「おくりびと」さよならをするために

2008年09月21日(日) 0時09分
「おくりびと」★★★★☆オススメ
本木雅弘 、広末涼子 、山崎努 主演
滝田洋二郎 監督、2008年、130分



高校生のときにボランティアで
老人ホームへお手伝いをしに行っていて、
誰も尋ねてこないおばあさんが急に亡くなった時、
知らせを受けて駆けつけてきた身内の人たちが
泣く姿を見ながら
なんか違うだろと憤りを感じた。

泣くくらいなら
生きてるうちに


「死」をテーマにした映画は苦手だ
人は死ぬために生まれてくるかもしれないが
その避けられない現実から
目をそらすように生きているからか、
どうしても真正面から受け止められない。


色々なことが簡素化され
様々なことが効率化され
それでも人の命の尊さは変わらない。

「泣く」映画だろうなと、ちょっと敬遠していたが、
時折のユーモアと丁寧な心理描写で
良質な映画が出来上がった。

主人公はその丁寧な仕事ぶりで
感謝され、自分の天職を見つけたようだ、
同じ自分の時間を費やすなら
やりがいや達成感を得られる仕事をしていたい
誰もが願うが
その「場所」がなかなか見つけられない。


でも日々の精一杯が
その運命を運んでくれるのかもしれない、
だとすると気を抜いて生きていたらいけないのだろう。
それがなかなか難しいことなのだけれど。


納棺師という仕事があることさえ知らなかった、
その仕事があるということは
それが必要だということだ、
ストーリーを追いながらも様々なことを考えさせられた。

死んでしまうということをしっかりと見据えるということは
いかに「生きるか」を自分に問いかけることだ。



何が出来るのかと言えば、
ただ懸命に生きるということ。

こういう映画を見ると内容とは別に嬉しくなる、
多くの人に見てもらいたい。

★100点満点で90点


soramove
★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン


山崎努って何をやらせても、そこにリアルが見えて
うまいなぁと、感じる役者だ。

★映画ランキングはこちら
  • URL:http://yaplog.jp/sora2001/archive/1130
トラックバック
トラックバックURL:
[[attached(1,left)]]お勧め度:★★★☆
TSUTAYA100円レンタルに誘われて次の1本を見ました。
映画「おくりびと」です。
今まで見たい見たいと思いつつも見過ごしていた作品です。
プライドを持てる仕事に就くのではなく、自分の仕事にプライドが持てるのか?
それで人生の過ごし方が大きく変わってくることを感じた作品でした。
もちろん、見どころは他にも沢山あるのですが・・・
お勧めできる作品ですので、時間のある方は是非!!



{{{ ...
モンモンの青い海と白い雲の間で  2010年01月31日(日) 8時07分
納棺師 って仕事があるってことを初めて知った 葬儀屋さんが全部やってると思ってたけど 葬儀屋さんから依頼を受けて行くんやね人は誰でも死ぬ その時におくってくれる人 安らかな旅立ちのお手伝いかぁすごく身近なテーマと言えばそうやけど 今までに何度も身内の葬...
HAPPYMANIA  2010年01月21日(木) 2時21分
監督:滝田洋二郎(あれ? 俺とっちゃたよ)
出演:本木雅弘(いいだしっぺ)広末涼子 山崎努(いぶし銀)
出演:余貴美子 笹野高史 峰岸徹 吉行和子 杉本哲太  



「安らかな旅立ちのお手伝い」をする納棺師のお仕事を始めた
一人の男。最初は戸惑うが、徐々に充
おそらく見聞録  2009年09月15日(火) 15時24分
あらすじ所属する東京のオーケストラが解散し職を失ったチェロ奏者の大悟は演奏家を続けることを諦め妻の美香を連れて故郷の山形に戻ってくる。早速、求人広告で見つけたNKエージェントに面接に出かけ、その場で採用になるが、それは遺体を棺に納める納棺師という仕事だ...
 
 

(C) 2008 映画「おくりびと」製作委員会
製作年: 2008年
製作国: 日本
日本公開: 2008年9月13日
上映時間: 2時間10分
配給: 松竹
カラー/ビスタサイズ/ドルビーSRD
監督: 滝田洋二郎(陰陽師 阿修羅城の瞳)
脚本: 小山薫堂
音楽: 久石譲
キャスト:
not simple.  2009年05月19日(火) 0時27分
『おくりびと』
監督: 滝田洋二郎
脚本: 小山薫堂
音楽: 久石譲
撮影: 浜田毅
照明: 高屋齋
録音: 尾崎聡
美術: 小川富美夫
編集: 川島章正
衣装監修: 北村勝彦
キャスト: 本木雅弘 広末涼子 山崎努 余貴美子 杉本哲太 吉行和子 笹野高史 峰岸徹 山
ketchup 36oz. on the table 〜新作映画レビュー  2009年03月20日(金) 18時27分
同じ場面に立ち会うことを想像するのが怖くて、気になりながら観にいけなかった映画。でも、アカデミー賞に輝いたということなので、思い切って凱旋上映を観に行った。 楽団が解散し、チェロ奏者をやめ、妻(広末涼子)と二人で故郷の山形に帰った大悟(本木雅弘)は、旅..
シネマ大好き  2009年03月08日(日) 20時14分
◆本木雅弘さん(のつもり)本木雅弘さんは、映画『おくりびと』に小林大悟 役で出演しています。第81回アカデミー賞外国語映画賞、および第32回日本アカデミー賞最優秀作品賞受賞作品ということで、先日、遅ればせながら劇場に観に行きました。●導入部のあらすじと感想
yanajunのイラスト・まんが道  2009年03月03日(火) 23時15分
2月第4週国内週末興行成績(動員集計) です。 おくりびと チェンジリング 20
映画コンサルタント日記  2009年03月03日(火) 6時09分
人はいつか死ぬ。 人を送るその姿もコレだけちがうんだなと。 ルーズソックスで旅立ってったおばあちゃんは 少女のようにかろやかなステップを踏んでるのだろうか? 5分遅刻だとカリカリしていた主が 今までで一番きれいだったと涙して頭を下げる。 納棺師は、そうやっ..
ペパーミントの魔術師  2009年02月26日(木) 14時47分
夢を諦め故郷に戻ったチェロ奏者は、 遺体を棺に納める『納棺師』になった。
三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常  2008年12月31日(水) 22時39分
月曜、八戸フォーラムに「おくりびと」を観に行ったら、火災報知器が鳴って、危うく<a href="http://minkara.carvi
欧風  2008年12月09日(火) 18時32分



 Goo映画では88点(記事作成時)という、高評価な映画、おくりびとを観てきました。
よしなしごと  2008年11月18日(火) 0時14分
今週の平日休みは・・・
TOHOシネマズの1ケ月フリーパスの期限が迫ってるので、
まとめて3本見ちゃいました。
その1本目。
第32回モントリオール世界映画祭グランプリ受賞とか、
アカデミー賞の外国語作品賞出品の日本代表作に選ばれたとか・・・
いろいろ話題になってるけど・・・
★☆ひらりん的映画ブログ☆★  2008年11月08日(土) 2時05分

「納棺師」という仕事の?
繊細さ・優しさ・暖かさに触れました。

おくる人、おくられる人、誰しもその当事者になるわけだが
‘人の死’だけにそう日常的でない分「仕事」として常に関わるってどんな感じなんだろう。
葬儀屋・納棺師・火葬場・・・なくてはならな...
future world  2008年11月01日(土) 1時11分
『おくりびと』









(2008年・日本/190分)









公式サイト



















第32回モントリオール世界映画祭グランプリ









第17回金鶏百花映画祭国際映画部門 作品賞・監督賞・主演...
ひょうたんからこまッ・Part2  2008年10月27日(月) 23時21分
おくりびと HP http://www.okuribito.jp/

予告編を観ながら、「この秋一番だなあ」と誰もがそう思うような雰囲気が漂い、公開されたらぜひと思っていたが、1ヶ月以上も過ぎて、よう
Art- Mill  あーとみる  2008年10月26日(日) 23時26分
今晩は試写会「おくりびと」で、九段会館に来ました。主演は本木雅弘と広末涼子で、いい感じの夫婦役です。モッくんもヒロスエも、役者として大好きです!夢破れて田舎に帰ったモッくんが、ふとした縁で山崎務に雇われ納棺師(のうかんし)になる、というお話なんだけど、...
流れ流れて八丈島  2008年10月25日(土) 0時20分
なぎささんが2回も鑑賞!
 そんなにいいの? と気になった「おくりびと」を観ました。
( → 公式サイト
 )



出演:本木雅弘、広末涼子、山崎努、余貴美子、吉行和子、笹野高史
上映時間:130分


 楽団の解散でチェロ奏者の夢をあきらめ、故郷の...
映画でココロの筋トレ  2008年10月24日(金) 15時42分
▼動機
連れてってと言われたので
▼感想
美しき日本の様式美
▼満足度
★★★★★☆☆ なかなか

▼あらすじ
楽団の解散でチェロ奏者の夢をあきらめ、故郷の山形に帰ってきた大悟(本木雅弘)は好条件の求人広告を見つける。面接に向かうと社長の佐々木(山崎努...
新!やさぐれ日記  2008年10月24日(金) 7時16分
3連休中日の今日、昨日封切りの「おくりびと」を観てきました。

私は幸せな事にまだ近親者の死を知らないので、納棺のあらましも納棺師という職業があることも、この映画で初めて知りました。

ネタバレになるとつまらないので、余りストーリーには触れませんが、意外な...
For Our Tomorrow & Planet  2008年10月14日(火) 19時29分
国際映画祭といえば、ベネチア・カンヌ・ベルリン映画祭が有名だが、最近はモントリオール映画祭も注目されているとか。そのモントリオール映画祭の2008年度グランプリが『おくりびと』である。 主演は本木雅弘。モックンである。以前、『スパイ・ゾルゲ』を見に行っ...
週刊ヒロテック  2008年10月14日(火) 11時20分
映画「おくりびと」の感想です
ジャスの部屋 -映画とゲーム-  2008年10月14日(火) 10時50分



2008年 / 日本 / 130 minutes
出演 : 本木雅弘、広末涼子、余貴美子、吉行和子、笹野高史、山崎努
監督 : 滝田洋二郎
脚本 : 小山薫堂
音楽 ?...
いけこのDVD鑑賞記  2008年10月11日(土) 0時49分
納棺師。遺体を棺に納める人。またその職業。

人の世には様々な出会いと別れがある。どんなに親しい人と出会っても、ずっと傍にいたいと思う人でも、必ず別れる時は来る。たとえ連絡が取りづらくなっても、会いたいと思ってもなかなか会えなくても、この地球上に生きて...
Diary of Cyber  2008年10月04日(土) 23時47分
身近な人の葬儀に始めて出たのは、小学校五年生の春に祖母が亡くなった時だと思う。
それ以来、一体何件の「旅立ち」を見届けてきただろうか...
ノラネコの呑んで観るシネマ  2008年10月04日(土) 23時34分
「おくりびと」試写会 丸の内ピカデリー2で鑑賞

原作は何かということも知らなければ納棺師という仕事も知りませんでした。
葬儀屋の話だとずっと思っていました。
納棺師そういう仕事あるんですね。
あんなふうに納棺の仕事見せられると素晴らしいと思うのですが...
てんびんthe LIFE  2008年10月03日(金) 23時43分
幸いなことに両親はまだ健在なので、納棺に立ち会ったことがありません。 葬儀屋とは
はらやんの映画徒然草  2008年10月03日(金) 20時55分
監督 滝田洋二郎すこしあらすじ ようやくチェロ奏者になったものの楽団の解散で失業した大悟(本木雅弘)は妻の美香(広末涼子)をつれて故郷の山形に帰った。 そこで大悟は好条件の求人広告を見つける。面接に向かうと業務内容も知らされないうちに社長の佐々木(山崎...
ももたろうサブライ  2008年10月03日(金) 20時53分



見てきました。感想です。


塩ひとつまみ  2008年10月03日(金) 19時17分
客のほとんど入らない無名オーケストラのチェリストから、5分の遅刻でカリカリする遺
気まぐれキネマ&ダイアリー  2008年10月03日(金) 8時40分

 チェリストの大悟(本木雅弘)は所属楽団が解散してしまい、妻(広末涼子)を連れ
て故郷の山形へ帰る。「旅のお手伝い」という広告と、?...
真紅のthinkingdays  2008年10月03日(金) 8時11分
    ★★★★★ 人の死を正面から見つめ、厳粛の中にユーモアもちりばめたドラマ。 第35回モントリオール映画祭グランプリ受賞。 傑作だ。     ◇  チェロ奏者の小林大悟(本木雅弘)は 所属していた楽団の解散で失業し、 妻の美香(広末涼子)を連れて故郷の...
富久亭日乗  2008年10月03日(金) 7時19分
上映スクリーン数: 220オープニング土日祝興収: 3.48億円土日興収では「ゲ
映画コンサルタント日記  2008年10月03日(金) 1時35分
 チェロ奏者の大悟は、楽団が解散となり職を失う。帰郷して職を探す彼は、高給と短い
CINEMA見聞録  2008年10月03日(金) 0時08分
おくりびと(2008 日本)

英語題  Departures
監督   滝田洋二郎  
脚本   小山薫堂      
撮影   浜田毅                  
音楽   久石譲               
出演   本木雅弘 広末涼子 山崎努
    ...
映画のメモ帳+α  2008年10月02日(木) 23時12分
例によって、長い長い前ふりがあります。ほんの五ヶ月前に父親の葬式をしたときに、初めて納棺師なる職業があることを知った。前の身内の葬式は17年前で、そのときにはそういう方は来なかったと思う。そのときは私も知らないうちに何人かで着替えをして化粧を施していた。...
再出発日記  2008年10月02日(木) 22時59分
 きっと、「人を敬う」という気持ちが、美しい儀式を生む。

『おくりびと』
2008年・日本・130分
監督:滝田洋二郎
製作:信国一朗
プロデ?...
【待宵夜話】++徒然夢想++  2008年10月02日(木) 22時52分
「おくりびと」を観てきました?♪

楽団のチョロ奏者、小林大悟(本木雅弘)は、突然楽団が解散したことから、チェロを棄て故郷の山形に帰る決心をした。新聞で見つけた求人募集の広告を読み面接に向かった。社長の佐々木(山崎努)に即採用された大悟、仕事内容を聞く...
観たよ?ん?  2008年10月02日(木) 7時15分
-ネタバレあり-
今年7月にオープンした新宿ピカデリーにて鑑賞。
6回観ると1回ただになるらしい。10スクリーンあるらしい。
10もあるのに、チケット売り場からの入り口はひとつ。開始10分前まで入れない。
チケット売り場のところにフードコーナーやその他もあって...
◆小耳書房◆  2008年10月02日(木) 0時20分
           おくりびと   念願のオーケストラに入団できたチェリストの小林(本木雅弘)は、オーナーの 「解散します」 と言う一声で人生が一転。田舎に帰り、求人広告で仕事を探していると、「旅の
きまぐれバロン  2008年10月01日(水) 20時25分


映画「おくりびと」行ってきました




滝田洋二郎監督、本木雅弘主演の作品なんですが、今日のヤフーニュースで絶好調の成績を持続している。と知りました。

なにやら、13〜18日の6日間で、全国動員が50万人を超える見通しだって。





第32回モント...
ル・ポネ101  2008年10月01日(水) 13時28分
映画「おくりびと」の本木雅弘さんや広末涼子さんが舞台挨拶をしたニュースがあちこちで流れていました。

そこでこの映画の公式サイトを見てみました。するとTOPページでいきなり本木さん演奏?のチェロが流れる予告篇が始るのはいただけませんが、でもデザインはすっ...
ディレクターの目線blog  2008年09月29日(月) 19時50分

 青木新門 の原作『納棺夫日記』を映画化
 チェロ奏者が納棺師に転職。
 
 個人評価 ★★★  『 映画雑感 』 (試写鑑賞)
 一般?...
『映画な日々』 cinema-days  2008年09月26日(金) 0時32分
おくりびと


監督: 滝田洋二郎
出演:  本木雅弘、山崎努、広末涼子、余貴美子、吉行和子
公開: 2008年9月


モントリオール世界映画祭グ?...
映画@見取り八段  2008年09月24日(水) 18時45分
【9月15日特記】 映画『おくりびと』を観てきた。 公開直前にモントリオール世界映画祭グランプリ受賞の報が入ってきたが、それにつられたわけではない。多分こういう究極の異文化ものは海外受けするんだろうな
trivialities  2008年09月23日(火) 17時19分
“納棺師”という職業を通して様々な人の人生を優しい視線で描いた作品です。 家族の絆について、しみじみと考えさせられました。 幼い頃から目指していた夢のチェロ奏者になった大悟(本木雅弘)。 だが、これからという時、楽団は財政難のために解散してしまった。 自...
とりあえず、コメントです  2008年09月23日(火) 11時58分
監督:滝田洋二郎映画 日 08☆☆☆☆★ ここの所続いてる山形は庄内ロケ作品です
TRUTH?ブログエリア  2008年09月22日(月) 23時54分
映画『おくりびと』 明日、某所で行なわれる試写会に行くことになった。 この映画...
どどんぱすブログ  2008年09月22日(月) 23時18分
昨日は新橋のヤクルトホールに『おくりびと』の試写会に行ってきました。おりしも第32回モントリオール世界映画祭でのグランプリ決定のニュースを聞いた中での鑑賞だったので、とってもタイムリーな鑑賞になりました。先月、松竹オンラインさんからいただいた試写会をフイ...
cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー  2008年09月22日(月) 21時49分
珍しく試写会に当たったんですよ?。試写会ってやっぱり年齢を書かせるけど、年齢を見て選んでいるのね(笑)試写会の年齢層は高かったですもん。と思ったんだけど、よく考えると試写会の応募した人の年齢が高かったのかもしれないよね。モントリオール映画祭グランプリ受...
ぷち てんてん  2008年09月22日(月) 17時55分
楽団の解散でチェロ演奏家の道をあきらめ、故郷・山形へ戻った大悟。 「年齢問わず、高給保証」という求人広告に魅かれ応募するが、それは何と遺体を棺に納める納棺の仕事だった! 慌てふためきながらも新人納棺師としての日々が始まった。 妻には冠婚葬祭関係の仕事と...
象のロケット  2008年09月22日(月) 13時10分
 「おくりびと」の試写会に行ってきた。cinemacafe.netさんのご招待。アナウンスでは「シネマネットカフェ」って呼ばれてたけどね。惜しいっ。…クローン・ウォーズ以来、どうも場内アナウンスに厳しくなっちゃって(笑)。 映画のほうは、所属していたオーケストラが解散...
第1学区 学級日誌  2008年09月21日(日) 21時12分
所属する東京のオーケストラが解散し職を失ったチェロ奏者の大悟は演奏家を続けることを諦め、妻の美香を連れて故郷の山形に戻ってくる。早速、求人広告で見つけたNKエージェントに面接に出かけ、その場で採用になるが、それは遺体を棺に納める納棺師という仕事だった。...
映画を見に行きましょう!!   2008年09月21日(日) 18時30分
チェロ奏者としての夢破れ、田舎の山形に帰った主人公が、 ひょんなことから遺体を清めて棺に納める納棺師となり、仕事内容に とまどいながらも次第にこの仕事への意義を見出しながら、自身が 成長していく様をえがいたヒューマンドラマ。楽団の解散でチェロ奏者の仕事を...
だらだら無気力ブログ  2008年09月21日(日) 17時13分
ニッショーホールで「おくりびと」の試写会を観てきました。

今まで知らなかった職業「納棺師」。小林(本木雅弘)が納棺師の会社に転職して、仕事のプロになる姿を描いた映画だと思って観にいったところ、それだけではなく、とても深〜い映画でした。

前半は小林が...
まぁず、なにやってんだか  2008年09月21日(日) 16時34分
JUGEMテーマ:映画


2008年9月13日 公開

いってらっしゃい  また、逢いましょう


1ヶ月フリーパスポートで7本目

もっ最高っでした!!!


とにかくすごい!素晴らしい!完璧です!


ちょっと意外だったのは、この作品ってもっと地味で重い...
UkiUkiれいんぼーデイ  2008年09月21日(日) 16時17分
映画「おくりびと」、初日舞台挨拶付きの回を観に行って来ました。劇場は、東京・有楽
やいゆえブログ  2008年09月21日(日) 13時57分
 「おくりびと」@ヤクルトホール 試写会の主権はニッポン放送「高田文夫のラジオビバリー昼ズ」だ。映画上映前にパーソナリティーの増田みのりさんの舞台挨拶があり上映だ。客入りは若干空席のある9割ほどで年齢層は高い。 映画の話 リストラされたチェロ奏者・大悟...
masalaの辛口映画館  2008年09月21日(日) 13時04分
今日は久々の試写会。「おくりびと」を見てきました。

納棺師という初めて知る職業につく主人公。納棺は葬儀屋さんがやるものだとばかり思っていました。お葬式シーンだけなのにそれぞれの人たちの生前の様子や家族との関係が想像でき、ジーンときました。死者を見送る...
今日という一日。  2008年09月21日(日) 12時25分
来年のアカデミー賞、外国語作品賞部門に日本代表として出品されることが決まったと聞いてとりあえず観ておくか…と思い劇場に足を運びました。主演の若手二人が、ちょっと苦手なタイプの俳優さんだったこともありそれほど期待せず観たのですが「これはすごい」と感動して...
ハピネス道  2008年09月21日(日) 10時59分
国際フォーラムCでの舞台挨拶付き試写会でした。「1000の言葉よりも」試写会の後だったので、ぐったりしつつ鑑賞。 流石に昔の様に一日3本映画のはしごとか出来ないです。 一本でもうダメだ状態に。そんな疲弊した気分で観た今回の映画、着眼点は新鮮と感じました...
Beinthedepthsofdespair  2008年09月21日(日) 10時47分

【監督】 滝田洋二郎  【脚本】 小山薫堂   【音楽】 久世譲  
【公開】 2008/09/13  【上映時間】 2時間10分  【配給】 松竹
...
+++ Candy Cinema +++  2008年09月21日(日) 10時18分
全てをナチュラルなものとして捉えたい、そんな作品だから言葉にするとひどく嘘っぽく聞こえてしまいそうで、蘊蓄はあまり語りたくないし、聞きたくない。きっと誰もが観るだけで心に沁み入るものがあると思う。素晴
たいむのひとりごと  2008年09月21日(日) 9時58分

監督:滝田洋二郎 CAST:本木雅弘、広末涼子、山崎努 他
モントリオール国際映画祭 グランプリ受賞

チェロ奏者だった大悟(本木雅...
Sweet*Days**  2008年09月21日(日) 9時41分
監督:滝田洋二郎脚本:小山薫堂音楽:久石譲出演:本木雅弘、広末涼子、余貴美子、吉行和子、笹野高史、山崎努試写会場 : よみうりホール公式サイトはこちら。<Story>求人広告を手にNKエージェントを訪れた小林大悟(本木雅弘)は、社長の佐々木(山崎努)から...
NiceOne!!  2008年09月21日(日) 7時30分
最盛期が嘘だったかのように一時期はその消息がつかめなかった広末涼子だが、最近はドラマに映画にCMにと、活動の場を広く求めているようだ。女性は離婚後に仕事に走ると島田紳助が云っていたなあ。「おくりびと」を試写会で観た。
MESCALINE DRIVE  2008年09月21日(日) 1時30分
 “モントリオール世界映画祭グランプリ受賞”「おくりびと」(松竹)。とても地味なテーマを描いた映画です。でも、素朴でとても優しい気持ちになれる映画です。


 チェリストの大悟(本木雅弘)は、所属していたオーケストラが突然解散し、失業してしまう。己の能力の...
シネマ親父の“日々是妄言”  2008年09月21日(日) 1時16分
2008年09月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
http://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf