「真木栗ノ穴」貧乏作家の小説世界を覗き見る

2008年11月18日(火) 0時09分
「真木栗ノ穴」★★★☆
西島秀俊 、粟田麗 主演
深川栄洋 監督、2007年、110分



取り壊しの決まっている
ボロいアパートの一室で
売れない作家の主人公は
壁にあいた穴から隣を覗き見、
その様子を連載小説に書き始めた。

この小説はまさに
小説世界そのものだ。

目で見たものをを文章で表現するように、
丁寧に丁寧に映し出していく。

だからって格調高いって訳じゃなく、
穴から見える光景に
自分の創造を加えたはずが、
原稿用紙に書き記すことで、
それが現実となっていくような
奇妙な感覚に捕らわれていく。

貧しい暮らしをしつつも、
窓際に置いた机に向かって
ペンを走らせる姿は
懸命でまっすぐで
侘しい貧乏暮らしながら
輝いているようにさえ見える。

映画を見て、心躍るとか
勇気がわいてくるとか
そんななにかプラスになるような要素は全く無いけれど
ひとつの映画の世界がそこにある。

主役の西島秀俊の存在が際立つ作品、
どんな映画だったかと聞かれたら
「変わった映画だったよ」と答えるかな。

★100点満点で70点

soramove
★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン

映画の出来と映画が語る事柄の意義はまた別物。

★映画ランキングはこちら
  • URL:http://yaplog.jp/sora2001/archive/1171
トラックバック
トラックバックURL:

真木栗ノ穴 HP
http://www.makiguri.com/index.html

古都鎌倉はいろんなイメージを掻き立ててくれますが、ボクにとっては川端康成に繋がる街です。一時期川端康成の感覚世界に徹底的に
Art- Mill  あーとみる  2009年01月06日(火) 12時14分
満 足 度:★★★★★★★★★
   (★×10=満点) 
監  督:深川栄洋
キャスト:西島秀俊
      粟田麗
      木下あゆ美
      キムラ緑子
      北村有起哉、他







■内容■

 築40年のアパートに暮らす作家の真
★試写会中毒★  2008年12月08日(月) 2時39分
“あの場所を過ぎると懐かしくて恐いところでした…”

今日は水曜日ですが、旦那の野暮用が長引き、結局外出できるのが18時近くになってしまったので、今から2本観るならレイトショーも視野に入れないと、なんて、別に1本でも満足なんですが、とりあえず渋谷に向かいました[徒歩]

で、そうそう、レイトショーといえば、せっかくの機会なので期間限定で上映中の「ブリュレ」をレイトショーで観ることにして、まずはこちらから。

内容は…“古いアパートに暮らす売れない作家が体験する、摩訶不思議な物語をノスタルジックなタッチでユーモラスかつ官能的に綴る”ものですが、うんうん、なんか怖いんだけど可笑しかったりして、このところ「丘を越えて」や「休暇」など、なんとなく自分的には精彩を欠いた印象に思えた西島秀俊も久々にツボだったかも、可愛かったです(笑)。

何故“真木栗の穴”なのかは観てのお楽しみとして、主人公の役名が真木栗勉なんですね。
原作は「穴」という、山本亜紀子の幻想奇譚とのこと、どこまで原作が活かされてるのかは未読なのでわかりませんが、ロケーション的に、鈴木清順監督の「ツィゴイネルワイゼン」を思い出したりして、夢か現か...
☆☆とりあえずの映画鑑賞メモ☆☆  2008年11月28日(金) 14時15分
ユーロスペースの予告編で気になった「真木栗ノ穴」これも去年の「M」と同様に少しエロティックな感もありつつ楽しめそうな作品で興味があり観賞。(C)2007RightsManagementCorporation&NeoInc.Allrightsreserved.監督・脚本:深川栄洋原作:山本亜紀子撮影:高間賢治出...
たーくん'sシネマカフェ  2008年11月20日(木) 14時19分
「純情きらり」の例を出すまでもなく、高い知名度がある俳優の中でも西島秀俊さんは、大作感のない映画にこそ寧ろ、その映画の魅力をアップさせてしまうじゃないのと思ってる方にとってこの映画は外せないかもしれない。ここでも例外ではないというより、かなりアクロバティック?な演技もやっている。部屋の電気(灯り)を消してばばっと動くだけで笑いを取る演出にのっかってしまうのは逆に貴重じゃないかとさえ。
他のキャストの選び方もうまいですね。だから飽きない。穴を覗くという変態モノかと思わせつつ、叙情的なホラーに遷移していくので、どぎつ過ぎるホラーじゃなく、ちょっとは笑う場面も見たくて、でも叙情御伽噺を見たいという場合には(なんじゃそりゃ)、突っ込みたくなっても許せてしまうこの作品はお薦めです。

公式サイト

女優・木下あゆ美がアスキーに来訪!映画「真木栗ノ穴」について語る!

真木栗ノ穴@映画生活

JUGEMテーマ:映画館で観た映画

しぇんて的風来坊ブログ  2008年11月19日(水) 23時37分
あの場所を過ぎると 懐かしくて恐いところでした

もし、あなたが部屋の壁に小さな「穴」を見つけたら・・・。
あの場所は夢とうつつの境?...
単館系  2008年11月19日(水) 2時00分
この作品はすでにロードショー公開されていたものと思っていたがそうではなかった。製作年は2007となっている。随分待たされたものだ。 そんな事情はさておき、つい最近見た『東南角部屋二階の女 』でも主演であった西島秀俊が、この作品ではまさにはまり役な小説家を演じて..
cultyシネマ行状記、その後  2008年11月18日(火) 20時17分
2008年11月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
http://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf