「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」ある男の幸福な一生

2009年02月14日(土) 22時02分
「ベンジャミン・バトン」★★★★★オススメ
ブラッド・ピット、ケイト・ブランシェット 主演
デヴィッド・フィンチャー 監督、2008年、167分、アメリカ




「この映画に原作があり、
それがスコット・フィッツジェラルドだと知って
そうかもなと思った、
一番輝いた瞬間も夢のようだと
書き続けた作家だったから」



赤ん坊で生まれて
老いて死んで行く、
そんな普通の人間の一生を
全く逆の老人で生まれ、だんだん若返るという
生を受けたひとりの男の物語。


167分ある映画と知って
正直「長いな」と思っていた、
けれど見終えて思った、
人の一生167分じゃ短いよと。

醜い姿から、
だんだん若く成長していく主人公と、
彼を愛した女性の物語、
ふたりは同じ時代を過ごしながら
年齢という同調は僅かな時間だけだった。

ふたりが同じ時間を過ごす時の
奇跡のような輝きが
この映画の真骨頂だった、
その輝きは誰の人生にも必ず訪れる



だからこそ「その後」が残酷にも感じるが
それは映画として客観的に見ているからで、
きっとその輝かしいときも、
そして「その後」も自分では
それほど区別もないのかもしれない。

プラスだったりマイナスだったりを
繰り返しながら時間を過ごして
いつか美しくもなく、うまく動かない体になっても
きっとその時はその時の精一杯を
過ごしていくのだろう。


この映画はブラッド・ピットの顔をCG処理し、
体だけは別の人が演じるという
最新の技術で視覚的にも
違和感なく物語を受け入れることが出来る、
大画面でも身を乗りだすくらい見つめたが
「ホント、よく出来てる」とつぶやいた。

大河ドラマを見終えて
心揺さぶられるということはないにしても、
極上の小説を読んだ後のような
充実感があった。

オススメだ。

★100点満点で90点

soramove
★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン

アカデミー賞にもノミネートされているが
特殊技術は目を見張るものがある。

★映画ランキングはこちら
  • URL:http://yaplog.jp/sora2001/archive/1222
トラックバック
トラックバックURL:
産まれたときの見た目が老人で年齢を重ねるごとに若返っていく男ベンジャミン・バトン
大発狂!マッドシネマ-映画天国-  2009年04月13日(月) 12時11分
1920年代にF・スコット・フィッツジェラルドが執筆した、
ニューオーリンズを舞台に、80代で生まれ、そこから若返っていく、
1918年の第一次世界大戦から21世紀に至るまでの、
ひとりの男の姿を描いた短編の映画化作品。
主演はブラッド・ピット。

老人ホームの玄関に生ま
映画、言いたい放題!  2009年03月19日(木) 1時06分
『フォレスト・ガンプ 一期一会』の脚本家、エリック・ロスが本作の脚本を担当したことで、「マイノリティである主人公が多くの人々と心を通わせる、遍歴一代記」という点や、脚がつぶされたり切断されるところが泣かせどころだった
k.onoderaの日記  2009年03月07日(土) 0時32分
[ベンジャミン・バトン数奇な人生] ブログ村キーワード
 アカデミー賞13部門ノミネート!上映時間2時間47分!!「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」(ワーナー・ブラザース)。アカデミー賞では残念な結果(主要部門でカスらず、3部門の受賞)に終わりましたが、興行の方は、長尺モノにも関わらず、まずまずの数字を挙げています。こりゃあ、ブラピの底力って、とこですかね?


 第1次世界大戦が終わったその夜、ニューオーリンズで1人の赤ん坊が生まれた。出産直後に母親は死亡、残された我が子の姿を一目見て、父親は驚愕。その子を抱きかかえると、終戦の祝賀ムードに沸く街へと飛び出す。そしてある家...
シネマ親父の“日々是妄言”  2009年02月26日(木) 21時46分
数奇な平主任。
石塚です。
BIGLOBE平主任ブログ  2009年02月26日(木) 0時03分
ベンジャミン・バトン 数奇な人生観てきました。先日書いたように、私の好きなデヴィッド・フィンチャー監督の作品ということで、期待しながら行ってきました!結論。期待通りの面白さ。何をどうと説明しろと言われると難しいですが、いつもながら、人生の深淵をのぞかせ...
サムスル渡邉靖洋のビジネス日記  2009年02月25日(水) 9時39分
「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」 公開:2008年 本編:167分 制作国:...
俳優、遠藤元寛の奮闘ブログ  2009年02月24日(火) 20時02分
 『タイタニック』のような格調高い構成に、『フォレスト・ガンプ 一期一会』のよう...
シネクリシェ2.0  2009年02月24日(火) 6時28分
試写会で見ました。 映画館で見たのですが、係員の方が、わざわざ「2時間50分の上
urouro日記  2009年02月21日(土) 6時42分



☆☆☆☆☆ (5段階評価で 5)
2月7日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 14:10の回を鑑賞。
みはいる・BのB  2009年02月20日(金) 20時47分
  ベンジャミン・バトン 数奇な人生 製作国:アメリカ上映時間:167分ベンジャミン(ブラッド・ピット)は80歳の体で生まれた。みんな老いていくのに、彼は年を取るごとに若返る。人とは違った運命の元に生
きまぐれバロン  2009年02月20日(金) 13時59分
□作品オフィシャルサイト 「ベンジャミン・バトン 数奇な運命」□監督 デヴィッド・フィンチャー  □脚本 エリック・ロス   □原作 F・スコット・フィッツジェラルド□キャスト ブラッド・ピット、ケイト・ブランシェット、ティルダ・スウィントン、タラジ・P・ヘンソン、イライアス・コティーズ、ジェイソン・フレミング、ジュリア・オーモンド、エル・ファニング、ジャレッド・ハリス■鑑賞日 2月14日(土)■劇場 109CINEMAS川崎■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0.5)<感想> ある男の数奇な人生。 それは168分の中に静かに叙情的に凝縮されていた。
 生まれたときがまるで80歳の老人に見える赤ちゃん、ベンジャミン・バトン(ブラッド・ピット)。 この世に生を受けながらも実の親にはあまりの醜さから捨てられてしまい、老人施設で黒人女性に助けられ育てられる。 そして彼は6歳の少女デイジー(ケイト・ブランシェット)と出会う。 不思議に彼女とは気が合う。 そして彼にとっても彼女にとってもかけがえのない愛しい人となる。 
 バトンはどんどん若返っていく。 ハンサムでたくましくなっ...
京の昼寝?♪  2009年02月20日(金) 12時33分
  ★★★★★  80歳の老人の姿で生まれ、年をとるにつれ若返っていく男と バレリーナの愛の物語。 『The Great Gatsby 』のFrancis Scott Key Fitzgeraldが 書いた短編小説(1922年)をEric Rothが脚色。 第81回アカデミー賞で作品賞など13部門にノミネート。 原題は「The Curious Case of Benjamin Button」。        1918年、New Orleans。 生まれたばかりの男の子が養老院の前に捨てられた。 赤ん坊は年老いた老人のように老けていたが、 養老院の経営者Queenie(Taraji P. Henson )は 育てることを決心する。 男の子はBenjamin(Brad Pitt )と名付けられ、 老人たちにやさしくされ育つ。 1930年の感謝祭でBenjaminは 年下の女の子Daisy(Cate Blanchett )に出会い、 好意を持つ。 Benjaminを捨てた父親Thomas Button (Jason Flemyng )は 彼の前に名を隠して姿を現す。 青年になったBenjaminは家を出て、 船員となってロシアに行き 人妻Elizabeth Abbott (Tilda Swinton )と恋をする。 やがて太平洋戦争がはじまり、 彼も戦争に巻き込まれる。 故郷に戻ったBenjaminは、 Daisyがバレエで成功しているのを知り、 ニューヨークに会いに...
富久亭日乗  2009年02月19日(木) 21時02分
2009年、映画館で観る8作目はこちら。ずいぶん風変わりなストーリーらしいという
いんどあかめさん日記  2009年02月19日(木) 19時04分
監督:デヴィッド・フィンチャー
出演:ブラッド・ピット、ケイト・ブランシェット、ティルダ・スウィントン、エル・ファニング

「間もなく死を迎えようとしている女性が娘にある日記を読んでもらう。書いたのはベンジャミン・バトン。彼の数奇な運命がそこに語られ
日々のつぶやき  2009年02月18日(水) 16時42分
なんて、なんて。デビッド・フィンチャー監督作で、こんなに心あたたまっちゃうなんて。意外な感じもしつつ、フィンチャーだからこそのビジュアルで見せてくれる映画になっていて満足。一昔前だったら、映像化するのは困難なストーリーに区分されていたんじゃないかと思うのだけど、技術の進歩とアイディアの勝利だね。80代の風貌で生まれ落ちて、年をとるたびに容姿は若返っていく奇妙な運命を背負った男の人生が、実に自然に映像化されていることに感心。1人の俳優が10年、20年という年の経過を演じる映画も多いけど、いくら演技をがんばっていてもメイクが不自然でそれっぽく見えないこともあるし。逆に、世代ごとに複数の俳優を...
かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY  2009年02月18日(水) 0時17分
愛する人が年老いていくことと、若返って行くこと。 真逆でありながら、どちらも本質的には、似たようなことなのかもしれない、と思わされる。 ひとりの人間の一生を愛するということ。究極のラブストーリーを堪能する167分。『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』(THE CURIO..
試写会帰りに  2009年02月17日(火) 23時46分
▼動機
子供の頃、こういう歌があったよね
▼感想
ま、それなり
▼満足度
★★★★☆☆☆ それなり

▼あらすじ
80代の男性として誕生し、そこから徐々に若返っていく運命のもとに生まれた男ベンジャミン・バトン(ブラッド・ピット)。時間の流れを止められず、誰とも違う数奇な人生を歩まなくてはならない彼は、愛する人との出会いと別れを経験し、人生の喜びや死の悲しみを知りながら、時間を刻んでいく。
▼コメント
子供の頃、学区外の友人が歌っていた歌に
「産まれたばかりの老人が〜」
という歌があったのだが、この映画は正にその”実写版”というつもりで鑑賞。

興味があったのは...
新!やさぐれ日記  2009年02月17日(火) 22時56分
ベンジャミン・バトン
2/7(土)TOHOシネマズ



レイトで鑑賞ー。
満席状態だってのに何でちいさなお部屋で上映するんだろ?
初日くらい話題作なんだし大きなお部屋でかければいいのになー
最近地元のシネコンの部屋割り(?)に納得いかなーい!


上映
この1月に,81回アカデミー賞に,多数ノミネート(作品賞・監督賞・主演男優賞など)されたこの作品。封切りと同時に劇場に駆け付け,・・・・・鑑賞後は「これは受賞もしてほしい」と思った。なんとも言えない感動の余韻を今でもひきずっている。 あらすじ: 80代の男性として誕生し、そこから徐々に若返っていく運
虎猫の気まぐれシネマ日記  2009年02月17日(火) 21時52分
1918年、クイニーは赤ん坊なのに80歳の老人のような風貌をした男児を拾い、ベンジャミンと名付けて慈しみ育てる。 成長するにつれどんどん若返るベンジャミンは、ある日6歳のデイジーと出会い、自分の秘密を打ち明ける。 やがて人生のちょうど真ん中で、ほぼ同じ年齢を迎えた二人は結ばれるが…。 人生を逆回りに生き抜いた男の数奇な物語。
象のロケット  2009年02月17日(火) 17時33分
「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」監督:デビッド・フィンチャー(『ゾディアック』『パニック・ルーム』) 出演:ブラッド・ピット(『オーシャンズ13』『バベル』)ケイト・ブランシェット(『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』『エリザベス:ゴール...
マー坊君の映画ぶろぐ  2009年02月17日(火) 12時26分
JUGEMテーマ:映画



2009年2月7日 公開

★★★★★ 特殊メイクも含め見応えありで星5!

バトンのボタン


まずオープニングのワーナーのロゴがボタンになってたのが、どういう意味なんだろうと思っていたら・・・。


ご鑑賞がまだの方はネタバレしてますのでご注意くださいね。


「永遠はない」


とってもせつない話しです。


最初に病床の老婆(これがデイジー)が娘(ジュリア・オーモンド)に話す、駅に付けられた逆回転の時計の話しが主人公の人生とリンクしています。



とにかく驚いたのは主人公ベンジャミン役、ブラッド・ピットの若返りですね!


↑この時なんか、顔はメイクだというのが分かりますが、体が小さいんですよね。
この辺りの合体はどうなっているのかと。

体は老人なのに心は子供だと言うことをブラピは上手く演じて表現しています。


そして、ベンジャミンを育ててくれたお母さんのクイニー(タラジ・P・ヘンソン)の優しさ!




徐々に若返り始めるベンジャミン




髪は増え、シワはなくなり・・・




ここまで来ると眼鏡も必要ない。

逆方向へと進む二人が唯一、同じ時...
UkiUkiれいんぼーデイ  2009年02月16日(月) 9時04分
仕事を早退させてもらって、新宿厚生年金会館に『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』の試写会に行ってきました。
早退予定の時間前に3時間に及んだ電話でのテクニカルサポートの案件があって、予定時間に退社できないはその対応が長引いた分昼休憩もとれないで踏んだり蹴った
cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー  2009年02月16日(月) 1時12分
ベンジャミン・バトン 数奇な人生’08:米

◆原題:THE CURIOUS CASE OF BENJAMIN BUTTON◆監督:デビッド・フィンチャー「ゾディアック」「パニック・ルーム」◆出演:ブラッド・ピット、ケイト・ブランシェット、タラジ・P・ヘンソン、ジュリア・オーモンド、ジェイソン...
☆C'est joli?ここちいい毎日を?☆  2009年02月15日(日) 23時09分
人生は教訓のてんこ盛り。「人生はチョコレートの箱のようなもの。食べてみるまで分からない」と言ったのはフォレストガンプの母(だったかな?)。本作の主人公・ベンジャミンの育ての母は「人はみな生まれて死ぬ。たどる道が違うだけ」と言う。ガンプと同じように、その...
☆ EL JARDIN SECRETO ☆  2009年02月15日(日) 21時33分
今年初の試写会です{%キラリwebry%}
白ブタさん  2009年02月15日(日) 21時07分
『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』を観ました『セブン』『ファイト・クラブ』に続いて3度目のコンビを組んだデヴィッド・フィンチャー監督、ブラッド・ピット主演で贈る感動ヒューマン・ファンタジーです>>『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』関連原題: THECURIO...
おきらく楽天 映画生活  2009年02月15日(日) 21時02分
1人の人の生涯を描こうってんだからそりゃ長くなるけど、2時間47分は長かった?。80歳で生まれたベンジャミンは老人ホームで育てられ、一度は船上の男となるもののまた老人ホームに戻ってくる。そして幼い頃に出会ったデイジーと再会し、さらに本当の父親とも再会を果た...
まてぃの徒然映画+雑記  2009年02月15日(日) 21時00分
ある裕福な家庭。待ちに待った我が子の誕生。しかし母親の命と引き換えに生まれてきた赤ん坊が醜い老人の姿だったとしたならば、例え我が子と言えども愛する妻の命を奪った”悪魔の子”にしか見えない夫の気持ちもわ
たいむのひとりごと  2009年02月15日(日) 20時19分

 第81回アカデミー賞の最有力候補作品、「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」です。TOHOシネマズ六本木のシアター2で観賞しました。
 この作品、予告を観た段階から興味があったの...
Men @ Work  2009年02月15日(日) 18時04分
映画を鑑賞しました。秊 2009-27『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』(更新:2009/02/08) * 評価:★★★☆☆(★★★★☆との間) お爺ちゃんの身体で生まれて赤ちゃんの身体で死を迎える。 あの小さい老人はVFXのブラット・..
はっしぃの映画三昧!  2009年02月15日(日) 16時33分
☆ベンジャミン・バトン 数奇な人生☆(2008)デヴィッド・フィンチャー監督ブラッド・ピットケイト・ブランシェットティルダ・スウィントンタラジ・P・ヘンソンジュリア・オーモンドストーリー 1918年、ニューオーリンズ。ある一組のカップルの間に男の子が産まれる。...
ぷち てんてん  2009年02月15日(日) 15時43分
時間というものは不可逆性の流れを持っています。 今のところ物語の中でしかタイムト
はらやんの映画徒然草  2009年02月15日(日) 14時35分
『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』 
公式HPはこちら
←クリック  

●あらすじ(序盤)
1918年、第一次世界大戦の戦勝気分に沸くニューオーリンズ。ある一組の白人カップルの間に男の子が産まれるが。その赤ん坊は80歳の老人と見まがうほど奇異な容貌をし
映画と秋葉原と日記  2009年02月15日(日) 13時56分
1918年、ニューオーリンズ。ある一組の夫婦に、男の子が産まれる。しかし、その赤ん坊は80歳の老人と見まがうほど奇異な容貌をしていた。ショックを受けた男は、赤ん坊を老人養護施設に置き去りにしてしまう。そして、施設を営む黒人女性クイニーに拾われた赤ん坊はベンジャミンと名付けられ、献身的に育てられるのだった。成長するにつれ髪が増え、皺が減り、車椅子から立って歩けるようになるなど普通の人間とは逆に若返っていくベンジャミン。
やがて少年期を迎えた、1930年の感謝祭の日、ベンジャミンは将来自分の人生を変えることになる少女と出逢う。 施設入居者のフラー夫人を訪ねてきた孫娘、6歳のデイジーだった。...
今日は映画気分!  2009年02月15日(日) 11時59分
「ベンジャミン・バトン数奇な人生」を鑑賞してきました「セブン」「ファイト・クラブ」に続いて3度目のコンビを組んだデヴィッド・フィンチャー監督、ブラッド・ピット主演で贈る感動ヒューマン・ファンタジー。『グレート・ギャツビー』で知られる小説家F・スコット・...
日々“是”精進!  2009年02月15日(日) 10時22分
「ベンジャミン・バトン〜数奇な人生」
ヤプログさんのプレゼントで、一足お先に試写会にて見て来ました
ありがとうございます
(同行者:Bちゃんサンキュ)



ずっとずっと楽しみにしていた
作品の一つでもあります
それだけ期待が大きい作品でしたが、その期待を裏切るどころか、それを超える作品でした
The Deepest DEPP  2009年02月15日(日) 10時03分
JUGEMテーマ:映画 

今年のアカデミー賞で最多の13部門ノミネート。素晴らしい作品でした!1920年代に書かれたフィッツジェラルドの短編小説が基になっているとのことですが、これは脚色の力でしょう…第一次世界大戦が終わる1918年から、ニューオーリンズにハリケーン・カトリーナが上陸する2005年まで、一組の男女がたどった数奇な人生を描いた大叙事詩となっていました。まったく違うタイプではありますが、ある意味「フォレスト・ガンプ」にも通じるような、アメリカの歴史が織り込まれたファンタジー…といった趣がありました。上映時間が3時間弱と長いのですが、87年に渡る出来事の積み重ねなので、ダラダラした印象はなく、むしろ“すべてが重要シーン”と言ってもいいほど、美しく作り込まれていました。さすがデヴィット・フィンチャー監督。デジタル撮影とフィルム撮影を使い分け、描く時代によって照明にもこだわって撮ったそうです。どの場面ももう一度観たいと思わせるような素晴らしい絵の連続でした。主演の二人が素晴らしかったのはもちろんですが、ベンジャミンの育ての親クイニーを演じたタラジ・P・ヘンソンも良かったし(アカデミー賞で...
ハピネス道  2009年02月15日(日) 9時50分
昨夜、試写会で「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」を観た。 死の床に就くデイジー(ケイト・ブランシェット)は、娘にある男が残した日記を読ませるが、それは自分のかつての恋人で、年老いて生まれ、次第に若返っていくという、数奇な運命を背負った男ベンジャミン(ブ..
シネマ大好き  2009年02月15日(日) 8時07分
 人の迷惑かえりみず、やってきました、デンセン軍団…って、それはベンジャミン伊東
みんなシネマいいのに!  2009年02月15日(日) 7時26分
観たい映画が、何本も公開される中で、一番期待していた「ベンジャミン・バトン 数奇な人生













」。













1000円で観られる割引券があったので、朝一で観てきました。
いい加減社長の日記  2009年02月15日(日) 6時12分
今日は朝早く起きて
歯医者に行ったのですが
予約したいた日が
21日だったです
無駄に早起き・・・
疲れていたので
ゆっくり寝ていれば良かった・・・(-ω-;)
オイラの人生そんな事ばっかりです
って事で(どんな事?)本日はオイラ休日だったので
2月7日から公開さ...
HEYHEY BONBON  2009年02月15日(日) 1時00分
2009年序盤では1番の大作といっていい本作、公開初日に早速行ってきました。主演は言わずと知れたブラッド・ピット。共演ケイト・ブランシェット。そして監督は私の大好きな作品『ファイトクラブ』以来ブラピとは3度目となるデヴィッド・フィンチャーです。私のみならず、みんなこの日を期待していたんでしょう、夜8時半からでしたが劇場はほぼ満員でした。
LOVE Cinemas 調布  2009年02月15日(日) 0時21分
{{{   ***SOTRY***
1920年代にF・スコット・フィッツジェラルドが執筆した、80代で生まれ、そこから若返っていくひとりの男の姿を描いた短編の映画化作品。普通の人々と同じく彼にも時の流れを止めることはできない。ニューオーリンズを舞台に、1918年の第一次世界大戦から21世紀に至るまでの、ベンジャミンの誰とも違う人生の旅路を描く                  gooより   }}}


1920年代に書かれたF・スコット・フィッツジェラルドの「ジャズ・エイジの物語」の短...
Cartouche  2009年02月14日(土) 22時38分
最近は電車の中で小説を読んでいる人が多い。不況を実感する光景。 火曜の朝の通勤電車では、前と左右の三方を文庫本で囲まれてしまった。    祝日前夜、図書館で借りた『カラスの親指』(道尾秀介)を読む。
時流を聴く  2009年02月14日(土) 22時29分
2009年02月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
http://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf