「レボリューショナリー・ロード」あと少し幸せに近い場所へ

2009年02月05日(木) 0時29分
「レボリューショナリー・ロード」★★★★
レオナルド・ディカプリオ、ケイト・ウインスレット主演
サム・メンデス監督、2008年、アメリカ



「それは、やりがいのある仕事ですか?
食べるためだけの、仕事ですか?
それが分かるのは自分だけ、
他人にどう思われるか、気になりますか?」


-「タイタニック」の悲恋カップルが
到達した大人の事情ー

小高い丘のかわいらしい白い家、
幼い二人の子供と暮らす夫婦、
妻はある日、
今の生活は自分たちが本当に
望んだものじゃないと、
ふさわしい生活を求めてパリへ行こうと
夫に打ち明ける。

「あの時もしも・・・」
誰にも「あの時」別の選択をしていたら、
たぶん今とは全く違う生活をしていただろうと
思うことがあるはず。

選ばなかった別の自分は、
今も別の場所で別の暮らしをしていると
言う人もいる。


誰が幸せで、
どうなったら幸せで、
いったいいつが幸せで、
だいたい幸せってなんだろう、等々。

そんなあやふやな感情の波の中で、
あと少し幸せに近い場所へ、
あと少し幸せに近い自分に、
そして確かに今が幸せと思える瞬間を。

人はあれこれ願い続けるのだ。

妻はそれを求め続け、
夫は妻の意見を受け入れつつも、
実は変化をそれほど望まなかった。

静かな余韻のある映画だ、
そして心底怖い映画だと思った。


宝くじが当たるような
分かりやすい幸せって
そんなのなかなか実感出来ないものだ、
今感じた暖かで穏やかな心の充実を
幸せと呼べる瞬間はわずかで、
次の瞬間にはもう別の何かを望むような
人間の心の奥底は深く、
底を知らない。

「タイタニック」で命をかけた純愛のカップルが、
こんなところへたどり着くとは。
見ごたえのある映画だった。

★100点満点で75点

soramove
★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン

ケイト・ウインスレットは数々の賞に輝いているが、
ディカプリオは無縁なのもなんか面白い。

★映画ランキングはこちら
  • URL:http://yaplog.jp/sora2001/archive/1217
トラックバック
トラックバックURL:

映画「レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで」(2008年・アメリカ/イギリス)フランク(レオナルド・ディカプリオ)にとっての父親の存在の大きさが、印象的に描かれていた。DVDの特典映像を見ると、フランクが父親と過ごした時間の回想シーンがもともとは含まれていたらしいが、劇場公開版ではカットしてしまったらしい。思い切ったことをするものだと感心する。自分が父親を超えられるかもしれない……このフランクの静かな期待と興奮が、パリに行くという破天荒な計画よりも、ずっと現実的なものとして彼の内部を支配してしまったことは、じゅうぶんに理解できることだ。チャンスは一度きりだ、それを逃すな、だな...
make myself just as hard  2010年08月13日(金) 21時54分
レオナルド・ディカプリオとケイト・ウィンスレットの『タイタニック』以来11年ぶりの共演で話題になった『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』を観ました。
『タイタニック』から10年以上のもう時間が流れてるんだねーと思うと、心にくるものがありますねー。。。
cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー  2009年03月11日(水) 0時30分
『The Curious Case Of Benjamin Button』を観た同日、『Revolutionary Road』を観た。ブブと一緒に暮す前までは、1日、2本、3本の映画を観る事も珍しくなかったが、ハズと1日2本を観たのが最後だったのは、か...
犬連れ国際結婚  2009年03月05日(木) 2時39分
時代背景が違い過ぎるせいか、妻には全く共感出来ず・・・(~_~;) 逆に夫の気持
uni’s cinema diary  2009年02月24日(火) 23時34分
★★★☆  レオナルド・ディカプリオとケイト・ウィンスレットが共演するのは、あの歴史的ラブストーリー『タイタニック』以来、なんと11年振りだという。ほんに月日の経つのは早いもので、当時まだ20代だった両名とも、いつの間にやら30代になってしまった。 共に汚
ケントのたそがれ劇場  2009年02月24日(火) 17時00分
レオナルド・ディカプリオとケイト・ウィンスレットの『タイタニック』コンビ再び〜〜〜っと予告で煽ってた『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』新興住宅地に住む一組の夫婦フランクとエイプリルは傍目には美男美女の理想的なカップル・・・2人の子供にも恵ま
黒猫のうたた寝  2009年02月18日(水) 23時22分
4日の日記に対するE.T.さんからいただいたコメント(いつもありがとうございます)を読んでなるほどと思った。この映画の内容はほとんどが主人公ふたりの感情の発露と対立で成り立っている。それにもかかわらず観客として冷静に見ることが出来る、この種の感情露出型ド...
映画と出会う・世界が変わる  2009年02月18日(水) 9時19分
『タイタニック』のコンビ、レオナルド・ディカプリオと ケイト・ウィンスレットの1
JAZZと映画・本  2009年02月16日(月) 0時50分
『レボリューショナリー・ロード 燃え尽きるまで』を観ました1950年代半ばのアメリカの郊外の街で、夢と希望に人生を懸けようとする若い夫婦の葛藤と運命を描く感動作です>>『レボリューショナリー・ロード 燃え尽きるまで』関連原題: REVOLUTIONARYROADジャンル: ...
おきらく楽天 映画生活  2009年02月15日(日) 21時05分
今週の平日休みは話題作2本を「TOHOシネマズ・ららぽーと横浜」で。
その2本目。
★☆ひらりん的映画ブログ☆★  2009年02月10日(火) 0時53分
幸せな夫婦の破綻の物語だと知ってはいたのだが、こんなにもいきなり核心の部分に切り
明るくなるまで待って Wait until light  2009年02月09日(月) 20時19分
「この映画はいったい何を伝えたいのだろう?」と気になりながら観ていました。伝説の
たまさんのHR/HM シネマカフェ  2009年02月09日(月) 16時34分
あなたの最愛のひとは あなたを愛していますか  。
☆お気楽♪電影生活☆  2009年02月09日(月) 9時25分
REVOLUTIONARYROADそれは──誰もが逃れられない<運命の愛>あなたの最愛のひとはあなたを愛していますか──。<↑そう言う感じの映画ではなかったような・・・>上映時間119分製作国アメリカ/イギリス公開情報劇場公開(パラマウント)初公開年月2009/01/24ジャンルドラ...
CinemaCollection  2009年02月09日(月) 0時25分
映画史上永遠のカップル――
レオナルド・ディカプリオとケイト・ウィンスレット待望の再競演。
運命のふたりがたどり着く、愛の終着点。
シネマのある生活〜とウダウダな日々  2009年02月08日(日) 21時54分
すれ違う心。愛しているはずなのに…   
悠雅的生活  2009年02月08日(日) 20時26分

1月24日(土)公開の映画「レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで」の主演ケイト・ウィンスレットが第66回 ゴールデン・グローブ賞で、最優秀主演女優賞に輝きました。ケイト・ウィンスレットは、『愛を読むひと』でも最優秀助演女優賞を受賞!主演&助演の最優秀女優賞のダブル受賞は、88年のシガニー・ウィーバー以来の快挙だとか!

アカデミー賞のノミネートには、ケイト・ウィンスレットが『愛を読むひと』で今度は主演女優賞にノミネートされています。『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』では助演男優賞にマイケル・シャノンがノミネートされました。

ここから私の感想の追記です。!
観てきましたよ!最初この映画の予告編を観て・・・激しい感情のぶつけ合いの場面が多いのが気になりました。何か重そうな雰囲気が漂っていたので、観ていると暗い気持ちや、やるせない気持ちになって、気分が滅入ってうっとうしくなるだろうと覚悟をして映画を観始めました。しかし、そんなに思ったほど気になりませんでした。ディカプリとケイト・ウィンスレットの二人の迫真の演技に引き込まれ、罵声が飛び交うセリフの応酬でも私の不快指数はそれほ...
MOVIE レビュー  2009年02月08日(日) 12時09分
■レボリューショナリー・ロード:あらすじ■♪音が出ます。1950年代半ばのアメリカ。エイプリルとフランク・ウィラーの夫婦は2人の可愛い子どもに恵まれ、美しい家に暮らし、誰もが憧れる理想のカップルだった。ただ外見の充足や周囲からの賞賛とは裏腹に、彼らは互いの...
おしゃれ手紙  2009年02月08日(日) 11時04分
JUGEMテーマ:映画


2009年1月24日 公開

★★★★★ なかなか良かった!星5つ!


夫婦ゲンカで雨降って地固まる・・・とはいかなかった。


映画でアメリカ人の夫婦ゲンカを観るといつも思うのよ、すんごいよね!

思いっきりするよね、あの人たち。

旦那が言った倍ぐらい返す嫁!


この映画ね、ほとんどウィーラー夫妻が口ゲンカしてました。

だけど、ウチの夫婦も以前はよくケンカしたのでなんとなく分からないでもない。
でもね、ウチの場合ケンカしながらお互いに理解を深めて、結果として雨降って地固まる的な部分がありましたから。

あるよ、そらぁ?、日々の生活の不満とか将来の不安とか。
それは誰でもあるっしょ。

独身の時にしたかった夢とか、目指してたものとか。

そんな事はどの夫婦にもあると思います!


それでもね、だからってんじゃ、夫に会社辞めてパリへ行きましょ・・・と。

少しくらいなら蓄えあるし、私が働くからあなたは家で好きなことして生活してて・・・と。


なるか?

絶対ならないですよ。そこはね。


そんなことを突然言い出すんですよ、妻のエイプリル(ケイト・ウィンス...
UkiUkiれいんぼーデイ  2009年02月07日(土) 17時25分
えぐり合うふたり。考えさせられる映画はいい。しかも描かれているのが夫婦のあり方である。おもしろくないわけがない。主役のエイプリルとフランク以外にも夫婦が出てくるが、つくづく痛感するのが幸せとは主観であるということ。ぎくしゃくし始めた夫婦関係に対し、エイ...
☆ EL JARDIN SECRETO ☆  2009年02月07日(土) 9時49分
 
= 『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』  (2008) =


1950年代、半ば。

富裕層が集まるコネチカット州の郊外で、フランク(レオナルド・ディカプリオ)とエイプリル(ケイト・ウィンスレット)の夫婦は、二人の子どもにも恵まれ、幸せに暮らしていた。

しかし、彼らはお互いが抱いていた、平凡な生活の疑問点に、葛藤し始める・・。


{{{:
製作国/アメリカ : イギリス  Revolutionary Road  (119分)

監督: サム・メ...
1950年代、アメリカ・コネチカット州。 2人の子供に恵まれ閑静な住宅街で暮らす結婚7年目のフランクとエイプリル。 一見、理想的なカップルながら、それぞれ満たされない思いを抱えていた。 ある日エイプリルは提案する。「みんなでパリで暮らしましょう!」  憧れのパリで、ふたりの失われた夢を取り戻そうと言うのだが…。 夫婦の葛藤と愛の物語。
象のロケット  2009年02月06日(金) 22時14分
{{{   ***STORY***
1950年代のアメリカ、コネチカット州。フランクとエイプリルのウィーラー夫妻は、閑静な住宅街に暮らし、子供にも恵まれた理想のカップル。しかし、甘い新婚時代の暮らしも次第に色あせていく。演劇志向のエイプリルは地元の劇団の舞台に立つが、芝居の出来が悪く夫婦で口論に。一方フランクは、しがないセールスマンの仕事にやるせない不満を感じていた。そんな時エイプリルが提案する。「みんなで、パリで暮らしましょう」と…。   gooより}}}

結婚している女性なら誰もが味...
Cartouche  2009年02月06日(金) 17時36分
?

 レオナルド・ディカプリオとケイト・ウィンスレットの「タイタニック」コンビの共演が話題の映画、「レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで」です。TOHOシネマズ六本木...
Men @ Work  2009年02月06日(金) 14時57分
1950年代半ば、夢に人生を懸けようとする夫婦の葛藤と運命。「レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで」公式サイト「タイタニック」コンビのねっとりラブストーリーかと思ってたら・・おもーい家庭崩壊の話でした? ひええー大企業に勤め、郊外に住み、子供2人、...
かいコ。の気ままに生活  2009年02月05日(木) 23時24分
原題:REVOLUTIONARYROAD監督:サム・メンデス原作:リチャード・イェーツ出演:レオナルド・ディカプリオ、ケイト・ウィンスレット、キャシー・ベイツ、キャスリーン・ハーン、マイケル・シャノン公式サイトはこちら。<Story>1950年代のアメリカ、コネチカット州...
NiceOne!!  2009年02月05日(木) 23時14分
ふむ、ふむ、この映画はカップルでは見たくない映画というのは、わかりますねえ。「アメリカン・ビューティー」のサム・メンデス監督です。☆レボリューショナリー・ロード☆(2008)サム・メンデス監督ケイト・ウィンスレットレオナルド・ディカプリオキャシー・ベイツマ...
ぷち てんてん  2009年02月05日(木) 22時06分
JUGEMテーマ:映画館でみました!
2008年/アメリカ
監督:サム・メンデス
出演:レオナルド・ディカプリオ
   ケイト・ウィンスレット
   キャスリーン・ハーン
   マイケル・シャノン
   デビッド・ハーバー
   キャシー・ベイツ

そうだ!パリへ行こう?♪
Lovely Cinema  2009年02月05日(木) 21時33分
2008年。アメリカ/イギリス。"REVOLUTIONARY ROAD".
















  サム・メンデス監督。
















 今年に入って10回目を超えた「NO MORE 映画泥棒」のCMを見ながら、今年は月に5本程度、年間60本程度にしよう
映画の感想文日記  2009年02月05日(木) 19時00分
- あなたの最愛の人は
あなたを愛していますか-。

レオナルド・ディカプリオとケイト・ウィンスレット、「タイタニック」以来の共演となる2人の主演作ともなれば、当然話題性抜群。しかも監督はサム・メンデス(ケイトの旦那様!)です。
結婚の理想と現実の狭間にゆれる、どこにでもいるような夫婦を描いた作品、でも、決して甘い話ではなく、デートムービーにも不向きです。観る人の視点(既婚か独身か、男性か女性か)で、感想も余韻も、ものすご〜く別れる作品だとは思いますが…私は、観てよかったな〜と思いました。(…ケイト・ウィンスレットが大好きなもので、多少フィルターがかかって観ていたかもしれませんが…)
Peaceナ、ワタシ!  2009年02月05日(木) 17時28分
”おままごと”から脱出するはずだった。。。傍から見れば順風満帆、美男美女の似合いの夫婦に2人の可愛い子供たち。閑静な郊外の住宅地に庭付き一戸建て持ち、理想的な家庭を営んでいるウィラー家。でもそれは、夫
たいむのひとりごと  2009年02月05日(木) 16時42分
監督:サム・メンデス
出演:レオナルド・ディカプリオ、ケイト・ウィンスレット、キャシー・ベイツ

あなたの最愛の人は
あなたを愛していますか ―。


「田舎のレボリューショナリー・ロードに住む夫婦フランクとエイプリルと二人の娘。誰もが認める理想的な
日々のつぶやき  2009年02月05日(木) 11時28分
映画を鑑賞しました。秊 2009-22『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』(更新:2009/01/25) * 評価:★★★☆☆ 一ヶ月フリーパスポートで鑑賞の28本目。 なんて云って良いのだろう。 ラストのジョン・ギビングス..
はっしぃの映画三昧!  2009年02月05日(木) 9時48分
JUGEMテーマ:映画 

とても重い。でも秀作。サム・メンデス監督の作品に共通することかもしれませんがとにかく重たい、でも見応えがあり、心に残る何かがあります。「アメリカン・ビューティ」しかり、「ロード・トゥ・パーディション」「ジャーヘッド」どれもそうです。レオとケイト 「タイタニック」のコンビが復活。避けられない運命の愛。…そういった広告に引かれて観に行った人はショックをうけるのではないでしょうか?“愛”がテーマではありますがラヴストーリーではありません。夫婦、親子、家族、隣人、仕事…いろいろなことを深く考えさせられる作品です。主演の二人の演技は素晴らしい!アカデミー賞には二人ともノミネートされませんでしたが二人とも、受賞してもおかしくないくらいレベルが高いです。今回、アカデミー賞主要部門は逃しましたが作品そのもののクオリティはとても高かったと思います。唯一、助演男優賞にノミネートされたマイケル・シャノンはすごかったです。精神を病んだ青年の役ですが、彼の言う事はすべて“本当のこと”です。普通の人が遠慮して言えないことも、ズバリ、口に出してしまう。また、人が口にした言葉に対して...
ハピネス道  2009年02月05日(木) 9時35分
この映画は全編にわたり緊迫感に支配されている。主人公の二人もほとんど幸福感ややすらぎといった状況に置かれることはない。たまにそのような状況が描かれるが、それは次に起きる波乱の前触れであったり、虚飾のそれであったりというものだ。そうした緊迫感のピークがラ...
映画と出会う・世界が変わる  2009年02月05日(木) 9時30分
   ★★★★★  Leonardo DiCaprio とKate Winslet が 「Titanic」(1997年)以来11年ぶりに共演、 夫婦のすれ違いを描いたドラマ。 原作はRichard Yatesの処女小説『家族の終わりに』 原題は「Revolutionary Road 」。       ◇  1955年、 結婚7年目のFrank Wheeler (Leonardo DiCaprio )と April(Kate Winslet )の夫婦は Connecticut 州の郊外の住宅街Revolutionary Roadに 一軒の瀟洒な家を買う。 夫はNew York にある事務機器会社に通うサラリーマンで、 妻は専業主婦だ。 2人はかつて演劇を志したこともあったが、 今は2人の子供に恵まれ、 それなりに幸せに暮らしている。 ある日、妻はパリに行って暮したいと言い出し、 夫も賛成する。 妻はパリの国際機関で秘書として働き、 夫は自分の夢を実現するのに専念するという、 パリ行きのプランに2人は夢中になる。 そうした中、 妻が3人目の子供を身ごもっていることがわかり、 夫にも会社で昇進の話が持ち上がる。 パリに行くか、中止にするか、 2人の意見が食い違いはじめ、 妻は夫をもう愛していないとなじるなど、 大喧嘩をする。 翌朝仲直りした2人。 夫は会社に出かける。 妻は...
富久亭日乗  2009年02月05日(木) 7時55分
つい先日のゴールデングローブ賞では主演女優賞を受賞したケイト・ウィンスレットとレオナルド・ディカプリオが『タイタニック』以来11年ぶりに共演。しかも監督のサム・メンデスはケイト・ウィンスレットの旦那様。アカデミー賞では3部門でノミネートするなど、とにかく話題には事欠かない作品。早速鑑賞してきました。
LOVE Cinemas 調布  2009年02月05日(木) 1時45分
2009年02月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
http://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf