「チェ 28歳の革命」人は変われる、国はどうだ

2009年01月14日(水) 19時09分
「チェ28歳の革命」★★★
ベニチオ・デル・トロ主演
スティーヴン・ソダーバーグ監督、2008年、132分



「革命の真っ只中において、
純粋であろうとする姿は印象的、
しかし殺し合うことでしか達成されないものに
強烈に惹かれるものを感じない」


アルゼンチン生まれの男が
キューバの革命に深く係わり、
やがてその中心のひとりとなる。

彼が何故銃を持たなければならなかったか、
そんな素朴な疑問には答えず、
戦いを仕掛けていくので
美名においてどうしてもという理由を
もっと印象的に納得させて欲しかった。

ゲバラの医学生時代を描いた
「モーターサイクル・ダイアリーズ」は、
まだ学生の彼の目線が、
南米で懸命に働く人々と
僅かな地主の対比を真っすぐ受け止め、
見ているこちらも考えさせられたが、
「どうして」という部分を
もっと見せてくれないと
どうしても中途半端な印象となってしまうのが
残念だ。


革命という激しい行為は
今の時代には合わないけれど、
日本もこの閉塞感から脱するには
銃の変わりに、意識改革が必要だろう。

誰かがしてくるのでなく、
自分がどうしたいかをちゃんと示せないと。


若く理想に燃え、
その手段はともかく
意志を行動で示し達成感さえ手にいれたのだから、
それは幸福なことだったろう。

でも完全なものなどなく、
彼はまた別の方向へと視線を向けて行く。

早く続きが見たいね。

★100点満点で65点

soramove
★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン

革命を民衆の側からも見たいと思った。

★映画ランキングはこちら
  • URL:http://yaplog.jp/sora2001/archive/1204
トラックバック
トラックバックURL:
公開から1カ月近く経ってからやっと観てきました、『チェ 28歳の革命』。
新宿バルト9に日曜に観にいったんだけれど、朝8:50からの回なのに客入りは普通に入ってて、日曜の動員をなめてましたw。

********************

『トラフィック』のスティーヴン・ソダーバーグ監
cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー  2009年02月13日(金) 23時02分
革命から遠く離れて。 世界中が混沌としている。 中東の戦火は鎮まる気配は無いし...
平良竜次の「映画報」〜eiga-Ho!!!!!〜  2009年02月13日(金) 5時45分
 時代がゲバラを必要としている。  正義を貫いたチェ・ゲバラという男の行動は、この21世紀においても色あせることは全く無い。  『チェ28歳の革命』と『チェ・39歳別れの手紙』が製作されたのは時代の必
SWANの 「Trust me!」  2009年02月06日(金) 16時00分
28歳の革命について、podcastで配信中!
お笑いトークラジオ「REM更衣室」  2009年02月04日(水) 6時58分
 2009.01.11鑑賞  <シネプレックス小倉>  新春第一弾は、11月下旬または12月から封切
活動写真放浪家人生  2009年01月29日(木) 22時19分
ゲバラを熱演したベニチオ・デル・トロは、この映画でカンヌ国際映画祭で男優賞を受賞。その時の映画のスチールが、あまりチェ・ゲバラと似ている気がしないデル・トロがも
tomozoのうれし★たのし★大好き  2009年01月26日(月) 23時38分
カリスマの一つの形に過ぎないことを忘れてはならない。言わずと知れたラ米の歴史的カリスマ。しかし、恥づかしながらその人となりについては、これまでまったく知らなかった。ゲバラの生涯のうち、キューバ革命を成し遂げた栄光の前半を綴った本作。フィデル・カストロの...
☆ EL JARDIN SECRETO ☆  2009年01月26日(月) 13時59分
土曜、イオン下田での映画観賞、1本目が「感染列島」。

2本目に観たのが、<a href="http://che.gyao.jp/" target="_blan
欧風  2009年01月24日(土) 7時09分
『チェ28歳の革命』を観ました『トラフィック』のスティーヴン・ソダーバーグ監督とベニチオ・デル・トロが再びタッグを組み、伝説の革命家エルネスト・“チェ”・ゲバラの人物像とその半生に迫る伝記ドラマ2部作の前編です>>『チェ28歳の革命』関連原題: CHE:PARTONE...
おきらく楽天 映画生活  2009年01月21日(水) 8時08分
JUGEMテーマ:映画&nbsp;

スティーブン・ソダバーグ監督作品。主演はベニチオ・デル・トロ。これだけでも観る価値はあるというもの…。ベニチオ・デル・トロが7年かけて役作りをしたという成果はとくと見届けた気がします。実際のチェ・ゲバラの映像を見ると、ベニチオ・デル・トロというよりはジョージ・クルーニーに似ていると思うのですが、この役はジョージ・クルーニーは引き受けなかっただろうし(いくらソダバーグ監督と懇意でも…というかソダバーグは最初から打診しないと思いますが)ベニチオ・デル・トロ以外にこなせる役者さんもいなかったでしょう…。監督にとっても、俳優にとっても“渾身の一作”といえる出来だと思います。「39歳 別れの手紙」も必ず観に行こうと思っています。チェ・ゲバラがフィデル・カストロと出会い革命参加を決意し、それをやり遂げるまでの数年を淡々と、インタビューや国連での演説とクロスオーバーさせながら描く、まるでドキュメント作品を観ているような錯覚に陥るほどに淡々とした演出には、やや驚きました。実際の出来事には“山場”なんてないし(それは後から振り返ってみたときに「あれがそうだったんだ…」と...
ハピネス道  2009年01月19日(月) 8時17分
今週は三連休なので、もう一日ナイトショウで見ることに。
チェ・ゲバラものは、いまいちカリスマ革命家の生涯に興味が沸かないけど、
ベニチオ・デル・トロ主演という事で、一応見ておこうと。
★☆ひらりん的映画ブログ☆★  2009年01月19日(月) 2時22分
映画「チェ 28歳の革命」を鑑賞しました♪
FREE TIME  2009年01月18日(日) 23時23分
▼動機
チェ・ゲバラを知りたかった
▼感想
つくりはややこしいがなかなか勉強になった。
▼満足度
★★★★★☆☆ なかなか

▼あらすじ
1964年、ニューヨークで開かれた国連総会にキューバ主席として出席したチェ・ゲバラ。彼がキューバで行った革命運動をアメリカ人ジャーナリストの質問に答える形で回想する。
1955年、放浪中のメキシコでフィデル・カストロ(デミアン・ビチル)と運命的な出会いを果たした若き医師のチェ・ゲバラ(ベニチオ・デル・トロ)は、次第に革命運動にのめりこんでいく。
▼コメント
20世紀最大のカリスマ「チェ・ゲバラ」。
あのジョン・レノンも「世界でも...
新!やさぐれ日記  2009年01月18日(日) 21時36分
満 足 度:★★★★★★★
   (★×10=満点)
監  督:スティーヴン・ソダーバーグ
キャスト:ベニチオ・デル・トロ
      デミアン・ビチル
      サンティアゴ・カブレラ
      ウラジミール・クルス
      エルビラ・ミンゲス、他
★試写会中毒★  2009年01月18日(日) 15時08分
1955年、メキシコ。 ラテン・アメリカの貧しい人々を救いたいと南米大陸の旅を続けるアルゼンチン人の医師エルネスト・ゲバラは、独裁政権に苦しむ故国キューバの革命を志すフィデル・カストロと意気投合。 わずか82人で海を渡り、2万人のキューバ政府軍と戦うというカストロの作戦に、参加を決意する…。 実在したキューバ革命のカリスマの誕生を描く闘いのドラマ。
象のロケット  2009年01月18日(日) 10時49分
☆今日はいつもの<MOVIX昭島>から浮気して、<ワーナーマイカル日の出>に行った。

 明日も仕事なのに、ついレイトショーに行ってしまった訳だが、感想を20分で書こうと思う^^;

   ◇

 これは、意表をついて地味で、でも味わい深い作品だった。

 ゲバラの革命道行きを、淡々と映していくのだ。

 チープ感はない。

 そのロケーションを見ていけば、金は掛かっていようことは分かる。

 しかし、例えば、戦いの最中に、敵のタンクが現われ、普通ならば、これでもかとその威容を見せてくれてもいいところなのだが、そのタンクの砲塔が火を吹き、味方が隠れて銃撃していた車が吹っ飛ぶ、そんな見せ場なのに、カメラは一瞬で切り替わる。

 で、味方のロケット砲が、タンクをぶち抜き炎上させるのだが、それも一瞬で映像が終わる。

 つまり、この作品は、そんなシーンを見せる作品ではありませんよ、と教えてくれている。

 だからと言って、ゲバラが、なんか大上段に語るわけでもなく、作品自体も骨太にテーマを振りかざしてもいない。

 ゲバラの活動範囲を忠実に活写するだけだ。

 私は、仕事の後だったので、眠りそうにもなった。

 し...
『甘噛み^^ 天才バカ板!』  2009年01月18日(日) 9時11分
原題:The Argentine
彼の1952年23歳の頃ラテン・アメリカ探検の旅が描かれた「モーターサイクル・ダイアリーズ」とても素晴らしい映画だった〜そして偉大なる愛の革命家へ〜



それは1955年7月のこと、メキシコでアルゼンチン人医師エルネスト・ゲバラ(ベニチオ・デル・
1月10日(土) 21:35〜 TOHOシネマズ川崎5 料金:1200円(レイトショー料金) パンフレット:未確認 『チェ 28歳の革命』公式サイト キューバ革命の英雄チェ・ゲバラの伝記。2部作の第一部。ベニチオ・デル・トロ兄貴が、25キロ減量して10歳以上実年齢より下の役に挑む! チェ・ゲバラがテーマ、監督が何を作るかわからんスティーブン・ソダーバーグなので、割かし波乱万丈な派手な話なのかと思ったら、山岳部で地味にゲリラ戦を続けるのだった。これだけで、チェ・ゲバラのカリスマ性を感じるかと言ったら否だ。優秀な下級将校にしか見えない。 革命成功後の国連でのスピーチが、時折織り込まれるが、ここでは口の立つ演説家の一面が描かれている。 カリスマ性を感じたのは、ゲリラ兵士が、政府軍の奴の高級車を盗んだのに対して、「返しに行け!」と怒り狂ったところだけだった。 穿った見方をすれば、社会を変えるためには、暴力革命必要だと主張しているような雁屋哲的な作品でもある。 「オーシャンズ」などという愚作を撮り続けるソダーバーグにそんな意識はないだろうけど。 キューバ、カストロ、チェ・ゲバラの最低限の知識が無いと、何がなんだかわから...
ダイターンクラッシュ!!  2009年01月17日(土) 16時08分
 ♪忘れちゃいなと風が吹く〜 橋幸夫の「CHE CHE CHE」を思い出してしま
みんなシネマいいのに!  2009年01月17日(土) 8時43分
原題:CHE:PARTONE/THEARGENTINE監督:スティーヴン・ソダーバーグ出演:ベニチオ・デル・トロ、デミアン・ビチル、サンティアゴ・カブレラ、エルビラ・ミンゲス公式サイトはこちら。<Story>1955年、貧しい人々を助けようと志す若き医師のエルネスト(チェ)・ゲバ...
NiceOne!!  2009年01月17日(土) 8時04分
チェ・ゲバラ。 顔は知っている、街で売られているTシャツにその顔がプリントされて
はらやんの映画徒然草  2009年01月17日(土) 7時14分



 いつもお世話になっているRosalindaさんに誘われて、今年初めての試写会に行ってきました。題目は“チェ 28歳の革命”と“チェ 39歳別れの手紙”です。(共通公式ホームページはこちら。)
よしなしごと  2009年01月17日(土) 7時06分
さっそく長男と観てきました。 今回、『モーターサイクル・ダイアリーズ』を観たすぐ後なので 私にしては映画館に行くの早いっ♪ 作品上映前に簡単なゲバラの説明がありましたが、事前に年譜を頭にいれておくと わかりやすいかも。 この作品では、1955年カストロと出会..
CouchCinema*カウチシネマ / b  2009年01月17日(土) 0時04分
ベニチオ・デル・トロが伝説の革命家チェ・ゲバラを演じてカンヌの主演男優賞を獲得した作品、2部作の1番目「チェ 28歳の革
Wilderlandwandar  2009年01月16日(金) 23時05分
だって、デル・トロだもん(笑)デル・トロ久しぶりではないですか??しかも、相当ダイエットなさったようで♪☆チェ28歳の革命☆(2008)スティーヴン・ソダーバーグ監督ベニチオ・デル・トロデミアン・ビチルストーリー淡々とした運びの映画だったねえ?。ゲリラ戦の過...
ぷち てんてん  2009年01月16日(金) 21時39分
監督 スティーヴン・ソダーバーグ チェ・ゲバラの半生を描いた2部作の前編。64年の国連演説とカストロに出会ってキューバ革命に成功するまでが交互に描かれる。感想 英語とスペイン語それぞれに字幕がつき、髭を伸ばしている人物の区別がつかなかったりで、ややわかり...
ももたろうサブライ  2009年01月16日(金) 21時30分
「チェ 28歳の革命」 THE ARGENTINE/製作:2008年、アメリカ=
映画通の部屋  2009年01月16日(金) 20時31分
   
= 『チェ 28歳の革命』  (2008) =


1955年。 貧しい人々を助けようと志す若き医師、チェ・ゲバラ(ベニチオ・デル・トロ)は、放浪中のメキシコで、フィデル・カストロ(デミアン・ビチル)と運命的な出会いを果たす。

キューバの革命を画策するカストロに共感したチェは、すぐにゲリラ戦の指揮を執るようになる・・。


{{{:
製作国/アメリカ : フランス : スペイン  The Argentine  (132分)

監督: スティーヴン・ソダーバーグ
...
キューバ革命を成し遂げた時、チェ・ゲバラは30歳だったとのこと。「思いっきり年下なんだよなぁ〜」と、何となく思って何となく苦笑い。そういえば、「帰るなら死んだ方がましだ!」と豪語していた兄弟の年齢にも
たいむのひとりごと  2009年01月16日(金) 16時48分
「チェ 28歳の革命」試写会 有楽町朝日ホールで鑑賞

イベント付き試写会ということでしたが、朝日新聞主催のこの試写会でまさか変なお笑い芸人は来ないだろう、もっとお堅い○○の解説者とかが来るのだろうと勝手に思い込んでいましたが、なんとイベントはあのオードリーの新作漫才でした。
春日チョーキモイ。
本当に胸張ってて、七三分けで、ピンクのベストも。
漫才といってもチェ・ゲバラに引っかけたもので、深夜のお笑い番組で放送するらしいです。
本当に簡単に5分ほどなんですけど。
確かにキモイんですけど、テンポはよかったので、合格かな?
でも、それだけでした。

20世紀のカリスマチ...
てんびんthe LIFE  2009年01月15日(木) 21時42分
 期待の映画「チェ28歳の革命」がやっと公開されたので、早速観に行った。  エル
Serendipity !  2009年01月15日(木) 20時25分
《チェ 28歳の革命》 2008年 アメリカ/フランス/スペイン映画 − 原題
Diarydiary!  2009年01月15日(木) 19時46分
■ストーリー■1955年、貧しい人々を助けようと志す若き医師のチェ・ゲバラ(ベニチオ・デル・トロ)は、放浪中のメキシコでフィデル・カストロ(デミアン・ビチル)と運命的な出会いを果たす。キューバの革命を画策するカストロに共感したチェ・ゲバラは、すぐにゲリラ戦の指揮
映画君の毎日  2009年01月15日(木) 19時20分
2008年。アメリカ/フランス/スペイン。"CHE :PART ONE".


















  スティーヴン・ソダーバーグ監督。


















 ベニチオ・デル・トロ主演。


















 エルネスト・チェ
映画の感想文日記  2009年01月15日(木) 18時47分





映画 「チェ 28歳の革命」
ようこそMr.G  2009年01月15日(木) 12時15分
JUGEMテーマ:映画



2008年1月10日 公開

★★★★☆ 前編は★4っつです!


私もベレー帽を小粋に被りたくなりました♪





ひぃやぁ?、デル・トロ素敵でしたぁ?!!!

っつーか、やっぱりこのチェ・ゲバラがカッコイイからだねぇ?♪


もともとはこれ、『チェ 31歳の別れの手紙』だけの予定だったらしいんですが、それだけではなぜ彼がボリビアに行ったのかが観てる人に解釈できないということで。

キューバ革命やニューヨークでの国連演説を入れたため総上映時間4時間25分となり2部作となった。
英雄チェ・ゲバラの半生を描ききった超大作となりました。

だから原題では前半は『CHE PART ONE』


本物のゲバラはこちら↓



どこかジョニデに似てる。
よく見かけるファッションアイコンとしての彼の写真がこちら↓


ジョニー・デップ、ジョン・レノン、マラドーナ、そしてハイヒール・リンゴも崇拝するチェ・ゲバラ。

死後40年以上経った今なお彼が英雄とされるのかという歴史が詰まった作品でした。


簡単に彼の生い立ちなどを・・・

医者であり旅人であり、父、夫、そして永遠の革...
UkiUkiれいんぼーデイ  2009年01月15日(木) 8時57分
チェ28歳の革命
 1/10@TOHOシネマズ西新井


ゲバラ柄のものはヒスでもあったよな記憶があるなーってくらいのPOPアイコンとしての認識のみ。実はカリスマ的な人気があった南米の音楽などをやってた方なのかと昔は思ってたりもしたくらい何もわかってなかったワタシ
今年最初の話題作、主演でチェ・ゲバラを演じるのはベネチオ・デル・トロ。監督は『オーシャンズ13』のスティーブン・ソダーバーグです。連続公開が決定しており、この後1月31日には『チェ 39歳別れの手紙』の公開が控えています。日本人にはあまり馴染みのないキューバ革命舞台の本作、早速観てきました。
LOVE Cinemas 調布  2009年01月14日(水) 20時33分
2009年01月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
http://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf