブシーンも含めて、 真相に到達するまでの過程がまどろっこしい。 Benが飼っているクラゲが終盤重要な役目を果たすが、 こんな厳粛な場面でクラゲを使うか? というような場違いなシーンだ。 最後、EzraとEmilyが初めて出会うエピソードには 作者の思惑通り、 感動してしまった。 「新宿ピカデリー」6で。      ◇ [監]ガブリエレ・ムッチーノ[脚]グラント...
富久亭日乗  2009年03月03日(火) 20時04分
JUGEMテーマ:映画


2009年2月21日 公開

★★★☆☆ 気持ちは分かるがちょとキツイ 星3っつ!


あなたに?あげる 私をあげぇるぅ? (by西川峰子)


にわかにネタバレしちゃってますごめんなちゃい♪



うぅ?ん、そういうことなのね。

"贈り物"つったってこういう贈り物なのね。

これはちょっと、「はいありがとう」と簡単には受け取れないやね。

だって・・・体の一部だったり、全財産だったりするんだから。


まず

始まって随分経っても、なんだかこの主人公・ベン(ウィル・スミス)のしたいことがなかなか見えてこない!

大きな交通事故があったことはなんとなく分かったのだけれど。


いや、私ね、その事故が彼が起こしたものか・・・?

はたまたその事故で彼の愛する妻が亡くなって・・・だからこれってもしかしてその事故を起こした人間か、それに関わってる人たちに彼が復讐する準備をしてるのかって一瞬思いました。


その推測は見事に間違いでしたけど、それにしても主人公に感情移入できるわけでもなく。

かと言って彼以外の登場人物にもさほど心を動かされることもなく。


ま、...
UkiUkiれいんぼーデイ  2009年03月03日(火) 9時01分
SEVENPOUNDSあなたなら、受け取れますか?彼は【ある計画】を進めていた。7人の他人を選ぶ。そして、彼らの人生を変える。何のために──?上映時間123分製作国アメリカ公開情報劇場公開(ソニー・ピクチャーズエンタテインメント)初公開年月2009/02/21ジャンルドラマ【解...
CinemaCollection  2009年03月02日(月) 23時16分
本日公開のウィル・スミス主演、7つの贈り物を六本木ヒルズのTOHOシネマズで見...
西麻布でランチとか東京散歩とか。  2009年03月02日(月) 21時30分
「ネタバレ厳禁令」がしかれていたこの映画。予備知識は予告編程度な私だったので、原題も「Seven Presents」かと思っていた。でも『Seven Pounds』だったのだね。”Pounds”(ポン
たいむのひとりごと  2009年03月02日(月) 20時48分
ウィル・スミス主演作ということで気になっていた作品です。 今回のウィル・スミスはシリアスな演技で心の痛みをじっくりと伝えてくれました。 今作はあらすじが書き難いです。何を書いてもネタバレしそうなのです(^_^.) 映画は最初にラストに近いシーンが出てきて過去に遡るという手法で展開されるので、 観ている者は何が進んでいくのかが何となく分かっています。 それでも、本当にそれで終わってしまうの?という気持ちで観続けることになります。 主人公はそれくらいハードなことを成し遂げようと進んでいきます。 ウィル・スミスはいつも何かを背負っている人物を演じていますけど、 今回はあまりにも重いものを背負っています。 しかもダイレクトに背負い、その代償を払おうと考えます。 その行動の中で、彼が助けたいと思う人々と出会っていきます。 そして、彼は助けたいと思う人々に大きな影響を与えていきます。 それにしても今回の役は辛いですね〜 ラストも含め、本当にそれでいいのか、それしかなかったのかと考えさせられます。 観終わった時、彼の心が癒されたと思えたのが救いかなあと感じた1本です。 監督:ガブリエレ・ムッチーノ 出演:ウィ...
とりあえず、コメントです  2009年03月02日(月) 19時55分
今日も試写会に行ってきました。新宿の東京厚生年金会館で「7つの贈り物」です。「幸せのちから」のコンビ、主演ウィル・スミスと監督ガブリエレ・ムッチーノが挑んだ感動のヒューマン・ドラマだそうです。予備知識なしで素直に観れば感動できるかもしれません。が、どう...
流れ流れて八丈島  2009年03月02日(月) 13時12分
監督:ガブリエル・ムッチーノ
出演:ウィル・スミス、ロザリオ・ドースン、ウディ・ハレルソン


   あなたなら、受けとれますか?


「国税庁の徴収係のベン・トーマスは親友とある約束をしていた。
彼は辛い過去を背負い、七人の名前の書いたリストを手に
日々のつぶやき  2009年03月02日(月) 12時45分
原題:SEVEN POUNDS
それを贈り物と呼ぶにはあまりに哀しい、イエス・キリストが人々の罪をあがない人類を救うために自らを十字架にかけた、かのように、贖罪はミステリアス〜



不思議な男ベン・トーマス(ウィル・スミス)、海辺の豪邸、7人の名前が書かれたリストを見
「7つの贈り物」を鑑賞してきましたウィル・スミスが「幸せのちから」のガブリエレ・ムッチーノ監督と再びタッグを組んだ感動のヒューマン・ドラマ。辛い過去を背負い心に傷を抱えた男が、ある計画を実行するために見知らぬ7人を選び、彼らの人生を変える贈り物を捧げよ...
日々“是”精進!  2009年03月02日(月) 11時29分
この映画を見ている最中に、デンゼル・ワシントンの「ジョンQー最後の決断」と似た内容だと思った。宗教的な意味があると冒頭でわかるが、IMDBによるとシェイクスピアの「ヴェニスの商人」の借金の担保にされた1ポンドの肉から由来しているようだ。この作品に原作はないが、
とらちゃんのゴロゴロ日記-Hamazo  2009年03月02日(月) 7時04分
土曜日の2本目には、「7つの贈り物








」を選択。








ちょっとミステリーっぽくて、楽しみにしていました。


































「UCとしまえん








」は、いつもよりは少な
いい加減社長の日記  2009年03月02日(月) 5時11分
ベン・トーマスには宿命的な秘密を持つ内国歳入庁(日本の国税庁に当たる)の役人。互いにまったく関連のない7人の命を変えるため、彼らに近づくことに。

出演はウィル・スミス、ロザリオ・ドーソン、マイケル・イーリー、バリー・ペッパー、ウディ・ハレルソン

これは悲しい贖罪の物語。
これから自殺を図ろうとするベン自身が警察へ通報するところから始まる。なぜ彼はそうすることに至ったのか、7人の他人に接近する回想シーンで徐々に明らかになってゆく。後の展開は自分で彼のその驚くべき計画の旅を紐解いてい...
Mooovingな日々  2009年03月02日(月) 1時58分
ウィル・スミス最新作。ウィルはここ1年で、『アイ・アム・レジェンド』、『ハンコック』と本作と3度目の来日だそうです。「そろそろ日本の市民権をくれよ」と言っていたらしいですが。(笑)監督は『幸せのちから』でウィルと組んだガブリエレ・ムッチーノ。予告編で観に行きたくなるウィルの作品なんですが、ここ2作は突き抜けたヒット作とも思えないんですよね。さてさて本作はどうなんでしょうか。
LOVE Cinemas 調布  2009年03月02日(月) 1時26分
2009年03月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
http://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf