「チェンジリング」完成度は高いが今日性には疑問

2009年02月28日(土) 22時17分
「チェンジリング」★★★☆
アンジェリーナ・ジョリー主演
クリント・イーストウッド 監督、2008年、アメリカ、142分




「ある日、仕事から戻ると子供の姿が無く、
数ヶ月後、発見され電車でつれてこられた子供は
別人だった、主人公は自分の子供でないと
主張を続ける」



実際にあったことだという、
警察の横暴さと、偶然の不幸が
重なった事件。

見ながら思ったのは、
何故、イーストウッド監督は
このテーマを選んだのかということ。
映画の完成度としては極上の部類、
でもテーマは好きじゃない。



アカデミー主演女優賞にノミネートされた
アンジェリーナ・ジョリーにとっては
「演技する」という部分では、
最適な映画だったけれど、描く内容は
今更の問題提起って訳でもないだろうし、
やはり何故「今」なのかは気になった。

警察の横暴さをことさら強調しているが、
たぶん悪いヤツだっていただろうが、
描き方が一方的過ぎて、
主人公の側にだけ同情的にはなれなかった。


しかしイーストウッドの精力駅な活躍は
すごいなぁと、そっちの方に感心する、
演技者としては評価は低いが、
監督として、表現者という面では
充分に評価されている。

先日の新作で見た最近の風貌は
「ガイコツ」みたいだったけれど、
自分の頭の中に、表現したいものが
溢れているのだろうなと思うと
その動く姿が眩しくさえ感じる。


この世にたぶん「悪意」は存在する、
そして普通の人間は、その悪意に巻き込まれたとき
途方に暮れ、運命というものに
身を任せるしかないのだろう、
「事件」そのものより、
「自分自身」を貫くという強い意志が
人間には必ずあるのだと伝えたかったのかもしれない。

こういう映画を見て思う、
時々なら良いけれど、出来たら
ちょっといい気分になれる映画を見たいな、
日常の少し先にある希望の輪郭が見えるような。

★100点満点で70点

soramove
★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン

強い女のイメージのアンジェリーナ・ジョリーは
そのうちにはアカデミー賞を穫れるだろうが、
一体どんな映画で評価されるのか、期待したい。

★映画ランキングはこちら
  • URL:http://yaplog.jp/sora2001/archive/1233
トラックバック
トラックバックURL:
[チェンジリング] ブログ村キーワードチェンジリング(原題:Changeling)キャッチコピー:どれだけ祈れば、あの子は帰ってくるの?製作国:アメリカ製作年:2008年配給:東宝東和ジャンル?...
チェンジリング
1928年L.A.電話交換手主任の息子が失踪。
5ケ月振りに警察が保護した息子は別人だった...

【個人評価:★★☆ (2.5P)】 (自?...
『映画な日々』 cinema-days  2010年01月19日(火) 2時32分
ちょっと前に観ていたんですけど、なかなか忙しくて記事があげられずにいた『チェンジリング』の感想をあげますー。
思っていたよりも感情の抑揚が静かな映画だったかなーっていう印象が。

********************

クリント・イーストウッド監督がアンジェリーナ・ジョリー
cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー  2009年04月24日(金) 2時34分
1928年のロサンゼルスで実際に起きた事件を映画化。監督はクリント・イーストウッ
大発狂!マッドシネマ-映画天国-  2009年04月13日(月) 12時09分



 久々に、たぶん1年以上ぶりに銀座で映画を観ることに・・・。知らない間に日劇がTOHOシネマズになっていて、14日だったので、TOHOの日ということで1,000円で鑑賞。最近はちょっとした繁華街に映画館が乱立されているので銀座で観る人って減っているのかと思いきや、かなりの人でした。と言うわけで、チェンジリングを観てきました。
よしなしごと  2009年03月21日(土) 22時13分
//ストーリー//1928年、シングルマザーのクリスティン(アンジェリーナ・ジョリー)は、ロサンゼルス郊外で9歳の息子ウォルター(ガトリン・グリフィス)と暮らしていた。ある土曜日、彼女は同僚に泣きつかれて断り切れずに休日を返上して仕事へと向かう。暗くなって彼女が帰宅
映画君の毎日  2009年03月17日(火) 17時26分


とても評判のクリント・イーストウッド監督の最新作。ムービースターから名監督へ転換したのは極めて稀なこと。
さて今回は・・・・
権力は腐敗する。常に疑ってかかること…。
エリ好み★  2009年03月14日(土) 14時41分
最近のハリウッド映画の画面には影がなく、闇もない。例えば顔をアップにしても、影に
Days of Books, Films  2009年03月13日(金) 10時49分
まだ、公開して間もない作品なのでネタバレしないように気をつけましたが・・・まっさらな気持ちでコレから観たい方はお気をつけ下さいませ。
ぷくの日記  2009年03月12日(木) 21時23分
『チェンジリング』 
公式HPはこちら
←クリック  

●あらすじ(序盤)
1928年、ロサンゼルス。シングルマザーのクリスティン・コリンズ(アンジェリーナ・ジョリー)は、電話会社で交換手を束ねる責任者の一人として上司からも仕事は高く評価される存在だったが
映画と秋葉原と日記  2009年03月10日(火) 11時30分
22日にカミさんと映画を観に行くと決めながら、さて何を観ようか・・・・???気に
☆hiropechi blog☆  2009年03月10日(火) 8時39分
 1920年代のアメリカ。 シングルマザーの息子が行方不明になり、警察の捜査で発
みんなシネマいいのに!  2009年03月08日(日) 23時11分
(2008年・ユニヴァーサル/監督:クリント・イーストウッド) クリント・イーストウッド、もう79歳!にもなるというのに、精力的に新作映画を発表し、しかもここ数年、「ミスティック・
金曜の初日に張り切って観てきました。 イーストウッド監督の映画は、いつだって期待
C note  2009年03月08日(日) 12時59分
「チェンジリング」を観てきました?♪

1928年の初春、シングルマザーのクリスティン・コリンズ(アンジェリーナ・ジョリー)は、息子のウォルターと映画を観に行く予定をしていた土曜、突然休日出勤を強いられる。約束よりかなり遅くなって家に帰ったクリスティン、一人で待っているはずのウォルターが見当たらなかった・・・


人気Blogランキング
     ↑
押せば、あの子が帰ってくるかも!?

Blog人気ランキングに参加してます。
ご訪問の際は、是非ポチっとワンクリックお願いします?♪


観たよ?ん?  2009年03月08日(日) 9時02分


「チェンジリング」
何なのよ〜?  2009年03月08日(日) 8時51分
JUGEMテーマ:映画 

クリント・イーストウッド監督作品。今回のオスカーにアンジェリーナ・ジョリーが主演女優賞にノミネートされている本作品を、オスカーナイト前に観ておこうと、公開初日に劇場へ足を運びました。誘拐された息子が5ヶ月後に発見されるも、別人にすり替えられていて…という1920年代後半に実際に起こった事件を元にしたサスペンス。子供がらみの事件を扱った作品にアンジェリーナ・ジョリーが出演すること自体に驚きましたが、そこはクリント・イーストウッド監督らしい社会派の硬派なドラマで、納得のキャスティングでした。ロス市警と市政がらみの腐敗に泣き寝入りせず戦いを挑んだシングルマザーの壮絶な戦いが描かれていました。子供を思う母親の迫真の演技、そして見せ場も多く、1920?30年代のファッションやヘアメイクもハマっていて、主演女優としての存在感は申しぶんない素晴らしいものでした。どんな状況にあっても希望を捨てないところにも彼女らしい強さが感じられました。クリント・イーストウッド監督作品は毎回そうですが、今回も音楽が良かったです。監督の自作自演というのは強いですね。どのシーンでも抑制の利いた雰囲...
ハピネス道  2009年03月07日(土) 21時21分
クリント・イーストウッド監督・製作・音楽、アンジェリーナ・ジョリー主演の見ごたえのある映画だった。2時間22分の上映時間の長さを全く感じない、濃密な物語が繰り広げられる。1928年のロサンジェルスで実際に起きた事件をモデルにしているのであるが、これほどの重厚な物
とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver  2009年03月07日(土) 20時31分
「チェンジリング」
監督   クリント・イーストウッド
出演   アンジェリーナ・ジョリー  ジョン・マルコビッチ  ガトリン・グリフィス
純愛シネマ  2009年03月07日(土) 17時43分
2009年、映画館で観る13作目はこちら。映画『チェンジリング』 1928年。ロ
いんどあかめさん日記  2009年03月07日(土) 15時09分
これも昨日観た映画です。評判がよいのですね〜ミステリーサスペンスみたいな映画しか
ポノちゃんのブログ  2009年03月07日(土) 14時59分
【鑑賞】試写会
【日本公開日】2009年2月20日
【製作年/製作国】2008/アメリカ
【監督】クリント・イーストウッド
【出演】アンジェリーナ・ジョリー/ジョン・マルコヴィッチ

【STORY】
1928年、ロサンゼルス。ある日突然、クリスティン・コリンズの息子ウォルターが、姿を消す。5ヶ月後にイリノイ州で発見され、警察が連れてきた少年は別人だった。息子だと言い張る少年。クリスティンの訴えを聞き入れない警察。いったい、ウォルターに何があったのか?息子をこの手で抱きしめるまでは、決して諦めないと誓い、様々な圧力と闘うクリスティンに、恐るべき報せが届く・・・。

映画とキャラメル*  2009年03月06日(金) 22時14分
JUGEMテーマ:映画館でみました!
2008年/アメリカ
監督:クリント・イーストウッド
出演:アンジェリーナ・ジョリー
   ジョン・マルコヴィッチ
   ジェフリー・ドノヴァン
   コルム・フィオール
   ジェイソン・バトラー・ハーナー 
   エイミー・ライアン
   マイケル・ケリー
Lovely Cinema  2009年03月06日(金) 21時24分
この映画ってば、チェンジリング〜母親編〜でしょ!!

他の登場人物の主観でも、同じ話を見てみたい!!と思っちゃったよ。

ツラツラと思い出しながら書いてみると……


・消えた息子編
・現れた息子編
・腐敗した警察編
・無銭飲食の男編
・戦う神父編
・稼ぐ女編
えいがのはこ。  2009年03月05日(木) 12時24分
□作品オフィシャルサイト 「チェンジリング」□監督・音楽 クリント・イーストウッド □脚本 J・マイケル・ストラジンスキー □キャスト アンジェリーナ・ジョリー、ジョン・マルコヴィッチ、コルム・フィオール、デヴォン・コンティ、ジェフリー・ドノヴァン、マイケル・ケリー、ジェイソン・バトラー・ハーナー、エイミー・ライアン、ガトリン・グリフィス■鑑賞日 2月21日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0.5)<感想> 『7つの贈り物』を観たすぐあとに観る作品だったので、被ったらマズいなと思いつつも冒頭からしっかりのめりこんでしまった。 トップ俳優でありながら、監督としても大いなる力量をみせるクリント・イーストウッド監督。 俳優業と監督業の両方でこれほどの成果をあげているのはきっとイーストウッドだけだろう。 監督として作品に向かうイーストウッドの姿勢は一貫しているものがあるだろう。  驚いたのは今回も実際に起こった事件をベースに描かれていくのだが、全くの無駄を省き、丁寧に心象を描いていくところはまさにイーストウッド監督ならではの仕業だと感心した。  過去、堕落した警...
京の昼寝?♪  2009年03月04日(水) 8時15分
この映画を見ながら頭の中に浮かんだ言葉は「許されざる者」であった。最後の西部劇とも言われるあの傑作とこの「チェンジリング」はどこか似ている。それは傷つけられた女性と更に傷つけようとする権力者との闘いを描いている点であろう。この映画は誘拐ものというミステ...
映画と出会う・世界が変わる  2009年03月04日(水) 2時30分
チェンジリング’08:米

◆原題:Changeling◆監督・製作: クリント・イーストウッド「硫黄島からの手紙」「ミリオンダラー・ベイビー」◆出演:アンジェリーナ・ジョリー、ジョン・マルコヴィッチ、ジェフリー・ドノヴァン、コルム・フィオール、ジェイソン・バトラー・....
☆C'est joli?ここちいい毎日を?☆  2009年03月03日(火) 22時04分

 クリント・イーストウッド監督の新作、「チェンジリング」です。TOHOシネマズ六本木のスクリーン5で観賞しました。
 この作品、アカデミー作品賞にはノミネートされていないよう...
Men @ Work  2009年03月03日(火) 12時35分
1928年のロサンゼルスで実際に起きた事件を元につくられた作品です。 失踪した一人息子を懸命に探そうとする母の姿が印象に残る、とても切ない物語でした。 シングルマザーのクリスティン・コリンズ(アンジェリーナ・ジョリー)は9歳の息子ウォルターと二人暮し。 電話交換士の主任という役職につきながら、女手1つで幼い息子を育てていた。 ある土曜日、休日で息子と過ごしていたクリスティンは、病欠の職員の代わりに急遽出勤を頼まれる。 仕方なく息子一人を家に残し、仕事へ向かった彼女だったが 夕方帰宅すると息子の姿が見あたらなくなっていた。 必死に近所を探しても見つけられなかった彼女は警察へ捜索依頼の電話をかけた。 だが、警察は子供の捜索は24時間が過ぎないと受け付けられないと主張する。 翌日、ようやく警察は動き始めたが、何日過ぎても息子の音沙汰はなかった。 5ヵ月後、失意の彼女の元に息子が見つかったという連絡が入る。 喜びながら駅へと駆けつけた彼女が見たのは、息子と名乗る別人の子供だった… 出だしから聴こえてくるイーストウッドの切ないメロディと、アンジェリーナ・ジョリーの演技に引き込まれました〜 幼い一人息子の失踪事...
とりあえず、コメントです  2009年03月02日(月) 22時39分
【チェンジリング】 ★★★★☆ 試写会(6)ストーリー 1928年、ロサンゼルス。シングルマザーのクリスティン・コリンズ(アンジェリーナ・ジ
りらの感想日記♪  2009年03月02日(月) 22時30分
監督:クリント・イーストウッド
出演:アンジェリーナ・ジョリー、ジョン・マルコヴィッチ

  どれだけ祈れば、あの子は帰ってくるの ―?


「シングルマザーのクリスティン・コリンズ、ある日仕事から戻ると息子ウィルターの姿がなくその後の警察の捜索でも
日々のつぶやき  2009年03月02日(月) 12時43分
JUGEMテーマ:映画


2009年2月20日(金) 公開

★★★★★ アクションもセクシーな魅力も封印して渾身の演技を見せてくれたアンジーが良かった 星5つ!


皆さん、これが本物の春日ですよ。



お子さんをお持ちの親御さんならどなたも我が子が行方不明になるってどんなに苦しいことか想像しただけでもお分かりかと思います。

ところが実際に行方不明になったら、その想像の何倍も辛くて怖いです。


私はわかります。


2006年公開作品『フライトプラン』の感想でも書きましたが、私の娘が3歳の時に自宅から一人で出て行ってしまい行方不明になったことがあったのです。


その時の辛さは言葉に言い表せません。


夫と母と私の三人でとにかく探し回りました。


娘は見ず知らずの男性によって無事に交番に保護されていたのですが

その間の4時間ほどは、誘拐されたのではないか、川に落ちていないか、交通事故に遭っているのではと、生きた心地がしないというのはこの事なんだと、こういう時は探しながらも人間って悪い方向に考えてしまうものです。


娘を保護してくださった方が良い方だったからよかったものの、...
UkiUkiれいんぼーデイ  2009年03月02日(月) 11時01分
クリント・イーストウッド監督の作品というのは、観賞後にかなりビターな口当たりが残
はらやんの映画徒然草  2009年03月02日(月) 10時02分
映画「チェンジリング」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:アンジェリーナ・ジョリー、ジョン・マルコヴィッチ、ジェフリー・ドノヴァン、コルム・フィオール、ジェイソン・バトラー・ハーナー、エイミー・ライアン、マイケル・ケリー、他 *監督..
映画レビュー トラックバックセンター  2009年03月02日(月) 8時41分
2月22日(日) 18:55〜 TOHOシネマズ日劇3 料金:1250円(チケットフナキで前売り券購入) パンフレット:未確認 『チェンジリング』公式サイト 巨匠クリント・イーストウッド先生の新作は、事実を元にした取り替え子の話。チェンジリングというのは、妖精が人間の子をさらって、交換に置いていく妖精の子供のこと、取り替え子というそうだ。 アンジェリーナ・ジョリーの息子が行方不明になり、5ヵ月後に見つかったと連れて来られた子供が、まったくの別人。再捜索を警察に申し立てても精神錯乱として処理され、精神病院に叩き込まれる。そこには、警察の腐敗があった。 ミステリアスな作品なのかと思っていたら、最近珍しい社会派な作品だった。しかも、ミステリー、サスペンス、ホラー、法廷物など沢山の要素を持っている。 結構な長尺なのだが、圧倒的な力で、あっという間に見せきる。流石は先生だ。 ところで、彼女に思いを寄せている上司のベンとは上手く行ったのだろうか。 お勧め度:☆☆☆☆ 警部職務怠慢度:☆☆☆☆ 俺度:☆☆☆☆
ダイターンクラッシュ!!  2009年03月02日(月) 0時35分
映画を鑑賞しました。秊 2009-32『チェンジリング』(更新:2009/02/21) * 評価:★★★★☆(★★★★★との間) アンジェリーナ・ジョリーが主演、クリント・イーストウッド監督作品。 腐敗したロサンゼルス警察が子供の命を軽..
はっしぃの映画三昧!  2009年03月02日(月) 0時26分


CHANGELING / アメリカ
監督:クリント・イーストウッド
出演:アンジェリーナ・ジョリー、ジョン・マルコヴィッチ、
ジェフリー・ドノヴァン

これが一番観たかった作品です。
実話ベースをクリント・イーストウッドが撮る・・・
これまた重く凹む作品です。

1928年、ロサンゼルス。シングルマザーのクリスティン・コリンズは、9歳の息子ウォルターを女手一つで育てる傍ら電話会社に勤め、せわしない日々を送っていた。そんな彼女はある日、休暇を返上してウォルターをひとり家に残したまま出勤する羽目に。やがて夕方、彼女が急いで帰宅すると、ウォルターは忽然と姿を消していた。警察に通報し、翌日から捜査が始まる一方、自らも懸命に息子の消息を探るクリスティン。しかし、有力な手掛かりが何一つ掴めず、非情で虚しい時間がただ過ぎていくばかり。それから5ヶ月後、ウォルターがイリノイ州で見つかったという朗報が入る。そして、ロス市警の大仰な演出によって報道陣も集まる中、再会の喜びを噛みしめながら列車で帰ってくる我が子を駅に出迎えるクリスティン。だが、列車から降りてきたのは、ウォルターとは別人の全く見知らぬ少年だった…。 ...
カタヤマ 無断でブログ  2009年03月02日(月) 0時15分
changeling 2008年 アメリカ 09年2月20日公開  試写会鑑賞 公式サイト ココログのブロガー試写会に当選して東宝東和の試写室にて鑑賞。予告編を観て気になってた作品なので嬉しかったです。上画像は東宝東和様よりいただいたものです。どうもありがとうございます。 舞台は1928年のロサンザルス。主人公クリスティン(アンジェリナ・ジョリー)は、9歳の一人息子ウォルターを育てながら、電話局で働くシングルマザー。 ある日、クリスティンが急な休日の出勤から帰ってくると、ウォルターの姿がなくなっ
Andre's Review  2009年03月01日(日) 23時36分
1928年、クリスティンの9歳になる息子ウォルターが行方不明になった。 5ヶ月後、見つかったとの朗報が届くが、現れたのはウォルターだと名乗る見知らぬ少年。 事件解決をアピールすることしか頭にないロサンゼルス市警は、子どもの成長は思った以上に早いと言って全く取り合わず、逆にクリスティンが非難されてしまう…。 実話に基づく社会派サスペンス。 PG-12
象のロケット  2009年03月01日(日) 23時15分
上映スクリーン数: 301オープニング土日興収: 1.78億円クリント・イースト
映画コンサルタント日記  2009年03月01日(日) 23時08分
『チェンジリング』を観ましたクリント・イーストウッド監督がアンジェリーナ・ジョリーを主演に迎えた感動のミステリー・ドラマです>>『チェンジリング』関連原題: CHANGELINGジャンル: ミステリー/ドラマ製作年・製作国: 2008年・アメリカ上映時間: 142分監督...
おきらく楽天 映画生活  2009年03月01日(日) 23時04分
面倒を排斥しようとする愚かさは現代にも通じる。これが事実に基づいた話というのだから驚きだ。昔は良かったという人がいるがとんでもない。ひとたび権力に楯突けば、人を人と思わない仕打ちが待っていた時代である。長い作品であるが、別の子供が息子を語って現れたあた...
☆ EL JARDIN SECRETO ☆  2009年03月01日(日) 20時34分
 母親と言うのは、凄い生き物だと思います。子供のためなら自分の全てを差し出せる、その覚悟と、毅然とした態度。感情的だとか常軌を逸しているとか評されがちです(本編でもそういう扱いを受ける場面が多々ありました)が、それこそが母たる者の本能・直感、寧ろ備わった必要不可欠な能力なのだと思うのです。肉体的変化・記憶違い等々、理屈で捩じ伏せられるような脆いものであるはずがありません。優しいクリスティンが発揮した行動力、彼女が法律に投げかけた大きな波紋、最後に掴んだ希望(それが確信であったか、もっと朧な祈りのようなものであったかは解らないけれど、後者であるならとても切ない)、どれもこれもに母親の底力を見、改めてその存在の偉大さに感動しました。私は母親ではないけれど、ウォルターが姿を消した時のクリスティンの狼狽ぶりを見ると、幼い頃に門限を破ったために凄い剣幕で私を叱った“母親”の気持ちが解らないでもありません。

首都クロム  2009年03月01日(日) 20時11分
《チェンジリング》 2008年 アメリカ映画 − 原題 − CHANGELING
Diarydiary!  2009年03月01日(日) 19時09分
昨日稲垣吾郎が今月の映画の評価をしてましたね。1位に「チェンジリング」をあげていました。私も納得。2位に「ベンジャミン・バトン」。そうね?、これも納得。1位よりは淡々としている分、2位になっちゃうかと。夫婦対決ではアンジーの勝ちって感じがするなあ。アカ...
ぷち てんてん  2009年03月01日(日) 19時05分
CHANGELINGどれだけ祈れば、あの子は帰ってくるの──?ある日突然、きえた息子。5ヵ月後に帰ってきた彼は別人だったー。1928年、ロサンゼルス。魂で泣く本当にあった物語。上映時間142分製作国アメリカ公開情報劇場公開(東宝東和)初公開年月2009/02/20ジャンルミス...
CinemaCollection  2009年03月01日(日) 17時38分
「チェンジリング」をブロガー試写会にて鑑賞
ヤプログさんからのプレゼントです
ありがとうございます!!!
(同行者:以前からコレ見たいと言ってたBちゃん)


(こちら、ブログ用素材に頂きました)
公式サイトはこちら♪


今回、東宝東和の試写室での試写会とあって、プレスも頂きました

すごく大きくて綺麗なプレスです


ありがとうございます

「ネタバレはしないように」とのお達しなので、ネタバレなしで紹介したいと思います。
The Deepest DEPP  2009年03月01日(日) 16時00分
原題:Changeling
昔のことゆえ不条理な警察権力も行方不明も、驚くほど珍しいことではないかも知れないけど、児童20人が惨殺、我が子が替え玉だったという衝撃の事件〜



天使が住んでいたというロサンゼルスは1928年のこと、電話会社で主任を勤めるシングルマザーのクリ
[チェンジリング] ブログ村キーワード 評価:9.5/10点満点 2009年19本目(17作品)です。 この映画を観て思ったこと。 @母は強し! A人間は誰かの助けがないと生きていけないということです。 この作品が実話をベースにした作品だというんだから、恐ろしいです。「..
 今回の試写は映画「チェンジリング」をブログで応援するブロガー50名程が集められた試写だ。客席は満席で椅子に座れないお客さんまで出てしまう大盛況だ。 映画の話 1928年。ロサンゼルスの郊外で、9歳の息子・ウォルターと幸せな毎日を送る、シングル・マザーのク...
masalaの辛口映画館  2009年03月01日(日) 12時19分
「チェンジリング」を鑑賞してきましたクリント・イーストウッド監督がアンジェリーナ・ジョリーを主演に迎えた感動のミステリー・ドラマ。1920年代のロサンゼルスで実際に起きた事件を映画化。5ヶ月の失踪ののち保護され帰ってきた幼い息子が別人だったことから、本...
日々“是”精進!  2009年03月01日(日) 12時15分
どれだけ祈れば、    あの子は帰ってくるの―?ある日突然、消えた息子。5ヵ月後に帰って来た彼は別人だった―。1928年、ロサンゼルス。魂で泣く本当にあった物語。チェンジリングHPチェンジリング シネマトゥデイ英題:CHANGELING製作年:2008年製作国:アメ...
猫とHidamariで  2009年03月01日(日) 10時21分
この時代のメイクとはいえ、アンジーの顔がコワイっっ!・・というのはさて置き、非力で警察に頼らざるを得ないだけの母親から、権力の圧力にも屈しないコリンズ夫人へ。実の息子への愛情と想う気持ちだけを楯に、強
たいむのひとりごと  2009年03月01日(日) 9時24分
原題:CHANGELING監督・製作・音楽:クリント・イーストウッド出演:アンジェリーナ・ジョリー、ジョン・マルコヴィッチ、ジェフリー・ドノヴァン、コルム・フィオール、ジェイソン・バトラー・ハーナー公式サイトはこちら。<Story>1928年。ロサンゼルスの郊外で息...
NiceOne!!  2009年03月01日(日) 7時39分
     ★★★★★  Clint Eastwood 監督、 実際にあった連続少年殺人事件を モデルにしたドラマ。傑作。 原題は「Changeling」で、「取り替え子」の意。 「取り替え子」とは、西欧の民話で、妖精が人間の子供をさらった後に 置いていく妖精の子供のこと。        1928年3月のLos Angeles。 女手ひとつで9歳の息子Walter Collinsを育てている 電話局の交換係の主任Christine Collins (Angelina Jolie)が 仕事から帰ると息子が消えていた。 5か月後、見知らぬ男と一緒にいた少年を警察が保護、 WalterだとしてChristineに引き合わせる。 「息子ではない」 背も7センチ低いし、割礼の跡がある。 自分の息子ではないと主張し、 小学校の教師や歯医者も証言してくれるが、 市警のJ.J. Jones 警部(Jeffrey Donovan)は取り合わない。 挙句の果てに、市警の体面を保つために Christine を精神病院に強制入院させてしまう。  やがて、カナダから密入国した少年を市警が保護したことから、 郊外の養鶏場で少年20人を誘拐し殺害した事件が発覚する。 被害者たちの身元は完全には解明できなかったが、 犯人のGordon Northcott(Jason Butler Harner )は逮捕...
富久亭日乗  2009年03月01日(日) 6時45分
土曜日が「はしご観キャンペーン」で、1ポイントもらえるということで。





まずは1本目に「チェンジリング





」を選択。






















「UCとしまえん





」は、ちょっと少なめかな。





「チェンジリ
いい加減社長の日記  2009年03月01日(日) 6時42分
失踪した息子を捜すために腐敗しきった警察に立ち向かう母クリスティン(アンジェリーナ・ジョリー)の強さにとにかく圧倒される。警察の信じられないような仕打ちの中で、決してあきらめない母の姿が強烈なインパクトを作品に与えていて見応え十分。ひとりの少年の失踪が恐ろしい事件に繋がって行く展開も衝撃的で、最後まで食い入るように観た。
SOARのパストラーレ♪  2009年03月01日(日) 1時39分
内容電話会社に勤めるクリスティン・コリンズ(アンジェリーナ・ジョリー)は、女手ひとつで、9歳になる息子ウォルター(ガトリン・グリフィス)と平和な日常を送っていた。ある日。同僚の頼みで、休みを取りやめたクリスティン。息子ウォルターに約束のお出かけが果たせ...
レベル999のマニアな講義  2009年03月01日(日) 1時04分
『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』と並ぶ新春大型作品です。主演はアンジェリーナ・ジョリー、そして監督はあのクリント・イーストウッド。1920年代アメリカの実話を元にした作品です。アンジェリーナ・ジョリーは本作で第81回アカデミー賞主演女優賞にノミネート。ご主人の主演男優賞ノミネートと併せて夫婦でオスカー獲得となるのでしょうか。(発表は日本時間の23日。)
LOVE Cinemas 調布  2009年02月28日(土) 23時49分
2009年02月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
http://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf