「歩いても歩いても」完成度は高いが、映画的な驚きは無い

2008年07月31日(木) 0時09分
「歩いても歩いても」★★★☆
阿部寛 、樹木希林 、夏川結衣 、原田芳雄 、YOU 出演
是枝裕和 監督、114分、2008年



兄の命日に久し振りに実家へ帰省する主人公、
姉夫婦は近い将来同居を考え、
長男を水難事故で亡くした母親は
同居するなら次男である主人公としたいような
素振りが見えるが、
帰るつもりは無い。

一泊二日の帰省にまつわる
どこにでもありそうな家族の風景。

見た人の誰もが自分をどこかに見つけられそう、
懐かしくでも自分の居場所が見つからないような

ちょっとした居心地の悪さが、
些細な会話から伝わる。

よく練られた脚本だと思う、
テンポよくでも出来過ぎて無い、
舞台のような、掛け合いでない
日常の「間」が
うまく治まりきらない、不器用な
人間関係をうまく描いている。

そつなく、そしていびつだけど
完璧に思えるこの作風を
好きな人は多いだろう。

でも、達者な演技人に何気ない日常の
スケッチに深みのあるドラマを感じるが
だからといって、新鮮な驚きや
予期し得ない人間の行動のようなものが無く、
その部分では映画という非日常空間で
何も起こらないというのは
自分には楽しめ無かった。

こういうこともあるだろう、
人物の描き方にも不足はない、
でもここに描かれたものは
誰でも身近に知っているものだ、
人間の行動の不可解さや
鮮烈な驚きが無いのだ。

要求が高くなっているのだとも感じる、
でももうひとつ楽しめないのは
知っている日常風景なんて
わざわざ見たくないからだ。


この映画の完成度は高い、
職人技を見に行くような感じだ、
でも心揺さぶられるようなものは無い。

★100点満点で70点

soramove
★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン

人に勧めるかと言えば、もっと面白い映画があるので、
こういう傾向の映画が好きならともかく、
ハリウッド系が好みなら勧めない

★映画ランキングはこちら
  • URL:http://yaplog.jp/sora2001/archive/1095
トラックバック
トラックバックURL:
歩いても歩いても
元開業医の父と料理上手の母の暮らす実家に
長男の15回忌に集まった親族 明るい姉一家と、
連れ子のある女性と結婚した次男の拘留を描く..

【個人評価:★★☆ (2.5P)】 (自宅鑑賞)
cinema-days 映画な日々  2016年08月22日(月) 4時43分
是枝裕和監督の作品が好きです。
でも前作の時代劇はいま一つだった。
今回は現代劇みたいなので
ちょっと期待してます。(^^)

夏の終わり。
横山良多は妻・ゆかりと連れ子のあつしを連れて
神奈川の実家を久しぶりに訪れた。
開業医だった父・恭平と昔からそりの合わな
映画、言いたい放題!  2009年04月28日(火) 20時51分

今回紹介する映画は、樹木希林、原田芳雄、YOU、阿部寛が出演している『歩いても歩いても』です。

歩いても歩いても:ストーリー
夏の終わりに、横山良多は妻と息子を連れて実家を訪れた。
開業医だった父とそりのあわない良多は失業中のこともあり、ひさびさの帰郷も気が重い。
明るい姉の一家も来て、横山家には久しぶりに笑い声が響く。
得意料理をつぎつぎにこしらえる母と、相変わらず家長としての威厳にこだわる父。
ありふれた家族の風景だが、今日は15年前に亡くなった横山家の長男の命日だった…。
2007年 監督・脚本・原作 是枝裕和 出演 阿部寛 樹木希林 原田芳雄 YOU
県民会館にて鑑賞

是枝作品を見るのは「幻の光」以来12年ぶりになる。
「ゆれる」「誰も知らない」「花よりもなお」なども見なかった。
何となく、肌が会わないと感じたのだが、今回、それが確認された。

ある夏の一日、法事の為に、三浦半島の高台にある両親の家に、
家族連れで帰って来た子供たち(娘と息子)のにぎやかな一日を描いたもの。

「どこにでもいるような家族」との触れ込みだが、かれらは非常に特殊だ。
父親(原田芳雄)は町医者にはあり得ないほど無愛想。
母親(樹木希林)はマメな世話女房のようで、本当はそうじゃない。
長女(YOU)に至っては町内で絶対見かけないタイプ。

私の頭にある家族像と正反対の雰囲気なので、かえって気になり、
敢行したのが是枝監督の身元調べ。

出身は東京都とあったが、是枝という姓は同級生や先生にもいたし、鹿児島市内には同名の商店が幾らでもある。検索したらやはり、鹿児島によくある姓となっていた。

この男と女が隔絶しているような家庭の雰囲気は、おそらく鹿児島の風土がもたらしているのだ。ぶっきらぼうな父親こそは、鹿児島男子の典型。、...
しづのをだまき  2008年12月15日(月) 18時10分
▼動機
是枝裕和
▼感想
面白かった
▼満足度
★★★★★★☆ いいかも

▼あらすじ
夏のある日、横山良多(阿部寛)は妻のゆかり(夏川結衣)と息子のあつし(田中祥平)とともに実家に帰省した。この日は、15年前に他界した兄の命日。しかし、キュレーターの仕...
新!やさぐれ日記  2008年10月23日(木) 6時59分
★★ 最初から最後まで、演技力が先に来てる感じだった。 演技力が勝負だからかな。 演技派揃いだし。 「お芝居をしている俳優さんたちを見ているアタシ」ってのが、上映中もちゃんと自覚できて、映画の世界に没頭できなかった。
映画初日鑑賞妻  2008年09月08日(月) 18時17分

 晩夏。失業中の良多(阿部寛)は兄の命日に実家へと向かう。両親と姉、良多
それぞれの家族が集い、それぞれの思いを胸に食卓を囲む・・?...
真紅のthinkingdays  2008年08月28日(木) 10時10分
ずけずけとストレートで気のおけない母親の物言い。素直で楽しいけれど、時に、彼女が胸の内に秘めている強い想いが突き刺さってくる。 家族だからこそ見栄を張り、ちょっとした嘘をつく。長年のわだかまりやそれぞれの関係が、言葉のやりとりの端々からにじみ出てきて、...
試写会帰りに  2008年08月21日(木) 15時25分
シネカノン神戸で見てきました。  亡くなった長兄の命日の日に実家に集まった一家の
とわとわのつぶやき  2008年08月05日(火) 10時55分
★監督:是枝裕和(2007年 日本) 京都シネマにて。 ★あらすじ(Yahoo!映画より引用) 夏の...
犬儒学派的牧歌  2008年08月03日(日) 8時54分
どこかのブログで見てみたい映画としてあげられていた。 「歩いても歩いても」を見た
JAZZと映画・本  2008年08月02日(土) 1時05分
「歩いても 歩いても」は、ある意味で是枝裕和の劇場用映画デビュー作、「幻の光」と対になるような作品だ。
心に傷を負った一人の女性が、...
ノラネコの呑んで観るシネマ  2008年08月02日(土) 0時17分
「歩いても 歩いても」試写会 ニッショーホールで鑑賞

この邦題なんだと思います?
わかった人は昭和を生きた人。
正解は「ブルーライトヨコハマ」でした。
この作品、ネタバレしてもかまわない作品だと思うので少々ネタバレさせてしまおうと思います。
是枝監督...
てんびんthe LIFE  2008年08月02日(土) 0時02分
昨日14:05からの回を観ようと、12:45に劇場に着いたら満席でした蓮。 というわけで、今日仕事帰りに出直しました。18:45の回に滑り込みセーフ玲、整理番号は17。凄い落差秊。 Story ある夏の終わり。横山良多(阿部寛)は妻・ゆか...
健康への長い道  2008年08月01日(金) 23時21分



映画 「歩いても歩いても」 を観ました。
ようこそMr.G  2008年08月01日(金) 12時04分

新宿武蔵野館で使える無料鑑賞券の期限が気が付けば
7月10日と迫っていました(汗)
現在公開しているのは3作品
●歩いても歩いても
●西の魔女が死んだ
●幸せになるための27のドレス
西の魔女は試写会で見てしまった
27のドレスは・・・劇場鑑賞券が...
ぱかぱかwin!  2008年07月31日(木) 9時13分
2008年07月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
http://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf