「闇の子供たち」ゴミ袋を開けて見上げる瞳

2008年08月04日(月) 0時09分
「闇の子供たち」★★★☆
江口洋介 、宮崎あおい 、妻夫木聡 主演
阪本順治 監督、2008年、138分



日本新聞社バンコク支局で働く主人公は、
幼児人身売買を取材するうちに、
日本人の臓器移植手術のために、
タイの子供が生きたまま臓器をえぐり取られるという事実を知る。

現地の子供のための施設では、
日本のNGOのボランティアの女性がタイの現実に
なんとかひとりの子供だけでも助けたいと奔走する。

冒頭から小児性愛の描写があり、
目を逸らすようなシーンも、
可愛そうだとかそんな甘い言葉を許さない。

8割がた混んだ劇場、
ひとつ空けた隣の席のおばさんが
鼻をすする、
こんな始めの頃から泣き始めたら
これから大変だろーなと、他人事ながら思う、
しばらくするとガサガサと音がする、
袋に入ったパンだか何かを食べ始めたようだ。

画面では監禁状態の子供が
諦めきった表情で、視線を落としている。

隣の人にも食べ物を勧めたようだ、
「ワリと美味しいね」と小声で言うのが聞こえる。

しばらくするとまた隣では鼻をすすってる、
ゴミ袋から少女がなんとか抜け出たシーンだ。
その間にも何を食べてるのか、ガサガサと断続的に
音がしている。

映画は思ったのとは違うクライマックスを迎え、
桑田の哀愁のある歌が流れる、
バックには開放された子供たちが水遊びをしている。

立ち上がるお隣さんは、前を通る時に
一緒に来ていた人に向かって
「可愛そうだったね」と小声で。

こんなものなのだ、
自分には関係ないと思ってしまえば
ここで描かれた事が全て、どこか別の宇宙のことでもあるように、
ただ「可愛そう」な子供を描いた映画と
成り果ててしまう。

タイに何度か行けば
ここに描かれたことが、本当にあるだろうなと
肌で感じる、衝撃なんてそれ程無い。
それでもリアルな現実を見ている間に
お菓子を食ったりする無神経さが妙に腹立たしかった。


ここに描かれているのは
テレビのホームドラマじゃないのだから。

★100点満点で70点


soramove
★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン

NGOのボランティア役の宮崎あおいは、らしい演技をしていた、
正しいことが全て正義ではない、でも誰かは理想を語らなければならない。

★映画ランキングはこちら
  • URL:http://yaplog.jp/sora2001/archive/1100
トラックバック
トラックバックURL:
渋谷、シネマライズにて
PG12ということですが、地上波は無理かも・・・

値札のついた命
タイ駐在の新聞記者、南部浩行が、若いフリーカメ?...
単館系  2010年10月14日(木) 0時08分
ここ最近観た邦画の中でも、問題作いや
衝撃作といったところだろうか・・・
気ままな映画生活  2009年06月16日(火) 0時45分
梁石日原作の小説を「亡国のイージス」などの阪本順治監督が映画化。
阪本順治監督の「顔
」という作品が大好きです。(^^)
でもこの監督、作品の色のギャップが激しいのです。
この作品は「顔
」とはうって変わってテーマが重い作品です。

日本新聞社バンコク支局で
映画、言いたい放題!  2009年05月29日(金) 21時17分
「闇の子供たち」のDVDを見ました?♪

この映画も、劇場公開してるときに観に行きたい!って思ってたんですけど、観にいけなかったんですよね・・・(^_^;) 

この映画の内容が、100%事実だとは思わないけど・・・こんな事もあっても不思議じゃないなぁって思った。

自分の子供が移植を必要する大病だったら、あの親みたいな反応になるのかもしれないけど、自分の子供の命を救うために他人の命を奪うのは、やっぱり犯罪だよね・・・ 

ラストがなんか後味悪かった・・・ 南郷ってそんな趣味持ってたんですか??



人気Blogランキング
     ↑
押せば、子供を狙った犯罪がなくなるかも!?

Blog人気ランキングに参加してます。
ご訪問の際は、是非ポチっとワンクリックお願いします?♪
観たよ?ん?  2009年04月09日(木) 20時36分
昨日、レイトショーで『闇の子供たち』を観てきました。この映画については友人のクチコミで知り、またテレビで主役の江口洋介がこの映画について語っていたのを覚えていましたので関心はあったのですが、観るのはさてどうしようか、と迷っていました。という
一感百想  2008年10月26日(日) 11時14分
闇の子供たち’08:日本
◆監督:阪本順治「カメレオン」「魂萌え!」◆出演: 江口洋介、宮崎あおい、妻夫木聡、佐藤浩市、鈴木砂羽
◆STORY◆ 日本新聞社バンコク支局で、幼児人身売買を取材する記者、南部は、日本人の子供がタイで心臓の移植手術を受けるという情報を...
C'est Joli  2008年10月24日(金) 21時23分
この映画はまず作られただけでも評価に値するというべきであろう。いわゆる社会派であるが、決して正義というものが勝つという結末ではない。また、勝つまでの道筋も見えてこない。それは「ダーウィンの悪夢」や「いのちの食べ方」を見たときの感想と同じである。この映画...
映画と出会う・世界が変わる  2008年10月24日(金) 8時26分
▼動機
観ておかないと後悔しそうな映画だったので
▼感想
連鎖を断ち切る勇気はいったい誰が持つべきなのか
▼満足度
★★★★★☆☆ なかなか

▼あらすじ
日本新聞社のバンコク支局駐在の南部(江口洋介)は、東京本社からタイの臓器密売の調査を依頼される。...
新!やさぐれ日記  2008年10月21日(火) 21時23分
数多の変態犯罪記事の切り抜きが貼り付けられた壁の真ん中に設置された鏡は、自分の顔を映しだすものであり、自分もその一人であるという戒めの意味が込められたものだろうか。同時に、見た(観た)者に対しての、こ
たいむのひとりごと  2008年10月10日(金) 22時37分
★★★★ ショッキングな内容だった。一応フィクションだけど、個々の内容はほとんど事実ではないかと思えるようなものばかり。 テーマが重すぎて、ラストは救いようのない気分になるけれど、がんばって作った映画だなーと思った。
映画初日鑑賞妻  2008年10月03日(金) 8時15分
衝撃的な・・・でも実際にこれはある事実・・・『闇の子供たち』小さな村・・・男に連れられ村を出る一人の幼い少女センラー彼女は売られて村を出る・・・対照的に聞こえてくる子供たちの遊ぶ声・・・この対比が重くのしかかる。これから彼女の大きな瞳に映る残酷な日々を観
黒猫のうたた寝  2008年09月09日(火) 23時24分
“値札のついた命…これは《闇》に隠された真実の物語…「亡国のイージス」の阪本順治監督が、梁石日の同名小説を映画化した衝撃の問題作”

というわけで、本日2本目のこの作品ですが、こちらの方は題材的にかなりの覚悟が要るというか、安易な気持ちでは決して観られな...
☆☆とりあえずの映画鑑賞メモ☆☆  2008年09月07日(日) 1時26分
タイ駐在の新聞記者・南部は、日本人の子供が近くタイで受ける臓器移植手術の取材を依頼される。 臓器密売では、子供は生きたまま臓器を取られ、幼児売春では外国人客のセックスの玩具にされ、病気にかかれば生きたままゴミとして捨てられる現実。 NGO職員・音羽、カメ...
象のロケット  2008年09月06日(土) 19時16分



 久々に重い映画を・・・。闇の子供たちを観てきました。
よしなしごと  2008年09月04日(木) 23時07分
闇の子供たち

監督: 阪本順治
原作: 梁石日
出演:  江口洋介、宮崎あおい、妻夫木聡、佐藤浩市、鈴木砂羽
公開: 2008年8月


生活のため...
映画@見取り八段  2008年09月04日(木) 0時52分
■ シネマライズにて鑑賞闇の子供たち
2008年/日本/138分
監督: 阪本順治
出演: 江口洋介/宮崎あおい/妻夫木聡/プラパドン・スワンバ?...
映画三昧、活字中毒  2008年09月03日(水) 22時11分
重いっ、重すぎる。日本から心臓移植にからむ臓器売買の情報を入手した南部(江口洋介)は、バンコクで情報収集を続ける。また恵子(宮崎あおい)はボランティアとしてタイにやってきて、ナパポーンが運営するNGOに参加するなかで、幼児買春からの子供救出に関わっていく...
まてぃの徒然映画+雑記  2008年09月03日(水) 21時59分
★★★★☆


かなり重くて精神的にもキツい内容。

タイを舞台にした人身売買、幼児売春、臓器売買といった救いようのない闇に閉じ込めら?...
zakky's report  2008年09月03日(水) 20時45分
日本新聞社のバンコク支局駐在の南部(江口洋介)は、東京本社からタイの臓器密売の調査を依頼される。同じころ、恵子(宮崎あおい)はボランティアとしてバンコクの社会福祉センターに到着する。彼女は所長から、最近顔を見せなくなったスラム街出身の少女の話を聞くが、...
コレ、いいかも☆  2008年09月03日(水) 10時28分
満杯だ。もう、試写室、満杯!
それだけ期待が寄せられてる。
し、し、しかし、重いよ、重たい。
シネマクロニクル  2008年09月03日(水) 10時22分
微笑みの国、タイ     。

その国の未来を担うはずの子供たちに、微笑みは、無い。
子供たちの微笑を奪っているのは、欲にまみれた罪深い大人達。性奴隷として踏み躙るその目と身体は、もはや人間ではなく、化け物。化け物がいなくならない限り、子供たちに微笑み...
Diary of Cyber  2008年09月03日(水) 10時15分
{{{   ***STORY***              2008年  日本
日本新聞社バンコク支局で、幼児人身売買を取材する記者、南部は、日本人の子供がタイで心臓の移植手術を受けるという情報を得る。知人に金を握らせ、臓器密売の元仲介者に接触した南部は、...
Cartouche  2008年09月03日(水) 9時38分
映画を観て、正直 ピントがずれた
原作が 余りにも衝撃的だったから。
2008 映画観てきましたっ!  2008年09月03日(水) 9時09分
熱帯のスラムの淀み湿った空気が、スクリーンを通して客席にも漂ってきそうだ。
幼児の臓器売買、買春というおぞましい現実を描いた梁石日の...
ノラネコの呑んで観るシネマ  2008年09月01日(月) 3時34分
問題作「闇の子供たち」をわざわざ渋谷に出て観て来ました。暗く、なんともいいようの
徒然なるままに  2008年08月31日(日) 10時04分
映画「闇の子供たち」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:江口洋介、宮崎あおい、妻夫木聡、プライマー・ラッチャタ、プラパドン・スワンバン、佐藤浩市、他 *監督:阪本順治 *原作:梁石日 感想・評価・批評 等、レビューを含む記事・ブログか...
映画レビュー トラックバックセンター  2008年08月27日(水) 3時34分
監督・脚本:阪本順治原作:梁石日主題歌:桑田圭祐出演:江口洋介、宮崎あおい、妻夫木聡、佐藤浩市、鈴木砂羽公式サイトはこちら。<Story>日本新聞社バンコク支局で、幼児人身売買を取材する記者、南部(江口洋介)は、日本人の子供がタイで心臓の移植手術を受け...
NiceOne!!  2008年08月23日(土) 17時10分


どうしても観ておきたかった作品です。

日本新聞社バンコク支社の記者・南部浩行は、東京本社からの情報を基に、タイで行われている闇ルートの臓器移植の取材を開始する。同じ頃、東京の大学で社会福祉を学んだ女性・音羽恵子は、自分探しを目的にタイの社会福祉セ...
カタヤマ 無断でブログ  2008年08月23日(土) 15時14分
上映スクリーン数: 7オープニング土日興収: 904万円メイン館のシネマライズの
映画コンサルタント日記  2008年08月21日(木) 23時57分
お気に入り度 ★★★★★★★☆☆☆

 タイで行われている人身売買や強制売春、臓器移植の実態を描いた作品。まずは、この生々しくおぞましいテーマに挑んだ姿勢に敬意を表したい。作品として物足りない箇所はあるものの、これほど志が高い商業映画に出会えることは滅多...
少年トッパのブログ  2008年08月21日(木) 14時23分
梁石日の同名小説を原作にタイで横行している幼児売春や 臓器密売を巡る闇を描いた作品。日本新聞社のバンコク支局駐在の南部は、東京本社からの依頼で タイの臓器密売の調査を開始する。 同じころ、恵子はボランティアとしてバンコクの社会福祉センター に到着する。 取...
だらだら無気力ブログ  2008年08月17日(日) 0時30分
「闇の子供たち」のティーチイン試写会でパルテノン多摩に行って来ました。
といっても、行ったのは2ヶ月程前になります。
どうしてまたこんな場所でやるのかと思ったら、恵泉女学園大学の齋藤百合子先生がこの映画のアドバイザーという事で、基本的には学生達の為の試...
アートの片隅で  2008年08月04日(月) 12時07分
2008年08月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
http://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf