書籍「帰郷/浅田次郎(著) 」体の中を戦争が貫いた、その時代を生きた 

2016年11月23日(水) 1時09分
書籍「帰郷/浅田次郎(著) 」★★★★
集英社 (2016/6/24)
256ページ、1.296円




                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい





「もう二度と帰れない、遠きふるさと。
学生、商人、エンジニア、それぞれの人生を抱えた
男たちの運命は「戦争」によって引き裂かれた――。
戦争小説をライフワークとして書く著者が、
「いまこそ読んでほしい」との覚悟を持って書いた反戦小説集。
戦後の闇市で、家を失くした帰還兵と娼婦が出会う「帰郷」、
ニューギニアで高射砲の修理にあたる職工を
主人公にした「鉄の沈黙」、
開業直後の後楽園ゆうえんちを舞台に、
戦争の後ろ姿を描く「夜の遊園地」、
南方戦線の生き残り兵の戦後の生き方を見つめる
「金鵄のもとに」など、全6編。」

(Bookデータ HPより)


戦争によって
生き方が変わってしまった人達、
自分の意志ではどうしようもなかった時代、

本を読んでいても、ドラマとしては分かるが
やはり事実としては迫って来ない。
それは、この本のせいではなく
こちら側にあって
戦後が長く続いて
もう無かったかのように思えるからだ



戦争なんて知らない、
そんな世代が中心の世の中で
「戦争」をリアルに頭の中で
描くことが出来ない。


せめてこのような小説から
その断片を読んで
想像するくらいが精一杯かも。


帰郷というタイトルも
本を全部読んでカバーを見ると
帰れなかった、夥しい人々が
本当にいたんだと、なんか実感する。

もどかしいこの気持ち、
何をすべきか・・・・、
そんなことは考えなくていい、
この「戦後」を続けることだけで。

本を閉じてモノクロのカバーの
少し腰を曲げて敬礼する
帰還兵の表情に目を凝らす、
陰影が邪魔してよく分からない
どうか、晴れやかなその後が
ありましたように


願わずにいられない。


★100点満点で85点


soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

インドへ行って来ました!Aムンバイ市内観光 

2016年11月20日(日) 1時09分
インドへ行って来ました!Aムンバイ市内観光
 世界遺産のアジャンタ・エローラ石窟寺院巡り


<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい



朝はゆったりめ、
専任のドライバーさんとガイドさんの
お迎えでムンバイ市内観光へ。

まずは10年前も行った
インド門(Gateway of india)へ、

ここはフォート地区の南、湾に面して
建つ巨大な門。
インド皇帝ジョージ5世夫妻の来印を記念して
1911年に建立された。



地元のインドの人達も沢山来る
観光名所、
インド門や付近のタージ・マハル・ホテルを
背景に写真を撮ってくれる商売が
流行っていて、断るのが
大変なくらい、ワーッっと
彼らが群がって来る。

そういうのを「要らない」と
適当に振り払うのも
旅の楽しいところ、

最近はお行儀の良い観光地が多いから
追いすがる“モノ売り”って
あまり居なくなったけどね。

このインド門は前回来た時は
ホテルから歩いてきた、
海岸沿いのホテルで
立地は良いけど、日本のビジネスホテルの
くたびれた感じだったな、
でも屋上のレストランからの景色は
インド門も見えたし良かった記憶がある。

その時、それから10年くらい経って
またここに来ることなんか
想像もしてなかった。


ツアーの良いところは
待ってるとすぐに車が来て
次の場所までスムーズに行けることだ。

インド門からすぐ近く、
チャトラパティ・シヴァージー・ターミナス駅は
2004年にユネスコ世界文化遺産に登録された

今も現役の鉄道駅で、
1888年に建造された、
外観は重厚で見ただけでは
鉄道駅とは思えない。



その後は「ドービーガート」と呼ばれる
巨大な洗濯場へ、
ガイドさんも洗濯を頼むの?と聞くと
「仕事で忙しいから、洗濯はお金を払って
時間を節約します」とのこと。
たくさんの洗濯物がはためいて
その帯だたしい数と色の氾濫が
その向こうに見える無機質な
高層ビルに、ここに生活があると
沢山の人達の生活が確かにあると
知らせてくれている





「一瞬なら、下に降りて見ることが出来ますよ」
そう言われたが
普通の人々の暮らしを覗き見るみたいで
車に戻った。

昼を食べたら
遺跡の街へ国内線で移動だ。


★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←

soramove

11月20日(日)は簿記検定当日です! 

2016年11月17日(木) 20時06分
11月20日(日)簿記検定当日まであと少し


<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい


いよいよ、これまでの成果を
表現する日が来ます。
しっかり準備は出来ていますか?



自分なりに、やるだけやれたと感じてるなら
たぶん、大丈夫、
いい時間を過ごせましたね。



「まぐれ」では受からない試験です、
だからこそ、やるべきことを
しっかり学習すれば
かならず報われる試験でもあります。


残りの時間は、不安な部分のおさらいと
仕訳はざっと見直して
あとは体調を整えて
リラックスして迎えたいですね。


当日は少し早めに会場へ行って
心穏やかに、開始を待ちたいものです。



期待してますよ。
ガンバレ!



ウチのサマー(柴犬)も応援してるとか・・・してないとか。


★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←

soramove

映画「ジェイソン・ボーン」同じ様な繰り返しだけど、次は新たな展開か? 

2016年11月08日(火) 20時21分
映画「ジェイソン・ボーン」★★★★
マット・デイモン、トミー・リー・ジョーンズ、
ヴァンサン・カッセル、ジュリア・スタイルズ、
アリシア・ヴィキャンデル出演

ポール・グリーングラス 監督、
123分、2016年10月7日(公開
2016,アメリカ,東宝東和
(原題/原作:JASON BOURNE)




<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい


「マット・デイモンが主演し大ヒットを記録した
スパイ映画“ジェイソン・ボーン“シリーズ最新作。
2012年公開のスピンオフ『ボーン・レガシー』では
新たにジェレミー・レナーが主演を務め、
もうひとりの凄腕スパイの戦いが描かれたが、
今作は再びボーンを主人公に緊迫のドラマが展開する。
監督は2、3作目も手掛けたポール・グリーングラス。」

ぴあ HPより


このシリーズは全部見てるので
何としてでも劇場へ。


もう公開終わりが近くなって
やっと見る事が出来た。

最初の頃と比べると
筋肉増量で、少し老けたけど
もう別人だ。
相変わらず会話は少なく
とにかく極上のアクションを
惜しみなく見せてくれる。



完全無欠のヒーローじゃなく
自分自身を探しながら
とてつもなく大きな組織に立ち向かい、
さらに目前の敵もかなり強いんで
常にボーンは血だらけだったり
傷だらけで
そのへんが「ガンバレ!」と
応援したくなる。


そして何か切ないのだ。


彼がこれほど求める
自分の正体って
見つけてしまったら、案外
「何してたんだろう?」ってことに
ならなきゃいいけどと

身内みたいに心配にもなるのだ。


敵として現れるヴァンサン・カッセルが
狂気をはらんで
怖い怖い。

それに比べて
ボーンの追跡を任された
若きCIAエージェントのリー(アリシア・ヴィキャンデル)は
ちょっと軽い感じ、
彼女の迫力は感じられない、
あの若さでかなりの高い地位を得ているのも
なんか納得出来ない。


そんな不満も少しはあるが
とにかく肉体を使ったアクションが
てんこ盛りで
ホント劇場で見て良かった。


とにかく高いテンションで
ラストまで一気、
やはり映画はこれくらいやってくれないと。

ボーンは新しく
次の作品から何かを始めていくのだろう、
あれだけ訓練された人物が
そんな過去に引きずられて
無為に過ごして欲しくないからね。

楽しみだ。

★100点満点で85点

★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←

soramove

書籍「さよならシリアルキラー /バリー・ライガ(著) 」父親の影響を自覚しつつ、子は育つ 

2016年10月26日(水) 19時44分
書籍「さよならシリアルキラー /バリー・ライガ(著) 」★★★★
東京創元社 (2015/5/11)
414ページ、1.296円






                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい





「ジャズは高校三年生。町ではちょっとした有名人だ。
ある日、指を切りとられた女性の死体が発見され、
ジャズは連続殺人だと保安官に訴える。
なぜジャズには確信があったのか―
彼が連続殺人犯の息子で、
父から殺人鬼としての英才教育を受けてきたからだ。
親友を大切にし恋人を愛するジャズは、
内なる怪物に苦悩しつつも、
自ら犯人を捕えようとする。全米で評判の青春ミステリ。!」

(Bookデータ HPより)


タイトルが内容とズレてる気がする、
それからブックカバーも
軽すぎる

そんな文句から書き始めるが
この本、面白かった、
スゴク拾いもの。

主人公は高校生、町では有名人だ、
何故なら父親が100人以上を殺害した
21世紀最悪と言われた連続殺人犯だからだ、
それは生き難いだろう、
普通なら別の街で別人で
暮らしたいところだか、
彼はボケ始めた祖母の面倒をみつつ、
なんとか暮らしている。

主人公の様々な事情も
翻訳も良いのか
すんなり入ってきて
ストーリーを邪魔しない、
これは結構重要なことだ。


そして彼の父の犯罪を
模倣した殺人事件が起こる。

犯人は登場人物が少ないから
なんとなく分かるが
それより、実際の死体を見たり、
夢で見た、自分が包丁を手にしているシーンが
彼を苦しめていく。



最高潮だったのが
自分の手の中で演劇の先生が
息絶えていくところ、
なんか分からないが
怖かった、

こういう感情ってありえるのかなとも。


反面教師というけれど
強烈過ぎる身近な存在は
彼の今後も支配し続ける、
なんといてもラストでは
父親が脱獄してしまう。

次の作品もすでに手元にある、
凄く楽しみだ。


ミステリー小説で面白いものは
なかなか出会えない、
このシリーズは3部作だ。
なんかすぐに終わってしまうのが
今から分かると淋しい。


★100点満点で85点


soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

インドへ行って来ました!@ 

2016年10月10日(月) 1時09分
インドへ行って来ました!@
 世界遺産のアジャンタ・エローラ石窟寺院巡り

2016/9/29-10/5
                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい


昨年のメキシコに続いて
秋の旅行は、早くからインドのムンバイへ
行こうと決めていた。
ANAの直行便が毎日就航し、
その記念でビジネスクラスが
少し安くなっていたので即決だった。


3年前スリランカへ行った時
書いた一部をそのまま借用する。

いままでいくつの世界遺産へ行っただろう、
「どこが一番良かった?」と
聞かれることがあるが
「一番」って、答えるのは難しいが
聞く方はそんなこと思ってもいないようだ。
まあ、聞いた後で
「へー、そうなんだ」くらいの
感想しか持たれないから
答える方も、その時の気分で答えるわけで。

もちろん、エジプトで見た数々の
遺跡は抜きんでていたけれど、
その時の状況でやはり
見て来たばかりだったり、
たった天気が良かったり、
ガイドさんが良かったりだけで
印象は全然違ってくる。

今回の旅行も日本語ガイドだ
全行的プライベートツアーで
付いてきてくれたので
時々のちょっとした変更も柔軟で
とても快適な旅だった、
だからひとつの遺跡というより
観光全体を通して
良い印象しか残っていない。
インド人の日本語もレベルが高かった。

初日は名古屋から成田へ
そして飛行機でムンバイへ
移動の一日だった、成田→ムンバイは8時間半
座席はフルフラットのシート、
食事も満足、ホテルには夕方7時頃
チェックイン、空港近くなのでスムーズ。
インドとの時差は3時間半
時計を戻した。


夕食はホテルのビュッフェで
最初のカレーづくしの洗礼をうけた



食後まだ時間的に余裕があるので
ホテルを出て、少し歩いたが
薄暗く、めぼしい店が見つからず、
探索は明日以降に持ち越し。



本日の宿泊は「The Lalit Mumbai」
外見はパッとしないが
中に入ってゴージャスさにビックリ、
広いロビー全体にレモングラスの香り。


soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

映画「怒り」原作は面白かったので、心配しながら・・・ 

2016年09月28日(水) 20時17分
映画「怒り」★★★★☆見て損なし
渡辺謙、森山未來、松山ケンイチ、
綾野剛、広瀬すず、佐久本宝、
池脇千鶴、ピエール瀧、三浦貴大、
高畑充希、原日出子、宮崎あおい、妻夫木聡出演

李相日 監督、
142分、2016年9月17日公開
2016,日本,東宝
(原題/原作:怒り/吉田修一)



<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい


「『悪人』の李相日監督が同作でタッグを組んだ
作家・吉田修一の同名長編小説を映画化。
“怒“の血文字が残された殺人事件と
逃亡を続ける犯人像を軸に、
事件が生んだ“疑いの念“が
人を信じる心に歪みを与えていく様を、
東京、沖縄、千葉を舞台とした
3つのストーリーで紡いでいく。」

ぴあ HPより


吉田修一のファンなので
「悪人」に続いての映画化に
わずかに、「大丈夫かな」とおもいつつ
それでも楽しみにして、劇場へ。
なんと2カ月ぶり。


名古屋駅の新しいシンフォニー豊田ビルの
シネコンは凄い混雑で
新しい劇場なのに
人の流れとか、無計画な感じで
混みそうな時間帯は
次回は避けようと決めた。

さて映画。

凄く良かった
ただ3つのエピソードが並行して
描かれるが
どのエピソードも、あと20分は
余分に欲しかった

せめてあと少しづつ
深く描いたなら
ラストの感情の高まりはもっと
凄いものになっただろうなと感じた。

人は信じ、信じられて
関係を成り立たせているのだろう、
でもそれが揺らいだら・・・

誰かを大切にしたい、
大切にされたい
愛おしい気持ちを信じたい
そしてそんな自分を
感じていたい。

複雑な人間の感情の
色んな揺らぎを
映像として見事に見せている、

役者もなんだか違和感なく
リアルに感じる。

かつて整形して
離島まで逃げた男がいたが
そんなこともキーワードとして
頭をよぎる、
巧みな作りだ、
そういえば作られたモンタージュも
うまくミックスされていて
あんなに違う3人が
結構似ているのに驚いた



ただ満点に届かないのは
この映画のテーマである
「怒り」という
どうしようもない感情の発露が
もうひとつこちらに迫って来ない

やはり書籍で
自分の頭の中で想像するものと
実際に見えてしまうものは
やはりちょっと難しいかな・・・。

久々の映画で
ハズレナシ
良かった、良かった。

原作本をもう一度読み返そうかな。

★100点満点で85点

★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←

soramove

書籍「海の見える理髪店 /荻原 浩(著) 」良作という感想。 

2016年09月13日(火) 20時59分
「海の見える理髪店 /荻原 浩(著) 」) ★★★☆集英社 (2016/3/25)
240ページ、1.836円


                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい


第155回直木賞受賞作


「伝えられなかった言葉。
忘れられない後悔。
もしも「あの時」に戻ることができたら…。
母と娘、夫と妻、父と息子。
近くて遠く、永遠のようで
儚い家族の日々を描く物語六編。
誰の人生にも必ず訪れる、
喪失の痛みとその先に灯る小さな光が
胸に染みる家族小説集。」

(Bookデータ HPより)


行きにくそうな場所にある
海の見える理髪店、
そんな場所で髪の毛を切ってもらえたら
その時間はとても気持ちの良い
時間になりそうだ。

その店に最後の予約客がやって来る、
あまり話さない客に
店主が色々話していく、
誰もが知っている、
髪を切ってもらうという行為の過程で
髪もさっぱりするように
二人の間の「何か」の関係性も
すっきりとしていくような読み応え。


オチは途中で分かったけれど
あざとくもなく、
そういうことだったのかと。

どれも驚く様な事件は起きないが
自分達にも「分かる」内容、
しみじみとさせられるが
読みやすいので
大きくここを揺さぶられもしない

物足りないかと言えば
そうでもなく、サラッと読める作品集。


ただこの作品が直木賞という
大きな勲章に見合うかどうかは疑問、
すでにかなり評価されている作家なので
そういう場合は
渾身の作品!みたいな転換点の作品にこそ
勲章をあげるべき。



最近は映画館へはめっきりいかず
もっぱら本ばかり読んでるが
昨年出会った
「サラバ!」西加奈子
この作品を超える感動には
この作品以降出会ってないので

そろそろ、心をグワングワン揺さぶれれ
しばらく、放心状態・・・、
なんて小説に出会いたいものだ。


★本日の教訓★
今回の直木賞受賞作は
読みやすいし、分かりやすくて
確かに「良い作品」だけど
もう少し、その先を読者は読みたいのだ。


★100点満点で75点


soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

書籍「卵のふわふわ 八丁堀喰い物草紙・江戸前でもなし /宇江佐 真理(著) 」大きな展開はないが、しみじみ面白い 

2016年09月11日(日) 11時07分
書籍「卵のふわふわ 八丁堀喰い物草紙・江戸前でもなし /宇江佐 真理(著) 」★★★★
講談社 (2007/7/14)
320ページ、1.836円




                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい





「のぶちゃん、何かうまいもん作っておくれよ―。
夫との心のすれ違いに悩むのぶを
いつも扶けてくれるのは、
喰い道楽で心優しい舅、忠右衛門だった。
はかない「淡雪豆腐」、蓋を開けりゃ、
埒もないことの方が多い「黄身返し卵」。
忠右衛門の「喰い物覚え帖」は、
江戸を彩る食べ物と、
温かい人の心を映し出す。」

(Bookデータ HPより)


先日読んだ本が面白かったので
同じ著者の本をネットで検索し
3冊購入、さっそく読み始めた。

江戸、八丁堀、北町奉行所同心
椙田忠右衛門の屋敷が舞台、
息子の正一郎は隠密廻り同心、
その妻、ふでさんが主人公。

6つの短編は全て料理の名前が付いてるが
豪華な名前じゃなく
豆腐や卵、心太に雑炊など
どれも庶民的なもの

内容も同様で、読んでて
思わず唾を飲み込むとか
「ああ、食べたいな」とか
それ程思わないが
すーっと「腑に落ちる」という形容が
ピッタリの読み応え。



子供が出来ないだとか
舅と姑との関係、
何より旦那様の愛情を疑い
とうとう別居に踏み切るが、
当時としては嫁側から
別居を言いだすのは
あまり無かったんじゃないかなと思うと
主人公ののぶは、
割と進んだ考えの持ち主なのかも。



大きな事件も起きないし、
内容にそれ程驚きは無いのに
続きが楽しみな作品は
作者の目線が暖かく
彼らの心情を違和感なく
伝えてくれているからだろう。



江戸時代の人々の生活は
想像するしかないが
色んなことが便利になるだけでは
人間は心の平安は得られない、

今、ある場所で
どう生きるか
そんな当たり前の幸せを
主人公のぶの行動から教えられた。


★本日の教訓★
作者は亡くなられたが
多作なのでまだまだ読めるので安心、
ただし新作を同時進行で読めなかったのが残念。


★100点満点で85点

soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

書籍「陸王/池井戸潤(著) 」面白いけど、情熱が足りない 

2016年08月21日(日) 9時59分
書籍「陸王/池井戸潤(著) 」★★★★
池井戸潤(著)
集英社 (2016/7/8)
592ページ、1.836円


                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい


<リンク:
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

陸王 [ 池井戸潤 ]
価格:1836円(税込、送料無料) (2016/8/21時点)


>


勝利を、信じろ――。
足袋作り百年の老舗が、ランニングシューズに挑む。

埼玉県行田市にある「こはぜ屋」は、
百年の歴史を有する老舗足袋業者だ。
といっても、その実態は
従業員二十名の零細企業で、
業績はジリ貧。社長の宮沢は、
銀行から融資を引き出すのにも苦労する日々を送っていた。
そんなある日、宮沢はふとしたことから
新たな事業計画を思いつく。長年培ってきた
足袋業者のノウハウを生かした
ランニングシューズを開発してはどうか。
社内にプロジェクトチームを立ち上げ、
開発に着手する宮沢。しかし、
その前には様々な障壁が立ちはだかる。
資金難、素材探し、
困難を極めるソール(靴底)開発、
大手シューズメーカーの妨害――。
チームワーク、ものづくりへの情熱、
そして仲間との熱い結びつきで難局に
立ち向かっていく零細企業・こはぜ屋。
はたして、彼らに未来はあるのか? 。」

Bookデータ HPより)


安定した読みごたえを感じる、
書店でこの厚さ、592ページの本を見ると
それだけで
「これ面白くなかったらシャレにならない」と
まずは存在感に圧倒される、
でもまあ、池井戸潤だからね、
と、内容を信じて読み始めた。

面白い、
「頑張る」ってことが
恥ずかしいような風潮の時代、
仕事を成功させるだとか、
社会の役に立つものを
提供したいだとか
正論過ぎる熱さは
物語の中だけの、特別なお話にも感じる。



折しも「オリンピック」
何年もこの僅か数分の舞台に
懸命に努力している人達を見ると
自分達の日常でも
やはり「頑張る」シーンはあるわけで
そういうことが
必ずや自分の将来の何か素晴らしいとことに
結びついてくれるように。


で、この本だけど
確かに展開もスピーディーで
前半ほぼ劣勢
最後に光が見えてハッピーエンドで
読後感も悪くないが

なんか「下町ロケット」の頃のような
「熱」が圧倒的に足らないと感じた。


読み手が慣れてしまったのか
それとも要求が高くなりすぎたのか。



主人公達が「善」であれば
その行く手に立ち向かう
様々な困難の多くが「悪」のような
描かれ方の典型的な部分も
「世の中そんな簡単じゃないだろ」と
突っ込みをいれたくなる。

それでもこの分厚い本を
最後まで飽きさせずに読ませるのは
さすが

次もきっと買って読みます。


★本日の教訓★
面白いものも、似たようなものが続くと
飽きるのも結構早いのです。


★100点満点で80点

soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン
2016年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
http://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf