メキシコ旅行記2015/10/5~12 Pセノーテを後にし最後の地 カンクンに到着 

2016年06月24日(金) 13時09分
メキシコ旅行記2015/10/5~12 Pセノーテを後にし最後の地 カンクンに到着
メキシコ最大の観光地カンクン



<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい

☆昨年10月のメキシコ旅行記をゆっくり更新中☆


セノーテでプカプカ浮いた後
隣接のレストランでランチ
その後、ツアーのバンに乗って一路カンクンへ
「朝早かったし、疲れだでしょうから
これから3時間くらいかかるので
寝ていっていいですよ」
ガイドさんも早朝から来てくれているが
こっちはもう眠くなってる、
変わらない車窓の景色も一因だ。

カンクンノ市街に入り
いろいろグルグルして
ホテルに到着。

Krystal Cancun, Cancun は
日本からツアーもよく利用してる
カンクンの中ではリーズナブルなホテル、
ホテルに滞在が目的なら
ホテルエリアに宿を取った方が
良さそうだけど
ガヤガヤした街の雰囲気も楽しみたいので
エクスペディアで予約していた。

プールやレストランと
一通りの設備は整ってる
今回はメキシコシティでも
クラブルームというランクの部屋に泊まった。
最上階の部屋で
ベランダからは半島のカーブした形状から
遠くのホテル軍が見える。



ホテルは繁華街にあり
すぐ近くにお土産物屋も沢山ある

自分は最近、スノードームを集めているので
探しつつブラブラ、
レストランも沢山ある。


またショッピングモールは少し離れているので
歩いていくには遠い、
巡回しているバスに気軽に乗れるので
やり方が分かれば
街歩きも面倒じゃなかった。


夕暮れ、
遺跡巡りで焼けた肌に
海風が優しい、
名残惜しそうな人達が
波打ち際で遊んでいる。

昨年の今頃、
メキシコの夕日を見るなんて
想像もしていなかった

昨年の10月の旅行はネパールだった。


旅はしてみないと始まらない
考えているだけでは
何処にも行きつけない、
来てみないと分からない事もある

でも想像の中で温めるものもある、
どちらを選ぶか
それだけなのだ。

次は何処へ行こうか。

★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←

soramove

書籍「コーヒーが冷めないうちに/川口俊和 著」たまには、こんな作品にあたってしまう 

2016年06月22日(水) 1時09分
書籍「コーヒーが冷めないうちに/川口俊和 著」★☆
川口俊和  著 ,
サンマーク出版 (2015/12/7)
348ページ、1.404円


                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい




「とある街の、とある喫茶店の
とある座席には不思議な都市伝説があった
その席に座ると、望んだとおりの時間に戻れるという
この物語は、そんな不思議な喫茶店で起こった、
心温まる四つの奇跡
あの日に戻れたら、あなたは誰に会いに行きますか?。」

(Bookデータ HPより)

第1話「恋人」結婚を考えていた彼氏と別れた女の話
第2話「夫婦」記憶が消えていく男と看護師の話
第3話「姉妹」家出した姉とよく食べる妹の話
第4話「親子」この喫茶店で働く妊婦の話



自分の本選びの
嗅覚というか
そんなものを信じて本を購入し
読み始めるわけだけど
時々こうして失敗する。


この本は朝日新聞の日曜版の
書評欄の下の広告で知って
コピーに惹かれて買った訳で
出版社側の勝利ってところ

しかし20万も部販売されてるようです。


読み始めて
なんかジュニア小説っていうか
作家さんの本じゃない?
こんなこなれていない文章と
ちぐはぐな描写
まだるっこしい余分な描写
セリフもちょっと恥ずかしいくらい幼稚



一応読み始めた本は
最後まで読むと決めているので
読んだけど
苦痛だった。


これで涙を流すなんて
自分にはムリだ


まあ、万人向けに本は出版されるわけで
その意味では多くの人に
支持されているのかもしれないが
自分には全く良さが分からなかったということ。
それだけ

「週刊ブックレビュー」という
番組が終わったので
自分の本選びは書店と
朝日新聞の書評欄くらい、
あとは常に読みたい作家の本を
見つけたら注文してる。

先日、日曜版で
「池澤春菜が勧める文庫・この新刊!」
というコーナーで紹介されていた文庫を
3冊購入した。
一度信じてみるか。

ということで
書籍「コーヒーが冷めないうちに/川口俊和 著」
この本は自分としては
全く面白くなかった。
残念


「この本どうだった?」と聞かれて
自分時には全く勧めない
そう必ず言うと思う。


本日の教訓
それでも何処かに
「あの日」に戻れる場所があればと
思ってしまうのです。



★100点満点で25点


soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

メキシコ旅行記2015/10/5~12 Pホテル編/“メリダのコロニアルホテル” 

2016年06月19日(日) 11時25分
メキシコ旅行記2015/10/5~12 Pホテル編/“メリダのコロニアルホテル”
Pホテル編メリダ「Gran Real Yucatan 」


<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい

☆昨年10月のメキシコ旅行記をゆっくり更新中☆

ホテルの予約はで行ったが
メールで届いた案内はご
「予約に関する備考: Booking.com が
提供する客室のご予約です」とあり
この二つの予約サイトは同じ会社なのか?
まあ、どうでもいいことだけど、
いくつかのサイトを比べて予約するので
同じならムダなことをしているかも。
最近では「toribago」のTVCMが気になる。


メリダでは空港に迎えに来てもらい
ホテルまで連れてきてもらって
チェックインだけ済ませて
すぐに観光へと出かけた。




夕方に戻って
やっとホテルのベッドにダイブ、
「あー」って
観光しに来てるんだから
目的を果たしてるんだけど
やはり日中の暑さはハンパないし
なれない英語だらけってのも
案外疲れるもの、
クーラーのきいた部屋は快適。



ピックアップのバンで
細い道路を進んで
この辺かなぁと
初めての場所を
隈なく視界に入れようと
あちこち見るが
車が付いたのは狭い路地の一角、
外観からは
ここにホテルがあるとは分かりにくい
道が狭いので
見上げても塀に視界が遮られるからね。



入口はいってすぐに
こじんまりとしたレセプション、
通路をはさんですぐ
中庭に面しているので
解放感がある。



街の中心部にあり
何処へ行くにも便利

夕食をどこでしようか、
その前に何か記念になるものを買いたい。


次の日はバスでの
走行の移動の為
タクシーを頼んで
早々に眠った。


翌日が早朝の移動だったため
朝食も取っていないし
中庭のプールも利用していない。

早朝5:30のタクシーの手配も
しっかりしてくれて
こういうことがホテルの印象を
すごく良いものにしてくれる。


短い滞在だったので
せめてもう一泊くらい
街を楽しみ為に
泊まってみたかった



快適度★★★★
オススメ度★★★★★


★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←

soramove

映画「ジョゼと虎と魚たち」12年ぶりに見たら感想はちょっと違った 

2016年06月16日(木) 1時09分
映画「ジョゼと虎と魚たち」★★★★wowow鑑賞
妻夫木聡、池脇千鶴
上野樹里、新井浩文出演

犬童一心 監督、
116分、2003年12月13日公開
アスミック・エース=博報堂=IMJエンタテインメント=エスエスエム=関西テレビ
(原題/原作:ジョゼと虎と魚たち)




<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい


「『金髪の草原』の犬童一心監督が
田辺聖子の同名短篇小説を映画化。
ある夜明け、ジョゼと名乗る
脚の不自由な少女と出会った大学生の恒夫は、
不思議な魅力を持った彼女に惹かれていく。
そんなファンタジックな設定の中に、
普遍的でリアルな恋愛感情を活写。
どの観客の心にも重なる
恋愛の記憶を呼び起こす
犬童ワールドを展開している。」

ぴあ HPより


この映画は公開時に劇場で見た、
wowowで放送されたので
録画していたのを見た、
12年も前の映画なので
冒頭から「こんな始まりだったけ?」と。

「あの人、あんなちゃんとした
人じゃないのに」

主人公が身障者を「ほっとけない」と言うと
主人公の彼女候補がポツリ言う、

「良い人」って気持ち悪い、
もちろん、そうなりたくても
なかなか成れないので
それでそう言い切るのだけど、
図らずも、外から見て
「良い人」になるってことはあるのだ



触れ合った人に
引き出されることもある。



また身障者の少女ジョゼが
「胸を触らせたら、
隣のヘンタイがゴミ出しをしてくれる」と言うと
主人公は「そんなこと!」と憤慨するが、
きっと自分も当時、主人公と
同じ様に感じたはずだ、
そんなことと引き換えにするなよと。


「福祉の人に頼んだらいいじゃないか」
「福祉の人が来るのは昼間だ、
ゴミは朝のうちに出さないといけないし
指定場所は遠い」

だからって、と思うが、
でも母を介護し始めて
日常の普通に出来る色んな事が
実は絶妙なバランスの上で
成り立っていて
うまくかなくなると
そのちょっとした事が
自分にとっての重要な優先順位へ
ピュッっと繰り上がるのだ。

そんなこともあの頃には
知らなかったし、
ホント意味で分からなかった。


人を助けるなんて
難しすぎるし
それを負担と思ったら
続けていくのはホント大変だ。

「ジョゼー、車椅子買おうよ」
「オレだって年とったら、大変だよ」

不用意な言葉が
ズシンとくる。


「結果的にオレは逃げたんだ」
後味の悪い映画と感じた、
たぶん、かつては。
でも、と思う、これこそ現実で
別にほろ苦くも無い


最近よく思う
「成るようになる」
ラスト、電動の車椅子で
買い物帰りのジョゼが
颯爽と歩道を走っていく、
これもハッピーエンドの
一つの形。


久々に見た映画
つまらなければ
ちょっと見て消そうと思ったが
ラストまで見た、
「くるり」が主題歌ってのも忘れてた。


★100点満点で80点

★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←


soramove

書籍「何度でもオールライトと歌え/後藤正文 著」オススメ本だったが、自分には不向きだった 

2016年06月13日(月) 1時09分
書籍「何度でもオールライトと歌え/後藤正文 著」★★★
後藤正文  著 ,
ミシマ社 (2016/4/27)
224ページ、1260円


                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい




「俺たちの時代で、断絶を起こしたくない。
『THE FUTURE TIMES』編集長として、
ASIAN KUNG-FU GENERATION のゴッチとして、
市井に生きる一人の阿呆として――
書かずにはいられなかった魂の言葉たち。
2011.3.9以降、
書きためた日記を待望の書籍化。」

(Bookデータ HPより)


プロローグ 君は拳銃を撃ったことがあるか
1.ぽつねんと、阿呆が一人・・・日常について
2.自分が暮らす町暗い自分で決めたい・・・震災、反原発について
3.爺さん婆さんと暮らす・・・日常について
4.変わらなければならないのは、俺だ・・・震災、反原発について
5.この野郎!・・・日常について(閑話休題)
6.俺、デモに行くの怖いよ・・・震災、反原発デモについて
7.何度でもオールライトと歌え・・・音楽について
8.ド阿呆でもいいんだと思う・・・テレビ、東京、相撲について
補記/エピローグ/あとがき




この本も確か朝日新聞の書評欄か
その前後の広告で見て
気になったので読んでみた。

自分はASIAN KUNG-FU GENERATIONの
音楽は聞いたことが無い、

だから著者のひととなりも知らないので
書かれていたことだけで判断すると
こうして大震災以降の
自分なりの考えを本にすることは
意義がある事だと感じた。



どこかで語った言葉は
映像としてリピートされるかもしれないが
ほとんどは消えていく、
でもこうして文字となると
読み返したり
一部の引用だったり
深くも読めるし
危うさもはらんでいるが
自分の考えを公にするのは
勇気がいることだろうし
若いファンには、彼の言葉を
考えるきっかげになるだろう。



色んな人が色んなことを言っている、
まずはどうすべきか
身近なところから始めるしかない。


自分だって電気の自由化で
原発で作られてない電気を買うだとか
そういうのを期待したけど
そこまでじゃなかったし。


知らない事が
知らされてない事も含めて
多い事も実感したし
無知な自分を恥ずかしいと感じた事も。


それでも、この国は
成るようになる
それしか分からない。



ただ気になったのは
ところどころ
ちょっと恥ずかしい描写があって
大人としてどうかなぁって


ー初めての本屋に入り
谷川俊太郎の詩集を買ったー


だって、
ホント?

もしホントだったとしても
書かないな、

そんな描写がいくつか見えて
それが微妙だし
書かなくていいことじゃないかな。
そういうふうに見せたいと
思われちゃうよ。

そんな感想。

「この本どうだった?」と聞かれて
特にススメはしないかな。
でも大震災以降の自分の考えを
まとめるのに、役立つかもね。
そんなとこ。

本日の教訓
先日ヘイトスピーチの集会が阻止された
行動するのも意味があると感じた。



★100点満点で75点


soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

映画「悪のクロニクル」意外なラストは強引すぎる 

2016年06月10日(金) 1時09分
画「悪のクロニクル」★★★☆DVD鑑賞
ソン・ヒョンジュ 、パク・ソジュン
マ・ドンソク 、チェ・ダニエル出演

ペク・ウナク 監督、
102分、2015年公開
韓国
(原題/原作:THE CHRONICLES OF EVIL)



<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい


「誤って人を殺した敏腕刑事が
自ら事件を担当することになり、
隠ぺいを進める中でさらなる事件を犯す。
深い罠にはめられ、
追いつめられる刑事の姿を
ソン・ヒョンジュ、パク・ソジュン共演で
映像化した犯罪サスペンス。」

TSUTAYA HPより


昇進も決まった敏腕刑事が
過去の事件の恨みで襲われ
揉み合っているうちに
相手を殺してしまうが、
昇進のかかった大事な時期、
彼はその事故を隠して
自分の指紋をふき取ったりして
郊外の空き地に放置するが
次の日、警察署前の工事現場で
クレーンに吊り下げられた
刑事を襲った男の死体が発見される。


警察を愚弄した事件だと
上司は彼に捜査の指揮を取らせるが、
彼は証拠を隠したり
自ら犯人を探そうと動き出す。

自分の犯した犯罪を隠して
追い詰められるというのは
新しいストーリーでもないが
テンポもいいので
次の展開が気になる

可愛がっている新米刑事の
意味ありげな視線、
そして「全てを知っている」という告白。

どうなるんだ?

と、思っていたら
事件は予想して無い展開に・・・。


まあ、面白いけど
ちょっと強引すぎる、

ご都合主義が力技で
全てをねじ伏せるように
なんかラストは消化不良だ。


そういえば、どうして
たまたま乗ったタクシーが
事件と繋がるのか
このあたりから
もう少し丁寧に事実を散りばめてくれれば
もっといい作品になっただろう、
ラストの後味の悪さもいただけない。



まあ、韓国映画っぽいといえば
それまでだけど。
好きな俳優でも出て無いと
これを劇場で見るとキツイが
レンタルなら新作も5枚で1.080円
1本216円で見れるなら
この気軽さなら見て損なし。

本日の教訓
ソウルの下町は
走りにくい。


★100点満点で75点

★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←

soramove

書籍「夢を売る男/百田 尚樹 著」人間の心理の弱いところを正確に突いてる 

2016年06月08日(水) 1時09分
書籍「夢を売る男/百田 尚樹 著」★★★★
百田 尚樹  著 ,
太田出版 (2013/2/15)
284ページ、2268円




                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい




「敏腕編集者・牛河原勘治の働く丸栄社には、
本の出版を夢見る人間が集まってくる。
自らの輝かしい人生の
記録を残したい団塊世代の男、
スティーブ・ジョブズのような
大物になりたいフリーター、
ベストセラー作家になって
ママ友たちを見返してやりたい主婦…。
牛河原が彼らに持ちかける
ジョイント・プレス方式とは―。
現代人のふくれあがった自意識と
いびつな欲望を鋭く切り取った問題作。」

(Bookデータ HPより)


旅行に持って行こうと
買っておいた本をやっと読んだ。
「永遠のゼロ」で凄く感動して
百田 尚樹の本を何冊が読んだが
その後、NHK経営委員退任騒動などで
人間としての著者が好きになれず
著書からも遠ざかっていたが
まあ、人間生と創造されたものは
別物ということで。



まあでも、都知事選で
「人間のクズ」と言われた人も
遠からず・・・という事も分かって
何だか、何を信じていいのか。


で、この本、
人気作家のエゴ丸出しだ、
文学賞に応募してきた人に
「大賞には選ばれなかったが
このまま埋もれるには惜しいから
出版にかかるお金を
出版社と折半して出版してみませんか?」
そんな誘い文句で
金を巻き上げる編集者が主人公。


騙すほうが悪いが
騙される方も、納得している部分もあって
それがなんとも哀しい。



ベストセラー作家がこれを書くことの
あざとさは見え隠れするが

それでも人間のエゴや見栄
そんな痛いところを
突いた物語で
たぶん半分分かっていても
出版を決意する人間も居ると思った。

そしてさすがのストーリーテラー
どんどん読めて
最後は意外な落とし所も
用意されていて
読後感もスッキリ。


エンタメに徹しているから
細かい心理描写よりも
テンポを重視したように感じる。

これで人間性が共感までいかなくても
あんなに強烈な人じゃなかったら
もっと他の作品も
それこそ全部読みたいくらいだけど
まあ、とりあえず
しばらくはいいか。

でも読み物として面白かったし
これドラマにしたら
かなり面白いと思った。


本日の教訓
いい作品と著者が良い人かは
別物、
良い人っていうのも要注意。



★100点満点で80点


soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

書籍「歩道橋の魔術師/呉明益 著」行ったことはない場所が懐かしい 

2016年06月05日(日) 1時09分
書籍「歩道橋の魔術師/呉明益 著」★★★★
呉明益  著 ,
白水社 (2015/4/24)
212ページ、2268円


                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい




「1979年、台北。西門町と台北駅の間、
幹線道路にそって
壁のように立ち並ぶ「中華商場」。
物売りが立つ商場の歩道橋には、
子供たちに不思議なマジックを
披露する「魔術師」がいた――。
現代台湾文学を牽引し、
国外での評価も高まりつつある、
今もっとも旬な若手による連作短篇集。」

(Bookデータ HPより)

この本も朝日新聞で書評か、
なにか記事を読んで買ってみた、
最近書店に行ってないので
出会いはなかなか無い。

台湾の台北には見上げるような
構造ビルもあるが
その足元は
まだ狭い道路にバイクや
車が路上駐車したり
突っ込んで来るスピードを
落とさないクルマと
信号なんかはなから無視した人間と
そのゴチャゴチャッとした様子は
この本の舞台の頃と
それほど変わってないと感じる。



街自体を深く知っている訳じゃないが
そんな横丁をブラブラ歩いた事があれば
この本はスゴク身近にも感じられる。


小学生の頃の「あの頃」を
振り返ったような文章、
隅々に懐かしいセピアっぽい印象
それはどこから感じるのだろう?



歩道橋の上で路上商売をする人達に混じって
魔術師がいた・・・・、
そんな風景は見た事が無いが
どこかの街角でありそうな気もする。


寓話でありながら
たぶん自分達の送る毎日の中にも
こんなふうに感じる瞬間は
あるよなと思えるから
描かれる本のなかの日常が
身近に迫る、絵空事とは思えない。

こんな小説が読みたかった。
なんか自分の古い日記帳を開く様な

取り消したい
恥ずかしい瞬間や
もういちど戻りたい瞬間
それらが閉じ込められ
古い写真を指でなぞるような
そんな幸福な時間。


同じ様に少し前を描いても
舞台がアジアだからだろう、
キーワードのような
いくつかの事実、台湾の近代史は
自分はまるで知らない、
少し調べてみたくなった。



★100点満点で85点


soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

映画「マッド・マックス 怒りのデスロード」こんな未来が来ませんように!核兵器反対! 

2016年06月01日(水) 19時09分
映画「マッド・マックス 怒りのデスロード」★★★★WOWOW鑑賞
トム・ハーディ、シャリーズ・セロン、
ニコラス・ホルト、ヒュー・キース・バーン 出演

ジョージ・ミラー 監督、
120分、2015年6月20日公開
2015,アメリカ,ワーナー・ブラザース映画
(原題/原作:MAD MAX: FURY ROAD)



<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい


「メル・ギブソンの出世作となった
アクション・シリーズ『マッドマックス』の
30年ぶりの新作。
近未来の荒廃した大地を行く
天才ドライバーにしてタフガイ、
マックスの新たな死闘が繰り広げられる。
『ダークナイト ライジング』のトム・ハーディが
ギブソンの跡を継いで主人公を熱演。
ヒロイン、シャーリーズ・セロンの
スキンヘッドの怪演も見もの。」

ぴあ HPより

第88回アカデミー賞受賞
・美術賞
・衣装デザイン賞
・メイクアップ&ヘアスタイリング賞
・編集賞
・音響編集賞
・録音賞



今年もwowowで中継された
アカデミー賞の授賞式を見たが
前半はほとんどこの映画が
受賞していたような雰囲気、
さすがに作品賞等の主要賞は逃したが
それでも充分にインパクトがあり

是非見たいと思っていたが
劇場へはいけず
イタイミングでwowowで放送されたので
録画しておいて見た。


映画の感想の前に
名古屋の住人としては
「伊勢志摩サミット」が無事に終わって
オバマ大統領が広島訪問と
象徴的な出来事が身近で
起こって、「核」について
また考えたりした。



そういう意味でも良い機会だった。
この映画でも描かれているが
「核兵器」は一瞬で、未来を
この映画を現実とさせてしまうのだと。

ああ、映画で良かったと。


大ヒット映画の続編でもなく、
リメイクでもなく、
どういう位置づけか分からんが
核戦争後の荒廃した大地で
僅かに生き残った人類が
ただひたすら生きるために戦う。


水と食料とガソリンを求めて
何も無さそうな砂漠を進むんだけど
とりあえずは
どこかに理想郷みたいなものは
あるのかもしれないが
この映画は、とりあえず
「悪」があるとして
そこからひたすら逃げて
最後は真っ向勝負して勝利を勝ち取るというもの。

アクション映画としては
出来は良いと思う、
「そうきたか!」という
戦い方や繰り出す技が
思ってみなかったりして
それだけで楽しめる



砂漠が延々と続くような世界なら
一匹狼じゃなく
多くの人と集まって
水や食料を確保したほうが
生き残れる確率は高いと思うが
そのあたりが主人公はどういう位置づけなのかも
良く分からない。



とりあえず巻き込まれて
なるようになる・・・
そんなストーリー

まあ、アカデミーの演技賞はムリ、
何故この映画がこんなに
多くのご褒美をもらったのか
もうひとつ納得は出来ないが
こんな映画が評価されること自体
面白いし、悪くないので
アカデミーの変化?に
期待したい。

それでもやはり、
アクション映画が好きじゃないと
この映画、面白くないだろうな、

自分は充分に楽しめた、
大画面で見たらもっと楽しめただろうな。


本日の教訓
シャリーズ・セロンは、アカデミー主演女優賞も
取っているが、かなりチャレンジャーだ、
見習いたいね(どこをどう見習うかは不明)


★100点満点で80点

★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←


soramove

書籍「書店ガール5 ラノベとブンガク/碧野圭 著」今回も面白かった 

2016年05月30日(月) 1時09分
書籍「書店ガール5 ラノベとブンガク/碧野圭 著」★★★★
碧野圭  著 ,
PHP出版 (2016年05月06日 )
299ページ、713円(本体価格660円)

<リンク:

書店ガール(5) [ 碧野圭 ]
価格:712円(税込、送料無料)

>@


                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい




「取手店の店長になった彩加は
業績不振に頭を悩ませていた。
そこに現れたラノベ編集者の
伸光による意外な提案とは。
人気シリーズ第5弾。」

(PHP出版 HPより)

このシリーズは好きで
全部読んでいるので
新刊がでたのですぐに読み始めた。

駅中の店舗だから
置ける本は限られる、
手っ取り早く有名作家の新館や
雑誌がメインとなるだろう、
書店員の独自の棚ってのは
難しい、
それはなんとなく分かる。

でもせっかく自分の店なのだからと
頑張る姿は応援したくなる。


とはいえ、自分自身を考えても
最近では9割はネットで買っている
時々書店へ行って
新しいものを探すが
そうそう何かを「発見」することはなく
衝動買いもめったにない。


今回はこの店を任された彩加と
ライトノベル編集者の小幡が
新人を発掘し
売りだすまでが描かれている。

ライトノベルは読まない分野だ、
10代なら手軽で読みやすいだろう、
かつて自分は、星新一とか
読んでたのと同じ感覚かもしれない。

文学性より読みやすさ
でもなにか感じるものも
しっかりある


ライトノベルで売り出される作家も
描かれているが
家族との関係とか
それほど深い内容ではないけど
結構面白く読んだ。
読みものとして単純に面白かった



自分の生涯でも読み切れない
夥しい書籍の列
その一冊い冊に色んな思いれがあり
ドラマがあるんだろうな。


本日の教訓
もっと書店で本を買おう。



★100点満点で80点


soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン
2016年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
http://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf