「ワールド・オブ・ライズ」ディカプリオの渾身の演技も、伝えることは少ない

2008年12月29日(月) 16時44分
「ワールド・オブ・ライズ」★★★☆
レオナルド・ディカプリオ、ラッセル・クロウ主演
リドリー・スコット 監督、アメリカ、128分



ー硬派な映画ながら見応えアリ
 過剰な演技ほどは伝わるものは少ないー



リドリー・スコットにラッセル・クロウとくれば、
名作「グラディエーター」が浮かび
見る前から期待してしまう。

中東を舞台にいまだ根強い
反アメリカ的な組織のテロを
連想させるようなスリリングな展開。


ディカプリオは体を張って頑張ってる、
彼の思いついたウソで
テロ組織のボスをあぶりだそうとする計画が
実行されていくのはリアルに感じた。

これに対しラッセル・クロウは太って精彩がない、
というか、この映画に得には必要がなかったように
感じた、とりあえずビッグネームを集めたのかもしれない。

それよりヨルダンの街の様子や
人々の生活を見せてくれたほうが
よっぽど興味があったな、

宗教や国家間の考えの違いが
今でも多くの人の命を危険にさらし、
ホント無駄なことをし続けているのだ。

先日パレスチナのガザでまた争いが始まった、
他者を受け入れられないという
バカバカしい事実は相変わらず無くならないのだ。

ヨルダンの青空マーケットで
ディカプリオが買い物をするシーンや
道端にまでせり出した
たぶんチャイなどを飲ませる店等々、
まだ見ぬ国の日常が垣間見えて
テロ組織対CIAとかでなく
旅行者若しくは駐在員とかの
外人から見た異国を丁寧に描いたものが
見たいなと感じた。

人工衛星でピンポイントで人を見分け
追跡するのを見ると
快晴の空のときは空を見てチェックしようかなと思う、
どこまでが事実なのかは分からないが
それこそ空から俯瞰したら
アホらしいことを人間はしごくマジメにしているのだ。

この映画の出来は悪くない、
けれど心にズシンと響くものはない
主人公のついた嘘で人が亡くなるが
その心の傷が浅すぎるのが
感情移入できない最大の理由なのだろう。

★100点満点で70点

soramove
★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン

見応えはあるが、正月映画の華やかさは無い。

★映画ランキングはこちら…。
  • URL:http://yaplog.jp/sora2001/archive/1194
トラックバック
トラックバックURL:
ワールド・オブ・ライズ
中東で対テロ殲滅作戦を展開する
米CIA中東局の主任ホフマンと
現地工作員フェリスは爆破テロ組織の
リーダーを追う...
『映画な日々』 cinema-days  2009年12月17日(木) 0時59分
国際テロ組織と戦うCIAの話。
中東にもぐりこんで活動するCIA工作員フェリスを
レオナルド・ディカプリオが熱演しています。
原作は中東で20年も活躍してきたジャーナリスト、
デヴィッド・イグネイシャス氏によるもので、
実話ではないものの、
中東の様子が忠実に描かれています。
その点が非常に興味深かったです。
DVD特典を見るとさらに詳しく知ることができ、
いい勉強になりました。
英国日記  2009年10月13日(火) 23時16分
「ブレードランナー」「エイリアン」などの作品で知られる、英国出身の米映画監督リドリー・スコットが2008年にメガホンを執ったスパイ・サスペンス・ドラマ「ワールド・オブ・ライズ」(米、128分、ウィリアム・モナハン脚本、ワーナー映画配給)。この映画は米中東問題ジャーナリスト、デイヴィッド・イグネイシアスの同名小説を映画化。米CIA(中央情報局)敏腕工作員と。その上司であるベテラン局員のやり取りを中軸に、任務遂行のため味方をもうそで欺く熾烈(しれつ)な頭脳戦を展開していくさまを描く。出演は「ギ...
シネマ・ワンダーランド  2009年09月13日(日) 22時03分
今日{/hiyoko_cloud/}{/kaeru_rain/}からお盆のお休みです…四日間だけですけどね。
今日{/hiyoko_cloud/}{/kaeru_rain/}は夜勤明けだったという事もあって…午後3時過ぎまで寝てました{/kaeru_night/}。すでに1日無駄使いです{/ase/}{/ase/}

夜は…海峡花火大会に行こうと思ってたんですけどねぇ、元気だったら{/face_ase2/}
生憎小雨{/kaeru_rain/}が降ってたんで、なんか行きたく無くなって中止に{/face_ase2/}

明日は何をしようかなぁ{/face_ase2/}…



以下は映画鑑賞記録{/m_0058/}です。



「ワールド・オブ・ライズ」
(監督:リドリー・スコット、出演:レオナルド・ディカプリオ 、ラッセル・クロウ 、マーク・ストロング、2008年アメリカ)

TSUTAYAさんで「1408号室」と一緒にレンタル。
2009年7月12日(日曜日)に鑑賞しました。



ストーリー
デヴィッド・イグネイシャスの小説を原作にした作品。
全世界規模で爆弾テロを画策する組織のリーダー、アル・サリーム(アロン・アブトゥブール)を追うCIA。現地で常に危険な任務に就くロジャー・フェリス(レオナルド・ディカプリオ)とアメリカから指示を出すエド・ホフマン(ラッセル・クロウ)だが、双方...
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画  2009年08月23日(日) 7時36分
『ワールド・オブ・ライズ』を観ましたCIAに雇われた元ジャーナリストの男が、ヨルダンで大規模なテロ組織を追跡する姿を描くサスペンス・ドラマです>>『ワールド・オブ・ライズ』関連原題: BODYOFLIESジャンル: サスペンス/アクション上映時間: 128分製作国: 20...
おきらく楽天 映画生活  2009年05月11日(月) 22時05分
イギリス帰りの飛行機にて鑑賞。

なんとも骨太なスパイ映画。
007のようなスマートさは、CIAにはないのか!(爆)


CIA局員であるホフマンとフェリス、目的は同じであるはずなのに、
嘘の重ねあいで微妙にすれ違い。

目的を達成するためには
*モナミ*  2009年02月18日(水) 14時57分
第2弾も話題作…最近骨太系になって気に入り始めたレオの作品。
My Favorite Things  2009年01月18日(日) 22時36分
期待値: 80% リドリー・スコット監督の社会派映画 出演:レオナルド・ディカプリオ、ラッセル・クロ
週末映画!  2009年01月12日(月) 23時40分
今年1本目の劇場鑑賞作は、
映画鑑賞中にクルマの洗車まで出来ちゃう「TOHOシネマズららぽーと横浜」で2本。
もちろん洗車は有料です。
★☆ひらりん的映画ブログ☆★  2009年01月09日(金) 3時48分
先週、STVホール試写会で、”World of Lies”を観てきました。原題は、”Body of Lies”。偽りの身体・・。 中東で命懸けの対テロ活動を展開するCIA工作員ロジャー・フェリスと米国本土から命令を下すロジャーの上司エド・ホフマン。銃声や爆発音が鳴り響く現場に、時にはデスクから、あるいは家庭から携帯電話で指示が出されます。 お国のためなら、何のためらいもなく、味方も切り捨てるエド。そこまで割り切れないロジャー。2人を繋ぐのは携帯電話のみ。一方、テロ組織は、傍受の危険があるので、通信機器は使
コンサ日和  2009年01月08日(木) 20時55分
イラクでの新しいテロ組織のリーダーをおびき出す作戦に失敗し、負傷したロジャー・フェリスは中東を駆け回るCIAの敏腕工作員。全ての活動は安全な電話回線を使用したCIAのベテラン局員エド・ホフマンの指示によって彼の命も左右される。
ヨルダンへ移動したロジャーは英国マンチェスターやオランダで爆破テロを成功させたテロリスト組織の情報を得て追跡し、誘い出すために複雑で危険な計画を遂行する。
だがフェリスがターゲットに近づくほど彼の身を守るはずの信頼が崩壊してゆくのに気づく。

出演はレオナルド・デ...
Mooovingな日々  2009年01月08日(木) 0時25分
だんだん年末のバタバタでなかなか当日更新が難しくなってきてますw。
今回はこの前の『プライド』の試写会の後に新宿ピカデリーにて鑑賞した『ワールド・オブ・ライズ』。
思っていたほどにはとっつきにくい印象はなかった作品でした。

********************

『ブラ
cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー  2009年01月07日(水) 12時52分
「ワールド・オブ・ライズ」
2008年・映画館
[emoji:127][emoji:127][emoji:127]

PG-12指定作品です。小学生以下の方は出来るだけ保護者同伴にてご入場ください。

公式HP(音が出ます)

ロジャ
ご飯好き  2009年01月04日(日) 14時40分
<> 「ワールド・オブ・ライズ」見てきました! 個人的には、☆☆☆☆☆です! オ
逃げないほうが楽なんだよ  2009年01月03日(土) 22時12分
レオナルド・ディカプリオとラッセル・クロウ共演&『ブラックホーク・ダウン』や『エイリアン』を監督したリドリー・スコット作品なので、アメリカでの興業成績は芳しくなかったけど、観てきました?!
頭脳戦を展開するストーリーを主軸に描かれてるから、全体的にはおとな...
honu☆のつぶやき ?映画に恋して?  2009年01月03日(土) 6時54分
満 足 度:★★★★★★★
   (★×10=満点)

監  督:リドリー・スコット
キャスト:レオナルド・ディカプリオ
      ラッセル・クロウ
      マーク・ストロング
      ゴルシフテ・ファラハニ
      オスカー・アイザック、他
★試写会中毒★  2009年01月02日(金) 3時49分
ワールド・オブ・ライズ’08:米

◆原題:BODY OF LIES◆監督: リドリー・スコット「アメリカン・ギャングスター」「グラディエーター」◆出演:レオナルド・ディカプリオ、ラッセル・クロウ、マーク・ストロング、ゴルシフテ・ファラハニ
◆STORY◆ロジャー・フェリスは...
「ワールド・オブ・ライズ」を観てきました?♪

テロリスト組織のボスを追うCIA局員のフェリス(レオナルド・ディカプリオ)は、上司であるホフマン(ラッセル・クロウ)からイラクからヨルダンに行き、ヨルダン情報局のハニ(マーク・ストロング)と協力するように言われる・・・


人気Blogランキング
     ↑
押せば、世界が平和になるかも!?

Blog人気ランキングに参加してます。
ご訪問の際は、是非ポチっとワンクリックお願いします?♪

観たよ?ん?  2009年01月01日(木) 14時57分
「ワールド・オブ・ライズ」試写会 東京国際フォーラムホールAで鑑賞

すみません。
ちっともわかりませんでした。
リドリー・スコットらしいといえばそれまでだし、よくあるよね、こんな映画といってもそれまで。
キャストがデイカプリオとラッセル・クロウそしてリドリー・スコットということで大きな作品なのはわかる。
でもそこまで。
レオが走って傷ついて体張って誰かを追っかけているのはわかる。
それがテロ組織の黒幕だということも。
そこまででした。
とにかくレオが空回りしていることをみせるのがこの作品の趣旨で、それで言えば十分に表現できているけど、あまりに平凡なつくりになってい...
てんびんthe LIFE  2009年01月01日(木) 0時42分
《ワールド・オブ・ライズ》 2008年 アメリカ映画 − 原題 − BODY O
Diarydiary!  2008年12月31日(水) 21時00分
「ワールド・オブ・ライズ」の試写会に行ってきました。当初は監督の舞台挨拶の予定があったらしいのですが、体調不良のため急遽来日をキャンセルとのこと。簡単なディカプリオのビデオメッセージのみで上映開始です。

映画はテロリストとCIAとの駆け引きが中心となったストーリー。無差別テロの現場や裏切り、拷問シーンなどの連続で、とても疲れました。。

また、アメリカがテロリスト捕獲のために協力してくれた中東の人たちを見捨てたり、一般市民をテロリストに仕立てあげてしまうシーンなどは、妙にリアル過ぎて映画の...
今日という一日。  2008年12月31日(水) 11時41分
Body of Lies (2008年) 監督:リドリー・スコット 出演:レオナルド・ディカプリオ、ラッセル・クロウ、マーク・ストロング 欧州各地で起きた爆弾テロの首謀者を捕らえるべく策を企てるCIA局員を描くサスペンス・アクション 命がけで前線で活動する者、後方からただ指示を送る者、協力を要請される者、三者の目的は同じながらも、互いを信用しない虚虚実実ならぬ虚虚虚虚の駆け引きが描かれ、一瞬たりとも目が離せない。 情報提供者を見捨てることなどは当たり前で、一般人をテロリストに仕立てたり、爆弾テロを偽装するなど、敵味方おかいまいなく欺く作戦の数々は、正にタイトル通り「嘘の塊」で、現実のニュースで伝えられていることが信じられなくなりそうだ。 そして、セリフにもあるように、通信機器や衛星などの高価なハイテク機材を使っても、ローテク手段を駆使するテログループからは重要な情報を得ることは出来ないという状況から、ベトナム戦争を指して「隊列行進も出来ない奴らに負けた」という昔観た映画のセリフが思い出され、アメリカの変わらない戦争体質を感じさせる。 そのことを印象付けるのが、内通者を送り込むという昔ながらのオーソドックスな手...
Movies 1-800  2008年12月31日(水) 0時29分
CIA本部のエリート局員ホフマンと、彼の部下で危険な現場に潜入する工作員フェリス。 彼らの目的は爆破テロのリーダー、アル・サリームを捕まえること。 ヨルダン情報局のハニに協力を仰いだフェリスだったが、現場を知らないホフマンにことごとく計画をぶち壊され、ある大胆な作戦を思いつく…。 ≪誰も、信じるな。 誰でも、だませ。≫ サスペンス・アクション。
象のロケット  2008年12月30日(火) 22時21分
久しぶりだわ??、映画館に行くの♪二か月ぐらい行ってなかったような気がします。あ、いやいや一カ月の間違いだわ(笑)でも、相当長く映画館に足を運んでなかったと感じるわけです。「地球が静止する日」キアヌを見るか、ワールド・オブ・ライズ」のディカプリオを見る...
ぷち てんてん  2008年12月30日(火) 22時14分
昨日試写会で見た。なかなか当たらないのだが、今回はラッキーだった。リドリー・スコット監督のリアリティーを追及した中東のCIAの活動を描いたスパイアクション映画だ。主演は、レオナルド・ディカプリオとラッセル・クロウだ。現地の工作員に扮したディカプリオの熱演が光
とらちゃんのゴロゴロ日記-Hamazo  2008年12月30日(火) 21時31分
監督:リドリー・スコット
出演:レオナルド・ディカプリオ、ラッセル・クロウ、マーク・ストロング、ゴルシフテ・ファラハニ

「CIAの優秀なエージェントのロジャー・フェリスの任務は、爆破テロ組織のリーダーを見つけ捕らえること。危険に囲まれての潜入捜査は
日々のつぶやき  2008年12月30日(火) 14時47分
もはや「レオさま」ってアイドル的な呼び方は失礼かな?・・ってくらいに深みを身につけ始めたディカプリオだと思うのは贔屓目?チンピラ風から脱皮して、誠実で頭のキレル役どころが似合ってきたように思う。それに
たいむのひとりごと  2008年12月30日(火) 13時30分
映画「ワールド・オブ・ライズ」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:レオナルド・ディカプリオ、ラッセル・クロウ、マーク・ストロング、ゴルシフテ・ファラハニ、オスカー・アイザック、サイモン・マクバーニー、アロン・アブトゥブール、アリ・..
映画レビュー トラックバックセンター  2008年12月30日(火) 11時30分
映画「ワールド・オブ・ライズ」を鑑賞しました。
FREE TIME  2008年12月30日(火) 10時23分
ワールド・オブ・ライズ
Yahoo!映画 - >ワールド・オブ・ライズ
解説: CIAに雇われた元ジャーナリストの男が、ヨルダンで大規模なテロ組織を追跡する姿を描くサスペンス・ドラマ。ワシントン・ポスト紙のコラムニスト、デヴィッド・イグネイシャスの原作を『アメリカン・ギャン
局の独り言。  2008年12月30日(火) 7時24分
「ワールド・オブ・ライズ」を鑑賞してきました今年ラスト!!!「グラディエーター」「アメリカン・ギャングスター」のリドリー・スコット監督によるアクション・サスペンス。テロ首謀者を捕まえようとする諜報員たちが仕掛ける、熾烈な情報戦を描き出す。リドリー・スコ...
日々“是”精進!  2008年12月30日(火) 6時27分
直前まで「K-20 怪人二十面相・伝








」と迷ったんだけど。








「ブラッディ・マンデイ」の最終回を観てから出かけるとなると、21:45スタートの「ワールド・オブ・ライズ








」の方が安全ということで。
いい加減社長の日記  2008年12月30日(火) 6時10分
最近、全世界的にアメリカの不人気が高まっているように思います。 具体的には本作で
はらやんの映画徒然草  2008年12月30日(火) 5時19分
 中東で反米組織の情報収集を続けるCIA工作員の活動を描いたアクション映画「ワールド・オブ・ライズ」を見てきました。 日曜日夜とはいえ、封切り2日目でガラガラ。レオ様ファンが集まりにくい時間帯ではありますが、ちょっと寂しい。 イラクやヨルダンなど中東に...
伊東良徳のとき・どき★かるちゃ?  2008年12月30日(火) 0時52分
国際フォーラムで行われたワールド・オブ・ライズの

























ジャパン・スペシャル・スクリーニングに行ってきました。












(応募した際はレオ様来場!のジャパンプレミアだったのに
◆JOY◆ 〜つれづれ日記〜  2008年12月30日(火) 0時37分
試写会で 観てきました。「ワールド・オブ・ライズ」公式サイトディカプリオとラッセル・クロウの競演、さらにリドリー・スコット監督!てだけでなんだか期待してました?現場で死と隣り合わせの任務遂行するフェリス(ディカプリオ)最近似たような役多いような気がする...
かいコ。の気ままに生活  2008年12月30日(火) 0時32分
BODYOFLIESどっちの嘘が、世界を救うのか。メディア映画上映時間128分製作国アメリカ公開情報劇場公開(ワーナー)初公開年月2008/12/20ジャンルサスペンス/アクション映倫PG-12【解説】「ブラックホーク・ダウン」のリドリー・スコット監督、「ディパーテッド」のレオナル...
CinemaCollection  2008年12月30日(火) 0時31分
2008年。アメリカ。"BODY OF LIES".



























  リドリー・スコット監督。



























 レオナルド・ディカプリオが出演していなければ、初日に見に行ったりはし
映画の感想文日記  2008年12月29日(月) 23時50分
 レオナルド・ディカプリオ、ラッセル・クロウ2大スター競演!そして監督は、リドリー・スコット!「ワールド・オブ・ライズ」(ワーナー・ブラザース)。この豪華な顔合わせ、期待するなって方が無理ですよね。でも事前宣伝何か地味じゃないですか?思ったほど、盛り上がってないっちゅうか〜。


 ロジャー・フェリス(レオナルド・ディカプリオ)は、CIAの中東現地工作員。日々、対テロ工作の最前線で命を張って戦っていた。その上司であるエド・ホフマン(ラッセル・クロウ)は、CIAの本部や自宅、時には子供の送迎中に電話でフェリスに指示を与えていた。2人は、テロ組織のリーダー、アル・サリーム(アロン・...
シネマ親父の“日々是妄言”  2008年12月29日(月) 23時21分
私的にはお正月映画最大の注目作品2つ(もう一つは『ミラーズ』)のうちの1本。レオナルド・ディカプリオ&ラッセル・クロウが共演。そして監督はリドリー・スコット。CIA工作員の中東を舞台にした話です。原題は「Body of Lise」。これはどう訳したらいいんでしょう。ともあれハリウッドの大物2人の演技に注目です。
LOVE Cinemas 調布  2008年12月29日(月) 19時59分
2008年12月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
http://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf